目次

  1. 1 チアシードにはダイエットと美容に欠かせない栄養がいっぱい!!
  2. 2 あの芸能人もチアシードを愛用中
  3. 3 チアシードは昔から食べられていた機能性食品!?
  4. 4 ホワイトチアシードには貴重な栄養素がたくさん
  5. 5 ブラックチアシードとホワイトチアシードの違いとは?
  6. 6 ホワイトチアシードを試した人の口コミと評判
  7. 7 【重要】ホワイトチアシードの効果を存分に発揮させるには?
  8. 8 ホワイトチアシードにはほかにもこんな嬉しい効果が!
  9. 9 ホワイトチアシードのおすすめ食べ方
  10. 10  ホワイトチアシードを摂取するときの注意点
  11. 11 ホワイトチアシードは正真正銘のスーパーフード

今回は、美と健康に敏感な女性、ダイエット中の女性のみなさんに「ホワイトチアシード 」について徹底的にご紹介します!

なぜこのチアシードがここまで芸能人やトップモデルを含めて多くの人たちに愛されている のか?

答えを一言で言うならば、ダイエットに最適なその圧倒的な栄養価

この記事を読めば、その理由を分かって頂けると思います。

またホワイトチアシードは日々の生活に取り入れることでダイエットだけでなく、さまざまなメリットがあるんです!

健康に楽しく、美しく人生を送りたい女性のみなさんにお届け致します。

ホワイトチアシードの詳細に立ち入る前に、チアシードを取り入れてダイエットに励んでいる芸能人をご紹介します!

美に敏感な芸能人が取り入れている んだから、これは期待できそう。

ローラさん

まずはモデルとしても活躍中のローラさんです!

みなさんのなかにも、ローラさんがツイッターやブログなどでアップしているのを見たことがある方もいるんじゃないでしょうか?

美に敏感な彼女も、ホワイトチアシードは「食物繊維もオメガ3もたっぷりのスーパーフード 」と賞賛しています。

また、ミニタピオカみたいな食感で、ダイトエット中の人にオススメ とのこと。

ちなみに、ローラさんはスムージーやチアシード入りレモン水、といった形でチアシードを取り入れているみたいですよ。

レモン水は脂肪や老廃物のデトックス効果もありますし、チアシードが水を含んでふくらむので満腹感も◎

 道端アンジェリカさん

もともと海外で人気があったホワイトチアシードですが、日本でのブームの火付け役はそう、トップモデルの道端アンジェリカさんです。

アンジェリカさんもローラさん同様、スムージーとしてチアシードをとっているようです。材料としては、チアシードの他に

  • 冷凍ブルーベリー
  • 冷凍アサイーペースト
  • りんごジュース
  • ココナッツウォーター

などのフルーツなども入れているようです。作り方は、好みの材料を全部ミキサーに入れるだけ!

この場合、チアシードはミキサー内で水分を吸うので、水で戻さなくても大丈夫のようです。

実際に試したい方は詳細をチェックしてくださいね!

 藤原紀香さん

バツグンのスタイルを維持する藤原紀香さんも、チアシード愛用者の一人です。

野菜とチアシードを混ぜ合わせて、麻の実やオメガ3のオイルと一緒にサラダ風でとったりしているみたいです!

近年、特にダイエットに関心がある女性から注目を集めているホワイトチアシード ですが、実は元々機能性食品として知られていたんですね。

ホワイトチアシードは中南米でとれるんですが、その原住民であるマヤ・アステカの先住民が古代より食材として取り入れていたことが知られています。

当時人々の間で、チアシードは「ランニングフード」とよばれていました。小さじ一杯を水と一緒にとれば24時間走り続けられるという言い伝えがあったようです。それほど、昔からそのエネルギーや栄養価があると認識されていたんですね。

その後、スペインに占領されてからは禁止され、最近になるまでその存在は影を潜めていました。ですがまた最近になって栄養学の研究が進み、その価値が再認識されている んです。

こういったものを手軽に手に入れることができるなんて、本当に便利ですよね。

奇跡の植物性タンパク質 」とも呼ばれるホワイトチアシード。最大の魅力はその栄養価の高さ です。

続いて、ダイエットに欠かせないホワイトチアシードの特筆すべき3つの栄養素について紹介します。

 必須アミノ酸8種が含まれている!

アミノ酸は人間の体を構成しているもので、全部で20種類あります。これらは私たちの体になくてはならないもの で、不足するとちきんと機能しなくなるんです。

このうち、必須アミノ酸は体内でつくることができない ことはみなさんもご存知かと思います。ですので、食物などを通して摂取するしかありません。

実はホワイドチアシードには、9種類ある必須アミノ酸のうち、

  • ロイシン:   血糖のコントロールや筋肉の維持に役立つ
  • イソロイシン: 成長促進や血管拡張に効果
  • メチオニン:  体内でのタンパク質合成の火種となる
  • トリプトファン:セロトニンやメラトニンなどのホルモンの元、血圧のコントロールをする

など、実に8種類も含まれているんです!

これってすごいことで、チアシードが「奇跡の植物性タンパク質」とよばれている理由でもあるんです。

 食物繊維が豊富

ホワイドチアシードがダイエット中の女性に特に喜ばれる理由はそう、とにかく食物繊維が豊富ということ!

たったスプーン大さじ一杯でレタス3個分もの食物繊維 が含まれているんです。

同じ12 g中、食物繊維の代表の玄米でも0.5 g、大豆でも2 gほどなのに対して、ホワイトチアシードは4 g程 も含まれているんです。

手軽に食べることができて、ここまで食物繊維を豊富に含んでいる食品はないといっても良いでしょう。

定期的にとることで便秘も解消できそうですね。

 必須脂肪酸「オメガ3脂肪酸」が20%以上含まれる!

世界的に美や健康への関心が高まるなか、「オメガ3脂肪酸 」という言葉もあちこちで耳にするようになりました。

聞いたことはあるものの、よく分からない方もいるかと思います。

オメガ3脂肪酸とは、

  • 血液をサラサラにして血流を改善する:DPA
  • 血液の流れを改善する:       EPA
  • 抗アレルギー、アンジエイジング:  αーレノイン酸

といった成分のことです。

政府が薦める一日あたりの摂取量は女性の場合2 g程度 です。ホワイトチアシードは大さじ1杯で2.1 g程の含有量 があり、それだけで一日の摂取量をクリアできます。

オメガ3脂肪酸の含有量がこれほど高い自然の植物はそうそうありません。

知っている方もいると思いますが、オメガ3脂肪酸は青魚にもよく含まれています。

ですので、魚を食べる機会があまりにない人には、ホワイトチアシードは必須 ですね。

さて、これまでホワイドチアシードを中心に紹介してきましたが、ブラックチアシードとの違いも気になりますよね。

実際、ブラックチアシードの方がよく見かける気がします。

その大きな違いを3つ、紹介します!

 違いは膨満率

実は、ホワイトシードはブラックシードの中にある栄養価のより高い白い種のみを選別 し、長い年月をかけて品種改良されたもの なんです。

言わば、ホワイトチアシードは選りすぐりの精鋭!

ブラックチアシードとの一番の違いは、その膨満率 です。

ブラックチアシードは水を含んでも10倍程度にしか膨らみませんが、ホワイトチアシードの場合はなんと14倍

膨満率が高いということは、それだけ腹持ちがいい ということですので、ダイエットするなら間違いなくホワイトシードの方が効果アリ ですね。

また、膨満率が高いだけに皮がやわらかく、消化・吸収にも優れている んです。

便秘気味の方やダイエット中の方にもうれしいポイントですね。

 ホワイトチアシードのほうが「高タンパク、低カロリー」

スプーン1杯あたりのエネルギー量とたんぱく質量と比べてみましょう。

エネルギーについては、ブラックチアシード約53 kcal>ホワイトチアシード約43 kcal

タンパク質は、ブラックチアシード1.6 g<ホワイトチアシード2.2 g

そうなんです。ホワイトチアシードの方が断然、高タンパク・低カロリーなんです。

実は、この両者値段があまり変わりません。どうせならダイエット効果の高いホワイトチアシード を選びましょう!

 ホワイトチアシードのほうが食感が良い

チアシードを初めて見た人はうっ?となる人もいますが、食感がこれまたいいんです。

ぷるぷるな食感に加えて種のぷちぷち感。

はまると病み付きになりますよ。

食感については人それぞれ印象は違うと思いますが、一般的にブラックチアシードよりもホワイトチアシードのほうが良いようです。

実際に食べてみないと分からないので、是非お試しあれ!

さて、ダイエットフードとして他に類を見ないホワイトチアシードですが、口コミの方はどんな感じなのでしょう?

みなさんのツイートをご紹介!

続いて、ホワイトチアシードダイエットをするうえでとても大切な事項 を説明します。

実は、間違って摂取すると効果が期待できないどころか逆効果になることもある のです。

 必ず水に浸してゼリー状になってから食べよう

ホワイトチアシードを食べるときは、水に戻してゼリー状にしてから食べる ことを強くオススメします。

チアシードや他の種ものの食べ物には、アブシジン酸という発芽抑制因子として作用する植物ホルモンが含まれています。

実はこれが人体にとって毒 だと言われています。

特に、人間のエネルギー代謝に重要な役割をもつミトコンドリアの天敵なんです。なんか怖いですよね…

でも安心してください。

このアブシジン酸を無毒化する方法は簡単で、ただただ水に浸すだけ です。

アブシジン酸は水に浸されることによって無毒のファゼイン酸とジヒドロファゼイン酸に分解されるんです。

水に戻すときは、チアシードの10倍の量の水 に、少なくとも12時間浸す のがオススメです。

冷蔵庫など10℃以上、40℃以下で保存できればなお良いですよ。

水にしっかりと浸してゼリー状になったら、しっかりと噛んで食べましょう。

より栄養が吸収されやすくなります。

一方、噛まないことで摂取カロリーを抑えることができるので、ダイエット目的ならば噛まない栄養補給目的ならばしっかりと噛む といった使い分けもできそうですね。

 摂り過ぎはNG!1日大さじ1杯がちょうど良い

これほど栄養価が高いホワイトチアシードなのでついついたくさん食べたくなりますが、食べ過ぎはいけません。

一日の摂取目安は大さじ1杯程度 です。

食べすぎることで逆効果 になる場合もあることを覚えておいて下さい。

これは他の栄養素でも同じですが、摂取しすぎることで、逆に便が硬くなったり、アレルギー性の炎症を起こしやすくなったりする可能性もあります。

何事も過ぎたるは猶及ばざるが如し です。

適量を守って美を手に入れましょう!

 戻すときは必ず冷水で

最後にもう一つ注意点です。

ホワイトチアシードを戻すときは必ず冷水で おこないましょう。

40℃以上の熱い水で戻すのはNGです!

なぜなら、大切な栄養成分が破壊されてしまうからです。

これはとても大事なので覚えておいて下さいね。

先程も紹介した通り、ホワイトチアシードにはオメガ3脂肪酸が含まれています。

ホワイトチアシードを食べると自動的にその一部であるαーレノイン酸を摂取できるのです。

この成分にも体にうれしい効果があるんですよ。

 花粉症などのアレルギー症状を抑える

アレルギー症状の大きな原因にオメガ6脂肪酸のリノール酸の取りすぎ があげられます。リノール酸のとりすぎで、体の脂肪酸バランスがくずれてしまうんです。

ちなみにオメガ6脂肪酸は市販のサラダ油などに多くみられる成分です。

これに対して、αーレノイン酸が体内で分解されて生成するEPAからは抗炎症・高アレルギー作用をもつ物質が生まれる んです。

実際、アトピー性皮膚炎の方がリノール酸の摂取量を控え、αーレノイン酸を多めに摂取することで改善がみられる ことがあります。

同時に、βカロチンやビタミンCなど、抗酸化作用のある栄養素も摂取することでさらに効果が期待できます。

ですので、アレルギー症状でお悩みの方はしっかりとαーレノイン酸を補ってあげましょう。

そしてまた、スナック菓子など質の悪い油分 摂取は体に悪い影響しかないので、なるべく避けた方が賢明ですよ。

 血流改善で生活習慣病の予防にも効果あり!

オメガ3脂肪酸のうち、αーレノイン酸は体内でDHAやEPAという物質に変わります。これらの物質には血流を改善し、血液をサラサラにすることで

  • 脳細胞の活性化
  • 動脈硬化や心筋梗塞の予防

といった効果があります。

こういった症状は生活習慣が原因で起こることも多い ですので、日頃からαーレノイン酸を意識して取り入れていきたいものですね。

さて、お次はホワイドチアシードのおすすめの食べ方です。

特にダイエット中の女性の方の参考になると思うので、是非実践の参考にしてみてください!

ホワイトチアシードは無味無臭なので、いろんな形で楽しむことができます。そんな中でもオススメしたいのがレモンウォーター

特にオススメしたいのが、ダイエットがなかなか成功しなくて困っている女性の方 です。

というのも、このレモンウォーターはダイエット効果に優れていて、モデルや女優、海外のセレブたちも愛用、次々と結果をだしているからです。

手軽に作ることができて、味・食感ともにとてもリフレッシュできますよ。

用意して頂くのは、ミネラルウォーターとホワイトチアシード 、そしてレモンとハチミツだけ

これらをお気に入りのコップに入れて混ぜ合わせれば完了。

甘めが好きな方はハチミツを少し多めにいれてみてください!

ハチミツのほんのりした甘みにピリっとしたレモンの酸味、チアシードのプルプル食感がたまらなく相性バツグンです。

 手軽においしくスムージーで

続いてオススメなのが手軽につくることができて、しかもおいしいスムージーです。

ローラさんや道端アンジェリカが実践していることで話題 ですね。

入れる具材は人それぞれですが、チアシード以外に他の野菜や果物を一緒にいれることでさらに栄養価が高まりオススメ です。

キウイや冷凍ベリー、いちごなどが人気のようですね。

作り方は簡単で野菜や果物と一緒にチアシード、そして豆乳やアーモンドミルク、リンゴジュースなどの飲み物を一緒にミキサーにかけるだけ

このレシピは手軽で時間もあまりかからないので、仕事や家事に追われていて忙しい主婦の方やワーキングウーマンのみなさんに是非オススメしたい食べ方 です。

前日にチアシードを水に浸しておけば、翌朝作る手間が省けて時短にもなります。是非お試しください!

 チアシード入りフルーツヨーグルト

3つ目は、ヨーグルト!フルーツ、ヨーグルトと一緒にホワイトチアシードを。デザート感覚でチアシードをとることができます。

特にヨーグルトとの相性がバツグンで病み付きになります。食べ過ぎに注意を!

食べるタイミングとしては朝仕事に出かける前に食べるのもいいですし、夜寝る前に自分へのご褒美として食べるのもいいですね。

このチアシード入りフルーツヨーグルトはダイエットに励むすべての女性にオススメの一品 です。

栄養価満点で女性のダイエットには欠かせないホワイトチアシード ですが、注意点がいつくかあります。必ず目を通しておいてください。

  1. 消化器官に影響アリ
  2. 腎臓に影響アリ
  3. それだけですべての栄養価はとれない

この3点が特に注意すべきポイントです。

まず1つ目ですが、チアシードは意外と高脂質 で、大さじ2杯で約9 gの脂質を含んでいます。

また、食物繊維も多く含んでいるため、過剰摂取してしまうと消化器官に悪影響を与える ことがあります。

本当に過剰摂取には要注意です。

2つ目が腎臓への影響 です。健常者は大丈夫ですが、腎臓に問題のある人はチアシードの摂取は控えた方がいい でしょう。

というのも、チアシードは他のタンパク質に比べて多くの老廃物を生成するからです。

腎臓が弱っていると上手く対処できない場合があります。

どうして摂取したい場合はまず医師などに相談してください。

3つ目です。

確かにホワイトチアシードは食品単体としてはとても優れた栄養価をもっている のですが、チアシードしか摂取しないと栄養失調に陥る こともあります。

ホワイトチアシードと一緒に、バランスのよい食事でダイエットを成功させましょう!

最後まで読んでくださってありがとうございました。

今回は話題のホワイトチアシードについてご紹介しました。

ホワイトチアシードがなぜダイエットに最適で、正真正銘のスーパーフード と呼ばれているのかお分かり頂けたかと思います。

最後にもう一度、ホワイトチアシードの特筆すべきポイントを挙げておきますと…

  • 体内では合成できない必須アミノ酸が8種類も入っている
  • ダイエットには欠かせない食物繊維が豊富
  • 自然界では類をみないオメガ3脂肪酸の含有量

です。

これからダイエットを始める女性の方、またすでにダイエット中に方、是非ホワイトチアシードをお供にがんばってくださいね!


※1.記事の内容は、効能効果または安全性を保証するものではありません。

サイトの情報を利用し判断・行動する場合は、医師や薬剤師等のしかるべき資格を有する専門家にご相談し、ご自身の責任の上で行ってください。

※2.記事内の製品・サービスは、この記事に訪れた読者の方に最も適切だと判断したものを紹介しております。