目次

  1. 1 ウォーキングでお尻痩せした人がいるらしい…
  2. 2 ウォーキングでお尻痩せする、その根拠とは?
  3. 3 ウォーキングを続けてお尻痩せした人の体験談!
  4. 4 お尻痩せはしたいけど、ウォーキングってすぐ飽きちゃいそう・・・
  5. 5 お尻痩せのためにウォーキングするにあたって注意すること!
  6. 6 ウォーキングのために準備するもの! お尻痩せのために!
  7. 7 ウォーキングのお供にダイエットサプリを!
  8. 8 ウォーキング前に飲んで健康お尻痩せ! おすすめダイエットサプリ!

たるみのないヒップラインのジーンズやパンツファションの人を見かけると羨ましくなりますね!

ついつい自分のお尻に手がいってしまいます…

キュッと締まったたるみのないお尻になれるとしたら嬉しいですね!

日々の少しの努力で理想のヒップラインも夢ではない としたら、トライしたいと思いませんか?

お尻は、脂肪が溜まりやすく、一度ついた脂肪が落ちにくい部位なのです。

運動不足などで筋力が低下するとお尻が垂れてきてしまいます

どうすれば対処できるでしょうか、見てみましょう!

無理せずにお尻の筋肉を動かせる!

軽い運動をしてお尻に筋肉をつけましょう!

酸素を多く必要とする有酸素運動は、短時間のハードな運動よりも多くのエネルギーを必要とします。

ウォーキングはこの有酸素運動の代表です

有酸素運動は、エネルギーを多く使って脂肪を燃焼させます。

脂肪が燃焼すればするほどダイエット効果は大きくなります。

もちろん、お尻も痩せますね。

しかし、垂れたお尻では困ります。

お尻に力を入れるときゅっと締まる箇所があります。

ここにあるのが大殿筋と中殿筋です。

大殿筋 の筋力が衰えるとお尻が垂れてしまいます。

中殿筋 の衰えは、お尻が横に大きくなってしまいます。

この2つの筋肉を意識してウォーキングをすると、お尻の筋肉が鍛えられて、ヒップアップに繋がるんです!

誰でも簡単にはじめられる!

いざ、運動をするとなると構えてしまいますね。

長続きできる運動でないとダイエット効果は期待できません。

また、いろいろ道具が必要だったり、準備が要るとなると、なかなか一歩が踏み出せませんね。

ウォーキングならどうですか?

特別な物は要りませんね。

特別な場所も必要ありません。

いつからでも始められます、今からすぐだって!

また、ほかの有酸素運動に比べると、筋肉や関節に負担がかかりません。

お買い物の帰り道や通学や通勤中にちょっと意識して歩くと、立派な有酸素運動になりますよ!

ちょっと汗ばむくらいのウォーキングにTRYしましょう。

 正しいウォーキングの方法

背筋を伸ばして、まっすぐ前、少し遠くを見て歩きましょう

胸を少し張ると、酸素をたくさん吸収することができるので、脂肪の燃焼効果が上がります。

ダイエット効果も上がりますね。

一定の歩幅で歩いて、股関節をしっかり使いましょう。

そのことで、血液やリンパの流れが良くなります。

足は、かかとから地面につけて、しっかりと地面を蹴って次の1歩を出します。

この時後ろ足が伸びていることが大事です

このような歩き方で、お尻の下側の筋肉使われて、お尻が引き締まりますよ。

実際に、ウォーキングをされている人の話となると、説得力がありますよね。

気になる方も多いと思いますので、詳しくご紹介します。

毎日40分前後歩くようにしています。余りあるかないと、とくに太ももとお尻の辺りが「ぽよよん」となります。よく歩いているとそこらへんがスキッと引き締まります。

http://komachi.yomiuri.co.jp/t/2008/0917/204308.htm?o=0&p=2

腿やお尻辺りがすっきりし、ジーンズなどを履くとかなり余裕があるようになりました。週三回、6-7kmを歩いています。

http://komachi.yomiuri.co.jp/t/2008/0917/204308.htm?o=0&p=2

「継続は力なり」ではありませんが、皆さん、本当に長い期間続けていらっしゃいます。

かなりの距離を歩いているのがわかります。

ウォーキングの結果が体感できる ので、続けようという気にもなりますね。

ほかの口コミを見てみると、普段歩いているより少し速度を上げている方が多いようです。

皆さん、歩く姿勢にはとても気をつけています。

猫背にならず、背筋を伸ばして、胸を張って、腕を振って! と元気良く歩いています。

毎日夜7時から8時30分7700歩程で、腿と尻がしまってきました。

http://club.panasonic.jp/blogs/diet-way/sports/ep041.html

時速4kmでヒップラインから太腿にかけて意識しながら50分程度ウォーキングをしています。ヒップアップには少し効果が出ています。

http://club.panasonic.jp/blogs/diet-way/sports/ep041.html

ウオーキングの時間も重要ですね。

ウォーキング20分以上で脂肪が効率的に燃焼し始める と言われています。

やはり、皆さん、それ以上の時間ウォーキングされているのがわかります。

歩数を数えるって凄いです!

7700歩を数える、その集中力にも脱帽してしまいます。

皆さんあれやこれやと、ウォーキングを楽しんいるようです。

脂肪が燃焼して、筋肉が締まって、綺麗にダイエットの効果 が得られて、お金もかからない。

これなら、楽しみながら、誰でもウォーキングを続けられますね。

簡単なウォーキングですが、単純な運動なので飽きるかもしれません。

お気に入りの音楽を聴きながらするのもいいですね。

ウォーキングコースを工夫する のも一つの手です。

行った道を同じように戻ってくるのではなくて、ぐるっと一回りしてみるとか。

そうすると、戻ってくるときは違った景色を楽しむことができますし、気分転換にもなります。

見落としていた小さなお花を見つけたりすることができるかもしれません。

通学、通勤やお買い物の時に、通ったことのない道を選ぶのも、新しい発見ができるかもしれません。

そうするとウォーキングも楽しくなりませんか?

単純な繰り返しにならないように、いろいろ工夫することが飽きない秘訣です ね。

とても簡単で、誰でもどこでも、いつでも始められるウォーキングです。

とはいえ、運動をすることには間違いがないので、少し注意点をお話しますね。

常に水分補給を!

ウォーキングをすると汗が出ますね。

ウォーキングの効果が出ている証拠です。

水分補給は大事です。

糖分を含まない、または低糖のミネラルウォーター が良いですね。

普通の水道水でも構いません。

喉が渇いてから水分補給をすることが多いですが、喉が渇くということは、水分が足りていない合図です。

汗をかいて喉が渇くということは、体内の水分が不足して、体温がどんどん上がってしまいます。

暑いときは熱中症になってしまいます 。大変危険です。

また、太めの方がウォーキング中に汗をかくと、血液がドロドロ になって、このこともまた危険です。

血液をさらさらにしてあげないといけません。

このようなことから、常に水分補給をすることが大事です

特に、喉が渇く前に水分補給をすることが重要です。

夜一人は注意!

特に、女性の方の夜一人での散歩はオススメできません。

高齢だから、私は大丈夫なんて思っていませんか?

お酒を飲んで、いつもと違う気分になったほろ酔い気分の人が、後ろから危害を加えたりもしますよ。

また、細い道だとすれ違うときの距離がとても近くなるので危険ですね。

時間の都合でどうしても夜しかウォーキングできないこともあります。

こういうときは、お友達や家族など、必ず2人以上でウォーキングをしましょう

何か事件が起きてからでは、取り返しがつきません。

現実にいろいろと小さな事件など起きていますので、1人のウォーキングはなるべく避けましょう!

 準備運動を軽くしましょう!

ウォーキングを急に始めると筋肉痛が出たりしますよ。

始める前に、膝の裏や足首などを軽くストレッチ しましょう。

そうすると筋肉疲労の予防にもなります。

また、調子がいいからといって、いつもより長く歩いたりするのも疲れのもとになります。

毎日続けることがダイエット効果も高くなります ので、目標時間・距離は守るほうがいいですね。

ウォーキングのあともストレッチをして疲れた筋肉をほぐしておきましょう。

ウォーキングには特別なものなどは、それほど必要ありません。

最低限のものがあればいいいですね。

帽子

夏の日中にウォーキングをするときは、日光の強い日差しから大事な頭を守る帽子は大事ですね。

つばの広い帽子だと、直射日光を遮ってくれますので、日焼け対策 にもなります。

また、目にも良いですね。

直射日光は目には良くないので、サングラスなどを着用して目を保護しましょう。

いろんな種類の帽子がたくさんあります。

帽子を濡らしてかぶると、頭に当たる部分の生地に加工がされていて、とても涼しく感じるものもあります。

また、冬は寒さから頭を守るためにも帽子は必需品です

ウォーキングのために、いろいろな機能の備わった帽子が販売されています。

気分に応じて帽子を選んで、お洒落にウォーキングをするのも楽しいですね!

アームカバー

ダイエットのためにウォーキングは良いのですが、気がつけば腕が日焼けでぼろぼろではいただけないですね。

腕の日焼けを防ぐためにアームカバーを使うといいですね。

暑そうな気がしますでしょう。

ところが、暑い夏でも、アームカバーを使っていると直射日光を反射して、直に肌に日光があたらないため、体感温度が下がるので、体に熱がこもらないようになります

このことから、かえって涼しく感じるんですよ。

熱中症予防にもなりますね!

ウォーキングとして必需品です。

 シューズはどうしたらいいの?

ウォーキングだから、普通の運動靴でいいのではと思います。

しかし、足がだるいとか、重いとか感じたら、ウォーキング専用シューズ を試しに使ってみませんか。

軽くてとても歩きやすいのには驚いてしまいますよ。

毎日のことですので、お手頃価格の専用シューズを持っていると良いですね。

服装は軽装で、暑さ寒さ対策はネックウオーマー、帽子、手袋といった小物で対処しましょう。

ウォーキングで脂肪燃焼させて、きりっと締まった小尻になる方法をお伝えしましたが、ちょっと時間がかかりますね。

「もっと早くダイエットしたい!」「もっと早くヒップアップしたい!」こんな時には、ほかの力も借りましょう。

脂肪を燃焼させるサプリメントはどうでしょうか。

また、脂肪を溜めないサプリメントがあれば、願ったり叶ったりですね。

ほかにもいろいろなダイエット効果のあるサプリメントがあります。

デュアスラリア

デュアスラリアは本気で太らないサイクルを目指したい人へイチ押しのサプリメントです

体脂肪は 筋トレなどにより分解され、ウォーキングなどの有酸素運動により燃焼する ことにより、消費されます。

この日中の運動の燃焼を促進させるのがデュアスラリアのBURN です。

BURNには、脂肪の燃焼を助ける成分、L-カルニチン、カプサイシン、ヒハツエキスが配合されています。

抑えた食事の夜間の栄養面を補う働きをするのがBLOCKです

BLOCKには、食事で取り過ぎた糖分や脂質が脂肪に変化し蓄積されることを防ぐ効果のある、ガルシニアエキスが配合されています。

また、コラーゲンペプチドやローヤルゼリーなどの美容成分も配合されており、綺麗な素肌も手に入れることができます。

朝にBURNを摂って、夜にBLOCKを飲んで、日中に脂肪を燃焼させ、夜には脂肪をため込まない 、2種類からなっている、ダイエットには心強いサプリメントです。。

スルスル酵素


※1.記事の内容は、効能効果または安全性を保証するものではありません。

サイトの情報を利用し判断・行動する場合は、医師や薬剤師等のしかるべき資格を有する専門家にご相談し、ご自身の責任の上で行ってください。

※2.記事内の製品・サービスは、この記事に訪れた読者の方に最も適切だと判断したものを紹介しております。