目次

  1. 1 ウォーキングダイエットって本当に痩せるの?
  2. 2 ウォーキングはダイエットに最適!その理由は?
  3. 3 ウォーキングの効果をアップさせる方法とは?
  4. 4 朝ウォーキングが効果的!
  5. 5 朝ウォーキングにはダイエット以外にも効果がある!?
  6. 6 朝ウォーキングの注意点
  7. 7 ウォーキングダイエットにオススメのアイテムはこれだ!
  8. 8 ウォーキングダイエットの方法を動画でチェック!
  9. 9 ウォーキングダイエットで健康的に痩せましょう!

ダイエット=ウォーキングという等式が無意識に思い浮かぶほど、ウォーキングはメジャーな運動 ではあると思います。

公園や道路でもさっさと歩く人をよく見かけますよね。

しかし、いつも歩いて通勤しているけど痩せない、など、自分も歩いているつもりが全く痩せている気はしない ということはありませんか?

それは歩き方や歩くタイミングに問題があるのかもしれません 。では、どうすれば効果が出やすいのでしょう?

第一の理由はまさに手軽さ

負担も少なく特に器具なども必要ないので、歩き始めるだけでダイエット スタートです。

そこに歩き方や呼吸を意識することで、全身の筋肉を使い、脂肪を燃焼する有酸素運動 になります。

全身運動で血流も良くなり、新陳代謝もアップ します。これは美容にも つながっていきますよ。

さらに健康面でもいいことずくめ。ウォーキングダイエット心肺機能や内臓の筋肉も鍛えられ、様々な不調が改善 される効果があります。

また、心地よくウォーキングダイエットすることでリラックスホルモン「セロトニン」が分泌され、ストレス解消 もできるのです。

精神面・肉体面ともに健やかに してくれるウォーキングダイエット。心が惹かれてきますね。

それでは、そのウォーキングダイエットのポイントを見ていきましょう。

今まで効果が感じられなかった人も、下記を意識することで変化が見られるかもしれませんよ。

姿勢よく歩く

猫背でだらだらとウォーキングをしていても効果は現れません。これでは腹筋など使われない筋肉が出てくるからです。

背筋をのばして胸を張り、視線は遠くを 見つめましょう。こうすることで吸った酸素が全身くまなく行き渡るようになり、疲れにくくなります。

また、効果を出したい部分を意識して歩く ことでその部分のダイエット効果アップが期待できますよ!

 速歩きする

ダイエットをしている意識を忘れずに、少し息があがる程度のペース を保ちながらウォーキングをしましょう。

しかし効果を出したいからといって、それ以上のペースでウォーキングしても変化はないようです。

誰かと一緒に歩くなら、その人と軽く会話ができるペースで 歩きましょうね。

 腕を振ることを意識

腕を振るというのは、腕を後ろにしっかり引く ということです。前に思い切り振り上げることや、肘を張って横に振ることではありません。

肩甲骨を意識しながら首や肩の力を抜き、腕を真後ろに 引きましょう。その反動で自然と前に振るのです。

このように腕を振ってウォーキングすることで軸をまっすぐに保ち、体幹を使うことができる のでダイエット効果が出やすくなります。

ウォーキングの予備運動

いきなりダイエットのための運動をするとけがにつながります。

まずはストレッチ をして、これから運動するぞ、ということを筋肉に伝えてあげましょう。

特に足首、ふくらはぎ、太もも は入念に行いましょう。

さらに余裕があれば、ウォーキング前に軽く筋トレ をすることをおすすめします。

初めに筋トレをすると代謝が良い状態からウォーキングを始めることができ、筋トレで分泌された成長ホルモンで分解された脂肪を燃焼 してくれるのです。

 呼吸

呼吸法もダイエットを助けてくれる方法の一つです。

横隔膜を意識しながら吐く、吐く、吸う、吸う と2歩ごとに切り替えて腹式呼吸 をしましょう。

この呼吸で心肺機能を高め、体内の循環を良くする ことで脂肪が効率よく燃焼してくれます。

末しょう神経まで活発になるので、冷え性の改善にもなりますよ。

ダイエットをする時間帯にも効果に違いがあります。

朝にウォーキングダイエットをすることは、その日一日の代謝に関わってきます

目が覚めてすぐは、体温の一番低い状態です。ウォーキングをして体温をあげる ことで代謝のいい状態を早く作り上げてくれるのです。

さらに血液の循環がよくなり、脳も活性化 します。これから仕事や学校、というときのやる気 も出てきますよ!

ちなみに夜に軽いウォーキングをするのは夕食のカロリーを消費 するのを助けてくれるため、脂肪の蓄積を防いでくれます

また、適度な疲労が寝付きをよく してくれますよ。

ただし、激しすぎると交感神経が有利になってしまうため、不眠の原因にも なるので注意しましょう。

朝にウォーキングで期待できる効果で、健康によく関係するものがあります。

それは体内時計の正常化 。体調を崩しやすい、寝てもだるさが抜けきらない、という方は、自律神経が乱れている 場合があります。

その自律神経を整えるために体内時計を正確に することが大事なのです。日の出に近い日光を浴びるほど、体内時計は正確になります。

体内時計を正確にするとコンディションを整えることができるのです。今までの不調が嘘のように、すっきりとした一日を過ごせるでしょう。

朝は苦手、という方も朝ウォーキングダイエットでぜひ朝を克服してみませんか?

朝起きてすぐのウォーキングは、いくつかのリスクを伴います。

以下の事項を守り、無理のないウォーキングダイエットにしてくださいね。

怪我をしやすい

朝のウォーキングは体にいいことに間違いはないのですが、けがをする危険性が高い のです。

寝ている間に固まってしまった筋肉をすぐに使おうとすると負担もかかるためです。

また、脳もまだしっかりと目覚めてはいませんので、反応が鈍く、危険を察知する力も弱いため、事故につながることも あります。

これらはウォーキング前にしっかりとストレッチをして筋肉をのばすことでほぼ改善されます ので、必ず深く呼吸をしながらストレッチを行いましょう。

 朝食のタイミング

朝食はウォーキングの前と後、迷う方が多いでしょう。

朝起きた状態はエネルギーがほとんどありません。この状態で運動すると脂肪が優先的にエネルギーとして使われる のです。

先に朝食をとってしまったとすると、その朝食のエネルギーから消費されるので、脂肪の燃焼効率は格段に下がってしまいます

ですので、おすすめは朝食前のウォーキング です。

しかし、起きてすぐの運動に慣れていない場合、低血糖 などを起こしやすいので無理せず自分のタイミングで行うか、飴玉を一粒なめる などしてから始めてくださいね。

 短時間だと効果半減

歩く時間も気にかけましょう。短すぎると消費カロリーも少なすぎますし、健康のため体内時計をリセットしようとしても効果が現れません。

朝ウォーキングでダイエットや健康を目指すなら、最低でも20分 は歩き続けましょう。1時間ほど 歩けば効果が出やすいですね。

しかし、必ず1時間以上歩かなければならない!などストレスにならないよう、続けられるような目標設定をしましょう。

ウォーキングダイエットは長い期間続ける ことが大事です。無理せず体を慣らしていってください。

ウォーキングダイエットのモチベーションを保ち続けるため、お気に入りのアイテムを持ちましょう!

「Walk・n・Tone」

歩くなら普通のスニーカーで十分!と思ってしまっていませんか?

しかし、ウォーキングを重ねていくにつれて少し脚が重く感じる ことが出てくるでしょう。

ウォーキング専用の靴というのは驚くほど軽い のです。さらに歩きやすいようにクッション性 にもこだわっています。

こちらの「Walk・n・Tone」 はその機能のうえ、見た目もかわいらしいパンプスのよう。

これからウォーキングダイエットを始められる方も、ごつごつとしたウォーキングシューズはかわいくないと交換を考えている方にもおすすめです!

 Fitbit flex

まるで腕時計のような「Fitbit Flex」 。これひとつで歩数や消費カロリー、睡眠まで管理 できるのです。

また、歩数やカロリーの目標値の設定もでき、その目標に近づくとアラームも鳴らしてくれます。

iPhoneやパソコンで自分の生活リズムをグラフやチャートで 見ることも可能です。ワイヤレスで同期してくれるのでかさばることもありません。

色も10種類あるので、アクセサリー感覚で身につけられますね。

ダイエットのサポートをしてくれる、立派なパートナーとなってくれることしょう!

シンプルで可愛く、しかも機能性に優れている ウォーキング必須アイテム

出典:fitbit.com

 スポーツウェア「easy yoga」

重苦しいジャージ姿はいや!というかたにおすすめのスポーツウェア「easy yoga」

ヨガウェアブランドとして人気ですが、ウォーキングダイエットにもぴったり!

体のラインをきれいに見せてくれるのでテンションもあがりますね。

伸縮性もあり、体を締め付けない ので体の動きを妨げることもありません。

こちらの動画では脚の運び方を細かく教えてくれています。

下半身を重点的にダイエットしたい方、文章だけではいまいちイメージがつかみづらい方はぜひ、動画内の方法を参考にしてみてくださいね!

いかがでしたか?

今回はお手軽なウォーキングダイエットについてご紹介しました!

いつもの歩き方を少しかえるだけで、立派なウォーキングダイエットになるのです。

だったら、ただ歩くだけじゃもったいないと思えてきますよね。

ウォーキングダイエットは長く続けるほど効果が現れてきます。

お気に入りの靴で、いつもだらだらと歩いていた通勤時間やお散歩をウォーキングにして、楽しいダイエットタイムにしましょう!


※1.記事の内容は、効能効果または安全性を保証するものではありません。

サイトの情報を利用し判断・行動する場合は、医師や薬剤師等のしかるべき資格を有する専門家にご相談し、ご自身の責任の上で行ってください。

※2.記事内の製品・サービスは、この記事に訪れた読者の方に最も適切だと判断したものを紹介しております。