目次

  1. 1 あなたは紫外線の影響についてちゃんと知っていますか?
  2. 2 【紫外線の影響を知ろう】紫外線の種類と特徴
  3. 3 【紫外線の影響を知ろう】UVAとUVBが肌に与える影響
  4. 4 【紫外線の影響を知ろう】紫外線量を月別に
  5. 5 【紫外線の影響を知ろう】あらゆる条件下での紫外線量の違い
  6. 6 【紫外線の影響を知ろう】紫外線にはメリットもある
  7. 7 【紫外線の影響を知ろう】新陳代謝が落ちると色素沈着の原因に
  8. 8 【紫外線の影響を知ろう】紫外線による光老化
  9. 9 紫外線の影響を受けた肌に必要な栄養素とおすすめサプリ
  10. 10 紫外線の影響についてちゃんと知れば対策もバッチリ!

「日焼けすると、シミやそばかすができる」

よく知られている紫外線の影響です。

美肌をキープするために紫外線対策をしている人は多いと思いますが、その他の紫外線の影響 まできちんと知ってケアをしている人は少ないかもしれません。

今回は紫外線について、詳しく調べていきます。

紫外線にはどんな種類があり、その特徴はどのようなものなのでしょうか。

1)UVC

UVC は、紫外線の中でも最も有毒性が強いとされています。

オゾン層に吸収されるため、地表には届いていません

しかしオゾン層破壊が進んでいる今、標高の高い山頂地域では確認されており、今後は地表にも届く可能性もあります。

現在、強力なUVCは、人工的に作り出され、殺菌灯として医療現場で使用されています。

2)UVB

UVB は、本来オゾン層に吸収され地表には届きませんが、近年のオゾン層破壊によって、少量が地表に届いています。

肌の表皮に作用し、有害性が強くシミ、シワ、乾燥など美容に悪影響 を与えているのです。

それ以外に、免疫力低下等にも影響することがあります。

夏場に陽を浴びて、肌が赤くなったり痛くなるのは、このUVBが原因です。

3)UVA

日常生活で浴びる紫外線の約90% がこのUVA だと言われており、1年中、天候に関係なく地表に降り注いでいます。

しかし紫外線では最も影響は少ないとされているんです。

有害性は少ないとは言え、浴びる量が多くなれば、活性酸素を多く発生させ、シミやたるみの原因となる光老化 を引き起こします。

UVAは真皮まで届き、肌の奥からダメージを作り出すんです。

私たちの体は、肌の色を黒くするメラニンを作り出すことで、紫外線から肌の細胞を守ります。

次に、UVAとUVBが実際に肌に与える影響について、見ていきましょう。

1)UVA:シワやたるみの原因

UVAは肌の奥の真皮まで浸透し、シワやたるみの原因 になります。

元々真皮ではコラーゲン繊維がびっちりと張られており、そのため肌はぴんと張り弾力をキープしてる状態です。

しかしUVAを浴びることでコラーゲン繊維が切れて 、弾性繊維と呼ばれる繊維質が壊れてしまうことで、肌が硬く変化します。

その状態で笑ったりしてシワができると、元に戻りにくくなり、シワが深く刻まれていくのです。

またUVAによって分解酵素が活発になること も、シワやたるみの原因となります。

2)UVB:シミやそばかすの原因

日焼けによるシミやそばかす は、UVBを浴びることが原因とされています。

UVBを浴びて刺激を受けることで、体内で活性酸素が発生するのです。

するとメラノサイト と呼ばれる色素形成細胞が刺激を受けて、活動を始めます。

メラノサイトが刺激されると肌を黒くさせる原因となる、メラニン色素 の形成が始まるんです。

UVBの悪影響から肌を守るため、メラニン色素を増やして肌を黒くさせます。

その結果、シミとそばかすとして表面化してしまうのです。

3)UVB:サンバーン

サンバーン とはUVBによって引き起こされる、日光皮膚炎と呼ばれる火傷 のことです。

皮膚が赤くなったり、ヒリヒリと傷んだり、ひどいときは水ぶくれにまで症状が悪化します。

皮膚にUVBがあたると、表皮の角質細胞で作られた活性酸素によって、血管を拡張する物質が作られます。

こうして血液量が増えるために炎症が起こり、サンバーンが起こってしまうのです。

発症してから、3~4日で炎症が引き始め、数日後に皮膚がむけて安静化します。

紫外線の影響を知るために、月別紫外線の量をチェックしておきましょう。

1)基本的に1年中降り注いでいる

夏に紫外線ケアをして、これで美白ケアに問題ないと満足している女性の方も多いと思います。

しかし、紫外線は基本的に1年中降り注いでいる んです。

そもそも紫外線とは、地球に届く太陽光線の中で1番波長が短い光のことです。

前述したとおり、波長の長さによってUVA、UVBと分けられますが、基本太陽光なので季節に関わらず1年中降り注いでいます。

季節や場所、時間によって紫外線量は変化しますが、UVケアは1年中続けてほしいところですね。

2)UVAのピーク

UVAの紫外線量だけを見てみると、私たちの浴びる紫外線の90%を占めるだけはあり、1年を通して注意が必要な量です。

詳しく見ていくと、UVAのピークは、4月の春先から8月まで となっています。

それ以外の月も、ピーク時の1/2以上の量 があるので、油断はできません。

またUVAは天候に関係なく、曇りの日も晴れの日と同じように紫外線が降り注いでいますので、注意が必要です。

3)UVBのピーク

UVBは1年を通じて、差が激しいです。

4月から徐々に紫外線量が増え始め、5月から9月がピーク となります。

その後10月から3月は、比較的紫外線量は少なくなるのです。

UVBは冬季の間は少ないですが、春から秋までは特に注意 する必要があります。

次に、あらゆる条件下での紫外線量の違いをチェックしていきます。

1)紫外線がピークになる時間帯

1日の時間帯で紫外線量を見ていくと、ピークとなるのは午前10時から午後2時 となります。

やはり日中の陽が高い時間帯に、紫外線量もピークとなるんですね。

この時間帯の紫外線量は、1日の紫外線量の約60% にもなってしまいます。

この時間帯にむやみに外出するのは避けるのが無難ですね。

どうしても外出しなければならない場合はUVケアをきちんとしてお出かけしましょう。

2)天気や天候での量の違い

基本的に、曇りでも雨の日でも天気に関係なく 紫外線は降り注いでいます。

しかしその紫外線量には違いが出てくるのです。

紫外線量は雲によって軽減される ことが、科学的に測定され明らかにされています。

曇りの日の紫外線量は、快晴の日の半分強、せいぜい50~60%ほど。

雨の日は、快晴の日の20~30%の紫外線量しかないという説もあります。

薄雲ではあまり効果はありませんが、厚い雲だと紫外線量の軽減が期待されているんです。

3)場所による量の違い

地上に届く紫外線量は、場所によっても変化 します。

紫外線とは太陽光線なので、太陽が近いほど強くなり、遠ざかるほど弱くなるんです。

たとえば、太陽の通り道である赤道に近づくほど、紫外線量はく高く なります。

さらに標高にも関係があり、標高の高い山など、住んでいる地域の標高が高いほど紫外線量は高く なってしまいます。

またアスファルトや雪、砂浜など紫外線を反射しやすいので、そのような環境に住んでいると、より多くの紫外線を浴びることに。

紫外線にもちゃんとしたメリットがあることも、チェックしておきましょう。

まず紫外線のメリットには、殺菌作用 があります。

天気のよい日に洗濯物を干すと、室内干しとは違って嫌な臭いがしませんね。

天気の良い日に布団を干すとスッキリとするのも、この殺菌作用によるものです。

他にも血行促進や新陳代謝の促進、免疫力を高める などの作用があります。

さらに紫外線には私たちの骨の形成に大きく影響する、ビタミンD3 を作る役割もあります。

紫外線は悪影響ばかりではなく、人にとってたくさんのメリットももたらすんですね。

紫外線を1度に大量に浴びると、メラニン と言うシミの素が大量に作られてしまい、それが茶色いシミになります。

シミは色素沈着の代表です。

たいてい色素沈着の素であるメラニンは、肌の新陳代謝が正常だとターンオーバーによって自然に外に排出されるので、色素沈着として残りません。

しかし夏場などの強力な紫外線を浴びると、肌の新陳代謝に悪影響を与えてしまいます。

新陳代謝が落ちる と、肌のターンオーバーにも異常がでてしまい、メラニン色素がいつまでも皮膚に残ってしまい色素沈着 を起こしてしまうのです。

紫外線をほんの少し浴びただけでも、肌はダメージを受けます。

さらに長年紫外線を浴び続けることで、シミやシワ、たるみなどを引き起こします

これを光老化 と言います。

紫外線を浴びると、カラダは活性酸素を多く発生させるのです。

これまで光老化は紫外線そのものの影響だとされていましたが、最近では、紫外線により発生した活性酸素が細胞にダメージを与えて老化を進めている ことが明らかになっています。

光老化は、紫外線の影響が少なければ軽く済みます。

日焼け止めやサプリを利用して、光老化の影響を弱めることをおすすめします。

ここで、紫外線の影響を受けた肌に必要な栄養素と、おすすめサプリのご紹介をしておきます。

1)ビタミンC・ビタミンE・アスタキサンチン

ビタミンC は、活性酸素の発生を抑制し、コラーゲンの合成を促します。

さらにメラニン色素の生成を抑制し、すでに出来上がった色素を無色化する効果もあるのです。

赤ピーマンやアセロラなどに多く含まれます。

ビタミンE は皮膚の新陳代謝を促進し、活性酸素の影響を軽くします。

アーモンドや筋子に含まれます。

今話題のアスタキサンチン は、類を見ない高い抗酸化作用で知られています。

いくらや紅サケに多く含まれます。

2)【ビューティーボタニカル】がおすすめ

光老化によってダメージをうけたお肌に対して、スーパーフードに着目 してキラキラキレイなお肌に導きます。

ポリフェノールを多く含むアサイーで紫外線ケアを行い、飽和脂肪酸を多く含むココナッツオイルでお肌のターンオーバーを促進させるのです。

他にも、ビタミンCの含有率が世界一だと言われるカムカムや、高い抗酸化力で知られるマキュベリーなども含んでいます。

スーパーフルーツだけではなく、月桃葉やゆず、210種類の植物発酵エキス まで配合しているんです。

これは期待できそうですね!

3)【ビューティーボタニカル】をおすすめしたい人

【ビューティーボタニカル】は、スーパーフードを中心に光老化を受けた肌を改善させるための、様々な植物発酵エキスがたっぷり配合されています。

これを1日2粒飲むだけ でいいんです。

持ち運びしやすい袋タイプなので、バックに入れておけるのも嬉しいですね。

夏場に受けた紫外線ダメージを気にしつつ、仕事などで忙しく、なかなかケアできないでいる女性におすすめのお手軽美肌サプリです。

これまで、なんとなくやっていた美白ケア。

紫外線の影響についてきちんと知った上でビューティーボタニカルがあれば対策もバッチリですね。

これからキラキラ美肌 を目指して、紫外線ケアを行いましょう!


※1.記事の内容は、効能効果または安全性を保証するものではありません。

サイトの情報を利用し判断・行動する場合は、医師や薬剤師等のしかるべき資格を有する専門家にご相談し、ご自身の責任の上で行ってください。

※2.記事内の製品・サービスは、この記事に訪れた読者の方に最も適切だと判断したものを紹介しております。