2ヶ月で10キロ痩せる方法も?痩せた人はこれをやっている!

鏡で自分を見るのがイヤになる毎日。流行の服を着てみたい、自分に自身を持って積極的になってみたい。もし2ヶ月で10kg痩せる方法があったらどんなにいいか。。。実は2ヶ月で10kg痩せる方法は高額な商品を買わなくても、食事を抜いたりしなくても、基本的なことをしっかり守っていれば実現できることだったんです!

2ヶ月で10kgくらい痩せたら人生は変わる!

鏡に映る自分を見るのがイヤになる、人が私の体型を見て笑ってるんじゃないか…。

いつもこんなことばかり考えていて、自分がイヤになっていませんか。

痩せていたらどんなにいいか。

そう思ってダイエットに挑戦しても、思うように体重が減らなかったりして続けられないという人は多いもの。

もし2ヶ月で10キロ痩せる方法があれば、それはまさに魔法のようですよね!

 

 くびれ

ダイエットするって素晴らしい!

ダイエットは単純に体重が減って外見が良くなるだけじゃなく、体の中からキレイになれるのです。

自分に自信がつくと何だかポジティブになって性格まで変わってくるとか。

2ヶ月で10キロ痩せる方法があって、本当にそんな自分になれたらどんな生活が待っているのでしょうか。

 

おしゃれな洋服が着られる

テレビや雑誌で見る流行のデザインや肌を見せるような洋服が着られたら、それだけで今まで知らなかった新しい自分になれるような気分になってきます。

太い自分を隠すための服ではなく、キレイな色や体のラインが出るような服を着ると、表情まで明るくなってくるんです。

 

オシャレ

ダイエット成功したら、おしゃれも楽しくできますよ

 

「痩せたね」って色んな人に褒められるのが嬉しい

痩せた=キレイになったと言われているようで、ダイエットを頑張っている自分にとっては最高の言葉ですよね!

この言葉ひとつでもっと頑張れそうな気分になってきませんか。

 

嬉しい気持ちは続ける原動力となる

ダイエットを長続きさせる大切なキーとなるのは、痩せたことが他人から見ても分かること。

自分との戦いになりがちなダイエットに楽しみが生まれ、さらに打ち込む意欲が湧いてきます。

2ヶ月で10キロ痩せる方法には、この嬉しい気持ちというのが欠かせない原動力となるのです。

 

笑顔

褒められてやる気もアップ!

 

高額なダイエット食品も、過剰なカロリー制限もありません!

2ヶ月で10キロ痩せる方法は意外と見落としている基本的なコツだけ。

無理なく続けられて自分の体に対する意識も変わってきます。

 

2ヶ月間で10kg 痩せは可能か?

あまりにも過剰な食事制限や急激でハードな運動などは体に負担がかかり、キレイに痩せられません。

2ヶ月で10キロ痩せる方法は、まず目標を定めて体を正常な状態にすることを意識します。

この生活が続けばリバウントもなく、2ヶ月後には違う自分が鏡に映るはずです。

 

痩せるために必要なのは「ダイエットの正しい知識と意識の仕方」!

正しい知識を持ってダイエットすれば、痩せるだけでなく体の中から健康になれます。

体の中も外もキレイになる事が可能なのです。

 

ダイエットに大切なのは、食事・運動・そして楽しむこと。

常にモチベーションを保って2ヶ月で10キロ痩せる方法は、正しい知識でこの3つを意識することなのです。

 

うれしい女性

 

 

目標がなければダイエットは始まりませんし、モチベーションも上がりません。

まずは2ヶ月で10kg痩せるという明確な目標を立てましょう!

 

2ヶ月で痩せる方法1:食生活の徹底的な見直し

最初に気をつけたいのは、当然ながらダイエット中の食事

2ヶ月で10キロ痩せる方法の基本はここにあります。

野菜を中心とした規則正しい食生活は基本中の基本ですが、意外とダイエットに必要なのに不足している栄養素があります。

まずは自分自身のこれまでの食事内容と比較してみてください。

 

高タンパク低カロリーの食事を意識

体の筋肉を作るのに大切なタンパク質の多くは肉に含まれています。

ダイエットにお肉!?と思われがちですが、筋肉が増えるとそれだけでカロリーの消費量が増えて、たるんだお肉が減っていきます。

豚肉のヒレ肉は栄養が豊富で旨味もあり、食べた時の満足感とカロリーの低さで人気があります。

シンプルに塩こしょうで焼くだけでも十分美味しいですし、おろしポン酢で食べれば大根が消化を助けてくれます。

また鶏肉のささみは高タンパク低カロリーのお肉の代表ともいえ価格も、もも肉に比べてリーズナブルです。

いつも自宅で作るチキンカレーや親子丼の肉をささみに変えてみませんか?

どちらも味がしっかりしたメニューなので、食べた時の満足感にさほど違いはありません。

その他の食材としてもツナや大豆などヘルシーなものもあります。

外食時にもタンパク質が豊富に含まれているものを選ぶといいですね。

2ヶ月で10キロ痩せる方法の一つは、常に食べ物が自分の体になることを意識しながら食事を摂ることなのです。

 

カレー

 

 

お菓子や菓子パンはNG

今あなたの引き出しに入っている、お菓子や菓子パンの袋の裏に書いてあるカロリー数を見てみてください。

どうでしょう?ビックリしませんか?

1袋で200〜多いもので600kcalと、1食分以上のカロリーを超えるものも少なくありません。

 

お菓子

 

 

想像以上のカロリーと体への影響

ご飯1膳分(140g)で約235kcalですが、お菓子や菓子パンのカロリーは…。

ランチタイムに菓子パンを2個食べて美味しいオヤツを食べようものなら、もう一日の摂取目安カロリーにぐんと近づいてしまいます。

過剰な糖質や脂質、甘味料の摂取はカロリーだけでなく肌へも影響が出てきます。

太りやすい上に肌荒れにつながると知ったらどうでしょう?

菓子パンはまさに糖質・脂質・甘味料の宝庫。

もしどうしてもパンが食べたくなったら、表面に砂糖がついたものやポイップクリームが入っているものなどは避け、レーズンパンやコッペパンなど優しい甘みのものを選ぶといいですね。

お菓子を選ぶならヨーグルトやゼリー、どうしてもチョコレートを食べたくなったら個包装されているものを選び、1〜2個くらいをゆっくり味わって食べてください。

お菓子や菓子パンを食べてはいけない訳ではないのですが、それだけでお腹いっぱいにならないように気をつけてください。

 

2ヶ月で10キロ痩せる方法の一つである食事は、最初は物足りなさを感じるかも知れませんが、

自分がキレイになっていくというモチベーションを忘れず続けることが大切です。

 

2ヶ月で痩せる方法2:ちょっときつめの運動と筋トレ

筋肉がつきやすい食事にしたら、その後はもちろん運動!

食事だけでは筋肉は付かず、もちろんダイエットにもシェイプアップにもなりません。

ものすごくハードなことをする必要はありませんが、ポイントはちょっときつめの運動を行うということ。

2ヶ月で10kg痩せる方法の二つ目である運動でのダイエット。まずはコツをつかんで体を動かしてみましょう。

 

有酸素運動で脂肪燃焼!ランニングやウォーキングで

有酸素運動というのは、体を動かすことで積極的に体内に酸素を取り入れることです。

運動の種類によって目安の時間は異なってきますが、代表的なものはウォーキングやランニング。

大きく足を開いて速めに歩くだけでも効果は違ってきます。

2ヶ月で10キロ痩せる方法の運動を継続させるには、天候も関係なく体を動かすことがポイント。

雨で外出できない時でも自宅でできるカンタンなエクササイズもあるんです。

 

 サイクリング

サイクリングも効果的です

 

・お腹のトレーニング フラフープ

現在では100円ショップでも売られているフラフープは雨の日におススメです。

まわす時に多少スペースはいりますが、その消費カロリーはウォーキング以上!まずは10分続けるだけで有酸素運動になります。

フラフープをまわせない人も続けているうちに出来るようになり、意識してお腹まわりを動かすこととフラフープの刺激でシェイプアップにもつながります。

なんと1日10分で効果が出ます。
フラフープで10分というと難しそうですが、コツをつかめばテレビを見ながら無意識くらいな感覚でまわせるようになってきますよ。

2ヶ月で10キロ痩せる方法は、毎日無理なく有酸素運動をすることなのです。

 

筋トレで基礎代謝をあげて脂肪が燃えやすいからだに

下半身全体を鍛えてくれて手軽にできるハーフスクワット。

スクワットと聞くとかなりキツイイメージですが、ハーフスクワットは腰を完全に落とさずに腕の反動を使うので、比較的カンタンに続けられます。

スクワットダイエットは下半身全体を鍛えられるので全体的に筋肉が付き、カロリーを消費しやすい体にしてくれます。

たるんだ腕に効果的な壁腕立て伏せは1セット10〜15回。ひとめのつかない場所でもできますし、なんといっても短時間でできるのが嬉しいですね。

 

スクワット

ハーフスクワット

 

・足のトレー二ング ハーフスクワット

深くかがむのではなく通常のスクワットの半分程度まで腰を落とします。

その際気をつけたいポイントは、つま先より膝が出ないことと、前傾姿勢にならないこと。

あとは腕を振りながら行います。

時間はたったの1分間!

1分間なら毎日のお風呂の前などのちょっとした時間にもできそうですね。

余裕があればこれを3セット行ってみてください。

 

ウエストくびれ

スリムなボディを目指してがんばりましょう

 

・腕のトレーニング 壁腕立て伏せ

壁に手を付いてゆっくり肘を曲げて5秒キープ、その後ゆっくりと元の姿勢に戻します。これを10回〜15回ほど繰り返します。

時間としては2分ほどあれば十分できます。

これなら人目につかない場所で、短時間でエクササイズすることもできますね。

 

二の腕

二の腕に効く腕立て伏せ

 

・おしりのトレーニング おしり歩き

おしりを使って歩く?不思議な発想ですが、やってみると普段使わない筋肉を使うのでピップアップに効果的です。

方法は体操座りをして足を浮かせ、おしりを左右に交互に出しながらちょっとずつ進みます。

やっていると何だか笑えてきて意外と楽しみながらできますよ。

 

おしり

おしり歩きも意外と効きます

2ヶ月で痩せる方法3:じぶんの姿を鏡でみて変化を楽しむ

毎日自分の姿を鏡でチェックしてみてください。

最初はたるんだ体型の自分を見るのがイヤかもしれませんが、腕がもっと細くなってほしい!あのボトムを履いてみたい!といった意識が生まれ、食事や運動に対するモチベーションが上がりやすくなってきます。

目に見えて細くなったり体重計の数字が減った時には、鏡で自分の姿を見るのが楽しみになってくるはずです。

2ヶ月で10キロ痩せる方法の3つ目は常にじぶんの姿を鏡でチェックして、その変化を楽しむことなのです。

 

鏡にえがお

キレイになっていく自分を鏡でチェック!

 

あの芸能人も美意識高くダイエットをして、結果を出している!

 

 

数名の芸能人がダイエットに成功されていますが、みなさんやってみてるのは本当に基本的な事ばかり!

それは食事の見直しや汗をかくこと、そして自分自身のチェックです。

特別なことは何もしていません。
基本的なことを生活の中にしっかり取り入れ、そして何よりそんな生活を楽しむことで無理なく毎日続け、2ヶ月で数キロ痩せられたのです。

これまでに紹介した2ヶ月で10キロ痩せる方法をしっかり取り入れてますね!

 

2ヶ月で10キロ痩せる方法はあなた自身です

これまで紹介した2ヶ月で10キロ痩せる方法は、高額なダイエット食品や機材を購入しなくてもできるごく基本的なことばかりでしたね。

しかし2ヶ月で10kg痩せるという目標を掲げても、この基本ができていなければ効果は薄れリバウントへと繋がってしまいます。
消費者庁が発表しておりますが、自分にあった適切な運動と食事制限をしながら健康的に痩せることができるのは、6ヶ月間で4~5kg程度です。(平成26年6月)

過度なダイエットは体調を崩したり、日々の生活に悪影響を与える可能性があります。
健康を意識し、適度な運動と食事制限をし、無理のないダイエット法で焦らず計画的にダイエットすることで理想のカラダを目指すことをおすすめします!

喜ぶ女性

2ヶ月後の自分が楽しみ

ヤセルモおすすめのサポートアイテム♪
PR

ヤセルモおすすめのサポートアイテムをご紹介しちゃいます♡

今回ご紹介するのは、健康的なダイエットをサポートする「酵水素328選生サプリメント」です!

328種類の植物発酵エキス水素パウダーなどが特徴のアイテムです。

女芸人たんぽぽの2人が愛用していたことでも有名ですね。

もし興味を持っていただけたら、公式サイトに詳しい情報がありますのでチェックしてみて下さい!

 

ただし、このようなサポートアイテムを使う場合にご注意していただきたいことは“サポートアイテムだけ”ではダイエットはできないということです。

どんなダイエットでも言えることですが、ダイエットは消費カロリーが摂取カロリーを上回ることで成功することができます。

なので、これだけやれば絶対痩せるという魔法のアイテムはありません

適切な運動や食生活をしながら、そのサポートとして酵水素328選生サプリメントを愛用いただくことがおすすめです♪

 

また、過度な運動や食事制限による無理なダイエットも禁物ですよ。

消費者庁としても「適切な運動や食事制限をしながら、人が痩せることができるのは、6ヶ月間で4kgから5kg程度までである(平成26年6月)」と発表しています。

焦らず、計画的に、自分のペースで行ってくださいね。

ヤセルモは、みなさんのダイエット成功を心から応援しています!