話題の低インシュリンダイエットとは?やり方も解説!

低インシュリンダイエットは、いつも食べているものをある基準にのっとって替えていくことで、より健康的な体を目指すダイエットです。ここでは、実際の効果や方法、気を付けなければいけないことなどについてわかりやすく説明します。

 

 

今話題の低インシュリンダイエットってなに?やり方が知りたい!

ダイエットにもさまざまな種類があります。多くの人が、効果的に痩せたいと思うものですよね。

でも無理はしたくないし、健康的な体を手に入れたい…

そんな方々におすすめなのは、低インシュリンダイエットです。

 

おなか一杯食べても大丈夫!ちょっとした注意だけを守れば、楽に続けられるダイエットです。

どんなダイエット法なのかわかりやすく解説していきます。

 

低インシュリンダイエットとは食事で血糖値を整えるダイエット!

野菜ジュース ダイエット スムージー

低インシュリンダイエットでは、GI値の低い食事を積極的にとります。

そして食後の血糖値の急激な上昇を抑えるのです。

血糖値の上昇によるインシュリンの過剰分泌を防ぐことは、太りにくい体づくりの第一歩。

脂肪の蓄積を予防して、体についた脂肪を燃焼させることができますよ。

低インシュリンダイエットは、しっかりとした食事の管理が必要です。

まずは、インシュリンと糖の関係を抑えておきましょう。

 

インシュリンは糖を脂肪として蓄積させる!

ごはんや麺類などの炭水化物を食べることで、私たちはブドウ糖を摂取しています。

ブドウ糖は、脳の働きを助ける大切なエネルギーですね。

エネルギーを脳に運ぶときに活躍するのが、インシュリン。

インシュリンは、糖を速やかに各臓器に送る役割を持っています。

食事をすると血糖値が上がり、インシュリンが分泌されます。

しかし、過剰に分泌されてしまうと体の中である変化が起きるんです。

体内に残ってしまった糖を脂肪細胞へ蓄積し、太ってしまうんですよ。

 

なぜインシュリンが過剰に分泌されるの?!

炭水化物を摂取することで血糖値が一気に上がり、血中に運ぶべきブドウ糖の量が増えてしまうのです。

当然ながら、ブドウ糖運ぶためのインシュリンも必要以上に分泌されます。

炭水化物は生きるうえで欠かせない栄養素ですが、過剰に摂取するとインシュリンが急激に分泌して、脂肪に変換してしまいます。

急激に脂肪が増えることで、肥満につながるんですよ。

 

 

食事で血糖値を整えるダイエット法!

低インシュリンダイエットとは、血糖値を急激に上げない食べ方をするダイエットです。

炭水化物の中にも、糖に変わるのに時間がかかるものと、そうでないものがあります。

食べ物の特性を知り、血糖値の急激な上昇を抑えてインシュリンの分泌を抑えることが低インシュリンダイエットで大事なことなんです!

 

低インシュリンダイエットの方法!

食べ物

低インシュリンダイエットの方法は、ずばり食べ物の見直しです。

ダイエットといえば、ついついカロリーを気にしがちですよね。

低インシュリンダイエットでは、カロリーは関係ありません。

それよりも重要なのは、いかに血糖値をあげない食品を食べるかなのです。

 

低インシュリンダイエットの鍵は『GI値』

GI値(グリセミック指数)とはなんでしょうか?

これは炭水化物が糖に変わるまでの時間をあらわした数値のことです。

一般的に、GI値の低い食品ほど、血糖値の上昇を抑える効果があるとされています。GI値の高い食品ほど血糖値を急激に上げてしまうのです。

 

まずは普段食べている食材のGI値を知ろう!

普段食べている食事のGI値は、どれくらいなのでしょうか?

まずはGI値が高い食品を知りましょう。

 

特にGI値が高いのは白米、パンなどの精製されたもの

また、野菜でもイモ類やカボチャなどはGI値が高い食品になります。

こうした食材を多く取っている方は、太りやすいので気を付けて!

 

低インシュリンダイエットでの食材選びのコツ

食事制限

 

低インシュリンダイエットのコツは、GI値の低い食品を選ぶことです。

それは、炭水化物の代表である主食だけではありません。

肉・魚に野菜、間食でもいえることです。

日々の食事を見直して、できるだけGI値の低い食品を食べるよう心がけましょう。

 

炭水化物は特にGI値が高い!

日本人の主食はお米、特に白米が多く食べられています。

ですが白米はGI値が高い食品なので、玄米に変えましょう。

食パンは、ライ麦パンなどの全粒粉を使用したパンに。

麺類はパスタやうどんよりも、そばや春雨にすることで、GI値の上昇を抑えられます。

 

野菜もGI値が高いものがある?

野菜にも、高GI値の者があります。

じゃがいも、ニンジン、とうもろこし、かぼちゃ、里芋などが当てはまります。

では、低GI値の野菜は何でしょうか?

ほうれんそう、もやし、レタス、アスパラ、ピーマンやキノコ類などが、太りにくい食品です。

 

GI値の低い食材、総まとめ!

GI値が低いのは、食物繊維の多い野菜、乳製品や豆類、きのこ類、肉類、海藻類などです。

調味料では塩、お酢、みりん、豆板醤。

飲み物では豆乳、コーヒー、紅茶などがあげられます。

こうした食品を中心に摂取すれば、太りにくい体ができますよ。

 

ノンストレスで低インシュリンダイエットをするコツ『セカンドミール効果』

セカンドミール効果をご存知でしょうか?

まず、1日の最初の食事(朝食)をファーストミールといいます。

次の食事(昼食)、がセカンドミールになるんです。

セカンドミール効果とは朝食が、昼食の血糖値に影響を及ぼす効果のこと。

これを押さえておくと、低インシュリンダイエットの効率をぐっとあげられますよ!

 

朝食に低GI値の食品をとれば、昼食の血糖値も抑えられるんです。

低インシュリンダイエットのカギは、朝食のGI値にあるんですね。

 

低インシュリンダイエットのメリットってなに?

食べ物

低インシュリンダイエットのメリットは、たくさん食べても大丈夫ということです。

他のダイエットでは、どうしても我慢がつきものですよね。

途中でおなかがすいてしまって、挫折すること多いはず。

食事制限がない低インシュリンダイエットなら、続けられます。

ただし、低インシュリンダイエットでは気を付けるキーワードがあるります。

ダイエットで気にしがちな、カロリーかと思いきや……?

 

気にするのはカロリーではなく『GI値』

低インシュリンダイエットで気にしなければいけないのは、あくまでGI値です。

カロリーは関係ありません

GI値が低ければ、カロリーの高いものを食べれば大丈夫。

カロリーが低い食べ物は腹持ちが悪いものですから、ついつい食欲に負けてしまいがちですよね。

 

GI値の低いものをたくさん食べて、お腹を満たしてください!

 

エネルギー不足からくるトラブルを回避できる!

エネルギー不足におちいると、何が起こるのでしょうか。

まずは、基礎代謝のや体力の低下が起こります。

筋肉や骨がやせてしまうこともあるので、非常に危険。

日常生活にも支障が出てしまいます。

食事制限があると、エネルギー不足がおきがち。

でも、低インシュリンダイエットは、毎日3食をしっかりとることができます。

バランスの良い食事を続けることができるので、エネルギー不足の心配はありません。

 

低インシュリンダイエットを成功させるポイント!

疑問

 

低インシュリンダイエットの成功のポイントは、GI値をしっかり意識すること。

GI値が低くて、エネルギーがしっかりとれる食材はなにか。

それを知ることで、食べてもいい食材がわかりますよ。

自分の食生活をしっかり管理することが、成功のカギといえます。

 

ポイント1:1日3食きちんと食べる

バランスのとれた食事は、健康的な生活を送る上でも大切です。

必ず、1日3食食べるようにしましょう。

そのうちの朝食だけを、低GIにすればいいのです。

一度覚えてしまえば、簡単に続けることができますね。

 

ポイント2:歯ごたえのあるものを選ぶ

雑穀などの歯ごたえのあるものを積極的に食べるのも、低インシュリンダイエットのポイントです。

よく噛むことで、満腹感を得られますよ。

その分、食べる量も減ってきますね。

噛むことは脳にもいいので、一石二鳥です。

 

ポイント3:同時に運動もする

低インシュリンダイエットは食事も大切ですが、運動も取り入れましょう。

適度な運動は、健康的な生活を送る上で、かかせないものですよね。

脂肪を燃焼させるには、やはり運動が効果的なのです。

ウォーキングなど、有酸素運動を行う習慣を付けましょう。

 

低インシュリンダイエットの原理は食文化に活かされている!

食べ物

ヨーロッパのコース料理は、スープ、前菜、メイン料理、パンやパスタなどの順番ででてきます。

低インシュリンダイエットには、この食べ方がとても良いのです。

食物繊維やたんぱく質などを、先に食べておくことがポイント。

あとから炭水化物を食べても、血糖値の急激な上昇を抑えることができるのです。

フルコースダイエットという言葉もあるほど、食べる順番は大切なんですよ。

日本食なら、汁物や副菜、主菜、主食という順番に食べるといいでしょう。

 

 

低インシュリンダイエットでしっかり食べてストレスなく痩せよう!

ダイエット

 

低インシュリンダイエットの構造は、とてもシンプルです。

制限もほとんどないので、今までダイエットが続かなかった人も取り組みやすいですよ。

今度こそ本気でダイエットに取り組みたい!という方。

低インシュリンダイエッで、理想の体を手に入れましょう!