目次

  1. 1 えええっ!? お茶でダイエット!?
  2. 2 なんで、お茶なんかでダイエットできるの?
  3. 3 毎日お茶を飲んでるけど、ダイエットなんてしませんよ?
  4. 4 お茶でダイエットするその方法とは?
  5. 5 お茶で実際にダイエットした方の体験談!
  6. 6 ダイエットにはどんなお茶を飲めばいいの?
  7. 7 でも実は、ダイエット専用のお茶があるんです!
  8. 8 痩せるお茶! おすすめダイエットティーはこちら!
  9. 9 こちらもチェック、お茶ダイエット関連動画!
  10. 10 お茶を飲みながら、気軽にダイエットしちゃいましょう!

お茶にダイエット効果がある のはご存知でしょうか?

多くの方が毎日飲むものですが、意識した事はないのでは?

実はお茶を飲むことがダイエットにつながるのです。

どうしてお茶を飲むとダイエットになるのか?

どのようにして飲むのが良いのか?

どんなお茶がいいのかしら?

そんな疑問を解消するため、お茶でのダイエットについて調べてみようと思います。

ほぼ毎日のように飲むのがお茶ですよね。

そのあたりまえに飲んでいるお茶で、なぜダイエットできるのでしょうか?

ポリフェノールが脂肪の吸収に効く!

ポリフェノール が豊富な、お茶。

お茶でダイエット効果が望める理由は、このポリフェノールにあります。

ポリフェノールは、お食事中に脂肪吸収をやわらげてくれる働き をします。

余分な脂肪は吸収しないから、お茶でのダイエットを助けてくれるのです。

ポリフェノールとは総称で、よく聞くものは二つ。

たとえば、緑茶 であればカテキン紅茶 であればタンニン を指します。

緑茶のカテキンは近年良く耳にするポリフェノールの一つですね。

食物繊維

意外に思われるかもしれませんが、お茶には食物繊維 が多く含まれています。

食物繊維は言わずと知れた、腸のお掃除係ですね。

便秘を改善し、腸内環境を整えて痩せやすい体へと導いてくれます。

お茶の食物繊維は茶葉に含まれています。

より多く摂取したい場合、粉末茶を飲むことで食物繊維を多く摂る事ができます。

お茶に含まれる成分が、ダイエットをサポートしてくれるというお話でした。

お茶なら毎日飲んでいるけれども痩せたりしない けれどな、そんな感想をお持ちの方もいらっしゃるのでは?

お茶の成分はダイエットをサポートしてくれますが、ただ飲めば良いというわけではないのです。

意識して ダイエットに利用する飲み方で飲む

そうすることでお茶のダイエットサポート力を発揮できるのです。

飲み方を意識して、毎日飲むだけでダイエットに効果的だなんて良いと思いませんか?

飲み方を意識することでダイエットサポートをしてくれる、お茶。

ではどのように飲むのが良いのでしょうか?

飲む量は一日1リットルほど!

お茶にはダイエットを助ける成分が豊富に含まれているといっても、一日一杯では足りません

一日1リットル 以上を目安に飲むように心がけましょう。

お茶はノンカロリーですのでたくさん飲んでも太りません。

ポリフェノールが脂肪の吸収をおさえるので、食事前に飲む

食事前に飲むことで、満腹感を感じやすくなり食事量も減らせます。

少しの量ではなく、1リットルを目安に摂取してくださいね。

運動前に飲む

緑茶に含まれるポリフェノールのカテキンは、脂肪燃焼を助ける働き があります。

ですから、運動前に お茶を飲めばダイエット効果が得られやすくなりますね。

運動前に体を冷やしてしまうと効果が半減しますので、温かいお茶 を召し上がってください。

脂肪燃焼を効率よくサポートし、お茶ダイエットを成功へと導いてくれるでしょう。

 朝起きて飲む

起きぬけの一杯に、お茶をいかがでしょうか。

お茶には食物繊維がおおく含まれている、と前述でご説明しました。

朝おきて最初に飲む水分は、整腸作用がある ことで知られています。

このタイミングでお茶をいただく事で、しっかりとした効果を感じられるのではないでしょうか。

朝の一杯のお茶は、冷たいとお腹を下してしまいます。

常温のお茶を飲むようにして頂きたいと思います。

飲み方を意識することでダイエット効果を感じられる、お茶。

では、実際にお茶でダイエットした方の体験談をご紹介します。

食事は今までと変わらず食べていますが、背中やお腹周りの脂肪が減ってきました。このまま続けてみようと思います!~80文字程度)

http://www.diet-cafe.jp/2013/10/post-3352.html

半年で3キロ自然に落ちました。(途中停滞期有)

http://club.panasonic.jp/blogs/diet-way/meal/md299.html

お茶のダイエットは効果があるのですね。

お茶を飲むことで、体重だけではなく、背中やお腹の脂肪も減った という経験談。

お茶のダイエットが体質にぴったりだったのでしょうね。

うらやましい限りです。

飲んだからといって体重が大幅に減ることはないですが油物や甘いものが好きな私がかなり暴飲暴食しても体重が大幅に増加することもなくなったように感じます。飲まずに暴飲暴食するとしっかり増加しました。

http://www.diet-cafe.jp/2013/10/post-3352.html

7、8年濃い緑茶を飲み続けています。 お茶によって、痩せた実感はないのですが、 利尿作用があるせいか、むくみにくくなりました。

http://club.panasonic.jp/blogs/diet-way/meal/md299.html

こちらは、積極的な変化は見られなかった方のコメントです。

ですが、続けることによって体質が変化した 様子に受け取れます。

即効性はないけれども、継続が体に作用するのがお茶ダイエットの一側面なのでしょうね。

ダイエットに効果的である、お茶。

お茶といっても様々な種類がありますね。

ダイエットにはどのようなお茶を飲めば良いのでしょうか?

おすすめは、緑茶ほうじ茶 です。

緑茶にはカテキンが豊富に含まれています。

このカテキンは、渋い緑茶にほど多く含まれており、脂肪燃焼をサポートする働きがあります。

運動前に飲むことで、代謝をあげますので、運動前には緑茶を おすすめします。

ほうじ茶 もカテキンが多く含まれていますが、緑茶ほどではありません。

その代わり、カフェインが少ない のでカフェインによる刺激を防げます。

さらに、ほうじ茶は熱いお湯で入れるほど風味良く飲めますので、やかんなどでの作り置きがおすすめです。

朝の水分補給は、ほうじ茶 をおすすめします。

実は、ダイエット専用のお茶がある のをご存知でしょうか。

毎日飲んでいるお茶にもダイエットのサポート効果があります。

ですが、ダイエット専用のお茶はダイエット効能に特化 しています。

サポート力が、より高いという事ですね。

お茶をダイエットで飲むのであれば、代わりにダイエット専用茶を淹れて飲むだけでより効果があるのです。

お茶でダイエット効果を感じたい方には、ダイエット専用茶をおすすめします。

ダイエットをするのであれば、ダイエットの専用茶がより効果的でしょう。

ダイエット専用茶でおすすめのダイエットティーはこちらです。

エステプロラボ ハーブティープロ

出展:http://esthepro-labo.com

エステプロラボ ハーブティープロです。

こちらは目的別に10種類 もあるハーブティー。

  • 食物繊維不足を補う、デトックス
  • サロンスパでのような、燃焼効果
  • お食事と飲む、油と糖の吸収をおさえる
  • コラーゲンを補う、美容効果
  • 美白効果
  • 艶をキープする効果
  • 季節の変わり目のホルモンバランス変化に効果的
  • 疲労回復、活力UPに

目指したい、得たい効果別にラインナップされたハーブティー です。

世界中から厳選した280種ものハーブ を使い、目的別に配合

飲むだけで、次にとるアクションをサポートします。

運動前 であれば、燃焼効果 のあるハーブティーを。

朝の一杯 には、整腸作用 ののぞめるハーブティーを。

お食事の前 には、油と糖に働きかける ハーブティーを。

このように、どのような効果を得たいのか、目的別に選べるのが特徴です。

効き目だけではなく、味と香りもそれぞれ違います。

毎日シーンごとに飲んでも、飽きがこず知らずに長期間継続 できるでしょう。

同じものだとなかなか続けられない方。

いつも飲んでいるお茶だと、一日一リットルも飲めないわという方におすすめです。

ハーブティの美味しい淹れ方を紹介した動画です。

きちんと淹れたハーブティは、ダイエット中にリラックス効果をもたらすでしょう。

ハーブティを淹れる際のコツは、ぐらぐら煮立つほどのお湯を使う事。

何回か淹れているうちに、ダイエットにもお作法にも効果てきめん。

身も心も美しくなっていくのではないでしょうか。

何気なく飲んでいたお茶には、ダイエットをサポートする効果がありました。

激やせとはいかないでしょうが、体質改善からのダイエット成功へ導いてくれる飲みものでしょう。

気軽に、けれども毎日飲むものですからダイエットを気楽に継続できるでしょう。

愛用のお茶を見つけて、気軽にダイエットを成功させましょう!


※1.記事の内容は、効能効果または安全性を保証するものではありません。

サイトの情報を利用し判断・行動する場合は、医師や薬剤師等のしかるべき資格を有する専門家にご相談し、ご自身の責任の上で行ってください。

※2.記事内の製品・サービスは、この記事に訪れた読者の方に最も適切だと判断したものを紹介しております。