目次

  1. 1 はじめに
  2. 2 痩せてもっとおしゃれがしたい!ダイエットを決意!
  3. 3 数あるダイエットの中からりんごダイエットを決意!
  4. 4 まずはりんごの確保!どこでも手に入るのでいつでもできる
  5. 5 りんごダイエット開始!1日に11個のりんごを完食!
  6. 6 りんごダイエットを振り返って
  7. 7 りんごダイエットをする人に気をつけてほしいこと
  8. 8 りんごダイエットにかかった費用は?
  9. 9 ダイエットを頑張る読者に向けての一言!
  10. 10 [編集後記]

※この記事はsoineさんにご自身のダイエット体験談をまとめていただいております。

はじめまして、soineです。

今回、こちらのダイエットTV様のほうで私のダイエット体験談を書かせていただくことになりました。

私の体験談が少しでも皆様のダイエットの参考になれば非常に嬉しく思います。

では紹介していきますね。

このダイエットをしたのは高校3年生で、かなりの食べ盛りだった私は高校1年生から

みるみる太って高1で56kgだったのが高3には64kgにもなり8キロも太ってしまいました。

そしてそれに加え、胸が大きくIカップもあった為、より体が大きく見えてワンピースを着ても妊婦さんのようでした。

胸が大きかったのもコンプレックスだったのですが、体がどんどん大きくなるにつれて周りの目が気になってしまい、エレベーターに入ると太っている自分を見られている罪悪感に襲われ、着る服も暗い色が多くなり、

体系が大きく見えない色を着るようになってしまいました。

「もっと明るくてかわいい服が着たい!」「スカートにブーツを履いてオシャレがしたい!」

と思いダイエットを決断しました。

当時そのころは果物や野菜によるダイエットがテレビで人気になっており、

バナナダイエットやキャベツダイエットなど、

1週間ほどの短期間ずっと同じものを食べ続けるという少しキツイダイエットが流行りました。

バナナもキャベツも大好きな私は両方1週間試してみましたが、途中で体調を崩してしまい断念しました。

そのなかで【りんごダイエット】 というのも人気で、甘くておいしい、いくらでも食べて良いという所に惹かれて

りんごダイエットを始めるようになりました。

自分の大好きなもので、しかもそれを1週間いくらでも食べてよいなんて、

自分にとってはとても合っているダイエットだと思いポジティブな気持ちで1週間りんごを食べ始めました。

りんごダイエットをするのに大事なのは【大量のりんご】 を確保しなければいけない事です。

しかし現在でもそうですが、りんごはスーパーや果物を扱うコンビニには必ずと言っていいほど

季節を問わず置いてありました。

ですので比較的安易にりんごを調達できたので思い立ったその日から始めることができました。

りんごダイエットは1週間リンゴしか食べてはいけないという決まりがありましたが、

1日に何個までしか食べてはいけないという決まりはなかったので、かなりの大食いの私は

とりあえずりんごを10個調達して朝食から始めてみました。

最初の食事で一回の食事にどれくらいのりんごを食べればお腹がいっぱいになるのか

分かってから毎回買う量を調節する方法で食べ進めていきました。

最初の朝食でなんと5個も食べてしまった私は自分で今の胃の大きさに自分でびっくりしてしまいました。

結局その日は朝食5個、昼3個、夜にりんごを買い足して3個食べました。

1日で11個も食べてしまって体に支障が出るかと思ったのですが、

果物特有の冷え性になりやすいという症状も出る事なく2,3日と食べ進めていけました。

3日目になるとお肉が大好きな私は油ものを食べたくなり、家族と食事するのが辛くなってきたので、

家族が食事する前にりんごを食べて先に食事を済ませてしまいました。

最初は苦痛でしたが、りんごそのものが果汁で甘いので、あまり気にならないようになりました。

学校が毎日ある状態でりんごダイエットをしてしまうと、もしかしたら勉学に集中力が欠けてしまったりして

勉学に支障が出てしまう恐れがあると思い、夏休みの1週間を使ってりんごダイエットに挑戦しました。

4日5日6日と食べ進めていくと、1日に沢山のりんごが食べられなくなり、胃が小さくなった実感を感じることができ、とても嬉しかったです。

そしてこんなにりんごを食べても決して嫌に思う事はなかったのですごく自分にとってはメリットでした。

そのうち沢山食べなくても満腹になり、満足感も得られて 、それが少しづつ当たり前になってきているのがすごく嬉しかったです!

そして7日目。ついに終わったらお肉が食べれる!と思いつつりんごをバリバリ。多少りんごには飽きてきたものの、りんごダイエット自体に体が慣れてしまってさほど苦しいとは思いませんでした。

5日目ごろのりんごの摂取量は1日に7個とかなり減り、

空腹に耐えられず食べたい!食べたい!と思う気持ちも減っていきました。

そして7日目最後の夜の食事。もうりんごなんて見たくない!とは思わず、苦しい思いをせずに食べて終わりました。

食に対する食べたいという欲望そのものが減り、最後の7日目は6個りんごを食べて終了しました。

終わった日はその次の日から何を食べても良くなるので、少し動揺してしまいましたが、

次の日から家族と同じ食事を食べるようにしました。

家族と一緒に食事ができるようになって、少し安堵した気持ちと、

【あまり食べ過ぎないように心がけようという気持ちが自然とわくようになりました】 これが自分自身とてもびっくりしました。

その後もリバウンドすること無くりんごダイエットを始める前の様にガツガツ大量に食べる事もなくなり、家族も驚いていました。

好きなものを食べて8kgも落ちるなんて思ってもいなかったので、ダイエットが終わった時は自分の細くなったウエストや足を見て、うっとりしてしまいました。

りんごダイエットはりんご自体に歯ごたえがあり、とても食べごたえがありました。

もし柔らかなものを1週間食べるという場合、かなりの量を食べてしまっていたと思います。

りんご自体とても繊維質だった という事と、甘くて果汁が多かった 事がすごく満足感になり、途中で投げ出すような事なく1週間続けられました。

私は1週間続けて結局8kg痩せる事に成功 し、体の調子も崩れることなく美味しく食べる事ができました!

しかし中にはりんごダイエットをして冷え性になってしまったり、下痢などの体調不良を起こしてしまう可能性もあります。

その場合はすぐに中止した方が賢明です。

体調に気を付けながら適度な量を取る事をおすすめします。

結局1週間でりんごを64個食べ、1つが98円でしたので

全部で【6272円+税込み】 ほどかかりました。

ダイエットサプリなど、かなり高価なものも販売していたりしますが、

手軽に手に入り、1個98円ほどとかなり安いのでりんごが好きな人にはおすすめできるダイエットだと思いました。

ダイエットは種類が沢山知られていて簡単に痩せる事は難しいですが、根気よく続けていれば必ず効果は出る と思います。

続けずに途中でやめてしまうという飽き性がある人は克服すれば大きなダイエットに成功するのではないかと思います。

どのダイエットも気持ちの面で厳しく、時には長い闘いになるかもしれませんが、ダイエットをしているのは自分だけではない!

と思い頑張るのが一番結果につながってきます。

無理しすぎず、自分に合ったダイエット法を見つけて楽しくダイエットができると良いですね!

soineさんのりんごダイエットの体験談、いかがでしたか?

一週間ずっとりんごしか食べないというもの斬新なように思いますが、結果的に自分の食欲が抑えられるきっかけになっていたのは、理想のダイエットかもしれないです。

りんごには抗酸化作用のあるポリフェノールが多く含まれていますので、りんごの皮をむかずに食べるのがいいそうです。

りんごが好きな方はぜひチャレンジしてみてくださいね!


※1.記事の内容は、効能効果または安全性を保証するものではありません。

サイトの情報を利用し判断・行動する場合は、医師や薬剤師等のしかるべき資格を有する専門家にご相談し、ご自身の責任の上で行ってください。

※2.記事内の製品・サービスは、この記事に訪れた読者の方に最も適切だと判断したものを紹介しております。