目次

  1. 1 娘の卒業・入学、カタログのママは細かった…
  2. 2 手っ取り早く痩せるにはどうしたらいいのか??
  3. 3 ダイエットをする前にネット中を探しまくった
  4. 4 置き換えダイエットをしていると「体」が軽くなった!?
  5. 5 ついに目的達成!
  6. 6 置き換えダイエットの最中気づいたこと
  7. 7 置き換えダイエットにかかった総額は
  8. 8 ダイエットを頑張る読者に向けての一言!
  9. 9 [編集後記]

※この記事はpukukomamaさんにご自身のダイエット体験談をまとめていただいております。

こんにちは!pukukomamaです。

前回のダイエット日記体験談に引き続き、また登場しました!

ってことは、あのダイエットの後結局太ったのかって?

はい…太りました。

子どもを3人、約2年おきに出産しまして、リバウドどころじゃない位太りました。

最高74kgにまで肥えた私は、これと言って劇的な痩せる目的を見付けられぬまま、それでもちょいちょいダイエットもどきをしながら、子育てに追われていました。

3人目が魔の2歳児に差し掛かかりそうな頃、上の子の小学校入学が近づいて来ました。

そろそろ卒園式や入学式の私の服も用意しなきゃ…と思い、カタログなどを見ていると、同じ哺乳類とは思えないスタイル抜群のモデルが、爽やかにオシャレなスーツを着こなしているではありませんか。

「……ヤバい。」

久しぶりのヤバいに出会いました。

娘が小学校に行くようになれば、私も学校に行く機会がある。

〇〇の母ちゃんデブゥ〜なんて言われようものなら、娘が不憫で不憫でなりません!

妄想族の私は

「〇〇の母ちゃんデブゥ〜」→娘が学校に行きたがらなくなる→娘が悪い友達と付き合うようになる→娘が盗んだバイクで走り出し暴走族になる、ところまで一通り妄想したのです。

ダメだ!ヤバい‼︎

ここは一つ、ダイエット再始動だ!と、自分を奮い立たせたのです!

この6年間、ダイエットもどきをちょいちょい繰り返し、何の結果も残せなかった私は、一体どうしたら良いのか悩みました。

サプリメントは、様々なものを試しました。

燃焼系を中心にダイエットに良いと書かれているものは一通り購入しましたが、これと言って結果が残せず…。

サプリメントは、長く飲み続けて始めて結果が出るものですし、サプリメントそのものの質にもよりますので、あまりのんびりしていられない今回は外しました。(中には良いサプリメントもありましたので、それはまた違う機会に…)

で、今回は短期決戦でいくために、新しいダイエットに挑戦することに決めたのです‼︎

今回は、約3か月という短期決戦でしたので、手っ取り早く痩せるにはどうしたらいいのか考え、ここはやはり食べるものを減らす作戦に出ました。

ただ今回は、以前のダイエット日記の頃に比べると、食べる量も体重も増えましたし、子どもを相手してたら日記に書き留める時間もありません。子どもが寝たら、私もそのまま夢の中です。

そこで、置き換えダイエットに挑戦することに決めまた私は、インターネット通販サイトを片っ端から調べ上げ、一番安く売っているお店でプロテインダイエットドリンクを購入しました。

このころには、母乳もあげていませんでしたし、体力もそこそこありましたので、多少食事を抜いても大丈夫だろう。しかし、昼食と夕飯を抜くのは辛い。朝食なら抜いても昼食までそれほど時間も空かないので、行けるだろうと考え、朝食をプロテインダイエットに置き換えました。

初日はどんな味なのかワクワクしながらイチゴ味を飲んでみると、子どもの頃に飲んだいちご牛乳のような味で、テンションアップ!

これなら毎日飲めるぜ!と一気に飲み干してしまいました。

ここで大きな過ちが一つ…。

一気に飲んじゃうと、満腹感があまり得られませんので、ゆっくり飲むことをお勧めします。

そんな飲み方をしたのもあってか、昼食までの空腹感は半端じゃなかったです。

あっという間にお腹が空き、子どもたちが食べるおやつが尋常じゃないくらい美味しそうに見えたことを覚えています。

そして、いつもなら面倒で嫌になる昼食作りは、自分がお腹を空かしているためいつもより早く作り、ガッツリ食べてしまったのです。

こうして、一日目は、失敗に終わりました。

二日目は、前日の反省を踏まえて、プロテインをゆっくりと噛みしめるように時間をかけて飲み干し、昼食はこれまたゆっくりと噛みしめながら食べるように心がけました。

しかし、まだまだ二日目くらいじゃ、空腹は恐ろしいほど襲ってきます。

何をしていても、食べ物のことばかり考えてしまう。意識が胃袋にばかり集中してしまい、家事が手に付かない。

昼食を食べても、なんだか物足りない感じがしてしまい、3時のおやつは子どもと一緒になって食べちゃう。

夕飯は、ガッツリ食べてしまう。

二日目も、トータル的には失敗に終わりました。

うーん、うたい文句のような満腹感が得られないぞ。もしや失敗か?などと考えながら迎えた三日目、この日も噛みしめるように味わいながら、朝食にプロテインを飲みました。

飲んでしばらくしてからの空腹感はやはりあります。

しかし何でしょう。何かが昨日と違うのです。お腹は空いてるんですよ。でも、我慢できる範囲なんです。前日のように、胃袋に脳みそを支配されるような感じはありません。

なんだかちょっと、軽い感じがするのです。

その感覚は、日を追うごとに強くなり、朝食から昼食までの空腹感がほとんど気にならないどころか、体がすっきりする感じになってきたのです。

その頃の私は、常に何かを食べていたような状態でしたので、胃袋が疲れていたのかもしれません。

朝から固形物を食べないことで、胃が軽くなり体全体がスッキリしてきたのだと思います。

プチ断食で胃を空っぽにすると、頭がスッキリするということを、以前何かで見ましたが、これは置き換えダイエットでもあり得ることなのかもしれません。

これはすごい!と思った私は、その日以降、空腹を感じることが癖になり、苦痛ではなくなりました。

1週間が経った時、体重を測ってみると5kg落ちていたのです!今までは減るどころか増える一方だった体重が5kgも減っている!

この結果は、確実に私の自信に繋がりました。

ここで注意点が。

私の-5kgは、元々体重が多いから減りが大きかっただけです。50kg台や40kg台の人が5kg落とすのは、私よりはるかに大変で時間のかかることだと思いますので、私の数字はあくまでも参考程度で見ていてくださいね。

さて、それからというもの、毎朝ゆっくりプロテインを噛みしめながら味わい、食事も少しずつではありますが、量を減らしながら食べるようになりました。

今までは、おかわり必須だった白米も1膳でお腹いっぱいだな…と感じるようになり、間食も減ったのです!

ちょっとの量でお腹いっぱいになるということは、胃袋が小さくなったということなのだろうか?そう思った私は、胃袋に逆らわず、胃袋の訴える通りの食生活をするように心がけていきました。

そうすると、体重だけではなく「体」のすっきりした感覚が感じられ、以前に比べて、疲れにくくなってきたのです。

体重は減り、体が楽になるなんて、一石二鳥です!ちょっと体が疲れてるなと感じるときには、置き換えやプチ断食が良いのかも知れませんね。

もうすぐ卒園式という頃、私の短期決戦ダイエットも終わりに近づいてきました。

3か月のダイエットで、体重が13kg、服のサイズは2つも落ちました!

これでオシャレなスーツが着られる!そう思った私は、ダイエットの結果に喜び、そして自分もやればできるんだという自信を取り戻したのです。

忘れていたこの気持ちを改めて感じた私は、今思うと子育てに逃げていたのかもしれません。

しかし、その子どもに「ヤバい!」という気持ちを思い出され、その子どものために「やるぞ」となりました。

やはりダイエットは、明確な目的を持たなければ続けることは難しいのだと、改めて思いました。

そして、今回のダイエットは、もう一つ良いことを発見しました。

胃袋に負担を掛けないことこそが、体の調子を整え体を楽にするのだ!ということです。

まあ、私の体験を元に言っているだけなので、何の医学的根拠もありませんが、バランスのとれた食事はもちろんのこと、食事をどのくらい取るかという「量」の部分が、体重以外にも大きく影響することを、今回のダイエットで身をもって体験することができました。

満腹感は、心と胃袋を満たしますが、体自体は満たせないようです。程よい量と栄養バランスこそが、ストレスなく生活できる「体」と「体重」作りになるのかもしれません。

今回使用したプロテインダイエットドリンクは、一箱30袋入りで当時2980円でした。

3か月分を購入しましたので、総額約1万円かかりましたが、私の食事の量が以前より減っていきましたので、食費が若干ではありますが減りました。

何度となくダイエットを経験してくると、知識ばかりがた貯まっていき、これだけ知識が貯まればいつでも痩せられるわ!という、根拠のない自信に侵されていきます。

かと言って、自分を常にストイックな状態に置きながら生活するほど、強靭な精神力は持ち合わせていません。

痩せたい、食べたいをただ繰り返していても何の結果も出ないことは、誰にでもわかることだと思います。

それならば、それを両方叶えるにはどうしたらいいのかを考え、一日の中でどこか一つだけ無理なく我慢する時間を作ってみてはいかがでしょうか。

ダイエットは根気と繰り返しが大事です。 繰り返していく中で体を慣らしていき、自分のベストコンディションを見つけたら、そこをキープする方向にシフトチェンジしていくんです。

無理なダイエットは禁物です。自分の体を大切にしながら、健康的な生活を送りたいですね!

pukkukomamaさんの置き換えダイエットの体験談、いかがだったでしょうか?

娘さんのことを考えたことがモチベーションに繋がったのかもしれないですね。また自分で空腹を抑える工夫や体の声をしっかり聞いていくところも参考になったのではないかと思います。

有名なプロテインダイエットですがなかなか、実行したリアルな声を聞くことはないですよね。

ぜひみなさんもお試しください!


※1.記事の内容は、効能効果または安全性を保証するものではありません。

サイトの情報を利用し判断・行動する場合は、医師や薬剤師等のしかるべき資格を有する専門家にご相談し、ご自身の責任の上で行ってください。

※2.記事内の製品・サービスは、この記事に訪れた読者の方に最も適切だと判断したものを紹介しております。