目次

  1. 1 はじめに
  2. 2 妊娠中、こどものために食生活の改善を決意!
  3. 3 きのこってすごい!きのこのパワーに感動して挑戦してみることに
  4. 4 きのこダイエットのいいところ
  5. 5 きのこダイエットのおすすめのやり方!
  6. 6 きのこダイエットで2週間で2キロのダイエットに成功!
  7. 7 きのこダイエットで気をつけたいこと
  8. 8 きのこダイエットにかかった総額は
  9. 9 ダイエットを頑張る読者に向けての一言!
  10. 10 [編集後記]

※この記事はyk24さんにご自身のダイエット体験談をまとめていただいております。

初めまして、yk24です。数々のダイエットにチャレンジしてきた私ですが、今回ご紹介するきのこダイエットを紹介します!

期間は2週間という短い間でしたが、とっても嬉しい効果がありました。

是非、ダイエットを志しておられる方々に私の体験談を知っていただきたいと思い、今回この記事を書かせて頂くことになりました。宜しくお願い致します!

このダイエットに挑戦しようと思った時は、ちょうど結婚して半年ぐらいが立った頃でした。

結婚するまで実家暮らしだった私・・料理はほとんど経験が無く、できるのはスクランブルエッグやブロッコリーをゆでたり、お味噌汁や炒め物ぐらい・・しかも栄養についての知識もほとんど無く、調味料もおいしければいいじゃん、とマヨネーズやケチャップをたっぷり使った濃厚な味付けくらいでした。

毎日料理本を見て新しい料理には挑戦しようとはしていましたが妊娠中だったため、つわりとけだるさに負け簡単かつ健康にもあまりよろしくない料理ばかり作ってしまっていました。

もちろん、そんな食生活では体重は増えるわ肌はニキビだらけになるわという大惨事。

これではいけない!こんな生活を続けていては、生まれる赤ちゃんにもよくないし健康にも美容にも悪影響だ!そう思い、ダイエットを決意するに至りました。

けれどダイエットとはいっても、妊娠中はあまり過度なダイエットはできません。

食べる量をあまりに減らしすぎると赤ちゃんにも良くないはず・・。

そんなとき、雑誌で立ち読みしたきのこダイエットでした。

きのこなら好きだし、それに値段もリーズナブルでおいしい。何かを極端に減らす、というわけでないので妊婦にもチャレンジできそうに思えました。

また、きのこにはキノコキトサンという脂肪燃焼効果のある物質が含まれていて、脂肪を分解して中性脂肪を減少させてくれる効果 もあるそうです。

血液内の糖質やコレステロールを減らしてくれる ので生活習慣の予防にもいいんだそうです。

それに食べることが好きな私に嬉しい満腹効果 もあるので、ものすごく我慢を強いられることもないと思いました。

他にも、カルシウムの吸収を助けるカルシウムや体内に溜まった老廃物を排泄する効果 もあり、シミ・ソバカス・くすみを取り除くトレハロース、美容に嬉しいビタミンBやCも含まれているのでニキビにも効果抜群だそうで!

きのこってすごいんだなと思っていました。

やり方もとっても簡単で、一日200グラムを食事の一番最初に摂るだけです。

簡単かつおいしくってダイエットに美容に一石二鳥にも三鳥にもなるきのこダイエット、かくして私はわらをもすがる想いできのこを買いに走ったのでした。

きのこダイエットの嬉しいところは、まずきのこの種類の豊富 なところです。

毎日同じもので同じようなメニューばかりでは、いくらきのこがおいしくっても飽きてしまいます。

そこで私は何にでも使えるえのきだけをはじめ、エリンギやしいたけ、ブナシメジなど、様々なきもこをスーパーで買いました。

また、携帯のお料理のレシピでおいしそうなきのこ料理のレシピをたくさん保存し、本屋で新たにきのこ料理のたくさん載っている料理本も買いました。

とにかくレシピが豊富で様々な味付けや野菜、肉とコラボレーションしてくれちゃうきのこ、これはとっても楽しいダイエットになるぞ!と

わくわくした気持ちを胸にいっぱいに膨らませ、私のきのこダイエット生活が幕を開けました。

スープやお味噌汁、炒め物にきのこごはん、ナムルに和え物に、とにかくきのこ料理はバラエティに富んでいます。しいたけはあと一品欲しいと思う時にトースターで温めて醤油やポン酢をたらすだけでも充分においしいです。

あまり食欲が無く疲れている時には汁物に入れてしまえば簡単に摂取量がとれてしまいます。

私がきのこ料理で特におすすめのメニューは、チキンのトマト煮込み でした。

お肉も野菜もたっぷりとれますし、どんなきのこでも大概合うのでブナシメジとえのきだけを組み合わせて食感の違いを楽しみながらおいしく頂けました。

一日200グラムというのはそれほど多い量では無いので無理して食べなければと思わなくても良かったですね。食べ続けていると面白いほどに体重は減り、お肌もやはりニキビが明らかに減ってきました。

私は肌が元々赤くなりやすいのですが、赤みもうっすら和らいで、白くなった心地がしました 。触り心地もごわっとしていたのがつるつるしてきて、朝顔を見るのがとっても楽しくなりました。

旦那にも「何か最近肌綺麗じゃない?」と嬉しい誉め言葉を頂けちゃいました。

母にも「何か痩せた?肌もましになったし、何かしてるの?」と聞かれ、きのこダイエットの話をしたところ、母もきのこダイエットを始め、毎日のようにきのこ料理を写真で送って報告してきてくれました(笑)

*同じダイエットに取り組む同志がいると、ダイエットもより楽しくなりますね。 * もちろんきのこを食べる以外にもそれまでの味付けの仕方を改めて、あまりこってりしすぎない軽めの味付けにしたりカロリーの高いチーズなどを控えたのも、嬉しい相乗効果をもたらしてくれたのだと思います。

間食もできるだけ減らし、口寂しくなっても食についてあまり考えないよう掃除に気を向けたりテレビや雑誌で綺麗な女優さんを見たりと気持ちをダイエットに持続できるよううまく持っていくことを意識しました。

きのこダイエットを続けて2週間、体重はあっという間に3キロ減りました。

おいしくって簡単でやせるわ肌もさらさらだわ、まさにきのこ様様という心境でした。

検診でも体重を咎められることは無かったのでそれまでがあまりに不摂生だったのでしょうね。

食の大切さに気付かせてくれ、健康な妊婦へと引き戻してくれたきのこには、本当に感謝しかありません。

また、毎日飽きないためにきのこレシピをいろいろと試してみたお陰で、料理もランクアップ するという嬉しいおまけ付でした。

きのこダイエットをしてみて気付いたことは、やはり不摂生はだめだということです。

食への知識が栄養士までとはいかなくとも、やはりある程度はあるほうがいいですね。

今回はきのこダイエットにチャレンジしましたが、栄養の取れた健康的なダイエット・美容を意識するには、

きのこ以外にもたんぱく質やその他の野菜などで取れるビタミン、酵素もうまく取り入れ、一つのものだけを意識しすぎないことが大事 だと思いました。

味付もこってりしたものでなくさせるために、私はよくきのこと他の野菜、肉を少しの塩と共に蒸して、旨みを食材から引き出すように意識していました。

そうすることで食べるときのかさも減りますし、何よりおいしく自然に近いままに頂けるので心も落ち着いた心地がしました。

注意したいのは1日200グラム以上とらないことです。

きのこには豊富に食物繊維が含まれているので、嬉しい反面、摂りすぎはお腹を緩くさせてしまいます・・。

200グラムのきのこを買うのにかかる値段は200~300円。きのこはとってもリーズナブルなものなので家計にも大助かりですよ。

2週間でも3800~4200円というリーズナブルさです。

手軽にダイエットを始めたい方にはぴったりなダイエット方法といえますね。

ダイエット=苦しい、とついつい思いがちですが、今回紹介したきのこダイエットはとても簡単かつ美味しくって苦しさもほとんど伴いませんでした。

間食を我慢するのがちょっとストレスになってしまいそうな時もありましたが、なぜダイエットしたいのか、どんな体型で、どんな肌になりたいのかなど明確に目標を決めておくと何とか乗り越えることができますよ。

おいしく楽しくダイエットして肌も綺麗になって、憧れのあの人に近付いちゃいましょ。

yk24さんの、きのこダイエットの体験談いかがでしたか?

きのこのがこんなにも健康にいいものだと勉強になりましたね。またダイエットを通して「料理をする」という行動のきっかけにもなったのも素晴らしいです。

皆さんもぜひ挑戦してみてください!

ここまで、2週間で2kg痩せることができる方法、事例をご紹介してきました。

しかし、過度な運動や食事制限、ダイエット商材等によって短期間でダイエットすることはおすすめできません。

消費者庁が発表しておりますが、自分にあった適切な運動と食事制限をしながら健康的に痩せることができるのは

6ヶ月間で4~5kg程度です。(平成26年6月)

過度なダイエットは体調を崩したり、日々の生活に悪影響を与える可能性があります。

健康を意識し、適度な運動と食事制限をし、無理のないダイエット法で焦らず計画的にダイエットすることで理想のカラダを目指すことをおすすめします!


※1.記事の内容は、効能効果または安全性を保証するものではありません。

サイトの情報を利用し判断・行動する場合は、医師や薬剤師等のしかるべき資格を有する専門家にご相談し、ご自身の責任の上で行ってください。

※2.記事内の製品・サービスは、この記事に訪れた読者の方に最も適切だと判断したものを紹介しております。