目次

  1. 1 はじめに
  2. 2 ダイエットのきっかけはストレスによる過食から…
  3. 3 お家でスポーツダイエットにした理由!
  4. 4 ダイエットをする前に準備したこと
  5. 5 完璧!私のホームフィットネススケジュール
  6. 6 「お家でスポーツダイエット」を終えた時の心境
  7. 7 ホームフィットネスでのダイエットのメリット・デメリット
  8. 8 「お家でスポーツダイエット」にかかった総額は
  9. 9 ダイエットを頑張る読者に向けての一言!
  10. 10 [編集後記]

※この記事は愛さんにご自身のダイエット体験談をまとめていただいております。

初めまして!愛といいます。

今回こちらで一ヶ月半で5キロ、健康的に痩せることのできた私のダイエット方法についてお話させて頂くことになりました。

心の健康と体の健康って驚くほど密接なのだと気づくことのできたこのダイエット。

ダイエットを決意された方に少しでも参考になれば幸いです。

元々筋肉質で痩せ型体系だった私。ちょっとやそっと食べ過ぎたくらいでは全く太ることはありませんでした。

食べ放題もジャンクフードも、甘いスイーツも大好き!よくいるミーハーな女子らしく、雑誌などに載っているダイエットは気にはしていましたがあくまで部分痩せなどの参考程度。

それより、今はやりのおいしい物を食べる方が重要でした。

しかし家庭のストレスが原因で、ある頃から少しずつ体重が増え始めました。

ストレスでの過食は食べた実感がないことが特徴です。ストレスをなくすために、無意識のうちに口に食べ物を運んでしまう。

心の負荷が増えるのに比例して体重も増えていき、気づけば5キロの増加。

見た目に変化が現れると気持ちも沈んでいきます。徐々に自分に自信が無くなり、笑顔が減ってしまいました。

そんな自分に嫌気がさし

「太ったことでこんなにも自信が無くなるなんてもったいない!それならもういちど、自信を取り戻すために頑張ろう!」

こう一年発起したのがダイエットのキッカケでした。

ちょうどそのころ家庭内のストレス原因も無くなってきて私自身、大学入学までの自由な時間が多い時期。

遊びの誘いはすべて断って、ひと月半の自己流・ダイエット合宿を始めました。

その名も「お家でスポーツダイエット」です。

元々体を動かすことが好きで、食べることも大好き。

食事を我慢して無理に痩せることよりも体質を変えて再び痩せやすくなろうと、根本からの変化を狙ったのが大きな理由です。

また当時まだ学生であり、お金もない状態。。。

ジムに行くためのお金も、ウェアやシューズを用意するお金も、なかなか捻出は難しい物でした。

そこで当時はやっていたいくつかのダイエットDVDに取り組んでみることに決めました。

本屋さんで売っている本とDVDのセットも、ECサイトなどで手に入るDVDも高くて¥1,500程度。

学生のお小遣いでも手の出せる範囲でした。

またお家の中であれば、パジャマでやろうがジャージでやろうが問題なし!誰に見られる心配もなく、時間の融通が効く事も魅力的でした。

ちょっとしたスペースですぐに体を動かせるお家スポーツは、そのころの私の状況にマッチした、手軽に初められるダイエットだったのです。

元来飽きやすい性格の私、そこでお家スポーツの種類は、段階と種類に分けて3本用意しました。

1:『日めくりルナヨガ』

出展:https://www.yoga-gene.com/instructor/63015.html

ひとつめは、スローペースな運動を目的に取り入れたヨガスキルブック。

ヨガは、腹式呼吸をもとにしたそのゆっくりとした動作を通す事で心と向き合う事ができ、

ストレスが原因で体重が増えてしまった私が、再度運動を開始するキッカケとしてはぴったりだと考えました。

人気ヨガスタジオにてレギュラークラスを担当されている、インストラクターのGORI宮下さんが監修されたこちらの本は初心者向けに作られているので、無理なポーズもなく取り組む事ができました。

月の周期にあわせて、そのタイミングの体に効果のあるポーズをとっていきます。

私は、ポーズの効能をもとに、その日の気分で適当に4〜5ポーズほど行っていました。

2:樫木式・カーヴィダンスで即やせる!

私がダイエットを始める少し前に、一大ブームを起こしていたこちらのダイエットムック本。

学生時代にダンス部だった事もあり、踊る事は大好きだったので、少し高度の運動を取り込むために用意しました。

女性はその本能的な性質もあり、腰回り・おなか周りにはどうしても脂肪がつきやすいもの。

そこにダイレクトにしかも楽しみながら効かせる事ができるので、とても楽しみにしていたDVDでした。

3:ジリアン・マイケルズのキックボックスダイエット

元来の運動好きもあり、思い切り達成感のある運動がしたくて用意したのがこちらのDVDです。アメリカのダイエットはハードなトレーニングが重視するという話を聞いて、

ハード系トレーニングDVDはアメリカの物を用意しようと決めていました。

どれにしようか探していたとき、各種ECサイトで評価が軒並み高かった物がこちらでした。

また、キックボクシングはパンチ・キックなどの動きが中心となるため、ストレス発散にももってこいのスポーツです。

ハードに鍛えながら、ダイエットの辛さを発散するため、こちらのDVDをチョイスしました。

4:その他エクササイズ道具

DVD、ムック本などの他に用意したのは、ヨガマットと巻き付けられるタイプのダンベルです。

一軒家とはいえ、キックボクシング並みの運動ではさすがに音や振動が気になりますし、フローリングでの腹筋運動は腰をいためてしまいます。

その他にもストレッチで活用したりと、ヨガ以外でもヨガマットは大活躍でした。巻き付けるタイプのダンベルは、キックボクシングの際に使用しました。

そのとき気になる部位にあわせて腕に巻いたり、手首に巻いたり、足首に巻いたり….様々に活用できました。

3種類のダイエット本・DVDを手に入れたあとは、基本的な1日の流れを以下のように設定しました。

ーーーーーーーーーーーーーーーーー

起床

①運動

朝ご飯、用事など

②運動

お昼ご飯

③運動

④運動

⑤運動

⑥運動

⑦運動

⑧運動

よるご飯、お出かけ、入浴など

⑨運動

就寝

ーーーーーーーーーーーーーーーーー

今考えるとかなりリッチな時間の使い方ですが、毎日こうだった訳ではありません。

1日用事があった日も何度かありました。

しかし私の中で「このひと月半は合宿なのだ、この時間で私は変わるんだ」という思いが強くあったので、変わる事ができたのだと思います。

はじめは軽度の運動から

運動しはじめの5日ほどは、ヨガ・ストレッチ・踏み台昇降などの軽い運動を、テレビなどを見ながら続け「この時間は体を動かす!」という習慣を自分につけました。

ヨガは筋肉を使う物というより体をのばすものを中心とし、いきなり運動を始めて体をいためてしまう事がないようにしました。

習慣化し始めてからは、少しずつカーヴィダンス・負荷の高いヨガなどを盛り込み、運動のできる体の準備をし始めます。

この段階には丁寧に時間をかけ、1週間ほど費やしました。

カーヴィダンスは、20分程のメニューが3種類、計60分ほどの運動ができるように作られています。

はじめは負荷の軽い、20分の物をひとつ盛り込むところから初めました。

ダンスを盛り込んだ動きが多く、はじめは見ながら追いつくのにやっとでしたが、

3日め頃から徐々にコツがつかめてきます。その頃から腹筋のコアな部分を意識して、動くようにしました。

徐々に運動量を高く!

徐々に1日の運動時間のなかでダンスの部分を増やし、運動量を上げていきます。

その分朝と夜のストレッチ・ヨガは念入りに行いました。

3週間めごろから、キックボクシングを取り入れましたが、これが本当にキツかった!!

有酸素運動と無酸素運度(筋トレ)の両方がバランスよく盛り込まれているのですが、

どれも自分の体重を利用して、どこかしらに負荷をかけながら行うので、翌日は全身筋肉痛でした。

キックボクシングも、20分のメニューが、上半身・下半身・腹筋それぞれに重点を置く3種類、用意されていますが

はじめは1日1回、キックボクシングを行い、あとはヨガやストレッチで体をほぐしていました。

体が高負荷に慣れだした3週間めの3日め頃から、カーヴィダンスを復活させ、コアの筋肉にも再度アタックします。

ここにも慣れだした4週間めから、1日に3種類、すべてのキックボクシングを行うようにしました。

ここからひと月半後の終わりまで、ルールは統一して、

①朝晩は必ずヨガとストレッチを行う

②キックボクシングは3種類とも行う

このルールの中で、その日の気分に合わせて運動を行っていました。

見た目に大きな変化ができた事、

そして何より、運動をする習慣ができ、「運動って楽しい!」と素直に感じる事ができたのが大きな収穫でした。

義務感や辛さより、スポーツの快感、やせることの快感の方が強くなったのです。

運動をしてやせると、筋肉の量が増える事により代謝が上がるので、肌の調子も良くなります。

生活がいきいきとして、毎日楽しくなったのも大きな成果でした。

そして何より、やせられた自分、厳しいメニューをやり遂げた自分自身に、自信を持つ事ができました。

この自分で勝ち得た自信は、無くなる事はありません。

結果として、一ヶ月半で5キロのダイエットに成功!現状も維持する事ができています。

ホームフィットネスダイエットのメリット

①自分のリズムを維持できる事

②外に出る気力がなくてもできる事

③大掛かりな準備はいらない事

④家族が応援・褒めてくれる事

以上の4点だったと思います。

まず何よりも手軽な事、すぐに始められる事は大きな利点だと思います。メイクも着替えもしなくても、思い立てばすぐに始められます。

またジムなどと違い時間のルールがないので、延ばそうが短縮しようが自分次第。自由が効く事もメリットだと思います。

また、かなり熱中していたので、家族が応援してくれたのもメリットでした。

毎日顔を合わせる家族から、「やせたんじゃない?」などと声をかけてもらうのは大きな励みになりました。

ホームフィットネスダイエットのデメリット

①一軒家ではないと厳しい

②時間に余裕が必要

という二点が上げられると思います。

音楽はなるし、どうしても足音が響いてしまう面はあるので、

特にキックボクシングはマンションなどでは厳しいかもしれません。

ここは一軒家に住んでいたおかげだと思います。

ここまでストイックに行うには、時間的な余裕もかなり必要だと思いますが、今私は朝にかるくヨガを行ってから出勤、早く帰れた夜はランニング、休日はヨガ、というような形で時間を見つけてやりたい運動を行っていますよ。

時間がない時でも、隙間を見つけてできる運動をする癖がついたことは、逆にメリットでもあるかなと思っています。

・日めくりルナヨガ:約¥1,500

・樫木式・カーヴィダンスで即やせる!:約¥1,200

・ジリアン・マイケルズのキックボックスダイエット:約¥1,500

・ヨガマット:約¥2,500

・ダンベル:約¥350

☆合計:約¥7,050

ジムの会費、ウェアやシューズの金額を考えると、かなりリーズナブルに抑える事ができていると思います。

ダイエットは正直辛いですし、結果が出るまでは何度もめげたくなりました。

しかし徐々にやせて周囲にもそれが伝わると、何よりも自分の自信が大きくつきました。見た目が変わる事は、自分自身を変える事の第一歩だと思います。

必要なのは覚悟と、変わりたいという強い思いだけです!

これを読んだ一人でも多くの人が、自信をつけて自分を変える事ができるように祈っています。

愛さんのホームフィットネスでのダイエット体験談、いかがだったでしょうか?お家でやっているからこそ「合宿」と決めて易きにながれないように管理できて目標達成されたことがすごいですね。

ジムにいくよりもお家でやることで家族が応援してくれたり、やれるもので頑張るということ自体が自分の身体と向き合う大切な時間だったのでしょう。

今も運動習慣が根付いているもの、そのおかげかもしれないです。

ぜひ気軽にできるホームフィットネスダイエット、やってみてくださいね。

※ここまで、愛さんの体験談をご紹介してきました。

愛さんは1ヶ月で5kg痩せることができましたが、消費者庁がの発表では「自分にあった適切な運動と食事制限をしながら健康的に痩せることができるのは6ヶ月間で4~5kg程度」とあります。(平成26年6月)

過度なダイエットは体調を崩したり、日々の生活に悪影響を与える可能性があります。健康を意識し、適度な運動と食事制限をし、無理のないダイエット法で焦らず計画的にダイエットすることで理想のカラダを目指すことをおすすめします!


※1.記事の内容は、効能効果または安全性を保証するものではありません。

サイトの情報を利用し判断・行動する場合は、医師や薬剤師等のしかるべき資格を有する専門家にご相談し、ご自身の責任の上で行ってください。

※2.記事内の製品・サービスは、この記事に訪れた読者の方に最も適切だと判断したものを紹介しております。