目次

  1. 1 はじめに
  2. 2 ダイエットのきっかけは産後太り…
  3. 3 ダイエットスリッパとは?選んだその理由
  4. 4 ダイエットをする前に準備したこと
  5. 5 ダイエットスリッパでのダイエットってどうやるの?
  6. 6 ダイエット
  7. 7 ダイエットの最中で気づいたこと・発見、注意点
  8. 8 ダイエットスリッパのダイエットにかかった総額は
  9. 9 ダイエットを頑張る読者に向けての一言!
  10. 10 [編集後記]

※この記事はkumiさんにご自身のダイエット体験談をまとめていただいております。

はじめまして、kumiです。

今回、こちらのヤセルモで私のダイエット体験談を書かせていただくことになりました。

私の経験や当時の心境が、皆様の参考になれば非常に嬉しく思います。

では紹介していきますね。

私がダイエットしようと思ったきっかけは、ズバリ出産です。

妊娠中は1人あたり10kg増えた私。2人の子供を産んだので20kg増えたことになります。

そして産後、義理のお母さんや母から言われたのは「産まれたらすぐ落ちるよ」や「母乳で育てていると落ちるよ」といったこと。もちろん子供を産むと体重は落ちます。ただ、1ヶ月後の検診の記録を見てみると6.4~6.7kgずつしか落ちず、地味に妊娠前と比較すると7kg増の体重になってしまったのです。

7kg増って想像がつくでしょうか。普通に「太ったおばさん」です。

妊娠中もむくんでいると「自分の体が自分じゃないみたい」と思いますが産後もそうでした。この体重増については、以前のコカ・コーラダイエット8時間ダイエットでもお話しました。

そして赤ちゃんを育てていると外出も普通にできません。赤ちゃんを育てていると、夜中の授乳もあって時差ボケみたいな感じで毎日を過ごしています。1人目だと寝ている時間も長かったものの、2人目だと上の子もいて相手もしなくちゃいけません。自分の好きなようにジムに行ったり、ウォーキングしたりするのもムリ!

上の子のイヤイヤ期もあってか買い物するのもおっくうになって、ネットスーパーや通販などを利用して、余計に外出は最小限になってしまいました。でも、7kg増の体重は減るわけでもありません……。なんとかしないとと思い、食事制限や食べ順ダイエットや色々なものに手を出しました。

これは偶然なのですが、結婚後のしばらくの間ダイエットスリッパを家の中で履いていたんですね。

ダイエットスリッパはかかと部分がない短いスリッパです。履くとかかと部分が浮いたようになって、ふくらはぎが鍛えられるというもの。ダイエットスリッパは、妊娠が発覚してから「転んだら危ない」としまっておきました。

パパがいるある日「息抜きしてきたら?」と上の娘とママと2人で大好きな雑貨店に行ってみたんです。そうしたら、かわいい猫のダイエットスリッパが売っていました。

珍しいデザインのもので耳はゴールドの別布でちゃんとついているんですよ。目の色が右と左で違っていて、鼻やひげもゴールドで刺繍されていました。

そういえばダイエットスリッパ、妊娠前に履いていたな…と思っていると娘が突然「これ、かわいいじゃない!」となぜか興奮。

「これ、大人用なんだよ?」と勘違いを訂正してみてもかわいい!ママ履いて!とおすすめされて、ベージュとブラックの2色あるうちからブラックの1色を選んでくれて、家の中でダイエットスリッパを履いてみようとなったわけです。

思えば娘の一目ぼれだったんでしょうか。お家に帰ってからも「猫ちゃーーん♡」と呼びかけていましたから。

ダイエットスリッパを用意して履くのみです!

2000円弱のダイエットスリッパを買った後で、3COINSを見たらダイエットスリッパがありました。300円でもダイエットスリッパが買えるようなんですね。

ニトリなどでも扱っているとか。雑貨店で偶然発見していいかも!と買ったので、予算も考えず(娘がおすすめしてくれるならと財布の紐もゆるみ)そこまでプランなしではじめました。家の中で気になる時にはくのみ。

ただし、デメリットは子育て中は履く状況を選ぶこと。ダイエットスリッパはハイヒールを履いているのとほぼ同じ感じ。かかとは浮いています。子供を抱っこしながらダイエットスリッパは危ないですし、階段ののぼりおりも危ない。

ダイエットスリッパを履いていて、赤ちゃんがぐずったら脱ぐことをルールにしていたので、そこまで厳密ではありませんでした。

他の食事制限やカロリーコントロールは続けられていたのでダイエットスリッパもそこまで大変じゃありませんでした。必ず家の中で履いていなくちゃいけないルールもありません。

それより履いていて危ない!と思うこともあり、赤ちゃんが泣いたらその場で脱いだスリッパが置き去りになっていたことが多々ありました。

それよりも写真に残ってしまった「おばさんの姿の私」がとにかくイヤだったので、なんとかして痩せなくちゃと焦りの方が多かったですね。体重の7kgってかなりたるんだ印象で、足も二の腕もお腹も全てを引き締めたい!と強く思いました。

外に出かけることもできない中、家の中での時間をとにかく運動時間にあてることで痩せたい、引き締めたいと切羽詰まっていましたね。

そんな中でも履き続けていると、妊娠前の体重になり足首の骨が見えるくらいの細さになりました!

体重も妊娠前に戻りました。スリムなママを見ているとまだまだ体重を減らしたい気持ちはありますが、ぽっちゃり体型のむくんだふくらはぎや足首からは脱出できたので、これは元に戻ったと言っていいんじゃないでしょうか。

まだダイエットスリッパは家で履いています。常に履いているわけではありませんが、割と気に入っていて、普通に履いています。

ただ、最近では、赤ちゃんが産まれたすぐの頃よりも、子供と一緒のおでかけが増えました。2人を連れて公園に遊びに行ったり、遊園地に遊びに行く年齢になり、おでかけの頻度も多くなりました。そのため、おでかけで子供を追いかけていると、自然と運動になりカロリーも消費します。

上の子の幼稚園入園直前に妊娠前の体重に戻すことができました。私のイヤだったのは、太ったむくんだ姿のおばさんが写真に残ることだったので、入園写真に間に合ったのがちょっとほっとしています。

家の中でダイエットってかなり難しいです。

ベビーカーを押してお散歩をすればよかったのですが、生後まもなくの子を連れては難しいです。上の子もイヤイヤ期で出かけると泣いたりするのが厄介でした。そのため、家の中でもちりも積もれば山となるの感覚でダイエットスリッパを履いておくことはいいことだったように思います。

スリッパ代だけです!

1995円弱のちょっとお高めスリッパを買いました。どうしても汚れてしまうので、途中、同じものを買い足しました。なので、2足で合計4000円程度!ダイエットにしては諸経費が安かったような気がします。

安いダイエットスリッパでもできて、1足あたりは300円ほどのものもあります。

産後ダイエットとして取り入れましたが、独身の人でも外出する頻度が少なかったり、結婚した後に「運動不足だな……」と感じている女性はダイエットスリッパを履くだけなので、簡単でおすすめです。

気になる時だけ履くだけでもハイヒールを履いたようにふくらはぎ、足首を鍛えることができますよ!

kumiさんのダイエットスリッパの体験談、いかがだったでしょうか?

ダイエットをしたくてもどうしても無理な時期ってありますよね。そんな中で家にいながら、家事をしながらにして

できるダイエットスリッパはkumiさんに合っていたのでしょうね。

また娘さんが気に入っていたということも、続けられる秘訣だったのかもしれないです。

家庭の事情や環境を利用してダイエットできれば最高ですね。


※1.記事の内容は、効能効果または安全性を保証するものではありません。

サイトの情報を利用し判断・行動する場合は、医師や薬剤師等のしかるべき資格を有する専門家にご相談し、ご自身の責任の上で行ってください。

※2.記事内の製品・サービスは、この記事に訪れた読者の方に最も適切だと判断したものを紹介しております。