目次

  1. 1 メジャーな水泳でダイエット!効果なしという意見も・・・?
  2. 2 水泳がダイエットに効果的と言われる理由とは?
  3. 3 水泳がダイエットに効果ありだとする口コミ!
  4. 4 一方、水泳がダイエットに効果なかったという口コミも・・・
  5. 5 やっぱり水泳はダイエットに効果がないの?
  6. 6 水泳で筋肉をつけずに効果的にダイエットする方法は?
  7. 7 水泳で不必要な筋肉がつく失敗例
  8. 8 水泳前のサプリで効果的なダイエット!
  9. 9 ダイエット効果促進!水泳におすすめサプリメント!
  10. 10 やり方さえ気を付ければ水泳でダイエットは確かに効果あり!

「水泳でダイエットはよく聞くけど、本当にダイエット効果があるの?」

せっかくダイエットするなら、痩せる運動を取り入れたいですよね。

水泳は消費カロリーも多い全身運動で、ダイエット効果抜群 なんです。

でも、泳げないから水泳ダイエットは向いてない…なんて思っている方、必見ですよ!

水泳のダイエット効果は他の運動よりも効果があるのでしょうか。

水泳で痩せる理由を見てみましょう。

水圧で確実にカロリー消費!

同じ運動でも水中で全身運動をする水泳の方が、カロリーの消費効率が良いです。

体に水圧がかかり、ただ立って呼吸をするだけでも腹筋や背筋、体幹といった重要な部位が鍛えられていきますよ。

水泳は消費カロリーが他の運動よりも多い ので、ダイエットには効果的ですね。

有酸素運動で基礎代謝アップ!

有酸素運動である水泳ダイエット は、ゆっくり長く泳ぐことで効果があります。

水泳で基礎代謝が上がるくらいの、適度な筋力を付けることで、脂肪が減り痩せやすい体 になりますよ。

水圧で血行も良くなり、更に脂肪燃焼の効果が高まるので、健康的にダイエット できるということです。

 エステ並みのマッサージ効果!

水泳では水圧で全身がマッサージされ、血流が良くなり老廃物を外に押し流してくれるのです

高いお金を払ってエステに行かなくても、水の力だけで運動しながら全身マッサージも受けている状態なのでお得な感じがしますよね。

実際に水泳でダイエット効果を実感している人たちの、痩せた口コミがこちらです。

この1ヶ月で4kg痩せた。水泳の効果は偉大である。

https://twitter.com/open_sesame89/status/751619446037368833?lang=ja

やっぱ水泳って運動量多いんだなぁ。。(@_@;) 週3回、休みながらだけど各500mずつ泳いだ結果、2週間で3kg痩せた。

https://twitter.com/u0monban/status/776739699851350016?lang=ja

水泳の減量効果は半端ない。8月に入ってから週に数回プール通っただけで、34kg痩せた。足とお腹まわりが細くなったのすごい実感してる。

https://twitter.com/lullylullay/status/770407394371252224?lang=ja

水泳週1で通って毎回1km泳いでたら惰性でついた脂肪なら10kg痩せたよ

https://twitter.com/aguni_9820/status/753639206467932160?lang=ja

消費カロリーが多いのでダイエット効果は抜群のようです。

運動で痩せるので、健康的にも水泳ダイエットは効果的 ですね。

反対に水泳ダイエットを行ったけれど、痩せなかった口コミもありました。

筋肉がついて、やせ るどころか、体重増加しています。

http://club.panasonic.jp/blogs/diet-way/sports/ep040.html

週一もジムで水泳してるのに1gも痩せない謎…なんでや…

https://twitter.com/yujiemon/status/738347567050838016?lang=ja

2時間で0.8㎏痩せたw でもアイスとサイダーとお菓子食べちゃったよー

https://twitter.com/white_day2241/status/773094610012745728?lang=ja

水泳で疲れた反動で食べてしまっては効果はでませんね。

1回だけでなく、継続して水泳することでダイエット効果を得られるでしょう。

「水泳をすると、筋肉ムキムキになる」

「そもそも泳げないからダイエット効果がない」

そんなことはありませんよ。

急なキツイ運動では膝や腰を痛める人も多いですが、水泳は浮力がかかることで、腰や膝などの関節にかかる負担が少ないというメリット があります。

泳げなくても水の中を歩くだけで、足だけでなくインナーマッスルなど体幹も鍛えられるので、引き締まったラインの体になるんですよ。

消費カロリーも多く、継続しやすい運動として水泳はダイエット向け といえるでしょう。

水泳で痩せたいけれど、ムキムキの筋肉はつけたくない!

そのためにも、筋肉をつけずにダイエットするポイントを押さえておきましょう。

適度な休憩を!

水泳選手は長時間トレーニングをしているので、特に上半身ががっちりした体型になります。

筋肉をつけることが目的ではないので、ゆっくりとした動きで泳ぎ、適度な休憩を挟みましょう

15分泳いだら5分休憩 など、自分のペースで運動できるのも水泳ダイエットの魅力です。

ゆっくり長くが大事!

短距離走の選手は太ももなどの筋肉が太いのに比べ、マラソン選手は細くしなやかな筋肉がついていますよね?

短時間に全力で泳いでいると、筋肉はどんどん鍛えられて、太くなってしまいます。

しかし1度にかかる力が小さく、時間が長い泳ぎ方をすれば筋肉は太くならないのです!

 クロールよりも平泳ぎ!

クロールよりもゆったりな平泳ぎのほうが、肩の筋肉はつきにくいです

体力的にも平泳ぎの方が遠泳に向いていますので、できるなら平泳ぎで長時間泳ぐようにしましょうね。

消費カロリーを意識するあまりに、休憩をとらずに泳ぎ続けたり、適当なフォームで泳いではいませんか?

間違ったフォームで長い時間泳いでも、消費カロリーの燃焼効率が悪くなるだけです。

そしてその分、不必要な筋肉を増やしてしまうんですよ!

休憩はしっかりとり、正しいフォームを意識してゆっくり泳ぎましょう。

せっかく水泳でダイエットするなら、少しでも早くダイエット効果を実感 したいですよね。

水泳の前に脂肪燃焼効果や、発汗作用のある成分が入ったサプリを飲むことで、水泳のダイエット効果をより得ることができますよ。

水泳ダイエットを成功させるためにも、サプリを併用して効率よく脂肪を燃やしましょう。

水泳前に飲みたい、ダイエット効果を高めるオススメのサプリがこちらです。

デュアスラリア

エバーライフから発売されているデュアスラリアは、燃焼と抑制 に特化したサプリです。

昼と夜で目的が違うので、それぞれ効果の違うサプリを飲みます。

昼用は燃焼成分のL-カルニチンや、カプサイシン、ヒハツエキスが配合されているので、日中の運動で脂肪を効率よく燃やしてくれますよ。

そして夜用はガルシニアエキス、ギムネマシルベスタなど、余分な脂質や糖分の吸収を抑制する効果の成分が、夜間の余分な溜め込みを抑える働きがあります。

水泳で疲れた後にご飯を食べ過ぎそうで心配な人には、燃焼と抑制を両方をサポートできるデュアスラリア がオススメですよ。

 ダイエットパワー

DHCから発売されているダイエットパワーは、人気成分を複数配合したサプリ です。

運動と食事にダイエットサポート効果のある、複数配合された成分がバランスよくアプローチしてくれますよ。

フォースコリーやα-リポ酸、ファビノール、カルニチンなど人気サプリに配合されている注目成分10種が含まれています。

アミノ酸や食物繊維なども含まれた、この10種の成分をたった1粒に凝縮したことで、手軽にバランスのいいダイエット成分を補えます。

ダイエットサプリ選びに迷った人にオススメの、複合サプリですよ。

コレスリム

亀山堂から発売されている燃焼系ダイエットサプリ、コレスリム。

メラメラ成分として有名なL-カルニチンを始め、 話題の高濃度コーヒークロロゲン酸や、甘いもの好きの味方ギムネマエキスを配合されています。

それだけではなく、サラサラ油で有名なオメガ3脂肪酸、αリノレン酸がたっぷり入った亜麻仁油 でキレイもサポートしてくれますよ。

さらに酵素ドリンクに使用されている、発酵熟成して抽出された熟成酵素エキス を贅沢に配合しています。

水泳ダイエットは全身運動と水圧のマッサージ効果で、他の運動よりも効率よくカロリーを消費できます。

サプリでサポートして余分な筋肉はつけずに、美しいボディラインを目指しましょう!

過度な運動や食事制限、ダイエット商材等によって短期間でダイエットすることはおすすめできません。

消費者庁が発表しておりますが、自分にあった適切な運動と食事制限をしながら健康的に痩せることができるのは、6ヶ月間で4~5kg程度です。(平成26年6月)

過度なダイエットは体調を崩したり、日々の生活に悪影響を与える可能性があります。

健康を意識し、適度な運動と食事制限をし、無理のないダイエット法で焦らず計画的にダイエットすることで理想のカラダを目指すことをおすすめします!


※1.記事の内容は、効能効果または安全性を保証するものではありません。

サイトの情報を利用し判断・行動する場合は、医師や薬剤師等のしかるべき資格を有する専門家にご相談し、ご自身の責任の上で行ってください。

※2.記事内の製品・サービスは、この記事に訪れた読者の方に最も適切だと判断したものを紹介しております。