目次

  1. 1 輪郭をすっきりさせたい!!おすすめ小顔体操を教えて!
  2. 2 小顔体操の前に!まずは自分の顔タイプをチェック!
  3. 3 小顔体操の前に、日頃の習慣にも気をつけよう!
  4. 4 早速小顔体操を始めよう!おすすめの方法4選
  5. 5 耳たぶや舌を使った小顔体操の方法とは?
  6. 6 小顔体操+〇〇でさらにすっきりフェイスラインに!おすすめアイテムはこれだ!
  7. 7 リラックスできる小顔体操!お顔のリンパマッサージの方法を動画でチェック!
  8. 8 小顔体操で美しいフェイスラインをゲットしよう!

写真を撮った時に隣に写っている人と自分の顔の大きさをつい比べたりしませんか?

小顔の女性は華奢で女性らしい印象になるので憧れますよね。

ということで、女性らしい憧れの小顔を手に入れるために、小顔体操をご紹介します。

https://twitter.com/tiger_poem/status/759573049066659840

まず、小顔体操をする前に、自分の顔がどうして大きく見えるのかをチェックしてみてください。

みなさんはどれに当てはまりますか?

脂肪太り

体が太っていれば顔にも脂肪が付きますよね。

脂肪の付き方は骨格によって変わってきますが、顎の下や頬、瞼などに脂肪が付き全体的に大きな印象 になります。

軽い運動を行い代謝を上げ、脂肪をほぐすように小顔体操を行いましょう。

むくみ太り

体内に余分な水分が溜まると、体だけでなく顔もむくんできます。

代謝の低下で水分の排出がうまくいかない状態 になっています。

水分や塩分、アルコールなどの摂取を控えめにして、リンパマッサージやストレッチで余分な水分を流しましょう。

固太り

食いしばりや噛み合わせなどの影響で、エラの部分や上あごと下あごのつなぎ目辺りの筋肉が発達し四角い輪郭 になります。

食いしばりはストレスが要因である場合が多いので、ストレス発散法をみつけ、筋肉の凝りをほぐす小顔体操を行いましょう。

筋肉の緩み

これはいわゆる「たるみ」 です。

顔の筋肉が年齢と共に弱くなり、ほうれい線や目の下のたるみを作ります。

たるみが起きると、顔が全体的に下に下がり、顎ラインがもたついた印象になってしまいます。

小顔体操で筋肉を鍛え、たるみを解消していきましょう。

骨格の歪み

体の骨格は生活の中の癖や、筋肉の凝り、疲れなどが原因で歪んでしまいます。

体が歪むと顔も歪みが生じます。

食事の時に片側の歯しか使わないという場合も歪みが起きます。

顔の歪みは両目の高さ、口角の位置、頬骨の高さなどでチェック できます。

まず体の歪みを整え、小顔体操では顔のツボ押しなどを意識しながら行いましょう。

小顔になるためには、小顔体操だけでなく日頃の習慣から見直しが必要です。

均等に顔の筋肉を動かす習慣を付けましょう。

滑舌よく

普段の会話時に滑舌を意識して話してみてください。

滑舌を意識すると自然と口の動きが大きくなり、口から頬にかけての筋肉をよく動かすようになります。

これを行うと普段使っていなかった筋肉が動かされ、血流も上がり小顔効果 が期待できます。

表情に気をつける

滑舌を意識することに加え、表情を変えながら話すと目元やおでこなどの筋肉も動き、顔全体の筋肉を動かすことができます。

普段動かさなかった筋肉を動かすことで、筋肉に柔軟性が出て小顔体操の効果もアップしてきます。

歯ブラシを使う

歯を磨く時に、歯ブラシの裏側(毛が付いていない方)を使って、口の中から頬の辺りをマッサージしましょう。

眠っていた筋肉を活性化させるのに効果的 です。

また、顎の下のリンパに流すようにマッサージすると、頬に溜まった廃物が流されスッキリ してきます。

よく噛む

食事の時はたくさん噛んで、顎を動かす回数を増やしましょう。

顎の筋肉の凝りをほぐしたり、血流やリンパの流れを促す効果 があります。

硬いものを食べるとより多く噛むようになるので、あまり柔らかいものばかり食べないように意識しましょう。

さらによく噛むと、満腹中枢が刺激され食べ過ぎを抑えることができるのでダイエットにもいいですね。

それでは、小顔体操のやり方をご説明していきましょう。

いろんな筋肉を動かし人に見られなくない表情を作るので、決して電車の中などでは行わないでくださいね。

変顔体操

小顔体操ではとにかく普段使わない筋肉を動かすことが大事です。

変顔体操では、顔のあらゆる筋肉を動かし、とにかく変な顔をたくさんしてください。

目を開いたり、閉じたり、口をつぼめたり、大きく開いたりしましょう。

二重顎体操

顔を上に向けた状態のまま舌をできるだけ出します。

首の筋肉のストレッチを行い、同時に舌を出すことで顎の下のお肉を解消していきます。

顎ラインがスッキリすると顔の輪郭がはっきりしてきて小顔になります。

 パタカラ体操

「パ」「タ」「カ」「ラ」と一文字ずつ発音する体操です。

「パ」は唇を閉じた状態から強く発音します。

「タ」は舌を上あごに付けた状態から発音します。

「カ」は喉の奥に力を入れて喉を閉めながら発音します。

「ラ」は舌先を前歯の裏に付けてから発音します。

この体操は本来、高齢者の食べ物を噛んだり飲み込む力を鍛える体操ですが、顔のたるみやシワの解消にも効果的です。

 あ〜お体操

「あいうえお」を顔全体を使って発声する体操です。

「あ」思い切り口を大きく開けて、目も大きく開きます。

「い」思い切り口を横に大きく開きます。

「う」唇を強く尖らせながら。

「え」口角を上げて大きく口を開きます。

「お」口を縦に開いて、目も大きく開きます。

この体操は顔の血行促進、くすみやむくみの解消に効果的です。

ご紹介した小顔体操の他にも、耳たぶや舌を使った体操もあります。

【耳たぶを使った体操】

まず口を開けた時にへこむ辺りに人差し指を置き 、そのまま親指も使い左右の耳たぶを軽く掴みます。

後ろ回りに耳たぶを小さく数回まわします。

親指以外の4本の指を揃えてフェイスラインに添え、頬骨から顎までのラインを優しく上下に摩ります。

再度耳たぶを数回まわします。

【舌を使った体操】

口を軽く開け、舌を歯に沿ってぐるぐるとゆっくりまわします。

1周2秒ぐらいのスピード で左右20回程度まわしましょう。

では、小顔体操にプラスしてフェイスラインを整えるグッズをご紹介します。

フェイシャルフィットネスPAO

口にくわえ適度な振動で口周りの筋肉を鍛え、フェイスラインを整えます。

サイドに設置するバランスウェイトも三段階に調節でき、自分に合ったウェイトで行えます。

かっさ 黒牛

筋肉やリンパに沿って、かっさでマッサージすると老廃物が流れスッキリとした小顔が作れます。

ブラシになっている部分で頭皮のマッサージをすると、たるみの予防や改善にも効果的 です。

その他、体にも使えるので首や肩のマッサージをしてリンパを流せば、さらに小顔効果アップです。

 エミリーストーン ミニ

ローラー部分が小さいので、目の周りや口の周りなど細かい部分のケアに最適。

目元の血行不良を改善しクマの解消や、口元のシワやほうれい線のケアに効果的です。

美顔ローラーは強く擦り過ぎると、逆にシミの原因になるので優しくケアしましょう。

朝、お化粧の前に行うと血行が良くなりくすみやむくみを解消できます。

首や肩を通って脇の下までリンパを流すのがポイント です。

朝の3分でスッキリできるので毎日行ってください。

顔のマッサージと一緒におすすめしたいのが、血行促進やリラックス効果のある頭皮マッサージ。姉妹サイトのヘアラボの自宅での頭皮マッサージの方法とやり方の極意を参考に、顔マッサージとあわせてやってみてはいかがでしょうか。

顔がくすんでいたり、むくんでいると第一印象もマイナスになります。

毎朝のリンパマッサージと、小顔体操で血色の良いツヤツヤな小顔美人になりましょう。


※1.記事の内容は、効能効果または安全性を保証するものではありません。

サイトの情報を利用し判断・行動する場合は、医師や薬剤師等のしかるべき資格を有する専門家にご相談し、ご自身の責任の上で行ってください。

※2.記事内の製品・サービスは、この記事に訪れた読者の方に最も適切だと判断したものを紹介しております。