目次

  1. 1 脚のむくみに「寝ながらメディキュット」が効くと話題!
  2. 2 寝ながらメディキュットとは…
  3. 3 メーカーの「Dr.Scholl」とは?
  4. 4 寝ながらメディキュット、その特徴!
  5. 5 寝ながらメディキュット、肝心の履き心地について!
  6. 6 寝ながらメディキュット、就寝時以外はつけちゃダメ!
  7. 7 寝ながらメディキュット、その他使用時の注意点!
  8. 8 寝ながらメディキュットで、ラクチンにむくみとおさらば!

毎日の立ち仕事やデスクワークで、脚がむくんで悩んでいる方。

産前産後 に脚がむくむようになり、改善したいと思っている方、と脚のむくみに悩む方の原因は様々です。

そんな脚のむくみに、寝ながらメディキュットが効果的 と言われています!

寝ている間に履くだけ!むくみに悩んいるあなたも、簡単に手間をかけずにむくみを改善してみませんか。

メディキュット

出典:mediqtto.jp

医学に基づいた階段圧力設計の圧着ソックス 、それが寝ながらメディキュットです。

寝ながらメディキュットは、カシミヤ混合素材でふんわりと優しい肌触りの圧着ソックス なんです。

太ももからつま先まで、しっかりカバーしてくれる寝ながらメディキュットは、つま先がオープントゥ でムレにくく、指の締め付けもないので履き心地も抜群です。

普段から、冷え性などで足の寒さを感じている方には、履くだけで+3~+6℃の温かさを実感できる、寝ながらメディキュットがオススメです。

出典:drscholl.jp

Dr.Schollは、なんと100年も前から続く脚の専門ブランド なんです。

脚を美しく見せるフットケアでなく、脚のコンディションを整え健康を考えた製品 を開発しているブランドです。

今では、100か国以上の国で愛用されているDr.Schollの数々の製品は、むくみだけでなく巻き爪や臭いなど色々な脚の悩みに答えてくれる、脚に寄り添ったブランドです。

寝ている間に、脚のむくみを改善してくれるメディキュットの特徴をまとめてみました!

履くだけで脚が痩せる!

英国の医療用ストッキングがルーツ である、寝ながらメディキュットは圧力数値に秘密 があります!

太もも11hPa、ふくらはぎ16hPa、足首21hPaの計算された圧力で、脚全体をきゅっと引き締めてくれます。

この圧力は寝るときに最適な圧力 なので、脚に負担をかけず効果的に引き締めてくれるため、毎日の疲れがたまったむくんだ脚をケアしてくれます。

履くだけで脚全体を温めてくれる!

寝ながらメディキュットの特徴の1つとして嬉しいのが、履くだけで脚全体をしっかり温めてくれる ことです。

寒い時に靴下を履いて寝る方は多いと思います。ですがなかなか温まらなくて寝れないときってありませんか?

寝ながらメディキュットには、カシミヤとアンゴラ素材を使ったふんわりリブ編みで+3~+6℃の温かさをキープしてくれるものがあるので、とっても温かいんです。

 むれずにつま先までしっかりカバー!

靴下をはいて寝るときの悩み で、つま先のムレや締め付け を挙げる人も多いのではないでしょうか。

寝ながらメディキュットは、つま先がオープントゥ なので、余計な締め付けはありません!

そして冬専用の寝ながらメディキュットは、新形状を採用しているので、あたたかなアンゴラ素材が、ふんわりつま先まで包んでくれます。

寝ながらメディキュットには「あったかつま先」「ずっとあったか」「フルレッグ」 など全部で9種類 と種類も豊富です。

冷え性に悩む女性や、寒い時に履くならふんわり優しい肌触りの「あったかつま先」や「ずっとあったか」がオススメです。

温かいのが苦手な方には、サラサラした肌触りの「フルレッグ」。

太もものずり落ちが気になる方にオススメな「スパッツ」タイプがオススメです。

どの寝ながらメディキュットも、心地よい圧迫で気持ちいいと評判です。

寝ながらメディキュットは、就寝時に最適な圧力で設計 されているため普段履きなどには効果を実感することが難しいのです。

なので寝ながらメディキュットは、就寝時以外の使用がオススメできません。

休日など家でゆっくりと過ごしている時、お出かけや仕事中などそれぞれのシーンに合わせたメディキュット もあります。

自分の生活スタイルに合わせて、就寝用と仕事用など使い分けるのもオススメ です。

寝ながらメディキュットには、いくつか気を付けてほしいことがありますので、しっかり覚えておきましょう!

サイズは必ず合わせる

自分の脚に合ったサイズを使うことで、適切な圧力をかけ、むくみを改善したりしてくれるのが寝ながらメディキュットです。

なので小さなサイズを選んでしまうと、大きな圧力がかかり、血行障害やうっ血 などの異常を引き起こしてしまう可能性があります。

逆に大きすぎると加圧の効果を得られない こともあります。

重ね履きはしない

効果を早く出したい、もっとむくみを改善したいと重ね履きすることは、脚に余計な負担をかけてしまうことになります。

負担のかかり過ぎた部位がうっ血してしまったり、脚全体の血液循環が悪くなり浮腫みを悪化 させてしまう可能性もあります。

 折り返して使用しない

寝ながらメディキュットには、それぞれの部位に合わせた適切な加圧 がかけられています。

なので、折り返して使用してしまうと加圧する場所が変わってしまったり、適切な加圧で脚をケアできなくなるので、効果が薄くなってしまうことがあるのです。

寝ている時間を無駄にしないで、翌朝すっきりリセットされた足で1日を始めませんか。

あなたの健康と美しい足を、寝ながらメディキュットで手に入れましょう!


※1.記事の内容は、効能効果または安全性を保証するものではありません。

サイトの情報を利用し判断・行動する場合は、医師や薬剤師等のしかるべき資格を有する専門家にご相談し、ご自身の責任の上で行ってください。

※2.記事内の製品・サービスは、この記事に訪れた読者の方に最も適切だと判断したものを紹介しております。