ダイエットで効果的なランニング方法とは?意外な事実をご紹介!

ダイエットに効果的な走り方が知りたい!ランニング初心者にも取り組みやすい走り方をランキング形式でご紹介!特に足の着地や歩幅について詳しく解説します。アドバイスも多く載せているので、今までのランニングダイエットでは効果が出にくかった方も必見ですよ! 

 

ダイエットの王道ランニング!走り方は様々?

運動

 

運動ダイエットといえばラン二ング!

おすすめの走り方をランキングで紹介します!

ランニングには色々な走法があり、走り方を変えるだけでダイエットの効果も変わってくるのです。

今ランニングをしている方も、これからランニングを始める方も、参考になりますよ!

 

なぜ、ランニングで走り方が重要なのか

運動

ランニングでダイエットしたい場合、走り方はとても重要です。

なぜ重要なのか、主な理由を説明します。

 

正しい走り方の方が疲れにくくなる!

正しい走り方は体の負担を減らすので、疲れにくくなります

自己流で走ると疲れやすくなるのは、正しい走り方ができていないからです。

疲れにくいと持久力があがるので、長く距離を走る事ができます。

その分消費カロリーがあがり、ダイエットに有効です。

走るという動きは全身運動なので、不自然なランニングフォームになると使う筋肉に偏りができてしまい、疲れやすくなってしまいます。

体格は人それぞれ違うので、自分にとって正しいフォームで走る事ができると良いですね。

まずはランキングで紹介する走法を色々試して、自分に合う走り方を見つけましょう。

 

 

怪我や故障の防止になる

正しい走り方でランニングすると、怪我や故障の防止になります。

体格にあった走り方をすれば、筋肉や骨格に無理をさせる事がありません。

自分に合わない走り方でランニングすると、関節や筋肉の筋を痛める原因になります。

不自然な姿勢になるので転びやすくなり、怪我をする危険もあるのです。

怪我や故障をするとランニングはおろか日常生活にも支障が出て、ダイエットどころではなくなってしまいます。

こうならないために、自分に合う正しい走り方を習得しましょう。

 

 プロポーションが良くなる

正しい走り方をすると、全身を効率よく動かすことができます。

普段使わない筋肉も動かすので、全身の脂肪がほどよく落ちプロポーションが良くなるのです。

よく「走ると足が太くなる」という方がいますが、それは腰が落ちたフォームで足の筋肉に負担がかかるような走り方をした場合です。

マラソン選手の方は長時間ランニングしていますが、どの選手も足はスラリとしていますよ。

 

 

 

 

 

間違った走り方は逆効果?

運動

 

間違った走り方は姿勢の悪化を招き、返って逆効果です。

先ほどでも少し触れましたが、怪我や故障の原因になってしまいます。

走ると足の筋肉ばかり意識しがちですが、ランニングは全身の筋肉をバランスよく使いながら行う運動です。

どこかに無理があると、その部分の筋肉をかばうような動きになってしまい、他の筋肉や関節を痛める事になりかねません。

ダイエットのためにランニングするなら、まずは正しい走り方をしっかりマスターしましょう。

 

【ランニングの走り方1】:ヒールストライク

運動

まず1つめのヒールストライクは、踵から最初に着地する走り方です。

ふくらはぎの筋肉や脛、アキレス腱に負担が少ないという特徴があります。

なのでランニング経験がなく、ダイエットのために走ってみたいという方にぴったりの走り方です。

現在の初心者向けのランニングシューズは、ヒールストライクで走る方を想定して作られています。

歩く時の延長のような感覚で走る事ができますよ。

 

ヒールストライク走法のポイントは、上半身よりも足が前に出すぎないように着地して走る事です。

踵着地を意識しすぎて、つま先をあげて着地すると踵を痛めるので気を付けてくださいね。

 

 

【ランニングの走り方2】:フォアフット

運動

2つ目のランニングはフォアフット走法は、つま先で着地する走法です。

何年か前にテレビ番組や書籍で紹介され、ランナーの間に広がりました。

つま先で着地すると接地面積が小さく体重移動が早くできるため、スピードが出やすくなります。

底の薄いランニングシューズの方が好みの方は、この走り方がおすすめです。

スピードが出る走り方なので、体内の糖分が素早く消費されます。

なので、甘い物を食べ過ぎて、体脂肪になる前にカロリーをすぐ消費したいという時はフォアフット走法で走ると良いですよ。

ただし、長距離を走るとふくらはぎに負担がかかりやすいので、ふくらはぎに違和感が出たら中止しましょう。

 

 

【ランニングの走り方3】:フラットフット

運動

3つめは、フラットフット走法です。

足裏全体を使って着地します。

足裏全体といっても、べた足でしっかり着地というより、足裏全体を使って弾むようなイメージです。

ランニングシューズの裏で、ポンポンとスタンプを打つような感覚で走ってみましょう。

着地する時は、体の真下に足を置くようにすると、自然にフラット走法で走る事ができます。

踵や膝、腰に負担がかからず、関節の痛みが起こりにくいです。

 

フラットフット走法は、太ももとお尻の筋肉をメインに使うので、下半身をダイエットしたい方に向いています。

筋肉痛にもなりにくいので、疲れにくくおすすめの走り方ですよ。

 

【ランニングの走り方4】:ピッチ走法

運動

ランニングする時の歩幅を小さくして、歩数を多く走るピッチ走法が4つ目です。

この走法で走る有名なアスリートといえば、金メダリストの高橋尚子選手でしょう。

小柄な日本人は、この走り方が向いていると言われています。

体をコンパクトに動かすことになるので、体の上下動が減り、体力を消耗しにくくランニングが続けやすいです。

初心者でランニングダイエットを計画しているなら、この走り方も候補になりますね。

歩幅を小さくすると、地面への着地衝撃が少なくなるので関節を痛めるリスクを減らすことができます。

心拍数が上がりやすいので、体脂肪を燃やす効果も高くおすすめですよ。

 

【ランニングの走り方5】:ストライド走法

運動

5つ目のストライド走法は、歩幅を大きく取って少ない歩数でランニングします。

ピッチ走法とは間逆ですね。

なので、ある程度筋力や走力がないと走りにくいかもしれません。

しかしランニングダイエット初心者でも、今まであげたような走法で走りにくかった場合、ストライド走法が合っている可能性があります。

 

ストライド走法で有名な方は、先程と同じく金メダリストの野口みずき選手です。

歩幅を大きくするとスピードが出やすくなるので、早く走りたい方に向いています。

ゆるい下り坂を思い切り走ると、ストライド走法の感覚がつかみやすいですよ。

 

ランニングのダイエット効果を上げるコツ

食べ物

ダイエットでランニングを取り入れる場合、どんな事に気をつけると良いのでしょう。

そのコツをまとめます。

 

プロテインを使用する

プロテインは乳製品、大豆、玉子を原料とした製品が主になります。

ダイエット用のタイプや筋肉増強のタイプなど種類は様々です。

ランニングは糖質や脂肪以外に、筋肉のたんぱく質も消費しています。

筋肉を修復するのに、たんぱく質は欠かせません。

走った直後や寝る前に摂取するのが効果的と言われています。

 

 

水分をしっかり取る

ランニング中の水分摂取は熱中症対策としてかかせません。

また、走っていない時でも意識して水分を摂取するようにしましょう。

スポーツ界ではウォーターローディングといって、脱水症状予防に取り入れられています。

 

普段から意識して水分を摂る事は、体の代謝を促し、ダイエットにも効果的です。

その際は、カフェインの入っていないものを選ぶと良いですね。

カフェインには利尿作用があるので、水分補給としては、あまり適していません。

ミネラルウォーターか、ノンカフェインのお茶がベターです。

 

 糖質も取る

ランニングでダイエットするなら、糖質はしっかり摂りましょう。

運動する際に素早く消費できるエネルギーがないと、体は運動を続けることができません。

ランニングは糖質を消費しながら、同時に体脂肪もエネルギーとして利用しています。

走っている時に力が入らなくなるようなら、糖分の入ったスポーツドリンクを飲むようにしましょう。

 

 

 

ランニングの効果アップ!おすすめダイエットプロテイン!

食べ物

ランニングダイエットをしたい方に、おすすめのプロテインを選びました。

どれも手に入りやすいプロテインばかりです。

 

ザバス ウェイトダウン

ザバスウエイトダウンは、大手食品メーカーの明治から販売されています。

筋力を落とさずダイエットしたい方向けのプロテインです。

体脂肪になりにくいといわれている大豆たんぱくが主な主成分で、飲みやすいようにヨーグルト風味がついています。

低脂肪で低糖質なので、ダイエット中でも安心です。

1食分のカロリーは79kcalと低カロリー。

減量に効果的なガルシニアエキスも配合されています。

走った時に失われやすいビタミンやミネラルも豊富で、ランニングダイエットしたい方にぴったりですよ。

ダイエットのためには水でシェイクする事をおすすめしますが、飲みにくい時は低脂肪乳などで割ると飲みやすくなります。

 

 ザバス アクアホエイプロテイン100

アクアホエイプロテインも、同じく明治から販売されています。

こちらもザバスのプロテインシリーズで、ホエイプロテインが主な原料です。

ホエイプロテインは乳製品由来の成分となり、たんぱく質吸収率が高くなります。

水に溶けやすく、フレーバーはグレープフーツ風味とアセロラ風味の2種類です。

スポーツドリンク感覚で飲めるので、ランニング中の飲み物としても利用できますね。

プロテイン特有のミルクっぽさが苦手な方にもおすすめです。

分包タイプもあり、持ち運びしやすくなっていますよ。

 

ザバス シェイプ&ビューティ

先程のザバスラインナップからもう1つ、シェイプ&ビューティを紹介します。

こちらはミルクティー風味で、美容と健康を気遣う方におすすめです。

大豆たんぱく質とフィッシュコラーゲンを配合してあり、ミネラルやビタミンもバランスよく配合されています。

ランニング以外でも忙しい時の食事代わりや、食べ過ぎた後に置き換えダイエットをしたい方にも良いですね。

 

ランニングは走り方に注意を!

胸 女性

 

様々なランニング法がありましたね!

長時間ランニングする事ができると、走った時間分はしっかりとカロリー消費されます。

正しい走り方でランニングダイエットを成功させましょう!