目次

  1. 1 生大根ダイエットを成功させる方法を教えて!
  2. 2 生大根ダイエットの成功のヒミツ!
  3. 3 生大根ダイエットの成功するやり方を紹介!
  4. 4 生大根ダイエットはすりおろすと効果大?!
  5. 5 生大根ダイエットを成功させるために気を付けること!
  6. 6 【生大根ダイエットレシピ】白みそ大根おろし
  7. 7 【生大根ダイエットレシピ】生大根納豆あえ
  8. 8 生大根ダイエットの失敗談…
  9. 9 生大根ダイエットって失敗するの?それはナゼ?
  10. 10 生大根ダイエットを成功させて痩せちゃおう!!

出典:horipro.co.jp

お笑い芸人たんぽぽの白鳥さんが実践したことでも有名な生大根ダイエット。

白鳥さんはエクササイズも並行しながらですが、70日間で11.6kgも減量したんです!

すごいダイエット効果ですよね。

そんな生大根ダイエットの成功するポイント をしっかり教えます!

生大根ダイエットの成功の立役者となる3つを知っておきましょう。

1)イソチオシアネート

1つ目はイソチオシアネート です。

これは、大根の辛み成分 のことをいいます。

イソチオシアネートは、大根が防衛能力を発揮することで発生する成分なので、生の大根が大きくダメージを受けるとイソチオシアネートの辛みが感じられるのです。

<辛み成分イソチオシアネートがもたらすダイエット効果>

  • 抗酸化作用により活性酸素が除去される
  • 代謝が高まり、脂肪がつきにくくなる
  • 血液がサラサラになる

大根から辛み成分をたくさん放出させて食べることがダイエットに効果大ということですね。

2)アミラーゼ

2つ目のアミラーゼ消化酵素 のことです。

大根には他にも消化酵素が含まれていますが、アミラーゼはデンプン分解酵素の役割 を担っています。

炭水化物の消化 を促して、便通を改善 するというダイエット効果に期待できるそうです。

炭水化物を消化してくれるため、ダイエット中でも炭水化物を断たなくていいのだとか。

3)食物繊維

3つ目は、6個目の栄養素といわれている食物繊維。

大根には水溶性食物繊維 が含まれています。

血糖値の急激な上昇を抑え、腸内の余分な脂肪を吸着して体外へ排出してくれる働きをし、便秘解消に効果的。

便秘は代謝の巡りを妨げるので、ダイエットにも影響がでてしまうのです。

そのため、便秘解消をすることがダイエットの成功の1つのポイントになります。

生大根ダイエットを今すぐに始めたいと思ったあなた。

生大根ダイエットの成功するやり方を、まずはしっかり覚えてください。

1)1日に摂る量の目安

生大根ダイエットでは、大根を1日に300g 摂りましょう。

大体目安でいうと輪切りにして6cmくらいの厚さぐらい。

この300gを1日で食べきるということを続けていけばいいだけです。

1度に300g食べてもいい ですし、数回に分けて食べてもいい ですよ。

300gの量を食べるのは守ってください。

2)絶対【生】で食べること!

生大根ダイエットの名のとおり、生の大根を食べることが大切。

なぜ【生】で食べることが重要なのかというと、大根に含まれる消化酵素が熱に弱いから なのですね。

加熱してしまうと、体にいい栄養成分の効果が無くなってしまいます。

それは本当にもったいないので、必ず『生』で大根を食べる ようにしてください。

3)食べるタイミングは?!

生大根を食べるベストなタイミングは食前食間 がいいでしょう。

食前に食べるメリットは、大根は水溶性食物繊維なので空腹感 を抑えてくれます。

食間に食べるメリットは、食べ過ぎを防止 してくれるだけではありません。

他の食べた食材を消化するのに大根に含まれる酵素が働き、代謝を高める 効果が期待できるのです。

生大根の効果がいかせるタイミングで摂る ことがダイエットを成功に導きます。

実は生大根ダイエットでは、効果がさらに増す食べ方 があるのです。

効果的な生大根の食べ方を教えましょう!

1)大根おろしにすると効果的!

ダイエットに効果的な生大根の食べ方は、大根おろし にすることです。

辛み成分イソチオシアネートは、すりおろすことでたっぷり発生します。

包丁で輪切りにするよりもすりおろす方が大根にとってダメージが強い のですね。

イソチオシアネートは大根の防衛能力が働いて、ダメージが強ければ強いほどたくさん出てきます。

今回のダイエットは辛み成分イソチオシアネートを摂ることがとても大事。

たくさん辛み成分を発生させましょう!

2)おろしたら汁ごと食べる!

そして大根おろしをつくったら、出来た汁は絶対に捨ててはいけませんよ。

汁ごと大根おろしを食べてくださいね。

この汁が、まさに何度も言っている辛み成分イソチオシアネート なのです。

ダイエットだけではなく、ひき始めの風邪の時にも大根おろしの汁を飲むといいと聞きませんか?

体にいい成分がこの汁に詰まっていますので、うっかり捨ててしまわないように気をつけましょう。

3)可能であれば皮ごとすりおろす!

それから、大根は可能であればでいいですが大根の皮ごとすりおろす といいそうですよ。

なぜかというと、大根の皮の部分にビタミンイソチオシアネート が多く含まれているからです。

大根の皮は結構しっかりしているので、辛すぎて続けられないくらい美味しくないと思うなら無理はしないでくださいね。

でも体にいい成分は摂りたいというあなたは、半分くらい皮を残してすりおろしてみてはいかがでしょう。

この記事を読んでくださったあなたには、生大根ダイエットを大成功で終えてほしい。

成功のために生大根の扱い で気を付けてほしいことがあります。

1)大根のより先端の方を選ぶ

まず、大根を購入する際に気を付けてほしいこと。

大根は1本まるごとのものとカットされているものが販売されていますよね。

今回の生大根ダイエットでは、茎の方ではなくて細くなっていく根の方 を選んで購入してください。

根の方にいくにつれて辛みが強い です。

イソチオシアネートは根に近い方に豊富に含まれています。

2)大根おろしは作り置きしてはダメ

大根おろしは作り置きしてはいけません。

すりおろした直後から、体にいい成分がどんどん減少していってしまうからです。

ですので、使う分だけをカットし食べる直前にすりおろす ようにしましょう。

残った大根はラップをして冷蔵庫に保管しておきます。

ダイエットの最初は、張りきってたくさんすりおろしてしまいがちなので気をつけてください。

3)生大根は体を温める食事と一緒に

そして、生大根をすりおろして食べる時は、体を温める食事 と一緒に食べましょう。

生大根は体を冷やす性質 をもつ食べ物なので、冷え性の人は毎日食べていると冷えが悪化してしまうかもしれません。

生大根ダイエットは、大根おろしにして300g摂りつつ普通の食事を楽しめるダイエットです。

体を温めてくれる食材と一緒に、大根おろしを食べることをオススメします。

大根おろしをどうやって食べたらいいでしょう。

1つ目に紹介するダイエットレシピは『白みそ大根おろし』 です。

<白みそ大根おろしの材料(2人前)>

  • 標準の大きさの大根…3cm程度(すりおろして1人前が大さじ4~5)
  • カツオ節…2つまみくらい
  • 白味噌…少々(醤油やポン酢でもOK)
  • ネギや大葉…好みで入れる
  • レモン汁やお酢…好みで入れる

<作り方>

  • 大根をよく洗って、出来れば皮ごとすりおろす
  • 器に盛り付けて、白味噌と和えたり、醤油やレモン汁などと食べても美味

とても簡単に出来上がります。

白味噌がオススメですが、醤油やポン酢などの王道で食べてもいいですよ。

白味噌大根おろしはさっぱりして美味しそうですね!

続いての一品は『生大根納豆あえ』 を紹介します。

<生大根納豆あえの材料>

  • 大根…6cmくらい
  • 納豆…1パック

<作り方>

  • 大根は洗って、千切りにする
  • 納豆は付属のタレとあわせておく
  • どんぶりに納豆と大根を入れて混ぜる
  • ポン酢などを少量入れて出来上がり!

レシピは千切りで紹介していますが、大根おろしにして食べることをオススメ します。

食べた感がほしい場合は、大根おろしと千切りを両方合わせるのもいいでしょう。

また、めかぶやとろろを入れて食べても美味しく召し上がれると思います。

正しく行えば 生大根ダイエットは成功しますが、口コミの中では失敗談 もありました。

どのような失敗談なのか見てみましょう。

最初は食事の量も抑えられてよかったけど、1ヶ月以上続けたら胃袋が慣れてきたのか300gの大根を食べた後でも普通に食べられるようになってしまい、結果的には体重が増えてしまいました。

http://dietclub.jp/methods/23262.html?result=2#h2-comment

個人差はあると思いますが効果はありませんでした (ーー;) とりあえず3ヶ月続けましたが、おろしにすると食べる大根の8割以上は辛くて食べにくかった (T_T)

http://dietclub.jp/methods/23262.html?result=1#h2-comment

大根は消化を助けるからなんか腹減る

http://dietclub.jp/methods/23262.html?result=2#h2-comment

生大根ダイエットを続けていくうちに慣れて しまって、普通に食事を摂っていたらダイエットに失敗してしまったとの声が見られました。

最初のうちは満腹感もあったようなのですが、体は慣れてしまったのかこの方はモリモリと食べ過ぎたみたいですね。

他にもすりおろした大根が辛くて食べるのが大変だった 人も。

辛いのはイソチオシアネートがたっぷりの状態なので、頑張って摂ってほしいです。

上で挙げた失敗談の他にも、大根ダイエットを失敗してしまった人はいるでしょう。

それは次のような理由 があるのです。

1)加熱or酸化した大根を食べていた

失敗した原因として考えられるのは、大根を加熱して食べていた酸化した大根を食べていた かもしれません。

加熱すると酵素など体にいい成分がなくなってしまうので、ダイエット効果が落ちてしまいます。

そして、大根は新鮮なものを購入するようにしましょう。

作り置きはNGと前にも書きましたが、それは大根が酸化してしまうからなのです。

すりおろした後にどんどん酵素は減っていく ため、新鮮な生の大根を食べる時にすりおろす ようにしてください。

2)生大根は脂肪を【つきにくくする】だけ!

失敗の原因はまだ考えられます。

それは、生大根に対しての過剰な期待 です。

生大根は、すでにある脂肪を燃やしてくれるわけではありません。

便秘を解消し、代謝を高める効果はたしかにありますが、脂肪は燃えません。

新たな脂肪をつきにくくしてくれる ことが期待できることです。

すでについた脂肪は運動 で落としましょう。

たんぽぽの白鳥さんも運動と併用して生大根ダイエットを成功させました。

3)カロリーを摂りすぎている!

そして、生大根への過剰な期待 で「いくら食べても消化してくれるから大丈夫」と思っている人は要注意!

いくら生大根が脂肪をつきにくくするといっても、カロリーを摂りすぎてしまっては意味がありません。

炭水化物を我慢しなくてもいいダイエットは嬉しい響きなのですが、それゆえ食べ過ぎてしまって失敗 した人もいるのです。

普通に食事を摂ってもいいというのは、バランスの整った食事 のことです。

カロリーの摂りすぎに気をつけましょう。

生大根ダイエットの成功も失敗も、両方知ることが出来たかと思います。

正しい方法 を守って、生大根ダイエットでキレイに 痩せましょう!


※1.記事の内容は、効能効果または安全性を保証するものではありません。

サイトの情報を利用し判断・行動する場合は、医師や薬剤師等のしかるべき資格を有する専門家にご相談し、ご自身の責任の上で行ってください。

※2.記事内の製品・サービスは、この記事に訪れた読者の方に最も適切だと判断したものを紹介しております。