リファカラットは肩こりにも効果ある?使用方法は?

美容室や百貨店でよく目にするリファカラット、実は美容だけではなく、肩こりにも効果があることをご存知ですか?リファカラットといえば、むくみ対策や小顔効果があると人気ですが、他にも色々な使い方があるんです。今回は、綺麗な女性に人気のあるリファカラットの効果と特徴をご紹介します。

美容に効くと話題のリファカラットがなんと肩こりにも?

胸 女性

寒くなってくると、筋肉が硬直し、肩こりに悩む方が多くなってきます。

肩こりがひどくなると、頭痛や吐き気、めまいを起こすこともあるんです。

女性に多い肩こりの悩み、美容のケアをしながら解消することができたら嬉しいですよね。

そんな方にお勧めなのが「リファカラット」なんです!

むくみ解消や、小顔対策のイメージが強いリファカラットですが、実は肩こりにも効果的なんですよ。

今回は、綺麗な女性に人気のリファカラットの効果と特徴をご紹介します。

 

 

肩こりの前に…リファカラットとは?

リファカラットとは、顔だけでなく全身をケアすることができる美顔ローラーです。

愛知県名古屋市に本社を構える、株式会社MTGが販売しているリファカラットは、シリーズ累計500万本を販売した大人気のアイテムなんです。

 

 

誰でも簡単に美容ケアができるリファカラットは、口コミで噂になり、男女問わず多くの方から人気を集めています。

 

 

リファカラットのすごさをまとめてみました!

生活

美容だけでなく肩こりにも効果的なリファカラット、その凄さを3つご紹介します。

 

素人でも効果の高いマッサージができる!

リファカラットの特徴、それは「誰が使っても、とても気持ちが良いマッサージができる」という事です。

その秘密は、リファカラットの三次元設計にあります。

リファカラットは、エステティシャンの手を再現するために、ローラーの形状やボールの入射角度などにこだわって設計されているんです。

その結果、誰が使ってもプロの手技、ニーディングを再現することが可能になりました。

リファカラットがあれば、ご自宅にいながらエステを受けることができるんです。

仕事や家事、育児など毎日忙しく過ごしている方にリファカラットはお勧めですよ。

 

肌に優しいプラチナムコート

肌に直接使用するリファカラット、肌がかぶれるなどのトラブルがないか不安になりますよね。

安心してください、リファカラットは肌に優しいプラチナムコートを採用しています。

その為、リファカラットは肌に優しいだけでなく、熱や酸に強く長持ちするんです。

またリファカラットは、ソーラーパネルから光を取り込み、エステで人気のマイクロカレントを発生させることができます。

マイクロカレントとは、私たちの美しくハリのある肌を保つためには欠かせない微弱電流のことです。

毎日リファカラットを使っていると、肌のキメが整ったみずみずしい肌へと導いてくれますよ。

 

 防水加工

半身浴をしながら、美容のケアができると嬉しいですよね。

実はリファカラットは、長風呂を好む女性に嬉しい防水構造なんです。

バスタブの中で、パックの上から小顔ケアを行うことだってできちゃいますよ。

 

 

リファカラット、肩こりにも使えるって本当?

運動

デスクワークや家事、小さな子どものお世話など、毎日を忙しく働く女性にとって肩こりはつきものです。

忙しい中マッサージに通う時間もないし、ご自宅で肩こりが解消できたら嬉しいですよね。

そんな時に助けてくれるのが、リファカラットなんです!

リファカラットは、顔だけではなく全身に使うことができる美顔ローラーなので、もちろん肩にも使用することができます。

使い方はとっても簡単、肩にそって流すように使うだけでいいんです。

詳しい使い方は、後ほどゆっくりご紹介しますね。

 

 

肩こりに効くそのメカニズムとは?

女性

「肩がこったなぁ」と感じ、こっているところを押してみると、指が入らないくらいカチカチに固くなっていた経験はありませんか?

肩こりというのは、筋肉がこわばっている状態なんです。

実は肩の筋肉は、細い筋繊維が集まってできています。

その1本1本がこわばってしまうと、肩まわりが圧迫され、血流が悪くなってしまうんです。

ただ、リファカラットはY字に広がっているので、肩まわりにフィットし、無理なくマッサージすることができます。

すると、肩まりの血流やリンパの流れが良くなり、肩こりを解消することができるんです。

肩こりの原因は、姿勢が悪い・運動不足・ストレスなどです。

日頃から正しい姿勢を意識し、適度な運動を取り入れるようにしましょう。

 

 

リファカラットで肩こりが治ったという方の口コミ!

生活

リファカラットで肩こりが解消された!という口コミを集めてみました。

肩こりがひどい方は、ぜひ参考にされてください。

リファカラットを顔だけでなく全身、特に肩まわりに使用しているという口コミが多くみられました。

自宅での使用はもちろん、鞄に入れて持ち運ぶことができるサイズなので、常に持ち歩いているという方が多いようです。

 

リファカラット、肩こりを治すための使い方!

生活

リファカラットで肩こり解消マッサージを行うには、まず準備体操をします。

片側のローラーを喉の横にあるくぼみに当て、軽く押してください、これを3回繰り返します。

ここは老廃物が溜まりやすい部分なので、しっかりと行いましょう。

それから鎖骨をはさみ、20回ローリングします。

そうしたら、リファカラットを逆手に持ち、首筋から鎖骨へ向かって10回ローリングします。

下に向かってローリングするとき、力を入れるようにすると気持ちが良いですよ。

 

次に、肩をなぞるように左右に10回ローリングします、痛いと感じるところがあれば、優しい力加減で重点的にほぐすようにしましょう。

ここまでくると肩まわりが、じんわりと温かくなってきます。

そうしたら、手の届く範囲で良いので首から肩のあたりにかけて、背中を10回ローリングします。

最後にリファカラットを逆手に持ち、肩をプッシュして終了です。

肩こりが辛いときはもちろん、スキンケアやバスタイムに取り入れると、血行が良くなり美肌のケアもできますよ。

 

 

 

 

肩こりを治すためには一日どのぐらい行えばいい?

うしろ姿・背中

肩こりを解消するためには、さきほどのマッサージを1日1回、1分以上行うようにしましょう。

スキンケアをする時や休憩中、バスタイムや就寝前など、タイミングはあなたのライフスタイルに合わせて行ってください。

大切なのは、毎日続けることです。

また、時間に余裕がある方は、肩だけでなくフェイシャルや首周りのツボ押しを積極的に行うと良いですよ。

 

 

リファカラットで肩こりを治す際の注意点!

感情

リファカラットで肩こりを解消するときに、注意しなければいけないことがあります。

ここでは、特に注意してほしいことを3つお伝えします。

 

ケガをしている箇所には当てない!

美容のケアや、肩こりを解消しようとリファカラットを使用したのに、トラブルが出てしまったらショックですよね。

リファカラットは、使用してはいけない箇所がいくつかあります。

それは、ケガをしている箇所・粘膜部分(局部)・炎症を起こしている部分・日焼けがひどい部分です。

これらの場所に使用すると、正しい効果を得ることができないだけでなく、ケガや炎症をひどくしてしまう恐れがあります。

リファカラットは正しく使用し、効果を得るようにしましょう。

 

妊娠中や生理中には使用しない!

妊娠中や生理中はホルモンバランスが普段とは違うので、リファカラットの使用は控えましょう。

この期間は肌が敏感になっているので、直接肌に接する美顔ローラーが、肌トラブルの原因になってしまう恐れがあります。

また、産後・授乳中の方や術後の方、ステンレス・クリップ・インプラントを使用されている方は、かかりつけのお医者さんに相談してから使用するようにしましょう。

 

 明るいところで使用する!

リファカラットの効果を十分に発揮するため、必ず太陽の光が差し込むことろや、電気が明るいところで使用するようにしましょう。

ソーラーパネルは充電式ではないので、光がないとマイクロカレントが発生しません。

また、リファカラットを持つときは、ソーラーパネルを手で覆ってしまうことのないよう注意してください。

 

 

肩こり以外にも、こんな症状に効果あり!

肌スベスベ

美容効果や小顔効果、そして肩こりにも効果があるリファカラットですが、実はそれだけではないんです。

リファカラットには、頑固なセルライトを潰し流す効果があるんです!

リファカラットは、プロのエステティシャンの手技「ニーディング」を再現した設計になっているので、ご自宅でも簡単にセルライトケアができます。

セルライトとは脂肪の塊です、放っておくと肌の表面がボコボコした状態になってしまいます。

日頃からリファカラットでセルライトケアをしておくと、モデルさんのようにスラリとした身体を手に入れることができますよ。

 

 

万能マシーンリファカラット!肩こりなどに有効活用しよう!

胸 女性

リファカラットの、効果や特徴をご理解頂けたでしょうか?

このようにリファカラットは、美容ケアだけでなくあなたが毎日を快適に過ごすことができるよう、全身のケアが出来るんです。

なので、是非あなたもこの機会に、リファカラットで健康的に綺麗を目指してみてはいかがでしょうか。