目次

  1. 1 「レコーディングダイエットで効果が出なかった」という意見が……
  2. 2 【おさらい】レコーディングダイエットのやり方を解説!
  3. 3 「レコーディングダイエットで失敗」という声を集めてみました
  4. 4 【体験談から考察】失敗の原因は?
  5. 5 失敗に学ぶ!レコーディングダイエット成功のポイント3つ
  6. 6 レコーディングダイエットをサポートするアプリも活用しよう
  7. 7 レコーディングダイエットのお供に!おすすめドリンク3選
  8. 8 レコーディングダイエットは正しく行えば成功率の高い方法です

一時期流行ったレコーディングダイエット。

食べた物を記録するだけで痩せられるという手軽さから流行ったのですが、「レコーディングダイエットに失敗した」という意見も多いのです。

そのせいか、最近では名前もあまり聞かなくなりましたね。

でもレコーディングダイエットは本当に失敗作のダイエットなのでしょうか?

レコーディングダイエットの失敗について詳しく分析する前に、まずはレコーディングダイエットの方法をおさらいしましょう。

基本は食べた物と体重と体脂肪率を毎日記録するだけという、単純なもの。

ただし食べた物は、飴1個であろうと、チョコレート1カケであろうと必ず書きだしましょう。

そして記録するだけをしばらく続け、慣れてきたらカロリーも書き出すようにします。

カロリーを書き出すのも慣れてきたら、そこで初めてカロリー制限を行います。

これらの段階を、およそ3~6ヶ月かけてゆっくり行うのがレコーディングダイエットの正しい方法なのです。

では、レコーディングダイエットで失敗したという声を見てみましょう。

5ヵ月経った今もしてますが全然効果がないです。私の食べ過ぎですよね食べ過ぎに気をつけます!

https://sportsclub.nifty.com/ft_diet/081009000018/kuchikomi/

レコーディングダイエットを始めて1週間たちますが、全く体重が減りません(T_T)

https://sportsclub.nifty.com/ft_diet/081009000018/kuchikomi/

レコーディングダイエットは何度かしたことありますが、記録するのが面倒くさく、カロリー制限のストレスでなかなか続かず…結果、6kg太ってしまいました

https://sportsclub.nifty.com/ft_diet/081009000018/kuchikomi/

色々なパターンの失敗がありますが、やはり数ヶ月間続けずに「失敗」と言っている方は多いですね。

短期間では効果が出ないのが、レコーディングダイエットの特徴なのですが…。

また書くのが続かない、書くのがストレスという声もありますね。

こちらについては、「何故書くのか」という部分をちゃんと納得して始めないのが原因かと思います。

レコーディングダイエットに失敗したという口コミから、その失敗の原因を探ってみましょう。

きちんと記録をしていなかった

まずはきちんと記録をしていなかったという事。

レコーディングダイエットと言うくらいですから、記録がきちんとできていなければ、失敗してしまいます。

非常に根気強い作業になりますが、そもそもこの根気強さが無ければ、どんなダイエットも失敗に終わってしまいます。

また、どんなに小さな食べ物でもきちんと記録しなければ、「自分がいつムダな食べ物を摂っているか」という事にも気付けなくなってしまいます。

きちんとルールに則り、毎日全て記録していくのが失敗を避ける方法です。

効果がなかなか出ずモチベーションを保てなかった

ダイエットの失敗で多いのが、効果がすぐ出ずにモチベーションを保てなかったというもの。

正しいダイエット方法の多くは、数ヶ月かけないと結果が出ません。

逆に言えば、「1週間で○kg痩せた!」なんてうたい文句のダイエット方法は、結局リバウンドするなどして失敗してしまう事が多いのです。

レコーディングダイエットも同様、効果が出るまでには数ヶ月かかります。

途中でモチベーションを下げず、きちんと粘り強く続ける事で失敗を避けられます。

記録するだけで振り返りをしていなかった

レコーディングダイエットは、ただ記録しているだけではダメです。

必ず自分の記録は、後から振り返りをしましょう。

そうすれば、「仕事中についお菓子を食べちゃってる」「飲み物をコーヒーからお茶にするだけでカロリーは減るのでは?」「意外と買い食いしているかも…」なんて、自分の痩せない要素を発見する事ができます。

それがレコーディングダイエット成功への道なんです。

従って振り返りをしなければ食習慣を改善できず、失敗に終わってしまうのです。

と言う事で、レコーディングダイエットを失敗させず、成功に導く3つのポイントを見ていきましょう!

食べたものはアメ1個、チョコレート1粒でも記録!

レコーディングダイエットの1番のポイントは記録です。

食べた物はアメ1個でも、チョコレート1粒でも必ず記録しましょう。

飲み物も同様です。お客様先で出されたコーヒーや、ランチ中に一口もらったカフェラテなど、全て記録しましょう。

人間は自分に都合の悪い事を、無意識に見えないようにしてしまう傾向があります。

「これぐらい良いか…」なんて細かいものを記録しないようにしてしまいがちですが、それこそがダイエット失敗のポイントになっている可能性が非常に高いです。

いきなり結果を求めず段階を踏んで!

短期間で体重を減らすダイエットは、その後リバウンドする可能性が非常に高いです。

一方成功しやすいダイエットは、効果が出るまで長い期間がかかる事がほとんど。

なぜなら本当に成功するダイエットは、身体自体を痩せやすい体質に変えるからです。

体質を変えるには数ヶ月の時間がかかりますから、リバウンドせずにダイエットを成功させるには段階を踏んで長い間続ける事が大事なのです。

レコーディングダイエットも同様で、段階を踏んで根気強く続ける事が成功へのポイントです。

必ず見直して改善点を見つけよう

レコーディングダイエットの良い所は、記録した内容を後から見返せる事です。

見返す事で色々な事を発見できます。

例えば小さなお菓子や飲み物から余分なカロリーを摂っていないか、外食が多すぎないか、体重が増えてしまった時にリセットしようと努力しているか…。

自分の食生活には、必ず改善すべき点があるはずです。

それがダイエットを失敗させているのですから、それを見つけてやればレコーディングダイエットは成功します。

レコーディングダイエットを失敗させないためには、アプリを活用するという方法もあります。

「レコーディングダイエット アプリ」で検索してみてください。たくさんの種類がありますね。

仕組みは大体どれも同じで、食べたものをリストから選んで入力するだけで、カロリー計算をしてくれるという優れもの。

もちろん体重や体脂肪も入力できますし、運動量を入力できるものもあります。

しかもグラフにして結果を見せてくれるので、モチベーションもアップ!

なので、レコーディングダイエットをサポートするアプリがオススメなんですね。

更にレコーディングダイエットを失敗させないために、オススメのドリンクもご紹介しちゃいます!

ベルタ酵素

ベルタ酵素は、いわゆる「酵素ダイエット」に使われる酵素ドリンクです。

食事と置き換えるだけで摂取カロリーを減らす事ができるのですが、それ以外にもダイエットに嬉しい効果がたくさん!

たっぷり含まれている酵素が身体の代謝を上げ、脂肪燃焼効果をアップしてくれます。

更に腸内環境を整える事で、デトックス作用もあります。

その結果、太りにくい身体を作ってくれるのです。

このベルタ酵素を併用すれば、レコーディングダイエットに失敗しないどころか、更にダイエット効果を上げてくれます!

お嬢様酵素

お嬢様酵素も、ベルタ酵素と同様「酵素ダイエット」に使われる酵素ドリンクです。

含まれる酵素の種類は、ベルタ酵素と比べると若干少ないですが、効果はベルタ酵素と同様!

身体の代謝を上げて脂肪を燃焼し、腸内環境を整えてデトックスしてくれます。

またお嬢様酵素の嬉しい点は、そのお値段。

きちんと本格的な酵素ドリンクでありながら、同量の他の酵素ドリンクに比べると約2,000円程安くなります。

お手頃価格でレコーディングダイエットのお供を探している方にはオススメですね。

 めっちゃたっぷりフルーツ青汁

青汁と言えば、健康維持のために飲む美味しくない飲み物…そんなイメージの方は多いのではないでしょうか。

この「めっちゃたっぷりフルーツ青汁」は、ただの青汁ではありません!

上でご紹介した酵素の他、便秘解消に嬉しい乳酸菌と食物繊維、お肌に嬉しい美容成分もたっぷり入っています。

そして青汁でありながら、まるでフルーツジュースのような美味しさも人気の秘密のようです。

これなら楽しく続けられそうですね。

レコーディングダイエットは失敗しやすい。

そんなイメージがあったかもしれませんが、正しい方法で行えば成功率は高いのです。

更にアプリやドリンクを併用すれば、失敗もしませんし成功率もより高くなります!

ぜひレコーディングダイエットで、理想のボディをゲットしましょう!


※1.記事の内容は、効能効果または安全性を保証するものではありません。

サイトの情報を利用し判断・行動する場合は、医師や薬剤師等のしかるべき資格を有する専門家にご相談し、ご自身の責任の上で行ってください。

※2.記事内の製品・サービスは、この記事に訪れた読者の方に最も適切だと判断したものを紹介しております。