目次

  1. 1 キヌアはダイエットの強力なサポーター!
  2. 2 キヌアは穀物ではなくほうれん草の仲間!?
  3. 3 炭水化物で太ってしまうメカニズム3つのステップ
  4. 4 キヌアは白米に比べても炭水化物が少ない!
  5. 5 白米と混ぜて食べると嬉しい糖質オフ効果!
  6. 6 スーパーフード【キヌア】の女性に嬉しい5つの効果
  7. 7 炭水化物が少なくGI値35のキヌアはこちら!
  8. 8 炭水化物を我慢しなくていいのは日本人向き!?
  9. 9 キヌアを食べてストレスフリーなダイエットを!

キヌアは今や、ダイエットフードとして世界的に注目を集めていますよね。

取り入れている方も多いのではないでしょうか。

一方、良いと聞いているけど実はまだ始めていない…と方も、もちろんいるかと思います。

今回は、そんな方に向けていかにキヌアが優秀な食材であるか分かりやすく解説したいと思います。

それでは、そもそもキヌアがどういった食材なのか、というところから入っていきたいと思います。

キヌアは米の仲間で炭水化物、という認識をもっている方もいるかとは思いますが、実はほうれん草の仲間「ヒユ科」に属します。

それでは穀物ではないの?と思ってしまいますが、そうでもありません。

穀物はさらに細かく主穀・雑穀・籔穀 (しゅこく)・擬穀 (ぎこく)の4種類に分類されるのですが、キヌアはそのうち擬穀に分類されます。

このあたりは農学的な分類や生物学的な分類によって変わってくるのでややこしいのですが、広義ではキヌアは穀物に分類される と思って下さい。

ダイエットということでいうとメタボや中年太りなど、太ってしまう大きな原因が炭水化物にあるということはみなさんご存知ですよね。

ただ、そのメカニズムを知っている人は少ないと思うので、ここでおさらいしておきましょう。

1.炭水化物を食べると血糖値の急上昇が起きる

炭水化物、つまり糖質を口にするとまず体内で消化され分解され、最終的に(ブドウ)糖に変化します。

糖は体のエネルギー源なのでその後血液を介して体中に送り込まれますが、この際、血中にはたくさんの糖が含まれているので、つまり血糖値が上昇 するということになります。

特に空腹の状態で炭水化物を胃の中に入れると血中の糖分量、すなわち血糖値がグンと上がります。

2.インスリンが分泌され糖分を処理

このままでは血液中に糖分があるだけで、体の各部位にそのエネルギーをしっかりと届けることはできません。

そこで活躍するのが、すい臓から分泌される「インスリン」というホルモンの一種。

血中の糖分を血中から取り出し、筋肉や肝臓といった各部に糖のエネルギーを運んでくれます。

この働き自体は自然なもので、これが私たちの日々のエネルギーとなります。

 3.余った糖分は肥満細胞へ貯蔵される

問題は、必要以上の糖分を摂った場合です。

入ってきた糖に対処するために大量のインスリンを分泌することになりますが、体の各部位がすでにエネルギーに満ちてしまっています。

つまり、筋肉や肝臓はこれ以上の糖は受け付けられない という状態。

そこでインスリンは、唯一糖を受け付けてくれる「脂肪細胞」 へ運び込むしかありません。

結果、脂肪細胞が肥大化して太ってしまうということになります。

少し話しが逸れましたが、本題のキヌアに話題を戻しましょう。

冒頭でキヌアは穀物の一種と言いましたが、何がそんなにダイエット向きなのかというと、炭水化物の割合が少ない から。

例えば同じ量で比較してみると、精白米に約77gの糖質が含まれているのに対して、キヌアは57gほど。

同じ穀物なのに、白米よりも炭水化物量が少ないことがまず大きな強みです。

先ほど、炭水化物を食べて太ってしまうメカニズムを紹介しましたが、かといって一切炭水化物を食べないのは問題。

それに、馬鹿食いを防ぐためにも、ある程度の満腹感は必要。

そこでお勧めしたいのが、白米にキヌアを混ぜて食べる 方法。

普段と同じ量のご飯を食べても、結局トータルのカロリーが下がるので、満腹感を感じながら糖質オフ が可能になります。

でもキヌアのスゴさは、糖質の量が少ないことだけではありません。

それだけなら、スーパーフードなんて言えないですからね!

炭水化物が少なく栄養価が高い

まず1つ目は、炭水化物が少ないのに栄養価が驚くほど高い こと!

例えば、同じカロリー量の精白米と比較してみると、タンパク質は2倍、良質な脂質は5倍、食物繊維に関してはなんと8倍。

また、ミネラル分についても、カリウムは6倍、マグネシウムは7倍、カルシウムは10倍ほど含まれています。

これ、スゴイことですよね。

 必須アミノ酸も豊富!

キヌアにはまた、体内でつくることが出来ず、食事から摂る必要がある必須アミノ酸も豊富 に含まれています。

ちなみに必須アミノ酸のなかにもいくつかの種類があり、それらをバランス良く摂ることが大事で、そのバランスの良さを表す指標に「アミノ酸スコア」 というものがあります。

100が上限なのですが、キヌアは牛乳と同じ85という高い点数 になっています。

ここまで、必須アミノ酸をバランスよく摂れる食材はなかなかないんですよ。

サポニンも入っている!

サポニンという成分はご存知ですか?

植物の葉っぱや根っこによく含まれているもので、苦みや渋みといった味覚を作り出している成分です。

他に代表的なところで言えば、コーヒーやお茶ですね。

実はこのサポニン、水にも油にも溶けるという特性があり、したがって体内のコレステロールのを除去 してくれる作用があるんです。

また他にも、血管中の血栓を抑制 するという働きがあり、漢方や生薬にも多く含まれている成分としても知られています。

キヌアにはこのサポニンも入っているんですよね。

 GI値が低い!

GI値とはグリセリンインデックス値のことで、食後の血糖値の上昇具合を表す指標

つまり、その食材に含まれる糖質がどれほど早く吸収されるかを表すもので、数値が高いほど急激に血糖値を上げる ということになります。

同じ糖質でもGI値が高いほど、過体重や肥満、2型糖尿病のリスクが高まると言われています。

その点、キヌアはGI値が低いことが知られているので、安心です。

それでは、GI値が低いキヌアを紹介したいと思います。

オーガニック・トリカラーキヌア

まず最初にお勧めしたいのが、有機JAS認定のオーガニック・トリカラーキヌア。

原産国はキヌア発祥の地でもあるボリビア で、こちらの商品を販売する「自然食&ローフードLOHAS」はサポート体制もしっかりとしています。

220g入って税込み700円弱 とリーズナブルな価格なので、キヌア初心者のみなさんにお勧めです。

 そのまま使える!国産ポップキヌア50g

確かにボリビア産のものでもいいけど、やっぱり国産キヌアにこだわりたい という方にはこちらの商品がお勧め。

また、ちょっと小腹が空いたときにつまんでそのまま食べれるのも魅力。

気軽にキヌアを摂りたいという方は是非、こちらのポップキヌアをどうぞ。

贈り物に!国産キヌアギフトパック

こちらは、単身赴任中の旦那さんや仕事に励む息子さんや娘さん、大切な人への贈り物 としてオススメ。

ポップキヌア80g・キヌア粒100g・ポップパウダー80gが入った贅沢なギフトセットです。

生の粒は茹でてから食べる必要がありますが、ポップとパウダーはそのままでもOK!

炭水化物の食べ過ぎが良くないことは分かっていても、私たち日本人にとって主食のお米を食べないというのは辛いことですよね。

そういう意味で、お米感覚で食べることができてしかもダイエットも出来る キヌアは、最適の食材ではないでしょうか。

やはり、ダイエットはというのは長期間続けていかないとあまり意味がないので、いかにストレスなく継続できるかということが大切。

キヌアを日々の生活に上手に取り入れていくことが出来れば、よりスムーズなダイエットが可能になります!

今回は、今ダイエットフードとして注目されているキヌアにスポットを当ててお届けしました。

少しずつキヌアを取り入れて、続けられるダイエットを目指していきましょう!


※1.記事の内容は、効能効果または安全性を保証するものではありません。

サイトの情報を利用し判断・行動する場合は、医師や薬剤師等のしかるべき資格を有する専門家にご相談し、ご自身の責任の上で行ってください。

※2.記事内の製品・サービスは、この記事に訪れた読者の方に最も適切だと判断したものを紹介しております。