爽やか 明るい 女性

体重が増えすぎた!妊婦さんでもできるダイエット方法。

体重が増えすぎて検診で叱られた・・・。でもダイエット?そんなことして赤ちゃんに影響はないの?と不安ですよね。妊娠中の太りすぎは、いいことは一つもありません!!妊婦さんが安心、安全にできるダイエット方法をご紹介します。

妊娠中でも必要以上に太りたくない妊婦さん必見!

妊娠して嬉しいのだけど、妊婦検診で体重を指摘された・・・という妊婦さんは多いですよね。

妊娠中に太るのは当然のことですが、太りすぎは母子ともに危険を招く原因にもなります。

また、産後も痩せにくく、太ったママになってしまう可能性も!!

楽しいマタニティライフを送りながらキレイなママになるために。

赤ちゃんの健康を第一に考えた、妊婦さんにオススメのダイエット方法をご紹介します。

 

マタニティ

妊婦さんでも安全にダイエット出来ます!

妊婦さんがダイエットをするというと、どう思われますか?

妊娠したのだから太るのは当然で、赤ちゃんのためにダイエットなんてとんでもない!という方も多いのでは?

でも、妊娠中の体重は、しっかり管理しなくてはならないのです。

なぜなら、太りすぎは妊娠中の体によくないことを引き起こす可能性があるから。

赤ちゃんの健康に影響を与えたり、ひどくなると入院しなくてはならない事態にもなってしまいます。

ですから、妊婦さんの体重管理は必須!!

妊娠中でも安全にできるダイエットを行うことが大切なのです。

では、妊婦さんがダイエットをしないとどうなってしまうのか?

以下で、太りすぎた妊婦さんが招いてしまうデメリットをご紹介します。

 

妊娠中でも大丈夫?

妊婦さんだからこそ、安全なダイエットを!

 

 

妊婦さんが安全に取り組めるダイエット3選【運動編】

妊婦さんのダイエットで、運動はとても効果があります。

といっても、激しい運動は赤ちゃんにもよくありません。

赤ちゃんにも妊婦さんにも安心なダイエット方法をご紹介しましょう。

 

マタニティスイミング

スイミングは、ダイエットに効果がありますね。

特に、妊婦さんにはスイミングがとってもオススメ!

なぜなら、水中は浮力が働くため、重くなっている体を感じることなく、運動ができるからです。

体を動かしやすくなるので、運動不足が解消され、ダイエッダイエット方法です。

 

 マタニティビクス

妊婦さんにも安心して行える、エアロビクス運動です。

大きなお腹に負担をかけないようにプログラムされたフィットネスなので、楽しく体を動かすことができます。

音楽に合わせて他の妊婦さんと一緒にするマタニティビクスは、妊婦さんの体力アップ、ストレス解消にも役立ちます。

妊娠前から運動が大好き!という方にピッタリのダイエット方法です。

 

お尻歩き

水泳やヨガは妊婦さんに優しい運動です!

 

妊婦さんの運動ダイエットはいつからいつまでOK?

妊婦さんにオススメの運動ダイエットをご紹介しましたが、いつからいつまで運動することができるのでしょう?

それは、安定期を迎える妊娠16週以降から分娩直前までです!

妊娠初期は、まだ赤ちゃんもママも不安定なので、無理やり体を動かすのは絶対にタブー。

赤ちゃんのことだけを考えて、安定期までは、ゆったりとした気持ちで過ごしましょう。

安定期に入れば、適度な運動はとても大切ですから、自分の体調をみながら、運動ダイエットを始めてください。

何か不安を感じた場合は、医師にしっかり相談しましょう。

 

食べ物

妊婦さんが安全に取り組めるダイエット3選【食事編】

赤ちゃんの健やかな成長のために、適正な体重を管理するダイエットは重要ですね。

続いては、食事でできる安全なダイエット方法をご紹介します。

 

体を冷やさない食事を

妊婦さんは、つわりなどが原因で冷たい食べ物を好む方が多いです。

しかし、冷たい食べ物は体を冷やす原因となります。

妊娠中は、体が冷えやすい状態になっているため、食事も冷たいものを多く摂取すると、もっと体が冷えてしまいます。

冷えで体温が下がると、代謝が下がり脂肪をため込む体に!

ショウガなどを利用して、体を温める食事を摂取するようにし、代謝の良い体にしていきましょう。

 

間食をする

間食というと、ダイエットには絶対ダメというイメージですが、妊婦さんは間食するほうが太りにくいとも言われています。

お腹がすきすぎてから食事をすると、血糖値が急激に上昇するため太りやすくなるからです。

1日3食しっかり食べられる方は、食事量を少し減らして、低カロリーのものを途中で摂取するというようにするといいでしょう。

くれぐれも間食だからといって、高カロリーなケーキや甘いものばかり食べるのはやめてくださいね。

 

 塩分を抑える

妊婦さんのダイエットでは、塩分管理もしっかりしたほうがよいです。

なぜなら、塩分が多い食事は食欲を増加させるからです。

しょっぱいものを食べると、また何か食べたくなってしまいますよね。

ですから、塩分を少なくして薄味にすることは、食べ過ぎも抑制することができるのです。

また、妊婦さんの最大の悩みである、足のむくみも予防できるので、塩分を抑えることはとても大切です。

 

無理は禁物。赤ちゃんを最優先すること!

妊婦さんのダイエットは必須ではありますが、神経質になってはいけません。

体重のことばかり考えて、絶食したりなどは、赤ちゃんにも栄養がいかず大変危険です。

妊婦さんが太るのは当たり前のことです。

体重が増えすぎたからといって、そのことばかり考えているとストレスが多くなり、赤ちゃんに悪影響を及ぼします。

妊婦さんのダイエットとは、減量目的ではなく、増えた体重をそれ以上に増やさないことが大切なのです。

何よりも最優先することは赤ちゃん!ということを忘れないでください。

 

マタニティ

初産よりも2人目、3人目のほうが太りやすい!?

妊婦さんの体重管理で大変なのは、2人目など初産の時よりも増加する確率が高いことです。

理由は、2度目なので慣れてしまっているから。

初産の時は、初めてのことだらけで、医師の指導もしっかり守り、食べ物や体重にも注意します。

しかし、2人目、3人目となると、妊婦生活にも慣れていますし、子育てにも奮闘しながらの毎日ですから、危機感が薄れていくのです。

ダイエットなんてしていられない!という方が多く、気が付いた時にはとんでもない体重になっていた!!という方も。。

初産の時と同じような気持ちを持つことを大切にしましょう。

 

マタニティ

 

適正体重をキープして快適マタニティライフを!

いかがでしたか?

妊婦さんのダイエットは、とても大切だということがお分かりいただけたと思います。

適正な体重増加は、妊娠中のリスクを減らし安産へ導いてくれます。

無理せず安全なダイエット方法で、快適なマタニティライフを送りましょう♪

 

マタニティ