目次

  1. 1 永遠の憧れ!キュッと引き締まったくびれがほしい!!
  2. 2 理想のくびれは芸能人に学べ!
  3. 3 全部真似したい!熊田曜子が痩せたダイエットの全貌!
  4. 4 道端三姉妹を作ったトレーナー直伝エクササイズとは?
  5. 5 松井玲奈のスタイル維持の秘密は?
  6. 6 西野カナの食事制限ダイエット
  7. 7 磯山さやかは食べる順番に気を使っただけ!
  8. 8 くびれ自慢の芸能人を動画でチェック!
  9. 9 芸能人のダイエット法を真似して、理想のくびれを手に入れよう!

憧れのボディ目指してダイエット!・・・でも、体重は減ったのに理想とは程遠い・・・そんな経験、ありませんか?

体重が減っても必ずしも素敵なボディラインになるとは限りません。

欲しいのは、キュっと引き締まったくびれですよね!

でもそんなくびれを上手く作る作り方、あるのでしょうか?

皆さんの周りにいる痩せている方と、芸能人の方を見比べてみてください。

同じぐらいの体重のはずなのに、印象が全然違いませんか?

それはおそらく、くびれの違いです。

芸能人の皆さんは、キュっと引き締まった素敵なくびれを持っています。

素敵なくびれは、胸やお尻をより引き立たせ、素敵なボディラインを作り出します。

そんな理想のくびれの作り方、ぜひ芸能人から学んでみたいですよね!

いつもうつくしい熊田曜子さん。

彼女が実践したダイエット方法は、素敵なくびれの作り方につながるものもたくさんあります。

after

ドレッシングはつける

ダイエットと言えば、サラダをたくさん食べる方も多いのではないでしょうか。

でもサラダを食べる時にかけるドレッシング、実はこれ、結構なカロリーなのです。

そこで、熊田曜子さんはドレッシングをサラダにかけるのではなく、別皿に入れてお醤油のように「つけて」食べたそうです。

揚げずに焼く

熊田曜子さんは家族がいるため、時にはボリュームのあるおかずも作らなければいけません。

そんな時は、唐揚げやコロッケなどの作り方を変え、揚げずに焼く事でカロリーをセーブ していました。

家族にも負担がかからないくびれの作り方を、考えていたのですね。

子供と一緒に離乳食

離乳食は意外とカロリーが控えられています。

というのも、味付けは薄めに、消化に良いように作られているため、塩分・油分が控えられているのです。

そこで熊田曜子さんは、離乳食を参考に低カロリー料理を作ったのです。

子育てとくびれの作り方を結び付けるなんて、さすがですね。

さらし巻きジョギング

ジョギングは脂肪を燃焼するのに大事ですが、普通にジョギングをしてしまうと、熊田曜子さんのように胸が大きい方は胸の形が崩れてしまう可能性があります。

そのため、さらしで胸を揺れないようにおさえて走った そうです。

胸が垂れ下がってしまっては、せっかくのくびれも目立たなくなってしまいますよね。

ベリーダンス

くびれの作り方と言えば、これを思い浮かべる方も多いのではないでしょうか。

ベリーダンスは腰回りを動かす運動なので、くびれの作り方としてはかなり優秀なダンスです!

最近ではベリーダンスのDVDも販売されているようなので、自宅でも手軽にできますね。

バランスボール

テレビを見ながら、本を読みながらできるくびれの作り方と言えば、バランスボール。

家で座る時にはなるべくバランスボールに座る事で、腰の筋肉や腹筋が鍛えられ、くびれを作る事ができます。

家ではなかなか運動する場所が無い、と言う方にもオススメのくびれの作り方ですね。

他のダイエットも考えてみるというのもアリではないでしょうか。

美人姉妹として有名な道端三姉妹。

彼女たちの美しいくびれの作り方は、トレーナー直伝のエクササイズだそうです。

アブドミナルクランチ

初めて聞く名前の方もいるかもしれませんが、元々はジムにおいてある、くびれを作るための機械の名前なんです。

それをジムに行かなくてもできるようにしたエクササイズがこれです。

まず仰向けになり、お尻と膝を90度に曲げます。

そうすると、ふくらはぎが床と並行になるはずです。

息を吐きながら、背中を丸めずに上体を起こします。

その後、息を吸いながら元の状態に戻ります。

くびれの作り方エクササイズの中では結構キツイ方かと思いますが、理想はこれを20回だとか!

タッチザグラウンド

くびれの作り方の中でも、キツくはないですが、慣れるまでちょっと練習が必要なのがタッチザグラウンド です。

まずつま先立ちしながら膝を曲げてしゃがみます。背筋は伸ばしたままにしましょう。

両手を自分の左側の床につけます。両手首をつけるようにし、親指は自分の体と逆側にあるようにします。

この状態で上体を左に倒し、左足を地面に平行になるように伸ばしてから、上下に動かします。

左右10回ずつで1セットです。かなり難しいですがチャレンジです!

元SKE48の松井玲菜さんも、素敵なくびれを持っていますね。

松井玲菜さんのくびれの作り方もチェックしましょう!

毎日5キロのウォーキング

忙しい毎日の合間を縫って、5キロのウォーキングは欠かさず行っていたそうです。

一度に5キロでは大変なので、朝晩に分けてやっていた時もあったとか。

ウォーキングは有酸素運動ですので、全身の脂肪が燃焼されやすくなります

ウエスト周りの脂肪ももちろん燃焼されやすくなりますよ!

お金も準備もいらないので、くびれの作り方としては、かなり真似しやすいですね。

1kgの食塩お風呂

食塩お風呂とくびれの作り方、何が関係あるの?と思うかもしれません。

実は、入浴剤の代わりに塩を入れると、発汗作用が促され、ダイエット効果が高まる と言われています。

また身体が温まるため、湯ざめもしにくくなるのです。

「死海の塩バスソルト」がおすすめ!

とは言え、あくまで食塩は食用の塩です。

よりダイエット効果を高めたいのであれば、専用のバスソルトを使いましょう。

中でも「死海の塩バスソルト」がオススメです!死海の塩を使用しており、天然ミネラルが豊富に含まれています。

そのため、発汗作用や保温作用、デトックス作用 が期待できます!

西野カナも「痩せた!」と話題の芸能人の一人ですね。

素敵なくびれの作り方につながるダイエット方法はあるのでしょうか?

出典:nishinokana.com

18時以降は食べない

まずはシンプルに、18時以降は食べない方法です。

食べた物が脂肪になりやすい時間帯は、22時~2時と言われています。この時間に血糖値が上がらないようにするためには、18時までに食事を済ませておく必要があります

18時までに食事を済ませ、22時の時点で既に消化されているようにする事で、食べても太りづらい身体になるのです。

 ヨーグルトを摂る

ヨーグルトは腸内環境を整えてくれます。

腸内環境を整えると、体内の老廃物が排出されやすくなり、全身の代謝が上がります。

代謝が上がれば、ダイエットにも効果が期待できますよね。

また、便秘によるお腹のポッコリも解消してくれるので、くびれの作り方としても効果が期待できるのではないでしょうか。

 野菜多め

ダイエットと言えば野菜を多めに食べる方が多いと思いますが、西野カナさんも野菜を積極的に取っていました。

野菜自体が低カロリーの食べ物であるのも重要ですが、実は野菜に含まれる酵素もとっても重要なのです。

この酵素は、体内の代謝をアップさせ、ダイエットに効果があります

そのため、野菜はダイエット中に積極的にとりたい食べ物なのです。

オリーブオイルを使う

ダイエット中はとにかく油脂を控える、という方はいませんか?

実は、油脂を全く摂らないのもダイエットには良くないのです。

オリーブオイルに含まれるオレイン酸は、コレステロールや中性脂肪を減らす効果 があります。

そのため、普段の食事に使う油をオリーブオイルに変えるだけでも、ダイエット効果が期待できるのです。

大豆を沢山とる

大豆を初め、豆類をたくさん摂るのも重要です。

豆類には食物繊維がたくさん含まれており、くびれの大敵である便秘によるポッコリを解消してくれます。

また大豆には代謝をアップさせる成分が含まれていたり、腹持ちを良くして間食を減らすという効果もあるので、ダイエット中は積極的に摂りたいですね。

 「美の素酵素」がおすすめ

でもヨーグルトや野菜、豆類をたくさん摂るような食事は手間もかかる・・・そんな方にオススメなのが、代謝アップ・便秘解消の効果を手軽に取れる「美の素酵素」です。

美の素酵素は、大豆の他に80種類以上の野菜・果物を原料にして作られています

そのためダイエットに嬉しい酵素がたっぷり含まれています!

自分の好きな飲み物に入れて、手軽に摂る事が出来るのも魅力ですね。

磯山さやかさんのくびれの作り方はもっと簡単!

食物繊維→タンパク質→炭水化物の順に食べるよう気をつけただけなのです!

先程紹介した熊田曜子さんを初め、ダレノガレ明美さんや瀧本美織さん、眞鍋かをりさんなど、美しいくびれを持った芸能人の皆さんが紹介されています。

引き締まって、女性らしい美しいくびれ・・・彼女たちのブログ等をチェックすると、くびれの作り方のコツがあるかもしれませんね。

ぜひ目標にしてみましょう!

色々な芸能人のダイエット法でくびれの作り方をご紹介してきました。

もちろんこれらの方法を真似するのも大事ですし、時にはお助けグッズを上手く活用するのも重要です

ぜひ自分にぴったりのくびれの作り方を見つけ、理想のくびれを手に入れましょう!


※1.記事の内容は、効能効果または安全性を保証するものではありません。

サイトの情報を利用し判断・行動する場合は、医師や薬剤師等のしかるべき資格を有する専門家にご相談し、ご自身の責任の上で行ってください。

※2.記事内の製品・サービスは、この記事に訪れた読者の方に最も適切だと判断したものを紹介しております。