10キロ痩せたい……1週間で痩せるのは無謀?食事と運動で無理ないダイエットのすすめ

1週間で10キロ痩せるのは、かなり無謀なことです。短期間で急激に体重を減らそうとすると、さまざまなリスクが生じます。1週間で健康的に痩せるための食事と運動とはどんなものなのか。無謀なダイエットが引き起こすリスクにはどのようなものがあるのかを詳しく解説します。無理せず健康的なダイエットをしましょう。

ダイエットは短期集中で勝負!!

ダイエットするぞ!と思う時って、ほとんどが大切なイベントの直前ですね。

1週間後のデートまでに痩せたい、同窓会までに痩せたい…女性であれば当然そう思います。

あなたの「短期間で痩せたい」は、「どのぐらいの期間で」「何キロ痩せたい」ですか?

1週間に1~2キロであれば、ある程度現実的かと思います。

しかし、1週間で一気に痩せるというと無謀に感じます。

では1週間でどれだけ痩せるのが適正か、またどんなダイエット法が効果的なのか気になりますよね。

 

ウエスト

10キロ痩せるにはどのぐらいの時間をかけるのがベストなのでしょうか?

 

短期集中で痩せた芸能人も

短期間でダイエットに成功した芸能人の方もたくさんいます。

その中でも、特に驚きの成果を挙げた芸能人3人をご紹介します。

 

 峯岸みなみさん

 

ライザップのCMで、ダイエット前の姿とダイエット後の姿を見せたことで、大きな話題を呼んだ峯岸みなみさんのダイエット。

ライザップとはマンツーマンのダイエットジムのことです。峯岸みなみさんはここに通って、きつい筋トレと辛い食事制限に2ヶ月間耐え、理想のボディを手に入れたとのこと。

ライザップはそのトレーニング内容を公開していないので、具体的にどのような筋トレを行なったかは不明です。

しかし、その食事内容はかなり厳しい糖質制限食だったと明かされています。

筋トレをしていた分、筋肉の量が増えているので、10キロも痩せることはなかったそうです。

 

綾瀬はるかさん

綾瀬はるかさん

 

今ではすっかりスリムな人としてイメージが定着している綾瀬はるかさん。

けれど、数年前にぽっちゃりボディを指摘される時期がありました。その時にビューティーコロシアムというかなり過激な美容番組に出演してダイエットしたことがあります。

その番組で行なったダイエットで、なんと1ヶ月7kgのダイエットに成功したそうです。

かなり厳しい食事制限で、1日の摂取カロリーは1000キロカロリー以下。運動は水泳ジョギングといった有酸素運動を中心に行なっていたそうです。

綾瀬はるかさんの場合、元が細いので1ヶ月7キロで留まりましたが、一般的な体重であれば10キロ痩せることが可能なプログラムです。

 

アン・ハサウェイ

映画の役作りのためにダイエットをしたアン・ハサウェイさん。なんと2週間で7キロのダイエットをしました。1週間で3.5キロ痩せたという計算になります。

この役作りの以前の作品のためにもダイエットをしていたそうで、合計で10キロ痩せることに。

もともとスリムな美しいボディの持ち主ですが、役の悲壮感を出すために更なるダイエットに挑んだそうです。

アン・ハサウェイさんが取り組んだダイエットは、峯岸みなみさん、綾瀬はるかさんの過酷さを凌駕する過酷な食事制限。1日に乾燥させた、薄いオートミールペーストを2枚しか食べなかったのだそうです。

この時のアン・ハサウェイさんは決して「美しい」痩せ方ではありませんでした。本人もそれを認めています。

 

短期のダイエットにはリスクもある

短期のダイエットには、さまざまなリスクが伴います。リバウンドの話はよく聞かれる話ですね。

これまで頑張ったダイエットが全て無駄になってしまうだけでなく、ダイエット前の体重よりも太ってしまうこともあります。

リバウンド以外にも、栄養失調による貧血や肌荒れ、急激な運動による体の故障など、さまざまなリスクがあります。
何キロも痩せるとなると、特にリスクは大きくなります。

短期ダイエットを実践して、こうしたリスクを体感した人の感想を以下にご紹介します。

ダイエットに失敗する。
ダイエット後にリバウンドする。

これは、振り出しに戻るだけではありません。
ゼロに戻るのではなく、マイナスになると思った方がいいですよ。
出典:http://ameblo.jp

そのときは取りつかれていたのね。死んだように見えるルックスを目指したの。今から振り返るとちょっとおかしくなっていたことは確かよ。
出典:http://mdpr.jp

重度の貧血を起こし、医者に運動を止められ、大好きな新体操を中断せざるを得ませんでした
出典:http://www.yomiuri.co.jp

 

美しい体で理想の人生を送ることを目指してダイエットをしていたはずなのに、こうなってしまっては台無しです。

こうならないためにも、短期ダイエットに挑む時は、健康面に充分注意して行う必要があります

一気に痩せることを考える時は、計画的にダイエットをしましょう。

 

1週間で痩せる目安とその方法

「どうしても1週間で痩せたい!」という時は、先に何kg痩せたいのかを考え、それに合わせて適切なダイエットをするようにしましょう。

 

1週間で1〜2kg落とすには…

1週間で1~2キロ落としたい場合、注目すべきは「むくみ」です。

多くの女性は体のむくみのせいで、実際の体重よりも重くなってしまっています。

体の巡りを良くして、むくみを取ることを意識した食事・運動を心がけましょう。

今の体重から10キロ痩せることが目標の人も、これぐらい緩やかなスピードでダイエットをした方が健康的です。

 

①炭水化物を減らし、水分摂取を意識した食事を

当然のことですが、炭水化物・油っぽい食事は控えましょう。お菓子もNGです。何キロも痩せることはできませんが、1~2kgなら1週間でストンと体重が落ちる人もいます。

血液がサラサラになってむくみが取れるからです。

体を冷やすとむくみが出やすくなるため、体を冷やさない生活を心がけます。特に白湯で水分をたくさん摂ることを意識してください。

便秘の人は食物繊維も摂って便秘を解消することも大切です。

ただし、便が固い人はゴボウやサツマイモなどから摂取できる、不溶性食物繊維を摂取すると逆に便秘がひどくなることもあります。

ワカメなどの海藻から水溶性食物繊維を摂取するようにしてください。

 

スムージー

炭水化物控えめの健康的な食事で、むくみを取って便秘を解消しましょう。

 

②軽いウォーキングで汗をかき、美しいシルエットを目指そう

急激な運動を取り入れるのではなく、緩やかで良いので毎日続けられる運動を取り入れましょう。

誰でも簡単にできる運動として、ウォーキングがおすすめです。

ウォーキングは20分以上行わないと脂肪燃焼されないと言われています。

しかし、1週間で1~2kgのダイエットの場合、脂肪燃焼を意識しなくとも軽く汗をかく程度の運動でダイエット効果を得られます。10キロ痩せるためには更なる運動が必要です。

脂肪燃焼ではなく、むくみの解消を意識してください。

体重が予想より落ちなくても、理想的なシルエットに近づけるでしょう。

 

ウォーキング

汗をかいて、水分を摂って、むくみを摂ればすっきりシルエットに。

 

1週間で3〜4kg落とすには…

1週間で3~4kg落とすとなると、ハードルが上がります。

1~2kgの場合はむくみを落とすだけで目標が達成できる人も多くいますが、3~4kgとなるとそうもいきません。

食事面も運動面も、更なる努力が必要になります。

1週間が終わった後もリバウンドの可能性が高くなるので、覚悟して取り組みましょう。

10キロ痩せる計画を立てる場合、どれだけ多くても1週間で4キロまでにしておきましょう

 

①炭水化物なし・タンパク質はしっかり。脂肪を新しく溜めない食事

炭水化物と油っぽい食事を「控える」のではなく「食べない」ようにしてください。

炭水化物は糖質であり、糖質は脂肪に直結します。

更にタンパク質をしっかりと摂取する食事をすることによって、筋肉の生成を促します。

野菜と魚、お肉なら鶏ささみを中心に食事メニューを考えます。

間食も絶対にしてはいけません。おなかが空いたら水や白湯を飲むようにしましょう。

このような食事を摂ることで、むくみを取るだけでなく、脂肪が新しく溜めこまれるのを防ぎます。

 

タンパク質

野菜とタンパク質だけ!を意識して、脂肪を溜めこまない体に。

 

②手軽なだけでなく、毎日続けられる有酸素運動を。おすすめは水泳!

有酸素運動を毎日20分以上、行うようにしましょう。

手軽にできるダイエット運動であればウォーキングです。しかし、20分以上運動を続けるためには「手軽」なだけでは続かないかもしれません。

自分が楽しく続けられて、なるべくストレスにならない運動を選びましょう。

水泳を毎日行える環境があるなら、オススメです。

有酸素運動効果に加えて、体を冷やすことによるダイエット効果も得られます。

体を冷やすと、脳は体を温めようとします。その時にカロリーを大きく消費するのです。

 

水泳

楽しく続けられる有酸素運動がベスト。水泳はダイエット効果抜群!

 

1週間で5kg以上落すのは高リスク!急激なダイエットのリスク

1週間で5キロ以上痩せることは、やめておいた方がいいでしょう。

10キロ痩せるなんて、もってのほかです。

5キロせるためには、先述したリスクを全て受け入れなければいけません。

 

栄養不足による肌荒れ・貧血

5キロ痩せるためには、ほとんど食事を食べずに1週間を過ごさなければいけません。

上記で紹介したアン・ハサウェイさんのダイエットを思い出してください。彼女は2週間、薄いオートミールペースト2枚の食事でようやく10キロ痩せることに成功しました。

アン・ハサウェイさんの場合、医者やアドバイザーが付いていたから健康面では何とか大丈夫でした。

しかし、これを素人が個人でやろうとするとほとんどの場合、貧血で動けなくなります。

そのため運動もできず、食事だけのダイエットになってしまい、貧血は悪化します。

貧血になるほど栄養が体に足りていない状態では、肌に栄養は行き渡りません。そのため、肌荒れも引き起こします。

10キロ痩せると肌は一切の栄養を失い、カサカサになってしまうでしょう。

 

肌トラブル

栄養失調は、貧血・肌荒れを引き起こします。せっかく痩せても美しくない!

 

精神的ストレス

1週間で5キロ以上減らそうとすると、必ず食事制限が必要になります。

食事は栄養補給の役割だけでなく、ストレス解消の役割も果たしています。

食事を摂らないということは、飢餓状態になるということ。体はそのことを知っているので、精神的なストレスは計り知れないものです。

また、毎日脳に送られている糖質が足りなくなってしまいます。そのため、感情をコントロールするだけのパワーがなくなってしまい、イライラすることが増えるでしょう。

そのせいで周りに当たり散らしてしまい、人間関係を壊してしまうこともあり得ます。

10キロ痩せるとなると、気付いたころには元の生活を失ってしまっているかもしれません。

 

ストレス

10キロ痩せるとなると、そのストレスは甚大なものです。心のケアも大切に。

 

生理不順

体重を急激に減らすと、生理不順になってしまうこともあります。

これも栄養失調による影響です。体は、体内の栄養分が足りなくなると、今生きるために絶対に必要ではない臓器に栄養を送らなくなります。

それが女性にとって、子宮なのです。

子宮に栄養分が行き渡らなくなるため、きちんと生理が来なくなってしまいます。生理が止まってしまうこともあるのです。

しかも、一度機能することをやめてしまった子宮の働きを回復するためには、ある程度時間を要します。「ダイエットをやめるだけで戻る」なんて単純なものではないのです。

 

リバウンドしやすい体型に

急激なダイエットであればあるほど、リバウンドしやすい体になってしまいます。

栄養に飢えていた体は摂取されたカロリーを、これまで以上に吸収し脂肪として蓄積してしまいます。

高カロリーな物を食べずとも、普通の食事に戻すだけでもこうした現象は簡単に起こります。

食事制限のせいで筋肉が衰えてしまっている場合、むくみもダイエット前以上に出やすい体になってしまっています。

 

リバウンド

10キロ痩せると、リバウンドの可能性大!

健康的にダイエットすることが重要!

今回は無理のない1週間ダイエットについてまとめてみました。

ダイエットをすることは、決して悪いことではありません。

しかし、短期ダイエットで体に負担をかけることは、最終的に体重の増加、スタイルの崩れを招きます。

10キロ痩せることが目標である人は、1ヶ月に2〜3キロ程度の減量を少しずつ重ねていきましょう。

むくみを取る食事をし、運動で筋肉を引き締めることで、キレイなスタイルを作ることは短期間でも可能ですよ。

 

ボディライン

健康的かつ計画的なダイエットで10キロ痩せると、美しいボディラインを作ることができるでしょう。

 

ヤセルモおすすめのサポートアイテム♪
PR

ヤセルモおすすめのサポートアイテムをご紹介しちゃいます♡

今回ご紹介するのは、健康的なダイエットをサポートする「すっきりフルーツ青汁」です!

80種類以上の酵素生の乳酸菌が特徴のアイテムです。

もし興味を持っていただけたら、公式サイトに詳しい情報がありますのでチェックしてみて下さい!

 

ただし、このようなサポートアイテムを使う場合にご注意していただきたいことは“サポートアイテムだけ”ではダイエットはできないということです。

どんなダイエットでも言えることですが、ダイエットは消費カロリーが摂取カロリーを上回ることで成功することができます。

なので、これだけやれば絶対痩せるという魔法のアイテムはありません

適切な運動や食生活をしながら、そのサポートとしてすっきりフルーツ青汁を愛用いただくことがおすすめです♪

 

また、過度な運動や食事制限による無理なダイエットも禁物ですよ。

消費者庁としても「適切な運動や食事制限をしながら、人が痩せることができるのは、6ヶ月間で4kgから5kg程度までである(平成26年6月)」と発表しています。

焦らず、計画的に、自分のペースで行ってくださいね。

ヤセルモは、みなさんのダイエット成功を心から応援しています!