1週間のダイエット方法【厳選3選】カロリーを減らしたいあなたへ!

急な予定が入ってしまって、1週間でダイエットしたい!なんてことありませんか?実際、1週間で5キロほどを落とすことってできるんでしょうか?今回は1週間できっちり痩せる方法を みて行きましょう。1週間後に効果を出すためにはどうすればいいのか。1週間ダイエットの注意点は?詳しく解説していきます。

1週間でなんとか痩せたい・・・!

友達と海に行く約束をしてしまった。

結婚式までもう日にちがない。

色々な理由で短期間に痩せる必要がある、なんとしてでも1週間で痩せたいということ、ありますよね。

そこで今回はそんな悩みを持つ貴方の為に1週間で痩せる方法を徹底的に調査しました。

ぜひ参考にしてくださいね。

 

 

感情

 

 

1週間でダイエットは可能なの!?

そもそも1週間でダイエットを成功させることはできるのでしょうか?

結論から言うと1週間で痩せる方法はあります。

とても大変ではありますが、できないことはありません。

意志とやる気さえあれば十分に可能なのです。

しかし、今回紹介する1週間で痩せる方法はあくまで緊急のものなので、これらの方法をずっと続けると体を壊すことになってしまいます。

あくまで1週間で痩せる方法として参考にしてくださいね。

 

生活

 

 

 

1週間でダイエットを成功させた体験者の声

1週間で痩せる方法はあると書きましたが、やっぱり疑わしいですよね。

そこで、まずは本当に1週間で痩せることはできるのか、実際に痩せられた方の声を集めてみました。

 

本当にダイエットを成功させた人

2年前に炭水化物、油分、糖分の多い食材などを抜くダイエット方法、リセットダイエットで5㎏落としたことがあります。
出典:http://health-bt.com

食べた後に必ず、何を食べたかメモするダイエットを実行。1週間ダイエットして5キロ近く落ちました。
出典:http://health-bt.com

1日1食ダイエットは、とにかく痩身効果抜群です。体重がみるみる落ちます。また、デトックス効果も高いので肌も綺麗になります。私は1週間で4キロ痩せました。
出典:http://warattetano49.com

とにかく痩せなくて困っていた私ですが、昨日ついに60キロ台に2年ぶりに返り咲きました。ココ一週間で4キロほど痩せることができました。
出典:http://fil-affiload.net

 

口コミを見ると本当に1週間で痩せる方法は存在するというのがお分かりいただけたと思います。

1~2キロではなく、4キロや5キロも痩せることができるというのは驚きですよね。

もしかしたら私にも出来るかもしれないと希望が出てきたのではないでしょうか?

一番大切なのは希望をもってしっかりと取り組むことです。

口コミの体験者の方々は一生懸命努力して1週間で痩せておられます。

ぜひ皆さんも後に続いていきましょう。

 

感情

 

【重要】1週間ダイエットの肝は「摂取カロリーと消費カロリーの差」

1週間で痩せる方法を実践した方の声は参考になりましたか?

ここで、1週間ダイエットの肝ともいえる摂取カロリーと消費カロリーの差についてお話しします。

この差というのは超重要なポイントです。

ぜひしっかりと読み込んでくださいね。

 

摂取カロリーをとにかく下げる

まず、痩せるためには摂取カロリーをとにかく、何が何でも下げる必要があります。

目指すは高タンパク・低カロリーの食事です。

 

食べ物

 

 

間食は厳禁ですが、飲み物にも注意が必要です。

摂取カロリーを減らす時には自分が食べた物、飲んだものをメモに取るのもおススメです。

 

消費カロリーをとにかく上げる

次に消費カロリーをしっかりと上げることです。

しっかりと運動を行い、積極的にカロリーを消費していきましょう。

 

運動

 

ダイエットを成功させるには身体を動かすことが重要です。

運動するだけでなく家でダラダラする時間を減らしましょう。

 

1週間ダイエット成功の肝:摂取カロリーを下げる!

1週間で痩せる方法として重要な摂取カロリーを下げるという点についてもっと詳しく説明しますね。

人間が生きていくにはエネルギーが必要であり、このエネルギーを表す単位がカロリーです。

食品などに書かれるカロリーは、これを食べるとどれくらいのエネルギーが供給されるかを表していることになります。

摂取したカロリーと消費するカロリーが同じであればエネルギーは体に残りません。

しかし、摂取したカロリーが消費するカロリーを上回れば消費しきれなかったエネルギーが脂肪として体に貯蔵されてしまいます。

つまり、ダイエットのためには、まず摂取カロリーをできるだけ少なくし、エネルギーが余らないようにすることが重要だということです。

食べ物

 

 

摂取カロリーを下げる方法5選

最初に摂取カロリーをとにかく下げる方法を見ていきたいと思います。

注意していただきたいのは単に食べなきゃいいということではないという点です。

じっくりと見ていきましょう。

 

 高たんぱく低エネルギー食

まず、1週間で痩せる方法を実践する時の食事は高タンパク低エネルギー食を食べるようにしましょう。

ダイエットにおいて注意したいのは筋肉量が減少することです。

筋肉が減って何が悪いの?と思われるかもしれません。

筋肉の量が減ってしまうと代謝が悪くなり、せっかく低カロリーの食事にしても消費カロリーも下がってしまう可能性があるのです。

また、タンパク質は肌や髪、そのほか体の細胞の材料になりますので、不足すると体調が悪くなったり髪や肌の調子が悪くなることがあります。

ですから、何も食べない!というのではなくタンパク質が豊富に含まれて、かつカロリーが少ないものを食事の中心にするようにしてください。

具体的には豆腐や豆類、鶏肉、たまご、魚などがおススメです。

食べ物

 

 

 炭水化物制限

高タンパク低エネルギー食と同時に炭水化物制限を行いましょう。

なぜ炭水化物を制限すると痩せられるのかというと、血糖値を下げるインスリンというホルモンが関係します。

糖質を食べると血液中の糖分の濃度(血糖値)が高くなります。

 

そして体は高くなった血糖値を元に戻そうとインスリンを分泌します。

インスリンにはエネルギーとして使われなかった糖質を脂肪細胞に取り込み、中性脂肪として蓄える働きがあります。

この結果体脂肪が増えてしまうのですね。

ですから、1週間で痩せる方法としては摂取する炭水化物をゼロにするのがおススメです。

とはえいえ、炭水化物も生命を維持するには重要な栄養素ですから、ゼロはあくまで1週間限定で行うことをおススメします。

食べ物

 

 

間食なし

1週間で痩せる方法として次に重要なのは間食をしないということです。

お菓子抜きは当たり前、と思うかもしれませんが、あえてこちらを挙げたのはジュースなどの飲み物にも注意していただきたいからです。

間食内容として、ジュースは勿論、お酒、コーヒー・紅茶に砂糖を入れることも1週間は控えましょう。

また、特に注意していただきたのは野菜ジュースです。

野菜ジュースは体に良さそうだからとつい飲んでしまいそうになりますが、表示をしっかりと見てみてください。

多くの商品にちゃんとカロリーがあることが分かると思います。

野菜自体にはカロリーが少ないものがほとんどなので、野菜を摂取したいときはジュースではなく野菜を食べましょう。

食べ物

 

 

 

ココアや砂糖入りの飲み物は間食だと思いましょう。

 

 しっかり噛んで食べる

しっかり噛んで食べるだけでなぜカロリーを下げることになるのか不思議に思われるかもしません。

よく聞くことですが、しっかりと噛むことは脳の満腹中枢の刺激になります。

つまり、噛むことでお腹いっぱいだと感じる力が強くなるんですね。

炭水化物を制限し、低カロリーの食事を食べているとどうしてもお腹が減ってしまいます。

そして、お腹が減っていると知らず知らずのうちに早食いになり食べ過ぎてしまうということにもなりかねません。

これらを解消するためにもできれば1口30回以上噛んで食事を摂るようにしましょう。

 

食べ物

 

 

 

スムージーを利用した置き換え食

三食の食事を高タンパク低エネルギーにして食事を作るのは大変ですよね。

しかし、痩せたいからと何も食べないのは身体に悪影響です。

そこで、1日1食、夜ご飯をスムージーに置き換え、簡単かつ確実にエネルギーを制限するというスムージーダイエットがおススメです。

置き換えるのは必ず夕食にしましょう。

夕食は食べてから寝るまでの間の時間が1番短いため、消費されなかったエネルギーが全て脂肪に変わってしまいます。

ですから、少なくとも1週間だけは夕食を置き換えるようにしましょう。

 

食べ物

 

1週間で本気で痩せたい場合には、上記の5つの方法全てを実践するようにしましょう。

どれか一つだけ、というようではやはり1週間という短い期間で痩せるのは難しいと言わざるを得ません。

大変ですが、1週間だけ頑張ってみましょう。

 

1週間ダイエット成功の肝:消費カロリーを上げる!

摂取カロリーを下げる1週間で痩せる方法を見てきました。

次は消費カロリーを上げる方法です。

消費カロリーを上げるにはなによりも運動が重要です。

運動することで積極的にカロリーを利用し、体脂肪を減らしつつ、摂取するカロリーを少なくすれば理論上必ず痩せることができます。

注意していただきたいのは運動前後には必ずストレッチを行うことです。

ストレッチには怪我の予防、疲労回復の効果があります。

特に普段運動をしていないという方はいきなり激しい運動を始めると身体を傷めてしまう可能性がありますので、必ず行うようにしましょう。

 

運動

 

消費カロリーを上げる為の運動5選

運動の重要性を確認したところでおススメのダイエット運動をご紹介していきます。

摂取カロリーを下げる方法とは違い、こちらはどれか一つでも大丈夫ですので、自分が最もやりやすいものを選ぶようにしてください。

 

ランニング

運動

 

まず一番おススメなのはランニングダイエットです。

ランニングには脂肪燃焼だけでなくリラックス効果もあると言われており、手軽に始められるというのもポイントになります。

ランニングなどの有酸素運動は1日の合計20分間以上すると脂肪がよく燃焼されます。

ですので20分連続で走らなくても1日2回10分ずつ行っても構いません。

ランニングの際には水分補給をしっかりとして、少し息が上がる程度の速さで行いましょう。

ランニングの消費カロリーの目安は走る速さ、長さ、ご自身の体重によっても多少変わりますが、1時間で男性600kcal、女性470kcalと言われます。

ランニングをおススメしたい人は以下のような方です。

  • お金をかけずにカロリーを消費したい人
  • 景色を楽しみながら運動がしたい人
  • 走るのが好きな人

 

 水泳

食べ物

 

 

次におススメなのが水泳です。

水泳はダイエットにうってつけの運動です。

1時間の消費カロリーはクロールで男性1300kcal、女性1000kcal、平泳ぎで男性700kcal、女性540kcal程度だと言われます。

また、泳ぐのは大変という場合は水中ウォーキングもおススメです。

1時間の消費カロリーは男性250kcal、女性200kcal程度で、陸上よりも消費カロリーが高めです。

水中では水の抵抗があり、全身の筋肉をバランスよく利用しますので、全身の引き締めにも一役買ってくれます。

また、水中では浮力のおかげで足腰にかかる負担が少ないため、体重がかなり重くて運動が大変な方でも行えます。

特におすすめな方は以下のような特徴の方です。

  • 足腰に負担をかけないで運動がしたい方
  • 全身をまんべんなく引き締めたい方

 

縄跳び

運動

 

 

1週間で痩せる方法として次におススメするのは縄跳びダイエットです。

縄跳びの消費エネルギーは、10分間で72kcal程度だと言われています。

縄跳びもまた全身を使った運動であり、特に下半身の引き締めには高い効果があります。

縄跳びの利点はランニングよりスペースが少なく実行できることです。

ただし、縄跳びは膝などに負担をかけやすいというデメリットがありますので、膝を痛めているなどの症状をお持ちの方にはおススメできません。

縄跳びがおススメな方の特徴は以下の通りです。

  • 少ないスペースで運動がしたい方
  • ローコストで運動がしたい方
  • 下半身を特に細くしたい方

 

プランクのポーズとスクワット

運動

 

 

次はプランクのポーズとスクワットです。

こちらはどちらかというと筋トレの部類に入るものです。

プランクのポーズとは30秒ほどで体幹を鍛えることができるポーズです。

体幹を鍛えることで筋肉が付き、スタイルが良くなります。

基本のポーズはうつ伏せに寝転がり、両肘を床について身体を浮かせるというものです。

この時、背中が丸くならないように注意しましょう。

写真を参考にしてください。

スクワットと言えば小学校などで誰もがやったことのあるトレーニングですね。

こちらも正しいフォームで行えば下半身だけでなく全身の引き締めに効果があります。

ポイントは太ももと地面が平行になるように意識して腰を落とすことです。

おしりを突き出すようにすると膝への負担もかかりません。

この方法がおススメな方は以下の通りです。

  • 家の中でトレーニングをしたい方
  • 簡単に運動をしたい方
  • 筋肉を鍛えたい方

 

ウォーキング

運動

 

 

最後におススメするのがおなじみのウォーキングです。

こちらも有酸素運動になりますので1日合計20分間以上することをおススメします。

ウォーキングは上記4つの運動に比べると見劣りするかもしれません。

ですが、簡単に行うことができ、日常に取り入れやすいという点では他の運動に負けません。

通勤、通学の帰り道に1~2駅分だけ余計に歩く、買い物を少し遠いところまで余計に歩いていくというように日常にプラスα出来るのが良いところです。

特におすすめの方の特徴は以下の通りです

  • 運動の為にわざわざ時間が取りにくいという方
  • 歩くのが好きな方
  • 筋トレにプラスαで運動がしたい方

 

 1週間でダイエットを成功させるなら「覚悟」が必要

1週間で痩せる方法の消費カロリーを上げる運動を見てきました。

摂取カロリーを下げる、消費カロリーを上げる、どちらの方法も正直なところなかなか大変ですよね。

ですが、たった1週間という短期間でダイエットを成功させるなら、絶対にやりきってやるという「覚悟」が必要です。

しかし、覚悟を持って上記のダイエット方法をしっかりと実践すれば、体重は減少します。

覚悟を持ち、できるだけ早く実際にダイエットを始めましょう。

胸 女性

 

 

 

【※注意】過度な短期間ダイエットはあまりおすすめできません…。

ここまで、1週間で痩せることができる方法、事例をご紹介してきました。

しかし、過度な運動や食事制限、ダイエット商材等によって短期間でダイエットすることはおすすめできません。

消費者庁が発表しておりますが、自分にあった適切な運動と食事制限をしながら健康的に痩せることができるのは6ヶ月間で4~5kg程度です。(平成26年6月)

過度なダイエットは体調を崩したり、日々の生活に悪影響を与える可能性があります。

健康を意識し、適度な運動と食事制限をし、無理のないダイエット法で焦らず計画的にダイエットすることで理想のカラダを目指すことをおすすめします!

 

 

途中で断念・もしくは成功しなかった人

1週間で痩せる方法がおススメでない方の特徴をご紹介しました。

ダイエットを成功させるには失敗してしまった方の体験談も参考になります。

ここからはダイエットをやめてしまった上手くいかなかったという方のお話も見ていきます。

 

痩せたい><
でも、上手く痩せることができない

何度も失敗してます。自分の心の弱さに腹が立ちます。

出典:http://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp

短期間で確かに痩せたけど、元々スイーツ好きな私。我慢しすぎてイライラするし、明らかに元気がなくなりました。見かねた友達がチョコレートを買ってきてくれて、誘惑に負けました。そこでダイエットはストップ!
出典:http://club.panasonic.jp

運動で痩せるのが1番だと思って、スポーツジムに通うことにしたが、雨の日とか面倒くさくなって三日坊主で終わってしまった。

出典:効果的なダイエットまとめ

 

色々な体験談がありますが、やはりぜったいにやり抜くという覚悟を決めることができないとダイエットは難しいようですね。

また、体重が落ちるよりも精神面でイライラしたり落ち込んだりということがあるとダイエットを行うのは難しいかもしれません。

1週間で痩せる方法を実践し、成功するには、覚悟を決めるだけでなく、ダイエットを行っている間の自分自身のメンタルケアが重要になります。

アロマなど食べるという方法以外のストレスの解消方法を持っているといいですね。

 

感情

 

1週間ダイエット、やるなら本気で!

1週間で痩せる方法はとても厳しいものでしたね。

しかし、しっかりと本気で取り組めば1週間でも痩せることは可能です。

どうしても痩せたいという方は記事を参考に、ぜひチャレンジしてみてください。

胸 女性