目次

  1. 1 1ヶ月でダイエット…どんな方法がいいかな?
  2. 2 消費カロリーを増やす有酸素運動3選!
  3. 3 消費カロリーを増やす無酸素運動3選!
  4. 4 トレーニングに慣れたら仲間と一緒にスポーツにチャレンジ!
  5. 5 トレーニングと一緒に飲みたいダイエットサプリ
  6. 6 【注意点】1番の理想は長期的で健康的なダイエット
  7. 7 自分に合う方法で1ヶ月でダイエットを!

ダイエットの原則としては、適切な運動と食事制限を行い、消費カロリーが摂取カロリーを上回ることによって痩せることができます。

運動を始めたいけど、まず1ヶ月間でできるものはないかな…?

そんなあなたに朗報です!

今回は、1ヶ月ダイエットにおすすめの有酸素&無酸素運動6選をご紹介していきます!

消費カロリーを増やす有酸素運動!

ダイエットの基本中の基本ですね。

脂肪を燃焼させるには1回につき20分 以上続けられると効果的ですよ。

運動前は、怪我をしないように必ずストレッチなどの準備運動を行いましょう。

①ランニング

ランニングといっても早く走る必要はありません。少し汗ばむ程度で、走りながら話ができるくらいのスピードで大丈夫ですよ。

膝などを傷めないよう、正しいフォームで走ることを意識しましょう。基本的な姿勢は、下記の工程で確認してみてくださいね。

1)胸を引き上げて、やや上体を前傾させる 2)ひじの角度をつけて真上から見て「ハ」の時に腕を振る 3)おへそを引き込んで、腰を歩行と同じ位置に保つ 4)蹴りだしの時は膝をのばし、かかと(もしくは全体)で着地する 5)おしりと太ももの裏側を使い、走りやすい歩幅で走る 6)脚は体の真下に着地する 7)最後は親指が床に触れるように押し切る(歩く姿勢と同じ)

ランニングは脂肪燃焼の他に、血液循環が良くなり生活習慣病の予防や、全身運動によるウエストやヒップなどのシェイプアップ効果が期待できます。

②ウォーキング

ウォーキングは普段から取り入れやすい有酸素運動です。エレベーターを使わず階段を使う通勤の際1駅分歩くなど、いつもの生活をちょっと意識するだけでも変わります。

歩き方を工夫して、歩調を早くしてみたり、歩幅を大きくしたりするだけで意外とキツイと感じるかもしれません!

生活に取り入れる際は、ヒールが高い靴は避けて、スニーカーやウォーキングシューズなどを選ぶと脚への負担が軽減されるでしょう。

また、歩くことで脂肪燃焼はもちろんですが、脳の活性化が促されるなど体にいい効果も期待できます。

③水泳

水中での運動は、陸上での運動よりも消費カロリーが高いことが特徴です!

体を水中で動かす際の抵抗は、空気中の約10倍といわれています。それによりインナーマッスルが活性化され、ダイエット効果が期待できるのです。

また、浮力により膝や腰などに負担がかかりにくいため、膝を傷めている方や体重超過の方に特におすすめですよ。

いきなり泳ぐのは…という方は、まずは水中を歩くことから始めてみましょう。水泳は、全身を使って行う運動なので、筋肉をバランス良く鍛えられるのもポイントです。

有酸素運動と合わせて筋トレも行ってみましょう!おすすめの無酸素運動を3つ紹介します。

有酸素運動は“運動中に脂肪を多く燃やす”のに対して、筋トレなどの無酸素運動は、“運動後に脂肪が燃えやすい状態を作る ”ことができるのです。

有酸素運動に好みの無酸素運動を取り入れて、ダイエット効果を高めてみてくださいね。

①スクワット

下半身の大きな筋肉を引き締めるスクワット。

実は、スクワットは下半身だけではなく、全身の筋肉を使う筋トレなんです!その割合はなんと全身の80%ともいわれているほど。

さらに自分が立てるスペースがあれば行えるので、自宅や出張先などで思い立ったら実行できるトレーニングのひとつですね。

また、ダイエット効果だけでなく、足腰の強化ができるので日常生活やさまざまなスポーツに役立ちます。

だからこそスクワットは正しく行わないと効果がみられません。正しいフォームを意識して無理のない範囲で行いましょう。

②腹筋

無酸素運動=筋トレといえば腹筋を思い浮かべる方も多いのでは?

ダイエットをするからには、お腹をへっこませて美しい腹筋を目指したいですよね。腹筋ひとつでも、正しいやり方をしなければ美しい腹筋を手に入れることはできません。

上半身を動かして腹筋を鍛えるものから、上半身に確度を付けてキープする腹筋まで、いろいろな方法があるので、自分にあったトレーニング法を実践してみてください。

トレーニングによって引き締まった腹筋ができあがっていくと、ダイエットを行う上でモチベーションアップに繋がりますよね!

③プランク

全身を鍛えることができる体幹トレーニングです。 肘とつま先で体を一直線に支え、その名の通り一枚の板(plank・プランク)のように姿勢をキープしながら体幹を鍛えます。地味なトレーニングに見えますが、実際やってみると、なかなかキツイので、日を追っていくごとに姿勢をキープする時間を延ばしていくプランクチャレンジを行うのもいいでしょう。

体幹が鍛えられると、身体が疲れにくくなり、代謝が上がって体脂肪が落ちる効果があります。

姿勢の悪い人は、続けるうちに改善効果もみられるのでおすすめですよ!

こちらにプランクのやり方を解説している動画をご紹介しますので、ぜひ参考にしてみて下さい♪

ダイエット中って孤独感を感じがちですよね。周囲に公言することで気分も意欲も高まって、いい刺激になる ことでしょう。

今回紹介した有酸素&無酸素運動に慣れてきたら、月の後半はスポーツを取り入れてみるのも気分転換になります。

足腰や体幹が鍛えられ基礎体力がついてくると、スポーツも楽しくなってくるものです。ここはぜひ、仲間と体を動かして、カロリーを消費してみてはいかがでしょうか。楽しんで参加できるようになると、ストレス発散にもなりますよ。

例えば、足腰を使いたいならフットサル、全身運動ならエアロビクスダンス、体幹を活かしたければヨガなど、目的に合ったスポーツを選ぶのもポイントです。

最後に、1ヶ月間ダイエットを続ける際に強い味方になてくれるダイエットサプリの「スルスルこうそ」をご紹介します。

このダイエットサプリは、管理栄養士の豊田愛魅さんの全面監修により、80種類の植物性発酵素材500億個の乳酸菌が含まれいるのが特徴。

野草発酵エキスで不足しがちな栄養素を補い、小麦ふすま由来の5つの消化酵素で健康的なダイエットをサポートしてくれます。また、乳酸菌で腸内環境も整えてくれるのです。

運動にダイエットサプリをプラスして、1ヶ月ダイエットを成功させたいですね。

1ヶ月でのダイエットで気をつけたいのは、過度な運動や食事制限、ダイエット商材等によって短期間でダイエットすること。

消費者庁が発表していますが、“自分に合った適切な運動と食事制限をしながら健康的に痩せることができるのは6ヶ月間で4~5kg程度” です。(平成26年6月時点)

過度なダイエットは体調を崩したり、日々の生活に悪影響を与える可能性があります。

健康を意識し、適度な運動と食事制限をし、無理のないダイエット法で焦らず計画的にダイエットを行い、理想のカラダを目指すことをおすすめします!

ダイエットがうまくいっていると体重計に乗るたびに明るい気持ちになりそうです。

1ヶ月後痩せていたら何をしようか、何を買おうかと考えてダイエットに取り組めるといいですね。

そう楽しみながらダイエットをしているあなたは周りからも輝いて見えること間違いなしです!

 ダイエットできたらできること1:着たい服が着れる!

露出が多いからと諦めていたノースリーブやミニスカート、タイトなラインの服だって、ダイエットが成功したら自身を持って着られますね。

今まで自信がなかった人も、新しいおしゃれ を楽しむことができます。

着ることを諦めていた服を着ておでかけしてみましょう!

ダイエットできたらできること2:健康的な体・生活習慣になる

ダイエットはただ痩せるだけではなくて、健康的な体や生活習慣を手に入れるきっかけにもなります。

食事を見直すことや毎日の運動を心がけることは、健康志向の人も実践していることですよね。

健康を意識できると肌の調子が良くなったり と美容への効果も期待できます。

1ヶ月で体の内面美人も叶ったら素敵ですね!

ダイエットできたらできること3:人前に出るのが楽しくなる

痩せることで体が軽くなり、ショッピングや水着になれる海に出かけるなど、いろいろな場所に行きたくなるでしょう。

毎日効果が表れるダイエットをしているとポジティブ になることができます。きっと笑顔も増えているはずですよね。

頑張っている人がキラキラしているように、あなたも輝いているはずです。

ダイエットに成功した後は今までとは世界が変わって見えるかもしれません。


※1.記事の内容は、効能効果または安全性を保証するものではありません。

サイトの情報を利用し判断・行動する場合は、医師や薬剤師等のしかるべき資格を有する専門家にご相談し、ご自身の責任の上で行ってください。

※2.記事内の製品・サービスは、この記事に訪れた読者の方に最も適切だと判断したものを紹介しております。