目次

  1. 1 1ヶ月本気ダイエットで絶対痩せる!!
  2. 2 1ヶ月本気ダイエットでどれぐらい痩せる?
  3. 3 1ヶ月本気ダイエットってどんなもの?
  4. 4 本気でダイエットしてるのに体重が減らない…
  5. 5 自分に合う1ヶ月本気ダイエットを見つけよう

夏本番を迎えている今、1ヶ月間本気でダイエットをして痩せようと思っている方も多いと思います。

実際にダイエットのやり方次第で、1ヶ月だけでもシェイプアップすることはもちろん可能 です。

ただやり方によってはリバウンドしやすかったり、長い目で見て太りやすくなってしまうことも事実です。

今回は、1ヶ月の本気ダイエットの方法を中心に注意点も含めてお届けします。

1ヶ月で本気ダイエットするならどんな方法がいいんだろう・・?

まずは、みなさんの1ヶ月の本気ダイエットでなかなか結果を見てみましょう!

さて、それでは本題です。まず1ヶ月の本気ダイエットがどんなものかご紹介します。

断食ダイエット

1ヶ月の本気ダイエットは短期決戦のダイエット法です。

短期決戦だからこそなんとか頑張れる、断食ダイエットがその代表!

ただ断食といってもやり方はいろいろあって、本当に何日間もほとんど食べないハードな断食から、3食のうち1食だけをとらないプチ断食まで様々です。

丸一日食べないのはさすがにキツイなと思われる方は、例えば朝食もしくは夕食だけを抜いてみることから始めてみるのが良い でしょう。

今まで食べてた分を急に食べなくなるので、最初は便秘気味になったり、お腹が痛くなったりすることもよく起こります。

これは多くの場合、デトックス効果の現れなのでさほど心配する必要はありません が、決して無理はしないで下さいね。

どちらにしても、水分補給はとても大切ですので、喉が渇く前に水分を補ってあげましょう。

 置き換えダイエット

少しお金はかかりますが、断食ダイエットよりもハードルが低いのが置き換えダイエットです。

やり方は、1日のうちの1食を酵素ドリンクやグリーンスムージーで置き換える というもの。

とても手軽なので、日々仕事や家事に忙しい女性のみなさんにオススメの方法です。

この置き換えダイエットのメリットは、1食を置き換えることで大幅なカロリー制限ができる と同時に、野草や野菜などの栄養価も補える というところです。

特にダイエット中は、全体的に食べる量が減るので、同時にビタミン・ミネラル分やタンパク質といった美に不可欠な栄養素も不足してしまいがち。

そんなときに効果を発揮してくれるのが、置き換えダイエット法なんです。

置き換えダイエットは無理無くできる、オススメの1ヶ月本気ダイエット法です。

 低糖ダイエット

低糖ダイエットも1ヶ月という短期間で効果を実感できる、本気のダイエット法です。

あまり極端にすると続かないので、毎食お茶碗1杯分食べていたごはんの量を半分程度に減らす というものです。

特に夕食に摂る糖分、つまり炭水化物は回り回って脂肪になってしまうので、なるべく少なめにします。

ただ、ご飯の量を減らすだけではお腹が減ってしまいますし、エネルギーが不足してしまうこともあります。

ですので、今までよりも魚や大豆類のタンパク源やビタミン・ミネラルを豊富に含む野菜を多めに摂る ことを心がけて下さい。

エネルギーは少なければ少ないほどいいんじゃないの?と思う方もいるかと思いますが、あまりにも摂取カロリーが少ないと、「糖新生」が起こってしまいます。

糖新生とは、体内の筋肉などを壊して炭水化物を作り出す 、人間に備わっている機能です。

極端に減らさず、少しずつ減らしていくことが大切です。

 週数回のウォーキング

1ヶ月で本気ダイエットをするなら、上記の食事制限に加えて適度に運動することも大切 です。

特にウォーキングやジョギングなどの有酸素運動は20分以上継続することで、脂肪を燃焼してくれるのでオススメです。

ではなぜ食事を制限するだけではいけないのか?ということですが、食事量を制限だけすると確かに体重は落ちますが、同時に筋肉量も大きく落ちてしまう からです。

筋肉量が落ちてしまうと、基礎代謝も落ちてしまうので、結局太りやすい体になってしまいます。

短期的に体重が減ったのにすぐにリバウンドしてしまう 方の多くが、このポイントを分かっていません。

食事制限ダイエットには常に運動がついてまわるということをしっかり頭に入れておいて下さい!

 夕食は早めに摂って、早めに就寝

実は同じ夕食でも、摂る時間帯によって脂肪に変わる量が大きく異なってきます

大幅ダイエットに成功した西野カナさんも、夜6時以降は何も食べないようにしていたようですね。

そして、早く寝る!

同じ食事をしていても、夜型よりも朝方の人も方が痩せるというのは聞いたことがありますよね!

その理由は、夜型になってしまうと交感神経が優位になり、体がエネルギーを溜め込みやすくなる から。

夜は早めに食べて早く寝る。

これが1ヶ月本気ダイエット法の鉄則です!

夜は早めに食べて、早く寝る!1ヶ月本気ダイエットの鉄則です。

自分なりに本気でダイエットしてるのに体重が減らないという方は、以下の項目をチェックしてみてください。

筋トレも必要

痩せやすさというのは、大きく基礎代謝によります。

そして基礎代謝のうち、人が自分でコントロールできるのは「筋肉量」だけ です。

ですので、食事制限や有酸素運動をしているのに体重が減らない方は、筋肉量が足りず、基礎代謝が低い可能性が高い です。

有酸素運動運動は確かにエネルギーを消費してくれますが、それだけをしていても基礎代謝はほとんど変わりません。

体重が減らないという方は、週に1日だけでもいいので、筋トレを取り入れてみて下さい。

1ヶ月本気ダイエットをしているのに体重が落ちない方は、筋トレも取り入れましょう!

食事の質が重要

続いて食事の内容ですが、摂取カロリーが低ければ低いほど良い訳ではないことを上で紹介しました。

炭水化物の摂取量をかなり減らしたとしても、タンパク質の量も少なければ筋肉は徐々に小さくなっていきます

つまり、基礎代謝が落ちてしまいます。

また、同時に体内で炭水化物を作り出す糖新生という機能も働いてしまいます。

炭水化物を減らしたら、その分少しでも多くのタンパク源やビタミン・ミネラル分を摂る ように意識して下さい!

体のエネルギーがないと消費も出来ない

これは上述したことと少し重複しますが、過度に摂取エネルギーを抑えてしまうと、体は危機を感じます。

つまり、少しのエネルギーでも生き延びられるように消費カロリーを抑えようと働きます

ですので、同じエネルギーを摂取したとしても、その大部分を脂肪として体に蓄える ようになります。

これを回避するためには、ただ摂取カロリーを抑えるだけでなく、同時にタンパク質などのエネルギーを補給してあげる必要があります。

鳥の胸肉や豚のヒレ肉、卵やサーモン大豆類は低カロリー高タンパクなのでオススメです。

1ヶ月本気ダイエットで、過度に摂取カロリーを抑えてしまうと、体はエネルギーを溜め込もうとします。

過度のストレスはダイエットの天敵

もちろん、過度のストレスもダイエットにはよくありません。

2, 3日しか続けられないようなダイエット法では1ヶ月本気ダイエットができるはずはありませんし、精神的にもよくありません。

大切なのは、今の自分のライフスタイルで続けられることから始めること

心身の健康を損なわない程度にがんばってください。

1ヶ月本気ダイエットにおいて、過度のストレスになるようなことは禁物です!

フルーツは基本的にNG

フルーツはみんな好きですし、ビタミンもミネラルも豊富なので健康的と思っていませんか?

もちろんそれは事実で、例えば朝食に一房のフルーツを食べることは全然悪くありません。

ですが、その甘〜い味から想像できるように、意外と高カロリー です。

食べ過ぎると、もちろん太ってしまいます。

なので、朝にヨーグルトと一緒に少し食べる程度に 抑えておきましょう。

特に夕食後のデザートとしてのフルーツは避けた方が良いです!

1ヶ月本気ダイエットでは、フルーツの食べ過ぎに注意して下さい。

カロリー0に注意!人工甘味料は代謝が下がる

今ではスーパーマーケットなど、いろんなところでカロリー0製品を見かけますよね。

カロリーがないんだったらいくら食べても太らない!?そうなのでしょうか。

これはまだ専門家の間でも賛否両論がありますが、カロリー0の甘味料をマウスに与えた結果、食事の量を変えていないにもかかわらず肥満になった という研究が報告されています。

これは、カロリーはゼロだとしても、代謝やホルモンバランスに影響を与えるということを示唆しています。

ヒトを対象にした実験でも代謝を下げたり、食欲が増してしまう という結果も報告されています。

いずれにせよ、ダイエット以前にあまり体によくなさそうなものですね…。

カロリーはゼロでも、代謝が下がってしまえば意味がないですよね。

以上です!

最後まで読んでくださってありがとうございました。

今回は、1ヶ月本気ダイエットを中心にその方法や注意点などを紹介しました。

自分に合った方法を見つけて、1ヶ月本気ダイエットにチャレンジしてみましょう!


※1.記事の内容は、効能効果または安全性を保証するものではありません。

サイトの情報を利用し判断・行動する場合は、医師や薬剤師等のしかるべき資格を有する専門家にご相談し、ご自身の責任の上で行ってください。

※2.記事内の製品・サービスは、この記事に訪れた読者の方に最も適切だと判断したものを紹介しております。