目次

  1. 1  肥満におすすめのすごい運動法を紹介します!
  2. 2 肥満の原因は運動不足です!
  3. 3 肥満に大効果!ワークアウトにおける「追い込み」の運動とは?
  4. 4 追い込んだ運動によって肥満ダイエットするメカニズム!
  5. 5 肥満の運動に追い込み型ワークアウトを実践して痩せた方の口コミ!
  6. 6 【肥満打破】追い込み型ワークアウトにおすすめの運動:ベンチプレス
  7. 7 【肥満打破】追い込み型ワークアウトにおすすめの運動:スクワット
  8. 8 【肥満打破】追い込み型ワークアウトにおすすめの運動:有酸素運動
  9. 9 肥満解消のために通え!ダイエットにおすすめスポーツジム!
  10. 10 肥満解消に全力を!ダイエットには運動が最適です!

「楽して痩せたい!」 というのが私たちの思い。

でも、どんどんお腹のお肉がブヨブヨ、足も太くなっている…。

明らかに肥満!!

気付いた時が始めるときです。

肥満から脱出できるダイエットを始めましょう!

運動すれば肥満は必ず解消できます!

肥満解消に効果のある追い込み型ワークアウトをご紹介 します。

「あ~。どうして痩せないの?」と思っている方、多いですよね。

私も毎日思っています…。

でも、肥満の原因は自分で作っている んですよね。

それは、食べているのに運動していないということ!

「ダイエットしたいけれど運動するのはイヤ」というワガママなことを言っていては、いつまでも肥満体型が解消されないに決まっています。

食べたものを体の脂肪にする前に、しっかり運動すれば肥満とは無縁になれる!

本当は分かっていますよね…。

それなら話は早いです!

肥満体型に効果がある運動を、毎日の生活に取り入れてみましょう!

ダイエットの成功のカギは、まずは始めることですよ♪

「肥満に効果がある運動とはいっても、どんな運動をすればいいの?」

ここで、タイトルにもあるように、「追い込み型ワークアウト」 が出てきます!

ワークアウトとは、日本でいえばトレーニングという意味です。

でも、ちょっと意味が違ってきます。

アメリカでは、ワークアウトは「解決策」 という風にとらえられています。

肥満から脱出したい、健康を取り戻したい、キレイになりたいという目標を解決するために行うことをいうのです。

ですから、この「追い込み」というのは、「追い込んだ解決策」を実践すること!

肥満体型をとことん追い込んだ運動を行い、解決していくという、ダイエットをがっちり成功させる方法なのです。

「肥満体型を解消する追い込んだ運動」

ちょっと怖い感じもしますが…??

このダイエットのメカニズムをご紹介します。

休息による細胞が回復を開始!

追い込んだ運動を行うと体はどうなるでしょう?

筋肉痛になりますね。

この筋肉痛が、ダイエットに効果 があるのです。

ハードな筋トレなどを行った場合、筋細胞は傷つきます。

これが筋肉痛になって出てくるわけですが、この時に様々な栄養素を利用しながら新しい筋細胞を回復し強くなっていくのです。

ですから、この筋肉痛時の休息がダイエットのポイント に!

筋肉を回復させるためには、糖質や資質、タンパク質などの体内にある栄養を使います。

つまり、今まで余っていて脂肪になってしまっていたものを、筋肉修復に使うことができる!

追い込んだ運動は、ダイエットに効果を発揮します。

代謝アップがスゴイ!

肥満の原因といえば、代謝が悪いということが挙げられます。

代謝の良い体は、普段の生活での歩くことや座っているだけでもエネルギーを消費しています。

ですから、いつでも脂肪が燃焼しているのです。

でも、代謝の悪い体は、普段の動作では一切脂肪は燃えてくれません。

代謝アップに最も必要なものは筋肉 です。

追い込み型ワークアウトを行い強い筋肉を生み出していくことは、必然的に代謝の良い体に導きます。

運動によって引き締め、代謝で脂肪を燃やすというダブルの効果でダイエット できます。

 多くの成長ホルモンが分泌!

追い込み型ワークアウトを行うと、筋肉を回復させるために成長ホルモンが分泌 されます。

新陳代謝を活発にし、体脂肪を減らす働きなど、成長と代謝にとても必要なホルモン です。

成長ホルモンは、年齢を重ねるごとに分泌量が減ってしまいます。

追い込んだ運動をすることにより成長ホルモンの分泌が多くなるので、ダイエット効果が出やすい体になることができます。

追い込み型ワークアウトは肥満解消に効果 があります。

ダイエットに成功した方の口コミを見てみましょう。

「ベルトを締める穴が1つ減った」などの声がありました。

ダイエットを始めて、きちんと続ければ効果を期待できるのが、追い込み型ワークアウトの特徴です。

11日で4キロダイエットできるなんてスゴイ!!

効果が早いとモチベーションもアップするので、継続する意欲にもつながります。

運動が嫌いでも、これなら始めてみたくなりますね♪

ベンチプレスは、追い込み型ワークアウトに最適な運動です。

簡単にいうと、寝転んだ状態でバーベルを持ち上げる運動ですが、たくさんの筋肉に効果を発揮 します。

<運動で鍛えられる筋肉>

  • 大胸筋
  • 肩(三角筋)
  • 腕(上腕三頭筋)
  • インナーマッスル

女性ではバストアップ に、男性では厚い胸板 にと、引き締まったバランスの良い体 になることができます。

自宅で行う場合は、ダンベルを使って運動できます。

運動の際のポイントは、ダンベルを上げるだけでなく、斜め横に上げてからダンベル同士をくっつけるようにすることです。

肥満で脂肪がつきすぎた部分を徹底的に追い込みましょう!

ただし、くれぐれも無理は禁物です。

ダイエットにも大変効果のあるスクワット!

追い込み型ワークアウトにも最適な運動です。

<運動で鍛えられる筋肉>

  • 大腿四頭筋
  • ハムストリングス
  • 大殿筋

太ももやお尻まわりに効果 があります。

下半身の中でも最も脂肪のつきやすい部分ですが、この部分を鍛えると代謝が非常によくなります。

肥満解消にはピッタリの運動 ですね。

特に効果絶大の相撲の四股をイメージした「相撲スクワット」 をやってみましょう。

<相撲スクワットのやり方>

  1. つま先を外側にし足を肩幅より大きく開く
  2. 両手を胸の前でそろえる
  3. 胸を張り背中をまっすぐにしたまま腰をゆっくり落とす
  4. おろしたところで5つ数える
  5. ゆっくり上がり元の姿勢へ

10回を3セット行いましょう。

自分の限界の位置まで腰を落とすように頑張ってみましょう!

有酸素運動は、追い込み型ワークアウトの効果を引き出すためにとても重要です。

筋肉が傷つき回復するために、成長ホルモンが分泌されるとご紹介しましたね。

成長ホルモンが分泌されると、体内の脂肪細胞を分解し血液中に溶け出していきます。

この時がチャンス!

脂肪細胞が溶け出しいる時に有酸素運動をすることで、脂肪が莫大に燃焼 されるのです。

「追い込んだ体にまだ運動するの?」なんて思わなくても大丈夫!

踏み台昇降やエアロバイク、ウォーキングなどの軽いものでいいのです。

追い込み型ワークアウト時は、筋肉の休息と有酸素運動をすることが必須 と覚えておきましょう。

1ヶ月後には、肥満だった体が見違えるように変化します。

運動を続けるのは自信がないな…という方には、やっぱりスポーツジムがオススメ!

ダイエット効果に定評のあるスポーツジム をご紹介します。

コナミスポーツクラブ

コナミスポーツクラブは、全国展開していて国内でも最大規模 のスポーツクラブです。

設備も充実していますし、キッズから年配の方まで幅広い利用者がいます。

ワークアウトでも、バーベルを使ったものからエアロビクスで行えるもの等、多彩なプログラムがあります。

ですから、自分に合ったワークアウトを行うことができる!

初心者の方も参加しやすい工夫がされているので、安心して通うことができるのも人気です。

また、パーソナルプログラムといって、短期間に目標を達成した方向けのマンツーマンプログラムもあり!

通えるかどうか心配…という方も、抵抗なく試すことができます。

 ルネサンス

ルネサンスも全国展開している有名なスポーツクラブです。

こちらも、ジュニアスクールから年配の方まで、たくさんの方が通っています。

ジム施設も充実しているので、トレーナーがしっかりトレーニングメニューを提案してくれます。

全てのルネサンスではありませんが、人気の加圧トレーニングプログラムを行っている施設もあります。

全身のワークアウトを行うのに効果的なTRXサスペンショントレーニングが人気!

まだ実施できるクラブが限定ではあるので、問い合わせてみてください♪

セントラル

セントラルも全国展開の有名スポーツクラブですね。

ワークアウトのプログラムも実施しており、短時間で効率のよい脂肪燃焼を実現できるレッスンをしています。

プログラムの特徴は、大人の部活動!

追い込み型ワークアウトをもっと追い込みたい方にピッタリ!

運動を少し経験している方には、おすすめのスポーツクラブです。

肥満を解消するのに、追い込み型ワークアウトは効果的な運動法 です。

肥満体型なんて誰にも言わせませんよ♪

ただし、くれぐれも無理は禁物です。


※1.記事の内容は、効能効果または安全性を保証するものではありません。

サイトの情報を利用し判断・行動する場合は、医師や薬剤師等のしかるべき資格を有する専門家にご相談し、ご自身の責任の上で行ってください。

※2.記事内の製品・サービスは、この記事に訪れた読者の方に最も適切だと判断したものを紹介しております。