目次

  1. 1 腰回りの頑固なお肉、どうにかしたい!!
  2. 2 筋トレはミルフィーユ状態を招く可能性がある!?
  3. 3 腰肉に効くのは有酸素運動!
  4. 4 ジョギングやウォーキングでは腰肉は動かせない!
  5. 5 腰肉を落とす有酸素運動とは?
  6. 6 腰肉ダイエットを成功させるための注意点は?
  7. 7 腰肉を落とすおすすめの方法はバランスボールを使ったもの
  8. 8 バランスボールなら骨盤矯正もできちゃう!
  9. 9 腰肉に効く!バランスボールエクササイズのやり方
  10. 10 バランスボールを使って楽しく腰肉を落とそう!

ショートパンツやスカートなどをはくと気になるのが腰回りの頑固なお肉、腰肉です。

腰回りをつまんでため息をつく人も多いのではないでしょうか?

今回はそんなため息の原因、腰肉を効率よく落とすための方法をご紹介したいと思います。

ぜひ参考にしてください。

腰回りのお肉、腰肉を何とかしよう

しかし、実は独自で突然筋トレを始めるとミルフィーユ状態を引き起こしてしまう可能性があるんです。

あまり聞かない名前ですよね。

筋トレをはじめ、筋肉がついている状態で途中で運動をやめてしまうと、筋肉は使われな

マッサージなどをしてケアを行っていると問題はないのですが、何もしていないと、

そのせいでさらに腰回りが太くなり、腰肉が厚くなってしまうんです。

この状態でさらに筋トレを行うと脂肪と筋肉がミルフィーユのような状態になってしまうんですね。

独自の筋トレが実は腰肉の厚さを増してしまう可能性があることが分かりま

では

ここでおすすめしたいのが有酸素運動です。

有酸素運動とは酸素を利用し、体の脂肪をエネルギー源として使う運動です。

つまり、有酸素運動は体全体の脂肪を燃焼してくれるんですね。

もちろん腰回りの脂肪も燃焼してくれます。また、有酸素運動には血行を良くする効果もあります。

血行が良くなれば老廃物もしっかりと流れてくれますのでそういった意味合いでも腰肉には有酸素運動が有効であると考えられます。

有酸素運動が腰肉解消に良いことが分かりました。

有酸素運動の代表といえばジョギングやウォーキングですよね。

ところが、腰肉の脂肪を燃焼させるということにおいてはジョギングやウォーキングでは効果が薄いと言われ

なぜなら、

腰回りは脂肪がつきやすく、にも関わらず燃焼しにくい箇所です。

ですから、普通以上に腰を動かす有酸素運動が必要だと言えます。

腰肉を落とす時には腰

普通の有酸素運動より、たくさん腰を動かす有酸素運がおすすめだと書きました。

ではどんな有酸素運動をすればよいのでしょうか? 具体的に見ていきましょう。

ヨガ

まず第一におすすめするのがヨガ です。

ヨガは健康に良いとされ、ダイエット効果もあるとして有名です。

他の有酸素運動と少し違う特徴として、腰回りに限らず部分痩せに適した有酸素運動であるという点があります。

ヨガではさまざまなポーズを取り、呼吸を行います。

このポーズの中に腰をはじめ部分的に身体を動かすものが多くあるんです。

特に腰を動かすポーズはたくさんあります ので、腰肉を落とすにはヨガはおすすめです。

腰まわりストレッチ

次にお勧めするのは腰回りのストレッチです。

ヨガがいいのはわかるけど、毎日するのは難しいという方には寝ながらでもできるストレッチもおす

やり方はとっても簡単です。

  1. 仰向けに寝て両膝を立てます
  2. 立てた両膝を右に、顔を左に倒して10秒ほど止まります
  3. 体を戻して逆方向にも同じように行います

このとき呼吸を止めずに続けること、肩や背中が浮かないようにすることが大切です。

こうした簡単なストレッチだけでは腰肉が落ちるスピードは遅いですが

腰肉を落とす有酸素運動を具体的にご紹介しました。

ここで腰肉のダイエットを成功させるための注意点 についても触れておきたいと思います。

短期間で痩せようとしない

まず一つ目は短期間で痩せいようとしないということ

痩せたいなと感じるとついつい結果を急いてしまいがちですよね。

しかし、摂取カロリーの過剰になった分の多くは腰回りの脂肪に変わるため、少し落ちたくらいではすぐに元に戻ってしまうんです。

ですから、

短期間でと焦ってしまうと落ちない腰肉にイライラしてストレスがたまり、ダイエットに失敗してしまうこともありますので焦らずに痩せるようにしましょう。

食事にも注意

腰回りは脂肪がつきやすくカロリーにすぐに左右されると上記でも書きました。

そのため、腰肉ダイエットをしようと決めたら運動の他にも食事にしっかりと気を配る必要があります。

自分

ですので、食事にも気を付け、

腰肉ダイエットの注意点をご紹介いたしました。

ヨガやストレッチの他にも腰肉を落とすのにとても有効な方法があります。

それがバランスボールの利用 です。

バランスボールに乗ったことのある方ならわかると思いますが、バランスボールを使うと、バランスをとるために腹筋を使います。

また、バランスをとるために日常動作にはないような腰を動かす動作 をします。

この動作が普段は使わない部分の筋肉を動かし腰回りの脂肪を燃焼してくれます。

筋肉を動かすというと筋トレのような気もしますが、実は有酸素運動に分類されるため、腰肉を落とすのにはぴったりなんです。

バランスボールには有酸素運動ができる以外にも利点があります。

それが骨盤矯正の効果 です。

バランスボールでエクササイズを行うと、インナーマッスルという身体の奥の筋肉が鍛えられます。

このインナーマッスルが鍛えられると姿勢が良くなりやすく、骨盤の歪みも矯正されます。

骨盤がゆるめられ、整えられると骨盤内の血行もよくなり、ダイエットの効果が出やすくなる と言われています。

つまり、バランスボールは、脂肪を燃焼しつつインナーマッスルを鍛え、骨盤を整えて痩せやすい状態にしてくれるという腰肉ダイエットには効果的な器具なんですね。

バランスボールが腰肉ダイエットに効果的なグッズであることは分かりましが、一体どんなエクササイズの方法があるのでしょうか?

おすすめの方法を見ていきましょう。

骨盤ゆらゆら

一つ目は腰痛予防の効果もある骨盤ゆらゆらの体操です。

  • まず、横になります。
  • 少し足を開きバランスボールに足をのせます。
  • ゆっくりとできる範囲でバランスボールを左右に動かします。

このとき、背中や肩がしっかりと床についていることが大切です

また、ゆっくりと呼吸を行い、途中で息を止めることのないようにしましょう。

より効果を出すためには一つ一つの動作をゆっくり行い、しっかりと体を伸ばすことが

 バランスボールヨガ

次に紹介するのはバランスボールを利用した腰肉に効くヨガです。

無理をして怪我をしないように気を付けつつ行いましょう。

  • バランスボールに座り、両手を広げ、頭の上で合わせます。
  • 息を吸いながら体を傾けます。
  • ゆっくり元に戻り、反対方向にも傾けます。

身体を傾けたときにボールが傾けた方向の逆に逃げていかないように腹筋や足を使って抑えておくことが大切で

こちらも動作もできるだけゆっくり行い、しっかりと呼吸もしましょう。

 くびれトレーニング

こちらはバランスボールを利用したくびれトレーニングです。

  • まず、ボールの真ん中に座ります。
  • この状態からボールを転がしながら腰の下に真ん中にボールが来るようにします。
  • この状態で腹筋を行います。
  • 腹筋が終わったら最初と同じように腰の下にあるボールを転がしながらバランスボールに座る姿勢に戻ります。

ポイントはボールの上に寝転がっている状態のときには

腹筋も無理をせずできる範囲で行いましょう。

腰肉を落とす方法についてご紹介しました。

腰肉を確実に落とす方法として一番おすすめなのはやはりバランスボールの利用 になります。

バランスボールを利用し、腰肉ダイエットを成功させましょう。


※1.記事の内容は、効能効果または安全性を保証するものではありません。

サイトの情報を利用し判断・行動する場合は、医師や薬剤師等のしかるべき資格を有する専門家にご相談し、ご自身の責任の上で行ってください。

※2.記事内の製品・サービスは、この記事に訪れた読者の方に最も適切だと判断したものを紹介しております。