目次

  1. 1 ダイエットしていると、筋肉痛が…
  2. 2 ダイエットの筋肉痛はなぜ起こる?そのメカニズム!
  3. 3 ダイエットの筋肉痛、一日で治らない場合も!
  4. 4 筋肉痛の時にやってはいけないこと!
  5. 5 でも、筋肉痛だからってずっと休んでいるのもダメです!
  6. 6 筋肉痛の時でもできるダイエットその1:ウォーキング
  7. 7 筋肉痛の時でもできるダイエットその2:水中ウォーキング
  8. 8 筋肉痛の時でもできるダイエットその3:ストレッチ
  9. 9 筋肉痛にはこれが効く!おすすめ湿布をご紹介!
  10. 10 関連動画も観て!
  11. 11 ダイエット中の筋肉痛はツラい!でも負けちゃダメです!

ダイエットのために頑張ってガンガン運動をしたら、次の日に辛い筋肉痛 に襲われたことのある方も多いと思います。

この筋肉痛の対処法って、一体どうするのがベストなんでしょうか?

ダイエット中の筋肉痛について、詳しく調べていきます。

 

そもそもあの痛い筋肉痛はなぜ起こるのでしょうか?

そのメカニズムに迫ります。

筋肉の繊維に傷が!

普段あまり動かない人が突然運動を始めることで筋肉痛になるイメージですが、普段から運動を日課としている人でも筋肉痛になります。

普段使わない筋肉を突然使ったり同じ筋肉を使いすぎたりする ことで、筋肉を構成している繊維状の細胞(筋繊維)やその周りにある結合組織に、細かな傷 がついてしまうんです。

すると、私たちのカラダの自己治癒力は、できてしまった傷を修復しようと働きかけます。

白血球を中心とした血液成分が、傷の周りに集まってきて、傷を修復しようします。

このとき傷の周辺には腫れが生じてしまい、いわゆる「炎症」が起こります。

刺激物質が生産される!

傷の周りで起こった炎症によって、ブラジキニン、ヒスタミン、セロトニン、プロスタグランジンなど、痛みを引き起こす刺激物質 (発痛物質)が生産されてしまいます。

この刺激物質が、筋肉を包んでいる筋膜 を刺激してしまいます。

その刺激を感覚中枢を介して、痛みとして感じるんです。

以前は疲労物質の乳酸が筋肉痛の原因とされていましたが、現在は筋損傷の回復過程で起こった炎症が原因、という説が1番有力とされています。

別のタイプの筋肉痛も…。

筋肉痛には、もう1種類、筋疲労によって引き起こされる軽いタイプもあります。

これは激しい運動をしたあと、酷使した部分の筋肉が固くこわばってしまうことが原因とされています。

動かすと痛みを感じ、2~3日は続きますが、その詳しいメカニズムはまだ解明されていません。

一般的に筋肉痛は、2~3日かけて回復 していきます。

運動内容や運動の負荷によっても違いは出てきますし、運動経験や体質など運動する人のタイプによっても違って、変動はかなりあります。

つまり、人それぞれであり、1日で回復する人もいれば、1週間たっても疲労が抜けない人だっているんです。

一般的には、普段運動しない人が重い筋肉痛なりやすく、回復までも時間がかかる傾向にあります。

逆に普段から運動をしている人は、筋肉痛にもなりにくく、なったとしても軽く回復も早いですね。

ツラい筋肉痛になってしまったら、筋トレなど負荷の強い運動 はやめておきましょう。

ダイエットで筋トレなどをしていたら、痛みがある程度治まるまで、2~3日お休み してください。

筋肉痛のとき、筋肉は想像以上に疲労しています。

無理をして筋トレダイエットを続けると、筋肉痛の回復が遅れるだけではなく、筋肉がつかずに逆に衰えてしまうこともあります。

さらに怪我や筋損傷など肉離れを起こすこともあるので、注意してくださいね。

アルコール摂取 も、避けた方がいいです。

体内で分解するのに大量のタンパク質が使われるので、筋肉を修復するタンパク質が不足し、回復を長引かせる原因となります。

強い運動がダメだからと言って、ずっと休んでいるのもダメです。

それまでダイエットをして鍛えた体が、なまらない程度の運動はした方がいいです。

むしろ軽い運動をすると血行が良くなるので、栄養を筋肉に行き渡らせて、さらに発痛物質を抑制 する効果があります。

筋肉痛になったら軽い有酸素運動 を行うと、筋肉痛を早く治すのにも効果的です。

そして筋肉痛を早く治すために、栄養もしっかりとるようにしましょう。

筋肉痛を早く治すには、タンパク質、ビタミンC・ビタミンE、亜鉛がおススメです。

筋肉を修復するのに必要だったり、炎症を抑える効果もあり、回復を早めてくれます。

筋肉痛のときにもできるダイエットとして、ウォーキングダイエット があります。

体への負担が少ない上に、健康的に痩せることができるので人気ですよね。

ウォーキングダイエットと言っても、ただダラダラと歩けばいいのではありません。

効率よく酸素を体内に取り込み、脂肪を燃焼させるため、以下のように正しい歩き方で行うことが大切です。

  1. 背筋を伸ばし胸を張って、視線はやや前方へ。
  2. 着地はかかとから。踏み出しは親指に力を入れて、地面を蹴る感じで。
  3. スピードは早歩き程度を心がける。

ウォーキングダイエットを行う場合は、20分以上続けるのが目安となります。

かなりの筋肉痛の方には、水中ウォーキングダイエット がおススメです。

水に潜るわけではないので、泳げない人でも大丈夫ですよ。

水中ウォーキングダイエットは水の抵抗があるので、歩くだけでかなりのカロリーを消費します。

なんとその消費量は、陸上のウォーキングの2倍

水中だと体重が70%以上軽くなるので、肉体的な負担が少なく、筋肉痛の人にもぴったりなんです。

正しい水中での歩き方です。

  1. 肩が水中に沈むくらい歩幅を広くして歩く。両腕は大きく前後に振る。
  2. 水深に合わせて歩幅を調整し、身体が上下しないように。
  3. 慣れたら少し速度を上げてもOK

筋肉痛のときでもできるダイエットに、ストレッチ があります。

ストレッチの効果は「血行促進」と「代謝アップ」が挙げられます。

血行促進のおかげで、筋肉痛も早く治るんですよ。

代謝がアップすると消費カロリーが増えるので、いつもより食べ過ぎても体重は増えづらくなります。

睡眠中の消費カロリーも増えるので、朝起きたときのむくみが少なくなり、スッキリするんです。

ストレッチダイエットを行うときは、無理をせず筋肉痛以外の痛みを感じない程度に行いましょう。

入浴後か、睡眠前に行うとリラックス成分が出るので、質の良い睡眠がとれておすすめですよ。

筋肉痛に痛みがどうしても我慢できない場合は、湿布を使うのもひとつの手です。

筋肉痛におすすめの湿布をご紹介します。

ビーエスバンFRテープV

ダイエットをしていて筋肉痛になってしまった人におすすめなのが、ビーエスバンFRテープV です。

痛みの原因物質の生成を抑えることによって痛みに効果を表すフェルビナク を、1枚あたり35mg配合しています。

柔軟性のある基布を使っているので、粘着性に優れており、張りづらい関節部にもよくフィットします。

3分割ライナーを採用しているので、患部に貼るのも簡単です。

1枚のサイズは7×10㎝で、16枚入りと40枚入りの販売となっています。

伸縮性もあってとても張りやすいタイプなので、湿布を使うのが初めてで慣れていない方 におすすめです。

穴あきサロンパスAe

ダイエットをしていて筋肉痛になってしまった人に、穴あきサロンパAe をおすすめします。

消炎・鎮痛作用のあるサリチル酸メチル を配合しています。

その名の通り、湿布に12個の穴があけられていて、ムレやカブレを防ぐために、通気性を持たせています。

基材に高分子吸収体を使用して、汗を吸収し皮膚刺激をできるだけ抑えるよう工夫されています。

1枚のサイズは4,2×6,5㎝で80枚入りとなっています。

肌が弱く湿布にカブレやすい方 におすすめです。

ハリックス55EX温感A

筋肉痛になってしまった人には、ハリックス55EX温感A がおすすめです。

ダブルの消炎効果で効果的にはたらきかけます。

有効成分トウガラシエキス が患部の血流を促進して、痛みを和らげてくれます。

弱酸性・高含水基材を使用し肌にも優しく、ピタッと密着するのではがれにくいです。

こちらは温めて筋肉痛を抑えたいという方 におすすめです。

筋肉で特にツラい、太ももの痛みを解消するストレッチ を紹介した動画です。

足の筋肉の大半を占める太ももが筋肉痛になると、歩くのも難しく生活に支障が出てしまいます。

ぜひ動画をチェックしてみて下さいね!

ダイエットをしていて筋肉痛になると、気持ちもくじけそうになります。

でもその痛みに負けちゃダメ です!

ダイエットを続けて、憧れの体型 に近づきましょう!


※1.記事の内容は、効能効果または安全性を保証するものではありません。

サイトの情報を利用し判断・行動する場合は、医師や薬剤師等のしかるべき資格を有する専門家にご相談し、ご自身の責任の上で行ってください。

※2.記事内の製品・サービスは、この記事に訪れた読者の方に最も適切だと判断したものを紹介しております。