目次

  1. 1 ふくらはぎをまっすぐに、なんとしてもしたいんです!
  2. 2 ふくらはぎがまっすぐにならない原因は?
  3. 3 ふくらはぎがまっすぐでないと、こんなデメリットが!
  4. 4 ふくらはぎをまっすぐにするエクササイズ1! ニーエクステンション!
  5. 5 ふくらはぎをまっすぐにするエクササイズ2! 寝ころび法!
  6. 6 ふくらはぎをまっすぐにするエクササイズ3! 内もも締め!
  7. 7 O脚を直して、かつ確実にふくらはぎをまっすぐにしたいんですが……
  8. 8 ふくらはぎをスラリとまっすぐに! O脚矯正グッズのご紹介!
  9. 9 ふくらはぎをまっすぐにするには、エクササイズと矯正グッズで!

自分のО脚 が気になってどうしても写真に映るのが嫌!

これってどうにもならないの?

大丈夫!ふくらはぎはまっすぐになるかもしれないんです

ふくらはぎをまっすぐにする方法をわかりやすくご紹介しますよ!

https://twitter.com/milly_1017/status/761476303539179520

ふくらはぎが曲がるのにはいくつか原因があります。

まっすぐにするためにも、まずその原因を知っておきましょう

姿勢の歪み

やはり、大きな原因は姿勢の歪みなんです。

立ち仕事であったり、オフィスワークで同じ姿勢で長時間でいる事によって骨盤や関節に影響があるんですね。

現代人の生活習慣は意外に身体を動かすことがないので、これは気を付けておく必要があるようです。

それには、姿勢に気を配る ことや運動を適度にする ことが大切です。

適切でない歩行の仕方

歩き方でも影響があるの?

そうなんです。

よく靴の裏を見るとかかとの外側が削られていることってありますよね。

これは、足裏のバランスが悪い 証拠なんです。

それは、やはり歩き方が悪いことからくる問題です。

そこで、バランスを保った歩き方を身に着ける必要がありますよね。

そのためには、ふくらはぎをまっすぐにする必要があるんです。

 筋肉が硬くなっちゃている。

これってどういう事?

実は、悪い姿勢 でずっと立っていると。体の一部の筋肉がより消耗される緊張した状態が続きます。

それによって、筋肉のつき方のバランスが悪くなり、一部分だけ極度に筋肉 が付いてしまいます。

これが体が曲がってしまう原因なんです。

筋肉をバランスよく身に着けるためにもエクササイズや矯正が必要なんです。

こんな姿勢が原因かも

ふくらはぎがまっすぐでないと血行が悪くなります。

これによって冷え性 になってしまったり、ふくらはぎにむくみ が生じてしまうんです。

さらに、怖いのが、さまざまな病気の原因となること。

例えば、年を重ねると関節炎になってしまいます。

また、、変形性膝関節症 になる可能性もあります。

これは、関節の間にある軟骨がなくなって激痛が生じる病気です。

ということは、健康のためにもふくらはぎをまっすぐにすることが大切なんです!

ふくらはぎがまっすぐでないといろいろな病気に。

ここで知っていただきたいのがニーエクステンションです。

これは、一人でもできる簡単エクササイズ です。

さっそくやり方をご説明しますよ!

片膝でまっすぐ立つ

まず、片膝でまっすぐに立つようにします。

片方の脚は前に出して90度に曲げて 身体を支え、もう片方の膝は床に付けます。

床についている側の膝下には厚めのタオルかクッションを敷くといいでしょう。

このとき、つま先はまっすぐにしておきます。

姿勢はまっすぐな状態 になっていますか?。

これで、準備は万端。

体を前に倒し、陸上選手のような姿勢に

続いて、立てていた足を前に突き出し、上半身をまっすぐにした状態から前かがみになります。

このとき、トラック競技の陸上選手がスタートするような姿勢になるかと思います。

手は前の足のひざ下あたりの床につけ、骨盤の位置は動かさないようにするのがポイント。

そのようにかがんだ状態を10秒ほどキープしておきます。

これによって前に出した脚のふくらはぎまっすぐになる効果 が期待できます。

 少しずつ負荷をかける

こちらのニーエクササイズにはポイントがあります。

それは前に出している脚の角度を90度にこだわり過ぎないようにすること。

90度~100度前後でキープすれば大丈夫です。

そして、後ろに出している脚の足先はまっすぐにしておくこと。

最初はふくらはぎの筋肉を伸ばしすぎないようにします。

ちょっとづつ慣れてきたら時間を伸ばし てあげましょう。

こちらも一人でできるエクササイズ です。

寝ながらできる!というながら運動が嬉しいですね。

仰向けになって、ヒザを立てる

まず、マットを用意しましょう。

そこで仰向けになり、両ひざを立てた状態にします。

続いて、脚を組みます。

そしてさらに組んだ先の脚をからませるように組みます。

この絡ませた姿勢 を5秒ほどキープ

これと同じ要領で、もう片方のあしも別の方向で絡ませます。

そして絡ませた状態で、同じく5秒ほどキープします。

仰向けに寝ながらかがむストレッチ。

まず、マットの上で仰向けになります。

両ひざを両手で抱え込み ます。

その状態で、前後にゆりかごのよう に揺らします。

この時に骨盤と背中に刺激が当たるような感じになります。

これを20回前後に動かすストレッチです。

 お尻上げストレッチ

こちらもまた、マットの上に仰向けになります。

その状態から、膝を立てます。

この時のポイントは両ひざをくっつけた状態 にすること。

そこから、ゆっくりとお尻を上げ ます。

そして上がった状態で、10秒ほどその姿勢をキープします。

これを10回続けると、ふくらはぎをまっすぐにするエクササイズになります。

次のふくらはぎをまっすぐにするエクササイズは、内もも絞めエクササイズです。

まず、ベッドの上 で横向きになり、膝と膝の間に厚めのタオルかクッションを挟みます。

その状態をキープしたまま、ベッドから少し両脚を浮かします。

それを5秒間キープ。

それから、反対側を向いて同ようにストレッチします。

1日5~10回から始めましょう。

でも、私には時間がないの。

もっと早く効果が出る方法 はないの?

あります!

そのためにお勧めしたいのがO脚矯正グッズとの併用 なんです。

もちろんエクササイズでも期待はできます。

でもそのためには毎日の日課として自分に厳しくしなきゃだめですよね。

これって意外に難しいんです。

なので、効果が早めに出た ほうが継続へのモチベーションもアップするんです。

そのための矯正グッズでもあるんですよ。

矯正グッズで、ふくらはぎをまっすぐに成功した方は大勢おられます。

そこで、皆さまにふくらはぎをまっすぐにするオススメの矯正グッズをご紹介します!

それでは、効果の期待できるО脚を矯正するグッズ をご紹介!

これで、ふくらはぎをまっすぐにする効果を期待できますね!

balance tone バランストーン

О脚になる大きな原因に歩き方の問題がありましたね。

それを解消するためのグッズがこちらのbalance tone バランストーンです。

これによって歩行の姿勢を正しく し足裏のバランスをよくします。

歩く時しっかりとバランスを保てないと、それをカバーしようとしてО脚になってしまいます。

この矯正グッズで、アイソメトリクストレーニングが一日10分で できちゃいます。

これで、筋肉をつけるべきところにバランスよく身に付けることができるんです。

そのため、正しい姿勢をキープし自然とふくらはぎがまっすぐになります。

これは、時間のないけど効果を期待 する方におすすめの矯正グッズですよ!

あこがれの美脚に近道しよう!

 おやすみ骨盤サポートパンツ

これは、その名のとおり寝ている間に自然に骨盤が矯正 されるパンツです。

見た目にも意外とオシャレで矯正グッズのような硬いイメージはなさそうですね。

でも、このパンツは専門家による調査で完成された矯正サポートなので、ふくらはぎをまっすぐにする のが期待できますよ。

ポイントは、ストレッチメッシュゴムとパワーネットです。

これで、寝ている間にも開いたり歪んだ骨盤を矯正しふくらはぎがまっすぐになります。

ただ着るだけなので試してみたい!

骨盤矯正クッションp!nto

作業療法士が設計した考え抜かれた 骨盤矯正の椅子。

この椅子に座るだけで、正しい姿勢をきちんと矯正してくれるという面白い椅子なんです。

座る時間が長ければ長いほどしっかり矯正 してくれますよ。

これによってふくらはぎをまっすぐにするための骨盤が作られます。

これも試してみたいですよね!

ふくらはぎをまっすぐにする効果的な方法とは?

エクササイズと矯正グッズを使うことなんです。

О脚は直せるかもしれません

これで、自信をもって自分の脚を見せられますよ!


※1.記事の内容は、効能効果または安全性を保証するものではありません。

サイトの情報を利用し判断・行動する場合は、医師や薬剤師等のしかるべき資格を有する専門家にご相談し、ご自身の責任の上で行ってください。

※2.記事内の製品・サービスは、この記事に訪れた読者の方に最も適切だと判断したものを紹介しております。