目次

  1. 1 溶岩ヨガダイエットを始める人が増えています!
  2. 2 溶岩ヨガってなに?
  3. 3 溶岩と岩盤って何が違うの?
  4. 4 溶岩ヨガダイエットならではの3つの特徴とは?
  5. 5 ホットヨガとは暖め方に違いが?
  6. 6 ダイエット効果を引き出すためには継続が大事!
  7. 7 自然の恵みでナチュラル美人になる!

最近、溶岩ヨガってよく聞きませんか?

でも、溶岩ヨガってよく聞くけどいったい何がいいの?

ホットヨガや岩盤浴となにが違うの?

そんなあなたの疑問に答えます!

今回は溶岩ヨガダイエットの魅力をお伝えしていきますよ。

いま話題になっている「溶岩ヨガ」とは、溶岩浴にヨガを取り入れたものです

身体を芯から温めて、デトックス効果と温熱効果をもたらしてくれる溶岩浴。

それに更にヨガの効果を取り入れていくことで、健康にも美容にもメリットを生んでくれるのです。

固まった筋肉をほぐすことが出来るので、疲労を解消し、凝りを改善して、リラックスした健全な肉体を手に入れる ことが出来ますので、肩こりや腰痛の人などにも効果的です。

また、汗をたくさんかきますのでデトックス効果や美容へのアプローチ も期待できますよ。

他にも、むくみを解消してすっきりした肉体も作っていく ことも期待できそうです。

溶岩浴って岩盤浴とは違うの?と思われる方もいるかもしれません。

この2つの違いは、当然ながら「岩盤」と「溶岩」。

「岩盤浴」で使用される石は、砂や火山灰、プランクトンなどの岩を使用します。

「溶岩浴」で使用する石は、その名の通り溶岩が冷えて固まったものを使用 しているのです。

溶岩は火山のマグマからしか生成されないので、非常に高濃度のミネラルを含んでいます

そのため、溶岩には高い温浴効果やデトックス効果を期待できるんですよ。

健康な人体に欠かせないミネラルのメリットを受けることができるんですね。

溶岩ヨガダイエットの効果 っていったい…!? 溶岩ヨガダイエットならではの特徴をお伝えします!

遠赤外線効果

溶岩ヨガダイエットの最大の特徴は、溶岩から発せられる遠赤外線による効果 なんです。

遠赤外線には温熱効果があり、皮脂腺の分泌機能を促す作用があります。

そのため、皮脂腺からの発汗で皮脂腺の詰まりを改善する効果 があるんです。

貴金属を含む汗を多く排出することで、さらさらとした「良い汗」をかける体を作ってくれますよ。

また、この良い汗と新鮮な皮脂で肌が保湿・保護 された状態を保つことができます。

ミネラル摂取による効果

溶岩ヨガは、毒素を排出してくれると言われています。

その他、人体に不足しがちなミネラルの摂取 も行えると言われているんですよ。

溶岩プレートを温めることで、溶岩に含まれるミネラルが空気中に放出されます。

それが、肺呼吸や皮膚呼吸によって体内に吸収されるんですね。

特に溶岩にのみ含まれる“バナジウム”というミネラルには驚きの効果 がたくさん。

血糖値・コレステロール値・血圧・尿酸値・中性脂肪などを低下させる作用 があります。

また、成人病の予防、高血圧・便秘・痛風などへの効果 も期待できますよ。

岩盤ヨガは、ホットヨガをベースにしているので基本的に得られる効果は同じになります。

冷え性・便秘・むくみ・肩こり・腰痛改善・デトックス効果・代謝アップ・美容効果などがあげられますよね。

ですが、岩盤ヨガはホットヨガとは温め方に違い があったんです。

ホットヨガは、空調や加湿器などを使用し適した室内環境を保っています。

それに比べ、溶岩ヨガは天然の岩盤から発する線赤外線効果や温熱効果によって適した室内環境を保っている んですね。

溶岩ヨガの方が、自然の熱を使い遠赤外線効果もあるので体内からじっくり温めてくれますよ。

溶岩ヨガダイエットでよりダイエット効果を引き出すためには、やはり継続が大事 と言えます。

毎日溶岩ヨガダイエットをやる必要はありません。

無理をすると体に負担がかかってしまいますよ。

なので週に2~3回を目標に、楽な気持ちで続けてみてください。

継続することで代謝が上がり、痩せやすい身体に体質が変わってきますよ。

どんなダイエットでも結果を出すためには継続が必要 です。

溶岩ヨガ自体消費カロリーが高いわけではないので、食べ過ぎにも十分気を付けてくださいね。

溶岩ヨガダイエットをご紹介しました。

いかがでしたか?

サウナより息苦しくなく、運動が苦手な方にもピッタリな溶岩ヨガダイエット。

発刊促進ドリンクを活用し、より効率よく汗をかきましょう。

そして継続することが大切です。

溶岩ヨガダイエット、ぜひチャレンジしてみてくださいね。


※1.記事の内容は、効能効果または安全性を保証するものではありません。

サイトの情報を利用し判断・行動する場合は、医師や薬剤師等のしかるべき資格を有する専門家にご相談し、ご自身の責任の上で行ってください。

※2.記事内の製品・サービスは、この記事に訪れた読者の方に最も適切だと判断したものを紹介しております。