目次

  1. 1 ラクトフェリンが免疫力アップに効くと各方面から注目が!
  2. 2 【再確認】「免疫力」ってそもそも何?
  3. 3 免疫力が低下するとどうなるの?
  4. 4 免疫力が低下する原因には何があるの?
  5. 5 ラクトフェリンはそんな免疫力を高めるサポートをしてくれる!?
  6. 6 ところが…食べ物からラクトフェリンは摂取しづらい!
  7. 7 確実に摂取するならサプリメントで!【おすすめ3選】
  8. 8 自力で免疫力アップしたいならラクトフェリン!

ラクトフェリン とは、感染防御機能をもったタンパク質です。

最近、ラクトフェリンで免疫力が上がる ということで注目を集めています。

今回は、本当にラクトフェリンで免疫力が上がるのか 紹介していきます。

免疫力とは、病気などに対して身体が対抗する力の事で、私たちの身体を常に守ってくれるボディーガード のような存在です。

私たちの身体は、日々たくさんのウイルスや病原菌などと戦っています。

このようにいつも私たちの身体を守っていくれているのが免疫力で、健康的な日々を送るためには欠かせない存在です。

また、風邪や病気にならないようにしてくれたり、同じ病気を繰り返してしまう事を防いでくれたり、疲れにくくしてくれるのは、免疫力の働き によるものなのです。

では、免疫力が低下すると私たちの身体にはどんな影響 があるのでしょう?

病気にかかりやすくなる

日常的によく下痢や便秘になる風邪をひきやすい 、などの症状は免疫力が低下しているというサインなのです。

それに加えて免疫力が低下することにより、ガンや肺炎といった命にかかわる病気の危険性も高まってしまいます。

また、基礎体温が35.9℃以下の方や、寒がりや暑がりの方、BMIが正常値ではない方は特に気を付けてください。

肌荒れやアレルギーを起こしやすくなる

免疫力は病気を防いでくれるだけではなく、肌をバリアする機能 とも密接に関わっています。

吹き出物や肌荒れが治りにくいという症状は、免疫力が低下しているサインです。

肌をバリアする機能が低下してしまうと、吹き出物が出るだけではなく、乾燥肌や敏感肌になってしまう為、更に肌の状態を悪くしてしまいます。

また、アレルギーにも大きく関わっていて、免疫力が低下することにより、花粉症などになりやすくなります。

免疫力が低下してしまうことで、ヘルパーT細胞が正常に働いてくれない ため、花粉を有害なものだと勘違いしてしまうからです。

疲れやすくなる

最近疲れやすくなった、やる気が起きないという症状は、免疫力が低下しているサイン です。

最近ちょっと疲れているのかな?という感じでスルーしてはいけません。

身体の中の免疫が、ウイルスや細菌などと戦うための力が弱くなっていて病気にかかりやすい状態なので、注意してください。

また、子供の場合はやる気が起きなくなることで、学校での勉強などに影響が出てしまう 可能性もあります。

では、なぜ免疫力は低下するのでしょう?

免疫力が低下してしまう原因 について、わかりやすく説明していきますね。

加齢

加齢による免疫力の低下は、残念ながら誰にでも起こってしまう事です。

免疫力のピークは20代から30代で、40代からは年々免疫力が低下していきます。

なぜ加齢によって免疫力が低下してしまうのかというと、免疫機能の中でもとても重要な免疫細胞であるNK細胞が衰えてくるから です。

また、高齢者の方が感染症で亡くなってしまう方が多い のは、免疫力の低下が原因とも言えます。

ストレス

ストレスは年齢を問わず感じてしまうものです。

しかし、ストレスを感じると免疫細胞の働きが悪くなります

ストレスを感じると大脳の偏桃体でストレスが不快と感じ、その結果免疫細胞を死滅させてしまいます。

それにより、免疫細胞の数が減少 するので、免疫力が低下してしまうのです。

生活習慣の乱れ

免疫力が低下する一番の原因は、偏った食生活と言われています。

インスタント食品やコンビニの弁当はどこでも簡単に手に入り、手軽に食べることができますよね。

しかし、食べ続けることで身体が酸性に傾く為に老廃物が溜まってしまい、血液中は老廃物でいっぱい になります。

すると免疫細胞が正常に働くことができなくなり、免疫力が低下してしまうのです。

また、睡眠不足も免疫力が低下してしまう原因の一つです。

免疫細胞は睡眠中に活動が促進されるので、質の良い睡眠がとれないと免疫力が低下 してしまいます。

ラクトフェリンを摂取することで、免疫力をアップ させることができます。

ラクトフェリンとは、生体防衛で重要なたんぱく質の一種です。

ラクトフェリンは哺乳類の乳などに多く含まれていて、人間の母乳にも含まれています。

生まれたての赤ちゃんが細菌やウイルスに感染することなく、元気にすくすくと育つのはこのラクトフェリンのおかげなのです。

ラクトフェリンによって免疫力がアップすると、大腸菌が抑制され、C型性肝炎の改善、ピロリ菌の抑制などの効果があると言われています。

また、ラクトフェリンンは内臓脂肪を減らしてくれたり、BMIを改善してくれたりするので、ダイエットにも効果的 です。

免疫力がアップするとされる理由

ラクトフェリンには、免疫細胞の一つであるナチュラルキラー細胞を活性化 させる働きがあります。

ナチュラルキラー細胞は、ガン細胞やウイルスに感染してしまった細胞を見つけて攻撃をすることで私たちの身体を守っているのですが、ナチュラルキラー細胞の働きが弱いと病気になりやすくなるのです。

また、動物実験では、ラットにラクトフェリンを与えたことによってナチュラルキラー細胞の数が増えたり、働きが強くなることが確認されています。

この結果により、ラクトフェリンが免疫力アップに効果的 なことが分かりますよね。

ラクトフェリンは哺乳類の乳に多く含まれているので、牛乳を飲んだらいいんじゃないの?と思いますよね。

しかし、市販の牛乳にラクトフェリンはほとんど入っていません。

それはなぜでしょう。

実はラクトフェリンは、熱にとても弱い性質 があり、スーパーなどで販売されている牛乳のほとんどが高温殺菌されている為、製造されている途中でほとんどのラクトフェリンが壊れてしまっているのです。

このようにラクトフェリンを食べ物から摂取するのはとても難しい のです。

そこでおすすめしたいのがサプリメント です!

その中でもおすすめの3つを紹介したいと思います。

ライオン「ナイスリムエッセンス ラクトフェリン」

独自のコーティングにより、胃で分解されずに腸までラクトフェリンを届けてくれるので、内臓脂肪に直接アプローチ 出来ます。

ナイスリムエッセンス ラクトフェリンは内臓脂肪を減らすサポートをし、高めのBMIを改善してくれるサプリメントです。

小林製薬「抗源力 ラクトフェリン」

ラクトフェリンを1日分(4粒)で600㎎も配合 していて、国内のメーカーでもトップクラスの配合量です。

ちなみにラクトフェリン600㎎は生乳3ℓ分に相当します。

また小林製薬は、製薬会社だからこそ出来る品質の高さや無添加商品 、安心を届けています。

ラクトフェリンの配合量が、出来るだけ多いほうが良いという方におすすめのサプリメントです。

サントリー「ラクテクト」

健康的な生活を送るために防ぐ力となる、侵入したものを働かせない、余計なものを溜め込まないの2つに注目して作られたサプリメント です。

そして、ラクトフェリン以外にも防ぐ力のサポートをしてくれるプロテクト乳酸菌やラクチュロース、フコイダンが配合されています。

また、ビタミンB1、B2、B6を配合している為、それらがラクトフェリンの働きをサポート してくれているのです。

ラクトフェリンが免疫力アップ に、とても大切な成分であることは分かっていただけましたか?

最後にお伝えしたいのは、ラクトフェリンは食べ物からはなかなか摂取できない ので、サプリメントからラクトフェリンを摂取して欲しいという事です。

ラクトフェリンをサプリメントから摂取して免疫力をアップしましょう。


※1.記事の内容は、効能効果または安全性を保証するものではありません。

サイトの情報を利用し判断・行動する場合は、医師や薬剤師等のしかるべき資格を有する専門家にご相談し、ご自身の責任の上で行ってください。

※2.記事内の製品・サービスは、この記事に訪れた読者の方に最も適切だと判断したものを紹介しております。