目次

  1. 1 女性の2人に1人は便秘に悩んでいる!!
  2. 2 女性が便秘になりやすいのはなぜ?理由3つ
  3. 3 便秘の原因がダイエットにあることも!
  4. 4 便秘が体に与えるよくない影響とは・・?
  5. 5 便秘を改善する方法は?実行しやすい対策3選!
  6. 6 今話題のラクトフェリンは便秘の改善にもおすすめ!
  7. 7 【朗報】ラクトフェリンはダイエットにも効果的!
  8. 8 ラクトフェリンが多く含まれている食べ物ってあるの?
  9. 9 ラクトフェリンで便秘解消&お腹スッキリ!

便秘 は特に女性にとって辛い悩みですよね。

ラクトフェリンはその便秘を解消し、ダイエット効果が期待できる と話題になっています。

今回は、便秘の原因とラクトフェリンの効果 についてまとめてみました。

ツライ便秘をどうにかしたい…。

便秘は女性に多い症状ですが、それにはどんな理由があるのでしょうか。

男性よりも腹筋が弱い

女性はお腹周りや下半身に脂肪が付きやすく、筋肉が少なくなっています。

腸があるお腹周りの筋肉が弱いと、腸が下に下がり機能が低下し排便がしにくくなってしまいます。

ホルモンの影響

生理前になると便秘になるという女性は多いと思いますが、それは女性ホルモンの一種「黄体ホルモン」の分泌による影響です。

黄体ホルモンは腸のぜん動運動を弱める作用があるので、排便しにくい状態になってしまいます。

 ゆっくりトイレに入っていられない?

女性は外出先で便意を催しても、周りを気にして行けなかったり、忙しい主婦の方は家事に追われ朝の便意を我慢するなど、排便のタイミングを逃してしまいます。

それを繰り返すうちに腸のぜん動運動が弱まり、便秘となってしまいます。

女性は便秘になりやすい。

ダイエットも便秘の原因になる場合があります。

食事の量や油を抑えることで、腸の動きが悪くなり便秘を引き起こします。

腸に溜まった便を排出するには、腸の滑りをよくする油も必要です。

食物繊維だけ意識して食事をしても、繊維が便を硬くし排出しにくくすることもあります。

食事制限によるダイエットをする場合は、糖質・脂質・タンパク質・ビタミン・ミネラル・食物繊維(不溶性・水溶性)をバランスよく摂取しなくてはいけません。

便秘のままダイエットをしても効果は低くなるので、食事のバランスはしっかり意識しましょう。

便秘をそのままにしておくと、さまざまな悪影響を及ぼします。

肌荒れ・吹き出物

腸に溜まった便から腸が便に含まれる成分を吸収し、それが血管を通り肌荒れや吹き出物としてサインを送り始めます。

この吹き出物は内臓機能の低下を警告する体からのサインです。

肌荒れや吹き出物が出る頃には、体はかなりの悲鳴を上げているということです。

体臭や口臭が強くなったりおならが臭くなる

腸に長く溜め込まれた便からガスが出て、口臭やおならの匂いが臭くなっていきます。

腸内で便が発酵し始めているんです…。

最悪な場合は体の毛穴から匂いを発することもあります。

便が固くなってさらに出にくくなったり肛門に傷がつくことも・・

腸のぜん動運動がうまく行えず、便はどんどん蓄積されることで固くなっていきます。

便が固くなれば排便もしにくくなるという悪循環となり、無理をして排便をすれば肛門を傷つけることも。

吹き出物が出たら要注意!

厄介な便秘を改善する方法は今すぐ実行できる簡単な方法です。

バランスのよい食事と水溶性食物繊維を!

ダイエット中だからと食事を減らすのはいいのですが、野菜だけだったり、糖質オフでお米を食べなかったり、バランスの悪い食生活は見直しましょう。

野菜、肉、魚、良質な油や適度な穀物を1食でバランスよく食べましょう。

また、固くなった便を柔らかくする水溶性食物繊維を積極的に摂取しましょう。

軽い運動を心がけよう

適度な運動をすることで、下がった腸を元に戻したり、筋肉を鍛えることで便秘の改善に繋がります。

また、お腹周りのストレッチやひねり運動などで、腸のぜん動運動を促す効果があります。

 トイレタイムを確保しよう

毎日決まった時間やタイミングでトイレにいく習慣を付けましょう。

便座に座る時はかかとを上げ前かがみになると、直腸と肛門が一直線になり排便しやすくなります。

腸にいいことをしよう!

ラクトフェリンとは、牛乳や母乳に含まれるタンパク質のことです。

生まれたての赤ちゃんは母乳に含まれるラクトフェリンで、骨を作ったり免疫力を補います。

大人になるとこのラクトフェリンを摂取することが難しくなるので、サプリメントなどで補わなければなりません。

ラクトフェリンは鉄分の吸収を助け、骨粗鬆症予防、生理不順改善、免疫アップ、貧血予防などに効果的です。

その他、腸内環境を整え善玉菌を増やす効果もあり便秘解消やダイエットにもいい と注目を集めています。

便秘が解消されればダイエットしやすい体になるのです。

便秘になると腸に便が溜まり、腸の活動が低下します。

本来、食事から摂取した栄養は腸から吸収され体を巡っていくのですが、便秘が原因でこの働きが低下します。

すると、体が栄養不足と判断し、脳はもっと栄養を補給するように「食欲」という形で指令を出します。

便が出ていないのにさらに食べることで便を蓄積させ、腸の悪循環を作り出します。

便秘はダイエットには大敵とされるのは、この悪循環による食べ過ぎを引き起こすからです。

そして、腸の動きが低下すると代謝が落ち、皮下脂肪が付きやすい体になってしまいます。

ラクトフェリンは腸内環境を整えることで、腸の動きを活発にし便秘を解消する効果があります。

便秘が解消されると、体に溜まった便が排出され、腸が元気になることで栄養の吸収が正常に行われ食欲も安定し、ダイエットしやすい体を作ることができます。

便秘解消に効果的なラクトフェリンを多く含む食べ物を食べればいいのですが、それもなかなか難しいんです。

ラクトフェリンは乳製品に含まれますが、ラクトフェリンは熱に弱く、市販の乳製品はほとんどが熱処理をしているので、実際に含まれるラクトフェリンは微々たる量です。

その中でもラクトフェリンをより含む食べ物は、熱殺菌をしないチーズ類(ゴーダ・チェダー・ナチュラル) ですが、100gあたりわずか0.3g程度なので、十分に摂取するのは難しいんです。

そこで、乳製品で有名な森永乳業が、熱処理をせずラクトフェリンを残す製法を開発し、粉ミルクや牛乳、ヨーグルトなどの製品化に成功しています。

でも、乳製品が苦手な人がいたり、牛乳やヨーグルトだけでラクトフェリンを摂取するのも十分ではありません。

そこでやはりサプリメントで摂取するのが比較的簡単 です。

ラクトフェリンを効率的に摂りたいならコチラ!

ラクトフェリンを摂取できるおすすめのサプリメントは「ライオン ナイスリムエッセンス ラクトフェリン」 です。

1日の3粒の中に300gのラクトフェリンを含んだサプリメントです。

3粒に含まれるラクトフェリンは、搾りたての牛乳1ℓに相当する量 です。

特殊コーティング技術で胃で溶けず腸まで届くので、ラクトフェリンが腸で直接作用します。

また、ラクトフェリンは内臓脂肪を減らす作用もあるので、内臓脂肪が気になる人にもおすすめです。

ダイエットに大敵な便秘はラクトフェリンで解決!

食べ物で摂取するのが難しいラクトフェリンはサプリメントで補い、長年悩んだ便秘を解消して、溜めない体を作りましょう!


※1.記事の内容は、効能効果または安全性を保証するものではありません。

サイトの情報を利用し判断・行動する場合は、医師や薬剤師等のしかるべき資格を有する専門家にご相談し、ご自身の責任の上で行ってください。

※2.記事内の製品・サービスは、この記事に訪れた読者の方に最も適切だと判断したものを紹介しております。