目次

  1. 1 酵素ドリンクでダイエット!いつ飲んでも効果は一緒なの?
  2. 2 「1日のうち好きな時に飲むだけ」はウソだった!?
  3. 3 効果的な飲み方は”食前”が基本!タイミングに注意しよう
  4. 4 飲むタイミングを決めて、毎日続けることが重要
  5. 5 酵素ドリンクの効果的な飲み方:何で割る?
  6. 6 おすすめは”炭酸水”か”豆乳”で割ること
  7. 7 酵素ドリンクは”美味しい”ものを選ぼう
  8. 8 飲むタイミングを押さえてダイエットを成功させよう♪

流行の酵素ドリンクダイエット、有名人の方々も成功しているとよく耳にしますよね。

でも、いまいち正しいタイミングや効果的な飲み方がわからないという方も多いのではないでしょうか。

そのタイミングや効果的な飲み方を理解して、酵素ドリンクをダイエットに活用しましょう!

酵素ドリンクを飲んだことがある人は見たことがあるかもしれませんが、酵素ドリンクのパッケージには「食前・食後に」など効果的な飲み方が記載されていることはまずありません。

病院などでもらう薬には食前に、などタイミングが明確に書かれていますが、酵素ドリンクは薬ではないからです。

売り文句でよく「1日のうちの好きな時に飲むだけ」というような言葉が使われますが、実際には酵素ドリンクを飲むタイミングによってダイエット効果に大きな差 があります。

酵素ドリンクダイエットを成功させるためにはまずタイミングが重要 だったのです。

その大事なタイミングとは食前 。朝食前か夕食前が効果的な飲み方なのです!

空腹の状態 で酵素ドリンクを飲むことで、酵素を吸収しやすくし、その後の食事の消化・吸収を助けてくれます

さらに、食前の3〜40分前 に酵素ドリンクを飲むというのも効果的な飲み方です。

できなければ5〜10分前 でも大丈夫です。

上記は食事もとる場合のタイミングですが、プチ断食をするのでしたら、タイミングは朝食 の置き換えが効果的な飲み方といえます。

食前がベストタイミング

酵素ドリンクを飲むタイミングを決めて、毎日続けることで体も慣れていき、効果も実感しやすくなります。

継続的に飲み続けることで、代謝酵素が活発に働き、基礎代謝の高い状態になるため痩せやすくなるのです!

飲めない日が出てくる、飲めない日が続くとなると、せっかくの酵素ドリンクのダイエット効果が十分に得られません

自分の生活で必ず続けられるタイミング で、効果的な飲み方を実践してみましょう。

酵素ドリンクのタイミングはわかりましたが、どのように飲むべきでしょうか

原液のままでも飲めないことはありませんが、一杯2〜60mlしかないためすぐにお腹がすいてしまうでしょう。

空腹に負けて間食に走らないよう、腹持ちがよく満足感の得られる割もの を選んでくださいね!

腹持ち・満足感を得られる効果的な飲み方、それは炭酸水と豆乳で割ることです!ご自分に合った方でも、飽きないようたまに変えてみてもよいでしょう。

炭酸水で割る

炭酸水のよいところはなんといってもカロリーがゼロ ということです。

お腹も膨れますし、水よりも酵素ドリンクが飲みやすくなります。

ジュースの炭酸では効果がないので、無糖の炭酸水 を選ぶよう注意しましょう。

豆乳で割る

酵素ドリンクは豆乳で割ると少しとろみが出て、ヨーグルトのような感覚 で飲むことができます。

それにより満腹感もアップしますね。

イソフラボンも摂取 できて女性には効果的な飲み方です。

調製豆乳だとカロリーが多少高くなりますので、できれば無調製豆乳 をおすすめします。

人気の酵素ドリンクは種類も多くどれを選べばいいか迷ってしまいますよね。こちらで美味しく続けられるような酵素ドリンクをご紹介します!

ベルタ酵素

甘みも強くピーチ味 で飲みやすいことが人気のベルタ酵素

酵素の数もトップクラスで165種類も 含まれています。

美容成分も豊富で、だんだん肌も綺麗になっていく のが嬉しいですね。

公式サイトで定期便を申し込むとサプリメントをもらえる特典も!

ナチュラルヘルシースタンダード ミネラル酵素ドリンク

ナチュラルヘルシースタンダード ははちみつりんご味の酵素ドリンクで、お湯割りも美味しい と人気です。

原材料がすべて厳選された国産のもの というのも安心できますね。

まとめ買いをすると最大37%オフ、一本2488円 で購入できかなり経済的。

効果的な飲み方をご理解いただけたでしょうか。今まで悩んでいた方にも参考になればと思います。

まず大切なのはタイミング。そして継続することです。

早速酵素ドリンクダイエットをゲットし、効果的な飲み方を実践してスリムな体型を目指しましょう!


※1.記事の内容は、効能効果または安全性を保証するものではありません。

サイトの情報を利用し判断・行動する場合は、医師や薬剤師等のしかるべき資格を有する専門家にご相談し、ご自身の責任の上で行ってください。

※2.記事内の製品・サービスは、この記事に訪れた読者の方に最も適切だと判断したものを紹介しております。