目次

  1. 1 ダイエット食品キヌアを購入!でも保存に注意して!
  2. 2 保存の前に、そもそもキヌアって一体何?
  3. 3 キヌアの保存方法が重要な理由は?
  4. 4 保存方法が悪いと、キヌアがとんでもないことに!
  5. 5 キヌアの保存方法が重要だというダイエットブログの口コミ!
  6. 6 保存方法が肝心!キヌアのダイエット効果!
  7. 7 【キヌアの保存方法】冷蔵庫に入れておけばいい?
  8. 8 使用した後のキヌアはどうやって保存しておけば?
  9. 9 【キヌアの消費期限】保存方法による期間は?
  10. 10 正しい保存方法でキヌアでキレイに!

今、海外セレブの間でも人気ダイエット食品「キヌア」

日本でも、徐々に認知度は上がってきています。

そんな話題のキヌアですが、正しい保存方法 ってご存知でしょうか?

正しいキヌアの保存の方法を知り、食生活にキヌアを上手に取り入れるには?

そんな悩みや、疑問を徹底リサーチしました。

まだまだ日本では、知名度がそんなに高くないキヌア。

知らない方も多いはず。

そんな方のためにキヌアについて、少しおさらいしてみましょう。

キヌアとは、モロコシなどと同様の雑穀類。

しかし、国際的に見て生産量は雑穀として少ない物になります。

食べられる部分は、直径2mm程度の種子を脱穀したところ。

ボリビアやペルーの山間部では、スープの材料として使われることが多いです。

キヌアを粉末状にした、キヌア粉は、クッキーや、パンの材料としても使われます。

日本での食べ方として、主流なのは、炊飯器で米のように調理する方法。

さらに、加工食品として味噌醤油などにも使われています。

キヌアの保存の方法は、何が良いのでしょうか?

保存方法は非常に重要なポイントです。

未開封のキヌアであれば冷暗所や冷蔵庫に置くことで賞味期限まで保存しておけます。

しかし実は、冷暗所では虫や、カビがついてしまうリスクが高いのです。

そのため、より安全な冷蔵庫がオススメ です。

キヌアは、白米と同じ穀物類。

ですから、時間が経つにつれて鮮度は急激に落ちてしまう のです。

家庭用の冷蔵庫は、業務用に比べて温度はそれほど低くありません。

キヌアの保存の方法は加熱後、冷蔵庫なら2〜3日、冷凍保存なら3週間を目安に食べ終わることがベスト。

キヌアの保存の方法が正しくないと、後悔する羽目に…

それはなぜなのでしょうか?

キヌアは、害虫が大好きな穀物類

よく、白米を常温で保存していて、害虫がいた!なんて話を聞きますが、それと同じこと。

1度開封してしまったキヌアを、冷暗所だから大丈夫!なんて安易に保存…

そんなことをしてしまえば、隙間から害虫が入ってくるリスクは避けられません。

ですから、1度開封してしまったキヌアの保存の方法としては、冷蔵庫が安全なのです。

日本でも徐々にダイエットに相性が良いと知名度が上がってきているキヌア。

試されている方も多く、ポイントはやはり、キヌアの保存の方法のようですね。

キヌア入りドレッシングはたまたま週末に作ってあったけどこれいけるな。ドレッシングの長期保存方法考えなきゃ。

https://twitter.com/search?src=typd&q=%E3%82%AD%E3%83%8C%E3%82%A2%E3%81%AE%E4%BF%9D%E5%AD%98%E6%96%B9%E6%B3%95

キヌアを買ったわけですが、食べ切りや保存の観点から150gパックはよいなぁと。

https://twitter.com/search?q=%E3%82%AD%E3%83%8C%E3%82%A2%E4%BF%9D%E5%AD%98%E3%81%AE&src=typd

保存の利くキヌアを使ったディップのレシピを探しております(泣)

https://twitter.com/search?q=キヌア保存の&src=typd

みなさん、キヌアをダイエットに上手に取り入れたく思っていますね。

しかし、正しいキヌアの保存がわからない方も多くいらっしゃるようです

キヌアの保存さえ、しっかり守ればダイエットの心強い味方になってくれます。

身体に嬉しいキヌアの効果、教えます。

バランス良質なタンパク質

穀物類と言うことで、どうしても白米と比較されがちなキヌア。

実は、白米と比べると、なんと2倍のタンパク質 が含まれています。

タンパク質はアミノ酸で構成されており、身体を作る主成分のこと。

筋肉の形成はもちろん、臓器、皮膚、爪、髪など、身体の様々な組織を作る成分となっています。

逆に言いますと、タンパク質は不足してしまってはいけない成分。

不足してしまえば、身体に不調をきたす原因 となるのです。

そのようなことを防ぐためにも、キヌアと白米と置き換えてみるのもいいかもしれませんね。

カルシウムを多量に含む

キヌアはカルシウムも豊富。

なんと、白米の9倍

カルシウムは骨や歯をつくるためだけではありません。

私たちが生きていく上で心臓の鼓動を整えたり筋肉の緊張と弛緩の役割などもカルシウムの仕事。

また、血液が固まるときにもカルシウムは非常に必要です。

年齢を重ねれば重ねるほど、不足してしまうカルシウム。

将来「骨粗しょう症」などの病気にならないため、今のうちから不足しないような食生活にする必要があります。

 豊富な食物繊維で便秘解消

キアヌは女性に嬉しい食物繊維も豊富。

白米に比べ、14倍もの食物繊維 が摂取できるのです。

ダイエット中は、便秘気味になることが多いですよね。

しかし、キアヌを食べることによって、便秘による体調不良を防いでくれます。

さらに、食物繊維はコレストロールの吸収を抑える作用 もあります。

つまり、食べ続けることで太りにくい身体へと変化していくのです。

キヌアはほとんどの場合、米と同じくまとまった量で販売されています。

値段としては手頃なので、比較的手に入りやすいようです。

キヌアは穀物。

つまり、賞味期限は長いのですが、放置しておくと虫が出る可能性が非常に高い。

最低でも、冷暗所に保存する必要があります。

しかし、理想としては冷蔵庫に入れておくのがベスト。

そうすれば、消費期限いっぱいは保管可能となります。

米でも放置すると虫が出ることはよくあります。

しかも、キヌアは米よりも栄養価が高いのが特徴。

米よりもさらに虫がつきやすいのです。

やはり、そのような虫の侵入を未然に防ぐためにもキヌアの保存は冷蔵庫が良いでしょう。

1度開封してしまったキヌア…

そのようなキヌアの保存の仕方は、どうしたらいいでしょうか?

キヌアは、炊いたり、茹でたりなど、加熱しなくてはいけません。

しかも、その都度調理していてはかなりの手間がかかります。

さらに、売られている量が多いため、1度開けてしまったら使いきれる量でもありません。

オススメとしては、一気にキヌアを調理して、保存しておく方法 が良いでしょう。

食べきれる量なら、冷蔵で保存 、多少消費に時間がかかるようなら冷凍保存 がベスト。

次は、いろんな保存方法で保存した際の保存期間など詳しく見てみましょう!

キヌアの保存方法と、その消費期限を詳しく解説します!

実は、キヌアの消費期限は、使用前、使用後で全く異なるのです。

冷蔵庫保存(使用前)

全くの未開封で、調理前のキヌアの保存の方法としては、冷暗所や、冷蔵庫がオススメ。

賞味期限(消費期限)いっぱいまでもちます。

もちろん、1度開封したらできるだけ早めに調理して食べることが大事です。

しかし、未開封の場合でも注意点はあります。

キヌアの袋をまだ開封していない場合でも、消費期限までには食べ終えるようにしましょう。

また、未開封の状態でも温かい場所 や、日の当たる場所に置いてしまうと 、虫がつく可能性も。

つまり、未開封でもキヌアの保存は、冷蔵庫に入れての保存がベストだと言うことです。

冷蔵庫保存(使用後)

1度使用してしまったキヌアの保存は、さらに気を使わなければなりません。

まず冷蔵庫を使う場合ですが、タッパーなどに入れて保存は可能です。

しかし、数日経過すると品質はもちろん落ちてきます。

理想は、2~3日のうちに消費するのがいいでしょう。

もし、2〜3日中に使いきれない場合は、冷凍にすれば3週間ほど品質は保つことはできます。

しかし、家庭用の冷凍庫ではそこまで低温に冷やすことはできません。

それ以上の期間は保管は難しいでしょう。

 常温保存

キヌアは害虫が入ってしまう可能性があるので、1番は冷蔵庫での保存がベスト。

しかし、未開封の状態でしたら常温でも問題はありません。

注意点としては、直射日光や高温多湿を避け、涼しいところで保存をすること。

冬場でしたら、キヌアの保存は常温で構いませんが、夏場はやはり、冷蔵庫に入れておくのが良いですね。

キヌアは、今日本でも徐々に注目が集まっています。

穀物類なので、日本人にも食生活にも合いそうですね。

キヌアを食生活に取り入れるなら、正しい保存方法をマスターするのは必須

ぜひ、食事ダイエットにキヌアを上手に取り入れてみましょう。

そして、白米をも凌駕するキヌアダイエットのパワーを感じてみませんか?


※1.記事の内容は、効能効果または安全性を保証するものではありません。

サイトの情報を利用し判断・行動する場合は、医師や薬剤師等のしかるべき資格を有する専門家にご相談し、ご自身の責任の上で行ってください。

※2.記事内の製品・サービスは、この記事に訪れた読者の方に最も適切だと判断したものを紹介しております。