目次

  1. 1 フラフープダイエットが見直されています!
  2. 2 フラフープはくびれを取り戻す優秀な遊び!?
  3. 3 フラフープダイエットはお腹痩せ、インナーマッスルに◎
  4. 4 今日からできる!フラフープを上手に回す3つのステップ
  5. 5 フラフープダイエットは【1日10分】を目標に!
  6. 6 フラフープダイエットも継続は力なり!
  7. 7 フラフープの分かりやすい解説はこちら【動画】
  8. 8 ダイエットに最適なフラフープはこちら!
  9. 9 フラフープだけやっててもくびれに出会えない!?
  10. 10 まずは始めよう!憧れのくびれが待っている!

子どもの頃よく遊んだフラフープが、ダイエット方法として注目を集めているようです。

確かに腰をぐるぐる回すと、キュッとくびれたウエストになりそうですよね!

フラフープで腰を回すだけで本当にダイエットになるのでしょうか?

多くの人が、フラフープでダイエットにチャレンジしているようですね。

激しい動きではないし、ある程度スペースのある部屋だったら室内でもできる ので、軽い気持ちでやっているみたいです。

フラフープは腰をかなり使って回さないと、なかなか上手に回ってくれません。

見た目異常にお腹に力を入れた状 態になっているので、かなりの運動量になってくれます。

さらにフラフープ自体が、筋肉まで刺激してくれるんです。

この刺激によってお腹の筋肉が引き締まり、お腹周りがスッキリしてくるんですね。

フラフープは全身の筋肉を使う遊びで、その中でもお腹の筋肉を一番使います。

またお腹をぐるぐる回し腸を刺激するため、便秘解消にも効果が期待できますよ。

楽しそうにぐるぐる回しているようですが、実はお腹痩せができる優秀な遊び だったんですね。

フラフープダイエットは、お腹痩せに効果が出やすい んです。

フラフープの動きは腰を使い、その動きが体の奥深くにあるインナーマッスルを鍛える効果があるのです。

インナーマッスルと筋肉の両方を鍛える効果 があり、体の代謝が良くなりさらに痩せやすくなってきます。

また、フラフープは脇腹の腹斜筋を鍛える効果も!

腹斜筋は普段あまり使わない筋肉なのですが、この腹斜筋がウエストのくびれに欠かせないんです。

さらにフラフープは骨盤矯正に理想的なエクササイズ とも言われています。

回しにくい方があればそちらを重点的に回すことで、骨盤のバランスが取れてくるのです。

筋肉を鍛えられ骨盤が真っ直ぐになれば、理想的なウエストに一気に近づきますよ。

フラフープさえあれば、今日からでもすぐに始められるフラフープダイエット。

上手に回す3つのコツを押さえて、早速始めてみましょう!

足は肩幅程度に開き、回す方向の足を半歩出す

フラフープを回すときは、まず姿勢に気をつけましょう

足を肩幅に開いて、回す方向の足を少しだけ前に出します

この時、足を開きすぎたり変に力み過ぎたりしないように、リラックスしましょう。

子どもの頃にぐるぐると回せていた人も、大人になっていざやってみると上手く回せないことも。

慣れないうちは上半身まで一緒に回してしまいがちになり、これでは腰が上手に動きません。

ついつい前かがみになって全身で揺れてしまいそうですになりますが、ここで背筋を真っ直ぐに伸ばして正しい姿勢をキープ できるように意識してみてください。

腰は回すのではなく【前後】させる

フラフープといえば腰をくるくる回しているように見えますが、ダイエットに効果的なのは前後に動かすこと

背筋を真っ直ぐに伸ばして、前後に動かしてフラフープを回転させることがポイントです。

室内で行う場合は、姿見やガラスなどに自分の姿を映してみてください

正しい姿勢で回せているか、腰が前後に動いているかがしっかり分かり、どこを直したら良いかが明確になりますよ。

正しい姿勢でフラフープを回せるようになると、骨盤の歪みも矯正する効果も出てきます。

慣れるまでは前後に意識するとフラフープが落ちてしまいそうですが、意識して続けてみましょう。

膝は少し曲げておく

上半身や腰の動きを安定させるには、膝が重要なポイント となってきます。

膝を少し曲げておくと 動きが柔らかくなり、連続してフラフープを回しやすくなります。

逆に膝が伸びた状態では、どんなに頑張って腰を回してもフラフープはストンと落ちてしまうでしょう。

膝を上手に使うことで、リズミカルに無理なく長時間回せるようになってきます。

体が慣れてくると意識しなくても自然と膝が曲がり、良い動きをしてくれるようになります。

実はフラフープは10分間で100kcalも消費できる有酸素運動 って知っていましたか!?

このカロリー消費量はランニングや水泳の平泳ぎと同じ消費量なんです。ビックリですよね。

有酸素運動なら20分以上続けないと効果が無いのでは?と思うダイエッターも多いでしょう。

最近では有酸素運動は始めた時から脂肪が燃焼され、時間が経てば経つほどさらに燃焼される ということが分かってきたということです。

忙しい日常の中でも10分だったら時間を作れますよね。

朝出かける前にニュースなどを見ながら10分フラフープを回すと、代謝が上がり日中のカロリー消費もアップしそうです。

夜に行えば夕食のカロリーを少しでも消費でき、無理なく運動によるダイエットができますよ。

フラフープダイエットも、お腹周りが気になる時だけやれば良いというものではありません。

かといって、毎日やらなきゃ!と考えると長続きしないので、始めたばかりの頃は週に3〜4回の頻度で 行いましょう。

まずは1日10分、両方違う方向に5分ずつ回 すことから始めてみてください。

もし、やり辛い方向があって長く回せない時は、少しづつチャレンジしていってもいいですね。

慣れてきたら徐々にまわす時間を長くしてみたり、1日の中で数セットこなしてみるなど増やしていってみてください。

体力や筋力に自信がなくて辛い場合は、無理はしないでできる範囲でいいので続けるてみてくださいね。

まず、フラフープは回せなくてはダイエットになりませんね。

この動画では、初心者向けのフラフープの回し方を紹介しています。

最初の回し方や連続して回すコツなど、フラフープダイエットの基礎がしっかり身につきますよ。

いざフラフープダイエットを始めるとなった時、たくさんのフラフープの中からどれを選んだら良いのでしょうか?

自分に合うフラフープ選びのポイントとは?

フラフープ

まずは自分に合うフラフープを探しましょう。

フラフープといっても、最近は組み立て式や重みのあるもの、凸凹が付いたものなどと様々な種類があります。

自分に合うフラフープの目安は、フラフープを体の前に立てた時に、おへその下0cm~上10cmのものが良いでしょう

組み立て式のタイプであれば、自分で大きさを変えて調節できるうえ、収納にも便利ですよ。

また、重みもフラフープ選びの重要なポイントとなります。

重さも色々ありますが、初心者は500gから1kgぐらいの重さのフラフープを選ぶと回しやすいです

材質がプラスチックで凸凹の付いた形状のものは、体を刺激する分途中で痛くなってくることも。

どれを選んだら良いか分からない!という方は、まずは大きさと重さを目安に選んでみてください。

慣れてきて物足りなくなってきたら、重みなどを少しづつ増やしていくと効果が出やすいですよ。

 ヘルスワンフープ

初心者向けのフラフープにマンネリを感じてきたら、中級者・上級者向けのヘルスワンフープを使ってみるのも良いでしょう

ヘルスワンフープとは、韓国由来のダイエット用フラフープです。

初心者用〜上級者用までの3タイプに分かれています。

初級フラフープにはボディ体系指圧ボールが77個、中級フラフープにはマグネット内臓指圧ボールが48個付いています。

上級フラフープにはさらに内臓指圧ボールが98個ついていて、ツボ押し効果がありながら有酸素運動ができます。

通常のフラフープよりも少し回し辛いところもありますが、これまでのフラフープを回し慣れてしまった体には効果的 かもしれませんね。

もちろんフラフープを回しているだけでは、美しいくびれは現れてこずダイエットにはなりません。

フラフープでお腹をぐるぐる回しているとお腹が空いてきてしまい、必要以上にカロリー摂取すればもちろんダイエットはできません。

ダイエットの基本である野菜中心のバランスのとれた食事 や、体に良い低脂肪かつ栄養があるものを規則正しく食べること が大切です。

もちろん、夜遅い食事や食べ過ぎなどはもってのほか。

ダイエットをしているという意識をしっかり持ち 、過度のカロリー摂取をしないよう心がけましょう。

また、フラフープ以外にも適度な運動を取り入れることをおすすめします。

フラフープダイエットを紹介しましたがいかがでしたか?

考えているだけではダイエットは始まりません!

まずはフラフープを入手して、早速ぐるぐる回してみましょう。

コツコツと続けることで、理想的に美しいくびれが手に入りますよ。


※1.記事の内容は、効能効果または安全性を保証するものではありません。

サイトの情報を利用し判断・行動する場合は、医師や薬剤師等のしかるべき資格を有する専門家にご相談し、ご自身の責任の上で行ってください。

※2.記事内の製品・サービスは、この記事に訪れた読者の方に最も適切だと判断したものを紹介しております。