目次

  1. 1 自宅でのキャビテーションでも痩せる!と人気沸騰中!?
  2. 2 自宅でキャビテーションする3つのメリット
  3. 3 まずは機器の正しい使い方や仕組みを理解しよう
  4. 4 キャビテーションの適切な施術時間は15分~20分
  5. 5 ついやりすぎると…肌トラブルの原因になる!?
  6. 6 自宅で安全にエステ並みの効果を出す 3つの心得
  7. 7 自宅でのキャビテーション【動画】
  8. 8 自宅で出来るキャビテーション おすすめ機器ご紹介!
  9. 9 やりすぎるくらいなら有酸素運動をプラス!
  10. 10 余分な脂肪おさらば!スッキリボディの私になる!

エステのキャビテーション

気になってる方いらっしゃいませんか?

痩身効果もあって、しかもリバウンドしないと評判 ですよね!

そんなキャビテーションをまさかの自宅で時間を気にせず出来ると知ったら、あなたは?

きっと「自宅でやってみたい」と思っちゃいますよね!

自宅でキャビテーションができるとどんないいことがある のでしょうか。

3つのメリットを紹介しますね。

多忙でエステにいけない人でもOK

どんなに時間のない人でも、自宅でのリラックスタイムに「ちょちょいのちょい!」

自宅でキャビテーションできちゃうなんて、いいこと尽くしなんですよ!

エステのキャビテーションのデメリットとして、数回に分けて施術を受けにいかなければならないという点が挙げられます。

エステまでの往復時間も節約できちゃう ので、時間に余裕はないけどキャビテーションを受けたいという方には持って来いです!

しかし、自宅でできちゃうなら時間も気にしなくて良いですよね。

浮いた時間は何かほかのことに使っちゃいましょう!

エステに行くより安い!

エステサロンでのキャビテーション施術には、やはり高額な料金がかかりますね。

以前よりは随分安くなったとはいえ、10回、20回と行くには厳しいと思います。

実際、継続してキャビテーションを受けられなくなる理由の上位に来るのが、高額なキャビテーション代 です。

自宅でキャビテーションできちゃえば、高い料金は取られません。

「行った先でついついランチやお茶をしちゃう!」なんて方は、食費も時間も浮いちゃいますね。

継続できるから、結果がついてくる!

上記の2つのメリットのおかげで、3つ目のメリットがついてきます。

「継続しやすいこと」です。

キャビテーションはどうしても、一回施術を受けただけでは効果が得られません

繰り返しの施術が必須 になります。

繰り返しキャビテーションの刺激を受けることで、きっとあなたの体は理想のボディラインに近づきやすいはずです!

「家庭用」ということを念頭に置いて作られているので、使い方はとっても簡単です。

使用時間は商品によっても異なりますが1部位10分を目安 にしましょう。

時間が経つと照射が自動でストップする商品もあります。

1部位というのは大体、手のひらの広さほどです。

動かす速さは、1秒間に5cm程度移動させるイメージで!

「専用のジェルを塗って、決められた時間を守って気になる部分に当てていく。」

これだけでオッケーです。

やりすぎたからと言って、効果が上がるわけではありません。

全身で1日20~30分までを厳守するとよいでしょう。

繰り返しになりますが、やりすぎは禁物 です。

必ず、決められた時間を守るようにしましょう。

ついつい「たくさんやれば、たくさん効果があるはず!」と思ってしまいがちなのは分かります。

しかしながら、商品の説明にある以上の時間をかけてキャビテーションを行っても全く意味はないのです。

日常生活にはない刺激を肌に与える時間は適切に。

人間の免疫機能を手助けしてくれるカゼ薬などもそうですよね?

「用法・用量を守ること」

やりすぎても良い影響は生まれません、それどころかトラブルにつながってしまうんです。

やればやるほど効果あり、と思う方も多いようですがそうではないんです。

ネットなどで見ていると、キャビテーションが気持ち良すぎてハマってしまうという人も多くいらっしゃるようですね。

でも、くれぐれも注意していただきたいのは「肌トラブルを起こすまでやりすぎない!」 ということです。

人によって、体質なども違います。

なおかつ、説明書にある10分とか、20分という表示よりも少ない時間でやめても良い ということです。

害がないとはいえ、自分の体に刺激を与えているのだということを忘れずに、様子を見ながらケアするという認識を忘れないでください。

やりすぎは禁物ですよ。

「自宅で簡単に、でもやりすぎは禁物!」というキャビテーションのポイントが分かりましたね!

他には注意点は?

より効果を出すためのポイント を紹介します。

時間を守る!

家庭用キャビテーショングッズを使うにあたって「時間を守る、やりすぎない」ということが一番重要 です。

「家庭用=自分でケアする」ということは、エステにおけるプロエステティシャンではなく、自分で管理してマシンを操るということ なのです。

繰り返しになりますが、「時間を守ることがそれほど重要なことなのだ」と認識してくださいね!

でも、逆に言えばこれさえ守れば十分な効果が得られるということでもある んですよ!

前向きにとらえてください。

アイテムによっても使用方法は様々、使用する人の体質も様々です。

体の様子を見ながら、感じ取りながら効果的な使用を心がけるようにしましょう。

キャビテーション後のマッサージを怠らない

キャビテーションで溶かした脂肪はどうするか。

体外に排出しないまま冷えてくると、またそこで固くなってしまいますよね。

脂肪の性質です。

エステサロンなどでキャビテーションを行うと、マシンの光を当てた後に、エステティシャンによるちょっと激しめのマッサージ が待っています。

キャビテーションマシンで溶かした脂肪をリンパ管を通じて流していくイメージ です。

これもまた、やりすぎてアザになってはいけませんが効果があるのでやってみてくださいね。

そのマシン専用のジェルを使う

マシンによっては専用のジェルがついているものもあります。

「どのジェルでもいいんじゃないの?」

「専用のジェルはどこでも売ってないし、高いから使いにくい」

そんな声もあるかと思いますが、ちゃんと販売者側が研究した上での製品 です。

一度は使ってみて効果を確認してみてください。

マシンとの相性、機能性などを考えて作られているものなので、より良い効果が表れる可能性大です。

キャビテーションの効果が分かりやすい、面白い動画を見つけたので紹介します。

豚肉にキャビテーションをあてて、断面の変化を見てみようという実験VTRです。

音声が小さく聞き取りにくいので、その点はご了承くださいね。

では、今すぐ始めたい!詳しい商品を見てみたい!!という方のためにオススメのキャビテーションマシン を紹介します!

キャビスパRFコア・キャビスパRFコアEX

キャビテーション機能に、ラジオ波ケア、EMS機能もついていて一台で3役 こなしてくれます。

フェイスモード・ボディモードだけではなく、EXシリーズにはバストモード まで!

年々、時間を追うごとに誰しも老いはやってくるものです。

早めのケアを始めませんか?

自分でできちゃうので、気になる部分を集中的に繰り返しケアすることが可能です。

お値段は少々高めですが、ケアの効果はもちろん防水性能も折り紙付き

安心して、毎日のケアを家中どこでも行っていただけます。

「家の中とはいえ、肌を出すのは気になるからお風呂場で…」

「お風呂には時間をかけて入るようにしている」という方にはまさに、うってつけ!

もちろん、「家族とテレビを見ながら」なんてケアにも使えます。

コードレス なのも、使いやすさの秘密ですね!

キャビプラス

前述の商品と同じく、キャビテーション効果とともに、ラジオ波、LED・EMS機能 があります。

ただし、こちらには防水機能はありません。

かといって、キャビスパシリーズに劣るわけでもないのでご安心ください。

お値段は、こちらのほうがお手頃です。

予算をかけずにキャビテーションでのケアをしたいという方 はキャビプラスの方が良いかもしれませんね。

注意してほしいのは類似品が出回っていることです。

見分け方として、「コードがあるものがキャビプラスの正規品 だ」という点です。

コードの有無も、家庭用キャビテーショングッズを選ぶポイントと言えるかもしれませんね。

「運動なんてしたくない!ラクして痩せたい!!」

「もっと、時間をかけたい!やりすぎるくらいが良いはず!!」

と思ってしまう気持ちはわかります。

でも、キャビテーションについてはやりすぎは本当に禁物なんです。

やりすぎちゃって肌トラブルを起こすくらいなら、有酸素運動がオススメ!

ウォーキングやジョギングなど、スタミナが必要となる有酸素運動は脂肪を燃やしてくれます。

キャビテーションと有酸素運動のWの効果!

運動することは血流も高めてくれますね。

ストレスの解消にもなります。

むしろ、この方が効果ありそう!なんて思いませんか?

体にこびりついて、なかなかさよならできない嫌な脂肪。

キャビテーションの力ならスッキリさよならできちゃいます!

家庭用キャビテーションはメリットがたくさん!

ぜひ、注意点を知って効果的に魅力的に素敵なあなたになって くださいね!!


※1.記事の内容は、効能効果または安全性を保証するものではありません。

サイトの情報を利用し判断・行動する場合は、医師や薬剤師等のしかるべき資格を有する専門家にご相談し、ご自身の責任の上で行ってください。

※2.記事内の製品・サービスは、この記事に訪れた読者の方に最も適切だと判断したものを紹介しております。