目次

  1. 1 話題のハッピーマジック青汁は解約できないってホント?
  2. 2 解約できない!?ハッピーマジック青汁:選べる購入コース
  3. 3 ハッピーマジック青汁はなぜ解約できないといわれるの?
  4. 4 ハッピーマジック青汁の解約方法はこちら!
  5. 5 ハッピーマジック青汁は解約できる!安心して試してみて!
  6. 6 解約もできる!ハッピーマジック青汁の特徴
  7. 7 「ハッピーマジック青汁は解約できない」は噂!安心して試して♪

健康的なダイエットが目指せるとして話題の、ハッピーマジック青汁

人気が高まる一方で、「定期コースが解約できない! 」という気になる声も...。
これでは、ハッピーマジック青汁が気になっていても、試すのをためらってしまいますよね。

そこで今回は、解約できない噂の真相を徹底追及!
気になる解約方法もご説明します!

解約の前に、まずはハッピーマジック青汁の購入コースを確認しておきましょう。

ハッピーマジック青汁を購入できるのは、公式サイトや他の通販サイトなどです。

公式サイトを開くと、そこには3つのコースが用意されています。
通常価格の税抜5980円で購入出来る、単品購入コース。
5ヶ月分が税抜20930円で購入出来る、まとめ買い5箱コース。
そして、人気の高い初回0円の定期コース です。

この定期コースこそ、解約できないと噂されているもの。

2回目以降も税抜3980円 で購入出来るとてもお得なコースなだけに、ますます真相が気になりますね…!

それでは問題の解約について、なぜ不可能と噂されるのかを考察してみました。

サイトの説明などを確認したところ、次のような状況が考えられます。

1)解約の方法がよくわかっていない

そもそも解約の方法がよく分からないまま 、定期コースを注文してしまっている方がいるようです。

公式サイトには注文欄のすぐ上に「いつでもご解約を承ります」と書いてありますが、注意したいのがその文末。
詳しくはコチラ 」と書かれており、クリックすると別ページにて解約方法を確認 できるようになっています!

このページを読まずに注文してしまうと、細かい注意事項を理解しないまま商品を購入してしまうことに…。
注文してから解約できないと悩んでしまわないよう、解約方法のページは必ず読みましょう!

2)解約申請期間を過ぎてから申し出て「できない」と言われた

上記ページの解約方法にも厳しい解約条件は書かれていませんが、解約申請期間 についてはしっかり期間が決められています。

これは今回の注文確定日から次回の注文確定日まで と定められており、直前の解約はできなくなっているのです。

例えば解約申請期間を過ぎてから解約を申し出ても、すでに商品は発送されてしまっているため解約はできません。
その場合は今回発送された分は受け取り、翌月の分から解約になります。

口コミを見ているとこのパターンでの「解約できない!」という声が多かったように思います。
事前に解約申請期間のチェックが必要ですね!

3)カスタマーセンターの電話が繋がりにくい

ハッピーマジック青汁の人気に伴い、解約を申し出るカスタマーセンターへの電話が繋がりにくく なっているようです。
注文への問い合わせや質問など、解約以外のことでも電話は使われるため、現時点では混線も仕方がないことではありますね...。

しかし、1回で繋がらないことから「解約手続きができない!」と勘違いされる方もいるよう。
繋がらないからと慌てず、何度かかけなおしてみましょう。

また、解約は電話だけではなくメールからも行えるので、電話が繋がらない時はメールで申し込む ことをオススメします!

それでは、次はやめたいと思ったときにスムーズに解約ができるよう、正しい解約方法についてご説明します!

公式サイトに確認し、解約時の注意ポイントを5つにまとめましたので、しっかりチェックしていきましょう♪(2017年3月13日現在)

1.まず「注文確定日」を確認!

まず一番重要なのが、自分の注文確定日 がいつなのか、ということです。

これは商品配送予定日の5日前が注文確定日にあたる ので、配送予定日から逆算してください!
初回は選べませんが、2回目以降は配送予定日やサイクルを設定することもできますよ。

まれにこの注文確定日と商品配送予定日を混同してしまって、注文確定日があやふやになってしまっている方もいるようです。
双方は別物なので、間違わないようにしっかり計算しましょう!

2.注文確定日から次の注文確定日までの間に電話かメールで連絡

上記注文確定日を確認したら、今度は次回の注文確定日を計算し、その確定日と確定日の間に解約 の連絡をしましょう。

商品配送予定日の5日前にメールで配送確定の連絡がきます。
解約するには、そのメールが届く前に解約の連絡をしなければなりません!

例えば、1ヵ月サイクルで、1回目が3月30日に届いた場合、2回目は4月の30日に届きます。
注文確定日は配送予定日の5日前なので、2回目の注文確定日は4月25日となります。
2回目で定期コースを解約したい場合、3月30日~4月24日までの間に解約の連絡をすれば大丈夫です♡

メールが届いた後、26日に解約の連絡をした場合、4月30日の分は配送され、翌月の5月30日の分から解約ということになります。

少しややこしいかも知れませんが、ここをしっかり理解しないと解約に手間取ってしまうことになります!

3.注文確定日を過ぎてしまうと当月の変更やキャンセルがきかないので注意!

注文確定日、つまり商品配送まで5日をきってしまうと、その月の解約はできません 。 注文確定日の時点で、すでに当月分の注文は確定 したものとみなされるため注意しましょう!

もちろん、サイクルの変更なども不可能 になるので、早め早めの連絡がオススメ。

配送のサイクルが短いと、それだけ注文確定日などのスパンも短くなります。 初めの内は1ヶ月ごとなど、余裕を持って対応できる期間に設定し、後から調整していくといいでしょう♪

4.連絡をしないと自動継続になります

定期コースを注文すると、解約・休止の連絡がない場合は自動で毎月ハッピーマジック青汁が届きます。 ○○回継続すると解約、と言った契約ではないので、自主的に連絡 を取らなければ解約はできません。

連絡を取らない限りは自動で継続される ことを理解したうえで、もし解約を決めたら自分から申し出ましょう!

5.電話で解約を申し込む場合は時間に余裕を持って

先程も触れましたが、カスタマーセンターは電話が繋がりにくい状態 になっていることも...。 特に、多くの方が帰宅している時間帯 は繋がらない場合が高くなってしまうようです。

オペレータを増員してハッピーマジック青汁側も対応していますが、解約期間を過ぎないように余裕を持って電話 しましょう♪

解約できない、という噂は、ハッピーマジック青汁の解約方法がきちんと購入者に伝わっていないということがわかってきましたね。

電話が繋がらないことや、注文確定日の誤認なども相まって、解約できないと思い込んでしまっている方も少なくないようです。
ハッピーマジック青汁は解約できない商品ではありません ので、ご安心くださいね♡

しかし、確定日、申請可能期間など、いつでも連絡してすぐに解約できるわけではないのも事実です。
スムーズに解約できるように、購入前に解約方法や注意点をきちんと把握しておくことが大事ですね!

解約できない噂ばかり気になりがちですが、そんな噂に負けないほど人気のハッピーマジック青汁。
その人気の秘密を3つご紹介します!

1)不足しがちな野菜を手軽に補うことができる

忙しい毎日を送っていると真っ先に荒れがちなのが、食生活。
コンビニや外食で済ませていると、いつの間にか野菜不足 になっている場合も少なくないですよね...。

ハッピーマジック青汁は、酵素に加えて桑葉、大麦若葉、クマザサを配合。
野菜不足、栄養不足を解消してダイエットをサポートしてくれます!

食物繊維も豊富で、カラダのスッキリ感もアップ♪
イキイキとした毎日へ導いてくれますよ!

2)3つのキレイ成分を追加!

ハッピーマジック青汁は3つのキレイ成分を追加してパワーアップ!(2017年3月13日現在)

  1. ダイジェザイム酵素
  2. リンゴポリフェノール
  3. キウイフルーツエキス

健康だけでなく、ダイエット中に気になる美容もしっかりサポートしてくれますよ♪

1杯分が11.46kcal と低カロリーなのもうれしいポイントです♡

 3)水だけでおいしく飲める

青汁って、何だか先入観から苦くて美味しくないイメージが湧きますよね...。
しかし、ハッピーマジック青汁はそんな常識を覆す、苦くなく美味しい青汁 と評判!

味も2つのタイプがあり、抹茶風味の赤タイプ と、フルーツ味の白タイプ が用意されています。

しかも、甘いからと言って砂糖を使っているわけではなく、はちみつやラカンカなど低カロリーな甘味料 を使っているので安心♪

タイプは初回のお試し0円の時点で選択できるため、自分の好みに合わせて選べば飽きずに続けられそうですね!

ハッピーマジック青汁の解約できないという噂は、解約方法が購入者に伝わっていないのが原因でした。
決して解約できないという事はないので、不安に思っていた方も安心してお試しできますね!

解約方法をしっかりチェックして、ハッピーマジック青汁をダイエットに役立ててみてはいかがですか?


※1.記事の内容は、効能効果または安全性を保証するものではありません。

サイトの情報を利用し判断・行動する場合は、医師や薬剤師等のしかるべき資格を有する専門家にご相談し、ご自身の責任の上で行ってください。

※2.記事内の製品・サービスは、この記事に訪れた読者の方に最も適切だと判断したものを紹介しております。