目次

  1. 1 ダイエットに効く体操の総集編!
  2. 2 実は体操がんばっている人は多い?
  3. 3 ダイエットに効く体操【二の腕痩せ】
  4. 4 ダイエットに効く体操【下っ腹痩せ】
  5. 5 ダイエットに効く体操【顔痩せ】
  6. 6 ダイエットに効く体操【太もも痩せ】
  7. 7 ダイエットに効く体操【ふくらはぎ痩せ】
  8. 8 ダイエットに効く体操をする上で大事なこと!!
  9. 9 ダイエットに効く体操で全身痩せを目指せ!

みなさんは、ダイエットの一環として体操を取り入れているでしょうか。

体操はランニングなどの有酸素運動と違って二の腕や下っ腹、太ももをピンポイントで鍛えられる ことが魅力なんです。

今回はダイエットに取り入れると効果的 な体操を、動画と共にパーツごとにご紹介するので、是非参考にしてみて下さい。

ダイエットに、体操を取り入れている人は実は多いんです!

さてここからは、ダイエットに効果的な具体的な体操の方法をご紹介していきます。

やり方をご紹介!

まず最初に、ターゲットにする部位は女性なら気になる「二の腕」。

こちらの動画では、二の腕を細くするために効果的な体操法 が、分かりやすく紹介されています。

口コミを見ていても、「とにかくよく効く」 「シンプルで分かりやすい」と評判なので、是非ご覧になってみて下さい。

気になる効果とは?!

こちらの体操は、とにかく二の腕の裏側にピンポイントで刺激を与えることが出来るので、回数を増やせば増やすほど、負荷を上げれば上げるほど、しっかりと二の腕を引き締めることができる のが特徴です。

大きな負荷を与える筋トレはとは違って、腕を太くしないで引き締めていくことが可能 な体操です。

 できる範囲からやっていこう!

動画では500mlのペットボトルを使っていますが、それでも重いと感じる方はもっと水の量を減らしてみましょう。

20回、30回とできるようになってきたら、徐々に水の量を増やしていくのがベストです。

まずはできる範囲から始めていくことで、無理なく続けやすい ですからね。

お次は二の腕以上に気になる、下っ腹を引き締める体操法です。

やり方をご紹介!

動画で詳しく解説してくれていますが、仰向けの状態で足軽く組みんでお尻を上に浮かせることで、下腹にしっかりと刺激を与える という体操です。

脚が地面と垂直になるように持ち上げると、強い刺激を与えることができますが、しんどい場合、もしくは途中でしんどくなってきたら頭の方向にあげても大丈夫です。

気になる効果とは?!

腹筋のなかでも下腹の方に刺激が入るので、なかなか細くならない下腹を引き締める のに有効です。

以下でも説明していますが、しっかりとお腹の筋肉が鍛えられていることを意識しながら実践すると、なお効果的です。

太ももの方がキツイのは間違ったやり方!

下っ腹以外の部位、例えば太ももや腕がしんどくなってしまう方は、ちゃんと腹筋に刺激が入っていないので効果を実感できない可能性が高い です。

試行錯誤を重ねて、しっかりと腹筋がしんどくなるような方法で行って下さい。

お次は、フェイスラインをスッキリさせてくれる顔痩せ体操です。

やり方をご紹介!

動画では3種類の体操を紹介してくれていますがどれも簡単で、短時間で実践できる ので、仕事や家事で忙しい朝でも手軽にできるのが大きなメリットです。

気になる効果とは?!

普段なかなか刺激を与えにくいフェイスラインを、しっかりとマッサージしてあげることで、しっかりとむくみを取る ことが出来ます。

顔や太ももが、太く見えてしまう原因はむくみですからね。

しっかりと老廃物を流し出してあげましょう。

できるだけ毎日行うこと!

この顔痩せ体操に限ったことではありませんが、できるだけ毎日するように心がけて下さい。

やはりダイエットは、継続して初めて効果を実感できる ものですからね!

いつもより5分だけ早く起きてがんばりましょう。

続いては、女性なら誰でも憧れる細い太ももを手に入れるための体操法です。

やり方をご紹介!

太もものむくみをしっかりと取るための体操法を、分かりやすく解説してくれています。

やり方は動画を見て頂いた方が分かりやすいと思いますが、姿勢を正して起立して片足を外側に開いて閉じるという体操です。

気になる効果とは?!

実際にやってみると分かって頂けると思いますが、とにかく内股にしっかりと刺激 が入ります。

普段立ち仕事や座り仕事をしていて、なかなか下半身を使わない方は、特に効果を感じることができると思うので、是非実践してみて下さい。

メディキュットと併用するとさらに効果的!

ダイエットグッズで人気のメディキュットは脚に適度な圧力をかけてくれるので、履きながらこの体操をするとさらに効果的 です。

持っていない方は、少しキツめのタイツで代用してもOK ですよ!

最後は下半身の大敵、ふくらはぎにターゲットを絞った体操です!

やり方をご紹介!

詳しい注意点は動画で解説されていますが、起立したまま踵の上げ下げや、足の指先を上げ下げを繰り返すという運動法です。

ポイントは、膝を閉じてお尻にしっかりと力を入れる こと。

そうしないと、ふくらはぎに刺激が入らず、あまり効果が期待できないので注意して下さいね!

気になる効果とは?!

こちらの体操は、普段なかなか鍛えにくいふくらはぎに、しっかりと負荷を与えることができるので、1週間でマイナス2cm も夢じゃありません。

とにかく細くしたいという方にオススメの体操法ですので、まずは是非1週間だけでも良いので実践してみて下さい。

力を入れるポイントを意識すること!

繰り返しになりますが、膝や内股、お尻にしっかりと力が入ってないと、力がふくらはぎから逃げていってしまうので注意して下さい。

その判断基準として、体操中や体操後にふくらはぎが疲れたかどうか 、というところをチェックしてみるのが良いでしょう。

さて最後に、ダイエット体操全般における注意点を見ておきましょう。

継続すること!

まず1つめは、ある程度の期間継続する ということです。

ダイエットに失敗してしまう多くの方が、結果が出る前に諦めてしまっているんですね。

少なくとも1週間、種目によっては数ヶ月間継続して初めて効果を実感できるものです。

見た目で分かるほどの変化が起きるまでには時間がかかる、 ということを念頭においてチャレンジしてみて下さい。

回数は本質的ではない!

体操やトレーニングにおいて○回やったからOK!という声をよく聞きますが、回数は本質的なものではありません。

例えば100回したからといって、ターゲットの部位にしっかりと刺激が入っていなければ、やらなかったことと同じ ですからね。

体操中はもちろん、体操後にその部位が疲れたかどうか、 常に意識しながら実践するように心がけて下さい。

 無理はしないこと!

効果がなかなかでないからといって焦って無理をしてしまうと、逆効果になる可能性が高い です。

怪我をしてしまっては、本末転倒ですからね。

継続は力なり!という言葉をお守り代わりにして、地道に取り組んでいって頂ければと思います。

ダイエットに効果的な体操を紹介しましたがいかがでしたか?

今回は特に女性が気になる、二の腕・下っ腹・顔・太もも・ふくらはぎに特化した、ダイエット体操に注目してみました。

まずは1部位、最も痩せたいパーツをピックアップして、継続することを目標にチャレンジしてみて下さい!


※1.記事の内容は、効能効果または安全性を保証するものではありません。

サイトの情報を利用し判断・行動する場合は、医師や薬剤師等のしかるべき資格を有する専門家にご相談し、ご自身の責任の上で行ってください。

※2.記事内の製品・サービスは、この記事に訪れた読者の方に最も適切だと判断したものを紹介しております。