目次

  1. 1 もち麦ダイエットに注目が集まっています!
  2. 2 もち麦ってなに?
  3. 3 【簡単ダイエット】1日2回白米をもち麦に置き換えるだけ!
  4. 4 もち麦のダイエット効果1:白米の25倍もの食物繊維
  5. 5 もち麦のダイエット効果2:白米よりも低カロリー
  6. 6 もち麦のダイエット効果3:βグルカンによるインスリン分泌抑制効果
  7. 7 もち麦のダイエット効果4:豊富なミネラル・ビタミン
  8. 8 本当にもち麦に変えるだけでダイエットできる!?口コミはこちら
  9. 9 置き換えダイエットなので続けやすいのも魅力!
  10. 10 もち麦はこちらから
  11. 11 今日から【食べながら痩せる】を始めよう!

「もち麦ダイエット」!

テレビでも話題になり注目されていますよね。

いつものご飯をもち麦に変えるだけで…。

  • ダイエット効果が!
  • 腸が元気になれる!
  • 美肌になれる!

もち麦ダイエットで多くの方が効果を実感しています。

食べてスリム&健康になれる食材がこんなに身近にあったのです♪

もち麦とは大麦の仲間 です。

麦というと、ビールとか麦茶をイメージするかもしれませんね。

でも、お米と同じように麦にもたくさんの種類があるのです。

お米にはうるち米ともち米がありますが、大麦にもうるち性ともち性があります。

つまり、もち麦はもち性の大麦。

もち米と同じようにモチモチとした食感 をしています。

また、ほんのりした甘味があり、噛むとプチプチしている特徴 もあります。

もち麦は、米や玄米を食べるよりも、ダイエットにも美肌にも健康にも効果あり!

糖質ダイエットや置き換えダイエットをしている方にもピッタリの食材なのです。

もち麦ダイエットの方法は、簡単です。

朝昼晩の食事のうち、2回を白米ではなくもち麦に置き換えればOK♪

食べないダイエットではないので、全く苦がなくできます。

もち麦ご飯の作り方も簡単!

もち麦だけで炊くこともいいですし、もち麦と白米を混ぜて炊いても大丈夫。

もち麦ダイエットをしている多くの方たちは、白米と混ぜて食べているようです。

オススメは、もち麦と白米を半々にすることですが、初めての方は白米を多めにして炊き、徐々にもち麦を多くしていくといいでしょう。

次に、もち麦ダイエットの効果をご紹介します。

もち麦ダイエット効果1は、食物繊維が白米の25倍 もあること!

しかも、もち麦はダブルの食物繊維が含まれている食材。

つまり、水溶性食物繊維と不溶性食物繊維が一度に摂取 できるのです。

水溶性食物繊維は、水に溶けてドロドロになり消化や吸収をゆっくり進め血糖値を穏やかに上げる効果 があります。

不溶性食物繊維は、水に溶けないので水分を胃や腸で吸収しぐんぐん膨らみます。

満腹効果が発揮されるとともに、腸内環境を活性化し便通改善とデトックス効果 を得ることができます。

もち麦のダブルの食物繊維は、ダイエットに効果的に働きます。

もち麦ダイエット効果2は、白米よりも低カロリー になることです。

一般的にお茶碗1杯の白米ご飯のカロリーは、約252キロカロリー。

それをもち麦ご飯にすると、約198キロカロリーとなります。

単純にカロリーだけでいうと、約50キロカロリーほど低くなりますね。

そして、上記でもご紹介しましたが、食物繊維の量が多くなります。

プラスして、もち麦はプチプチ&モチモチの食感なので噛む動作も増えます。

この両方の相乗効果で、満腹感が全然違ってくるんですね。

もち麦ご飯は、低カロリーでありながら満足感もしっかり得られる のでダイエット効果が高い食材となります。

もち麦ダイエット効果3は、1でもご紹介した水溶性食物繊維に含まれるβグルカンの効果 です。

βグルカンは、糖を脂肪に変え溜め込む働きをするインスリンの分泌を抑制 します。

ですから、ダイエット効果が絶大!

また、急激に血糖値を上げることを抑えるので、糖尿病の予防にも高い効果があります。

その他にもβグルカンには嬉しい効果 がたくさん♪

  • 高血圧予防
  • 大腸がん予防
  • 動脈硬化予防
  • 抗酸化作用

など、ダイエットだけでなく美容や健康にも良い働きをしてくれます。

もち麦を食べるだけで、体質を改善し元気な体を作ることができるのです。

もち麦ダイエット効果4は、美肌効果も発揮 することです。

もち麦には、豊富なミネラルとビタミンが含まれています。

ミネラルやビタミン不足は、ニキビなどの肌トラブルを引き起こす原因となりますね。

しかし、もち麦を食べることによりバッチリ補給することができます。

お肌のターンオーバーを正常化し美肌へとなることができるのです。

また、3のβグルカンでもご紹介しましたが、腸内環境が良くなるので抗酸化作用 が働きます。

ですから、毒素をしっかり排出するデトックス効果により肌質を改善する ことができます。

もち麦ダイエットをした方たちの口コミを見てみましょう。

良い口コミ・感想

お米だけより噛みごたえのあるご飯になって 満足感があるし、プチプチした食感がとてもおいしいです。 そしてお腹の調子がすごーく!よくなりました。

http://www.cosme.net/product/product_id/10055116/review/503774419

もち麦はすごくお腹がいっぱいになるのでついつい食べ過ぎてしまうこともないです。

http://7nihoniti-diet-kutikomi.com/category5/entry22.html

口コミには、「プチプチした食感がいい」や「美味しい!」といったものが多いようです。

美味しいのにダイエットできる というのは、魅力的です。

白米だけよりも歯ごたえがありよく噛む ことになるので、満腹中枢もバッチリ働かせられます。

早食いしてしまうという方も、ゆっくり食べるようになりますね。

便秘解消効果 も多くの方たちが実感しています。

もち麦ダイエットは、満足しながらダイエットできる嬉しい方法です。

一方悪い口コミ・意見も・・・

食物繊維が多いからお通じに効くそうですが、もともと便秘気味でもないのでそこら辺の効果も分かりません。

http://www.cosme.net/product/product_id/10055116/review/505443619

白米だけの時より何か体調に変化あったとかは、感じませんでした。

http://www.cosme.net/product/product_id/10055116/review/505413919

もち麦ダイエットで大きな効果がある便秘解消ですが、元々便秘でない方は効果が分かりづらいですね。

また、美味しいというのは嬉しいのですが、「美味しすぎて食べ過ぎてしまった」 という方も…。

美味しくてたくさん食べたくなるかもしれませんが、ダイエット効果を発揮させるためにも注意することが必要ですね。

もち麦ダイエットが大人気の理由は効果だけではありません。

なんといっても、リバウンドがないというのも嬉しい♪

置き換えダイエットというと、ご飯をドリンクなどに置き換えるものが多いですよね。

ダイエット効果はありますが、ご飯好きな方には過酷。

ガマンしすぎた結果、暴飲暴食でリバウンドしてしまうことも…。

でも、もち麦ダイエットは置き換えるものもご飯!

美味しくガマンしないで食べられるのが魅力なんです。

ダイエットは継続することが大切。

もち麦ダイエットは、ダイエットの辛さを感じずに続けられるという利点 があります。

早速、もち麦ダイエットを試したいという方へ。

おすすめのもち麦をご紹介します。

1)もち麦

国内産のもち麦です。

このもち麦は、普通のもち麦よりも茶色いのが特徴!

もち麦の外皮には栄養がたっぷりなんです。

その栄養をできる限り残しているので、多くの栄養を摂取することができます。

外皮があるなら食べにくいのでは?と思うかもしれませんね。

しかし、そこは大丈夫!

皮が残って美味しくない…とならないように、食べやすさもしっかり考えられているんです。

美味しさも栄養も食べやすさも全て兼ね備えた精麦技術がスゴイ!

他のもち麦を食べた方からも、他のものよりもモチモチして柔らかく美味しいと大人気です。

しかも、このもち麦は国内産なので、安心・安全。

家族みんなでダイエット&健康になりたい方にはピッタリのもち麦 です。

小さなお子様から高齢の方まで美味しくいただけます。

 2)もっちり麦

もっちり麦は、美味しいに工夫がされたもち麦です。

それは、精麦工程に秘密 があります。

大麦からもみ殻やヌカを取り2つにカット!

さらに研いで秘密の工程をしたら…。

お米にそっくりなもち麦になるのです。

お米と同じような大きさになっているので、一緒に炊いても均一に混ぜることが可能。

もち麦の色や見た目が気になるという方にピッタリ♪

個包装のパックになっているので、炊くときに1袋を入れるだけの手軽さも人気 です。

もち麦ダイエットを初めてやってみる方、麦ご飯を食べたことがない方にもオススメです。

いかがでしたか?

もち麦ダイエットは「食べながら痩せる」ができちゃう嬉しいダイエット方法 でしたね。

毎日食べるものだからこそ簡単に始められます。

早速、今日のご飯からもち麦にしてみましょう♪


※1.記事の内容は、効能効果または安全性を保証するものではありません。

サイトの情報を利用し判断・行動する場合は、医師や薬剤師等のしかるべき資格を有する専門家にご相談し、ご自身の責任の上で行ってください。

※2.記事内の製品・サービスは、この記事に訪れた読者の方に最も適切だと判断したものを紹介しております。