目次

  1. 1 美味しい果物でダイエットできたらいいのに!!
  2. 2 美味しい果物で痩せちゃう!?果物ダイエットとは?
  3. 3 果物のカロリーや糖分はどれくらい?
  4. 4 果物ダイエットの嬉しい効果とは?
  5. 5 簡単!置き換えるだけの果物ダイエットの方法
  6. 6 効果がアップするタイミングは?
  7. 7 こんな失敗には要注意!
  8. 8 ダイエットにオススメの果物10選
  9. 9 忙しい時も安心!お手軽「フルーツグリーンスムージー」がおすすめ
  10. 10 果物ダイエットで美味しくきれいにダイエットしよう!

美味しいものを食べてダイエット できたら最高なのに。

食事制限をしたりダイエットの効果が停滞してくると、必ず誰もがそう思いますよね。

果物でダイエット ができるらしいって噂ですが、本当なんでしょうか?

検証してみましょう!

https://twitter.com/ryo_boop/status/336974828919717888

果物ダイエットが気になっている人も、すでにダイエットに果物を取り入れている人もいるでしょう。

でも本当に美味しい果物でダイエット できるのなら、そんな嬉しいことってありません。

でも果物って糖分 があるのでカロリー は大丈夫なのか、心配になりますよね。

果物ダイエットとは一体どんな方法なのでしょうか?

果物の種類によってカロリーや糖分は違ってきますが、ケーキやお菓子を食べるよりは断然低いもの です。

確かに美味しい果物は糖質が多く、一見ダイエットには不向きに見えます。

しかし果物にはそれに勝るビタミン栄養 、さらには酵素 といったダイエットに強い味方 がたくさん含まれているんですよ。

果物は美味しいうえに栄養が豊富なので、ダイエットを後押し してくれる効果があります。

果物はビタミン豊富で肌にいい だけではなくダイエットの強い味方だったのです。

満腹感

果物には水分が多く含まれていて、ボリュームがあるので満腹感を感じやすい のです。

加えて食物繊維も豊富 です。

食物繊維は水分を吸って膨らむので、さらに満腹感を感じやすくなります。

むくみ解消

果物に含まれる栄養のカリウム には利尿作用があります。

体に不要な老廃物や水分を尿として排出 してくれるので、むくみが解消されやすくなります。

便秘解消

新鮮な果物には酵素 が多く含まれていて、体内に溜まった毒素や老廃物を排出 しやすくしてくれます。

食物繊維も満腹感を与えてくれる上、腸の働きを良くする効果 もあるんですよ。

果物を使ったダイエット方法は、食事を果物に置き換えることで摂取カロリーを減らす ことです。

果物のカロリーは100gあたり300kal未満と低く 水分と食物繊維が豊富なので満腹感を感じやすくなります。

これだったら長く続けられそうですね。

食事を果物の置き換えてダイエットするなら

効果がアップ しやすいタイミング で食べたいですね。

一日の中でいつ果物を食べるといいのでしょうか?

朝は果物でスッキリ!

果物でダイエットするなら朝が一番オススメ

朝起きてから胃の中に何もない状態で果物以外のものを食べると、食べたものの消化・吸収にエネルギーをとられてしまいます。

その結果、排泄などの体内の浄化がおろそかになってしまうのです。

果物以外は食べないのがポイントですよ。

夜はカロリー削減

日本人は夕食が一番カロリーが多いと言われています。

この夕食をフルーツに置き換えると通常の食事より摂取カロリーが低く なり高い効果が期待できます。

夜にあまりカロリーを摂取しないのはダイエットの基本

夜はあまり体をうごかさず就寝となるので、ここで摂取カロリーを抑えられるといいですね。

おやつや間食はダメ!

おやつは高カロリーなものが多く、小腹を満たすためについつい手が進んでしまいます。

おやつを果物にする と摂取カロリーが抑えられて、満腹感を感じやすくお腹も心も満たされます。

ガマンしていてはダイエットは長続きしないので、おやつに果物を食べてみてください。

果物は炭水化物やお菓子に比べて低カロリーですが、決してカロリーが無い訳ではありません

果物の美味しい甘みには糖分 が含まれています。

食べ過ぎはもちろんダイエットの失敗につながりますので、あくまでも置き換えを意識して食べ過ぎ にはご注意を。

食事を果物に置き換えるダイエットを始めたいけれど、どんな果物を食べたらいいのでしょう?

バナナ

バナナは100gで86kalと果物の中では高いカロリーです。

ダイエットに向いてなさそうですが、バナナの甘みで食べた満足感 もあり、お菓子に比べればカロリーは低く腹持ちします

食物繊維・ビタミン・ミネラルなどの栄養があるので体にもダイエットにも良い果物です。

イチゴ

真っ赤なイチゴは食べているだけでキレイになれそうな気がしてきませんか?

イチゴは水分もビタミンもたっぷりで、ダイエットには最適なフルーツです。

豊富に含まれるビタミンCは肌が潤い 、抗酸化成分で細胞の老化も防いでくれます

100gで34kalとカロリーも低くダイエットにもお肌にも効果があるなんて嬉しいですね。

マンゴー

マンゴーにはビタミンAが 豊富に含まれていて、肌荒れと老化防止に効果がある と言われています。

100gあたり64kalとカロリーは比較的高めですが、そのジューシーさと美味しさはご褒美クラス!

ダイエットとして食べていることを忘れるほどですね。

グレープフルーツ

グレープフルーツにはビタミンCとカリウム が豊富に含まれていて

100gあたり38kalとカロリーも低く、ダイエットにも美容にも効果抜群です。

柑橘類の香りにはストレス緩和作用 もあるので、ダイエットでイライラしがちな心をリラックスさせてくれそうです。

1年を通して購入できてお値段も手頃 なので、長く続けて食べられそうですね。

ナシ

夏から秋にかけて美味しい梨は、水分を豊富に含むうえ便秘解消に効果がある 果物です。

100gで48kalとまあまあなカロリー数ですが、お腹に溜まったものがスッキリするのであれば嬉しいですよね。

旬の果物はその季節に食べると一番体に良いとされるので暑い夏にはオススメの果物 といえます。

もも

どってもジューシーで美味しいのに、脂肪分が少なくカリウム が豊富に含まれています。

カリウムは不足すると肌荒れ・便秘・疲れが出やすくなり、何よりむくみが一番顕著に表れてしまいます。

100gで40kalとまずまずのカロリーなので疲れた時やむくみが気になる時 に食べたいですね。

キウイ

キウイと言えば言わずと知れたビタミンCの宝庫

ビタミンCは便秘解消や美肌効果 、抗酸化作用もあるので老化防止にも効果 があります。

キウイを1つ食べると一日に必要なビタミンCの約7割 を摂取できます。

カロリーは100gで53kalとやや高いので、食べ過ぎには注意したいところですね。

りんご

りんごには水溶性の食物繊維のペクチンが含まれていて腸内環境を整え 、さらに有害物質の収集を抑える 効果があります。

さらにりんごボリフェノールには小腸からの脂肪吸収を抑えてくれる ので、内臓脂肪がつきにくくなります

抗酸化作用もあり老化防止にも良く、まさに万能なダイエット向きの果物です。

カロリーは100gあたり54kalとまずまずですが、健康面や美容面への効果があります!

みかん

日本の定番の果物とも言えるみかん。

手でササッとむいて手軽に食べられます。

βクリプトキサンチンやヘスペリジンといった成分があり、抗酸化作用があるので美肌への効果 が期待できます。

みかんは100g中46kalで、持ち運びが容易なのでおやつの代用 にもピッタリですね。

レモン

酸っぱくてたっぷり食べるには少し抵抗のあるレモン。

レモンに含まれるクエン酸は疲労物質である乳酸を分解する効果があり疲労回復に効果抜群 です。

ダイエットのための運動で疲れた時には積極的に摂りたいですね。

100g中54kalとまずまずのカロリー数ですが、絞ってジュースなどに混ぜると柑橘類の香りで癒されます。

置き換えダイエットに効果がある果物。

でも毎日たくさんの果物を購入して皮をむいたりするのは手間がかかる上、長続きするか心配・・。

そんな方におすすめなのがフルーツグリーンスムージー

専用のスプーン2杯に水を加えてシェイクするだけ

食物繊維や野菜発酵エキス が含まれ栄養面も充実していてダイエットをサポートしてくれます。

美味しい果物でダイエットができるならそんな嬉しいことはないですね。

でもしっかりとポイントを抑えて続けていくと、ダイエットにも効果はあらわれてくるハズです。

果物の力を借りて、美味しくきれいにダイエット してみませんか?


※1.記事の内容は、効能効果または安全性を保証するものではありません。

サイトの情報を利用し判断・行動する場合は、医師や薬剤師等のしかるべき資格を有する専門家にご相談し、ご自身の責任の上で行ってください。

※2.記事内の製品・サービスは、この記事に訪れた読者の方に最も適切だと判断したものを紹介しております。