目次

  1. 1 絶食ダイエットなるものが一部で話題に!
  2. 2 絶食ダイエットとは?
  3. 3 絶食を行う期間について
  4. 4 絶食ダイエットは成功しづらい?
  5. 5 絶食ダイエットにはリバウンドリスクも・・・
  6. 6 「夜だけ絶食ダイエット」はいかがですか?
  7. 7 夜だけ絶食でダイエットを成功させるコツ!
  8. 8 絶食ダイエットのお供に!おすすめ酵素ドリンク!
  9. 9 酵素ドリンク関連動画もチェック!
  10. 10 【※注意】過度な短期間ダイエットはあまりおすすめできません…。
  11. 11 絶食ダイエット、無理せず自分なりの調整を!

寒くなってきたこの時期、実はダイエットにピッタリなのです。

そこで、話題になっているのが「絶食ダイエット」!

何かとイベント続きのこの時期に、スッキリスリムになれると評判です。

でも、「絶食」…。

けっこう怖い言葉ですよね。

食べないのだから痩せられるのは当たり前!?

絶食ダイエットの効果や方法、気になる詳細をまとめました。

絶食ダイエットとは、その名の通り「何も食べないダイエット」 です。

絶食なので本来は水も摂取しないという方法ではありますが、水を飲まなければ私たちは生きていけませんので水だけを飲んで行います。

期間を決めて行い、その間は何も食べないわけですから食事ダイエットの中でも早く効果が出やすい方法です。

また、内臓を休められるので体の毒素や老廃物を排出する働きがアップし、デトックス効果を高めることができます。

ただ、注意点も多く、自分流の絶食ダイエットを行ってしまうと体にいろいろな悪影響が出ることもあります。

絶食ダイエットは痩せられますが、リスクもある方法なのです。

絶食ダイエットは、期間をしっかり決めて行わなければなりません。

その期間は1~5日 です。

といっても、絶食。

かなりの修行に耐え抜く精神の持ち主でなければ5日は無理ですね。

ですから、絶食ダイエットを行う多くの方たちは2日を目安 にしているようです。

絶食ダイエットは無計画でスタートできるものではなく、準備しなくては始められません。

前日まで普通の食事をしていて急に始めたりすれば、空腹感に耐えられず絶食することは不可能だからです。

絶食ダイエットを始めると決めた場合は、ダイエット開始の前日から空腹に耐えられるように食事を少なくしていくことが必要 です。

また、ただ絶食すれば良いわけではなく、絶食期間と復食期間のような正しいやり方がありますので、自分のさじ加減でおこなってはいけません。

ダイエットというのは、どんな方法でも簡単なものはありません。

運動を取り入れるダイエットでも、糖質制限ダイエットでも、続けなくては成果は出ませんし面倒だったりつらかったりすることが多いです。

そこで陥りやすいのが、絶食ダイエットなら簡単そう!という考え です。

食べないだけでいいんだから…ちょっと我慢すればできると思ってしまいますよね。

でも、「絶食」というのは簡単そうで過酷。

何となく始めようという安易な考えでスタートしては、空腹感が募り体を痛めつける原因となってしまいます。

ストレスが多くなり、たったの1日でお肌がボロボロになってしまうことも…。

絶食ダイエットは、しっかり計画を立てなければ成功しづらいのです。

絶食ダイエットは確実に痩せることはできます。

しかし、それと同じくらいリバウンドしてしまう危険性 があるのです。

太るというのは様々な要因がありますが、急激な血糖値の上昇も原因となりますね。

絶食ダイエットを行った後は、体は飢餓状態になっています。

そこで、いきなり食べたいものを食べてしまうと…。

今までにないくらい血糖値が急上昇!!

脂肪吸収率が上がり、食べたもの全てをため込んでしまうのです

また、絶食していたので何を食べても美味しく感じてしまい、暴飲暴食 してしまうことも…。

絶食ダイエットを成功させるには、計画を立て空腹感に動じない精神力を必要とします。

絶食ダイエットを成功させるのは大変難しいということが分かりました。

でも、成功させている人もいるのは事実!

それなら、まずは「夜だけ絶食ダイエット」を始めてみるのがオススメ です。

朝と昼は普通に食べているのでガマンするのは夜だけ!

今までの生活とは違ってしまいますから、つい何か食べたくなってしまいますが、いつもより長めにお風呂に入ったりマッサージに時間をかけたりして気を紛らわしてみましょう。

そして、早く寝る!

寝てしまえば食べたい気持ちも忘れてしまいますし、多くの睡眠をとることができるので美容面にも高い効果が得られます。

夜だけ絶食ダイエットを行えば、早い期間でキレイ痩せが実感 できると思います。

夜だけ絶食といっても本当にできるか不安ですよね。

そんな方のために、夜だけ絶食ダイエットが成功できるコツ を教えちゃいます。

酵素ドリンクなどで置き換えを!

絶食ダイエットを成功させるのにピッタリなのが、酵素ドリンクでの置き換え です。

今まで普通の食事をしていて、いきなり食べないのはキツイものです。

特に、朝と昼にしっかり食べることができればいいですが、できなかった場合に夜も絶食となると辛いですよね。

そんな時に頼りになるのが酵素ドリンク!

ドリンクタイプなので腹持ちもよく空腹感を紛らすことができます。

酵素は代謝も消化もアップさせてくれるので、飲むことによってダイエット効果も上がります。

美容成分も配合されている酵素ドリンクなら美肌にもなれてしまいます。

絶食ダイエットで空腹感や栄養面に不安がある場合は、酵素ドリンクの力を利用しましょう。

週末、休みの日に行う!

絶食ダイエットを行うのは、週末や休みの日にしましょう。

仕事がある日は、時間を予定通りに使うことが難しいですよね。

残業が入ったり急な飲み会が入ったりすると、せっかくの絶食ダイエットも無駄になってしまいます。

また、時間に余裕がないために、朝食を抜いてしまったり睡眠不足になったりなど、ダイエットに不向きな生活になりがちです。

絶食ダイエットは、ゆったりした気持ちで行うことが一番大切 です。

予定が入らない休みの日に計画を立てましょう。

入浴グッズで長風呂に!

入浴はダイエットにとても効果がありますね。

しかも、絶食ダイエットを行っているなら効果アップ!

自分好みの香りの入浴剤やお風呂で使えるマッサージグッズなどを使ってゆっくり浸かってみましょう。

長風呂することによって、大きくカロリーを消費することができますし汗をかくことでデトックス効果もアップします。

お嬢様酵素

絶食ダイエットにオススメの酵素ドリンク1つ目は、お嬢様酵素 です。

86種類の植物酵素を濃縮抽出し、天然パワーの酵素を効率よく摂取することができます。

多くのメディアや雑誌にも紹介され、スザンヌさんの美容やダイエットにも活躍しているというお墨付きドリンクなのです。

お嬢様酵素が人気の理由は、味と価格!

続けることで痩せやすい体質作りにもなるので、価格は重要ですよね。

炭酸水で割ったり、ヨーグルトと混ぜたりなど美味しく摂取できるので、満足感&お得感たっぷりの酵素ドリンク です。

酵素ドリンクは美味しくないと思っている方にぜひお試しいただきたいです。

ベルタ酵素

ベルタ酵素は、165種の植物酵素を配合した酵素ドリンク です。

美容三大成分のプラセンタ、ザクロ、ヒアルロン酸が配合されているので、美容面にも効果 があると人気!

置き換えダイエットに利用されている方が多いので、絶食ダイエットにもピッタリです。

定期便で購入すると、お得な価格で購入できるとともに、キヌア配合のベルタ酵素サプリも付いてきます。

サプリも一緒に欲しいという方にオススメです。

ベジーデル酵素液

ベジーデル酵素液は、106種類の厳選された植物から作られた酵素ドリンクです。

伝統ある酒造で製造されており、発酵・熟成・追熟という3年の歳月をかけています。

ミネラル・ビタミンが多く含まれている沖縄産の黒砂糖だけで発酵させているという徹底ぶりが人気!

栄養価が高く、ダイエットだけでなく美容にも健康にも効果 があります。

酵素ドリンクは美味しくないという方が多いですが、子供がこんなにゴクゴクと飲めちゃうなんて…。

お嬢様酵素は本当に美味しい のですね。

ママはダイエットに!

ボクは毎日の健康に!

家族みんなで飲めてキレイ&健康になれるなんて素敵です。

ただし成長期の方のダイエットはおすすめできません。

ここまで、絶食ダイエットについて例をご紹介してきました。

しかし、過度な食事制限や短期間でのダイエットをすることはおすすめできません。

消費者庁が発表しておりますが、自分にあった適切な運動と食事制限をしながら健康的に痩せることができるのは6ヶ月間で4~5kg程度です。(平成26年6月)

過度なダイエットは体調を崩したり、日々の生活に悪影響を与える可能性があります。

健康を意識し、適度な運動と食事制限をし、無理のないダイエット法で焦らず計画的にダイエットすることで理想のカラダを目指すことをおすすめします!

絶食ダイエットのリスクと成功のコツについてお話ししました。

ダイエットをするならすぐに結果を出したい。

誰でも思うことですが、無理なダイエットは成功しづらく体にも悪影響を与えます。

ストレスフリーでキレイに痩せる!

必要な栄養素をとりながら絶食ダイエットを行って、キレイ痩せをしちゃいましょう。

他のプチ断食が気になる方にオススメの記事


※1.記事の内容は、効能効果または安全性を保証するものではありません。

サイトの情報を利用し判断・行動する場合は、医師や薬剤師等のしかるべき資格を有する専門家にご相談し、ご自身の責任の上で行ってください。

※2.記事内の製品・サービスは、この記事に訪れた読者の方に最も適切だと判断したものを紹介しております。