目次

  1. 1 セルライトエステの効果をキープしたい!
  2. 2 セルライトとは?
  3. 3 セルライトエステのメリット
  4. 4 セルライトエステのデメリット
  5. 5 自宅でセルライト除去するメリット・デメリット
  6. 6 自宅でセルライト除去するデメリット
  7. 7 セルライト除去は【エステ+自宅ケア】の併用がオススメ!
  8. 8 セルフケアは血行改善するマッサージがポイント!
  9. 9 マッサージの方法はこちら【動画】
  10. 10 マッサージにはオイルが必須!
  11. 11 セルライト用オススメマッサージオイル3選!
  12. 12 血行不良改善にはジョギングなどの運動もすべき!?
  13. 13 タッグでセルライトを撃退しよう!!

セルライトが気になったから、高いけどエステに行ってきた!

値段がはっただけあってセルライトは大分落とすことに成功♪

目的は達成できたらエステはとりあえず打ち止め。

ていうか、お財布がもう限界…。

せっかくキレイになったこの体、定期的にエステに通うお金はないしセルフケアでなんとか維持したい

でもセルライト対策のセルフケアって、どうすればいいの~?

セルライトってなかなか落ちないですよね。

そもそもセルライトって何でしょうか。

脂肪?

人の体には、皮下脂肪があります。

皮下脂肪とは、名前の通り「皮膚の下にある脂肪」のことです。

この皮下脂肪が過剰なエネルギーで肥大化してしまって、表面にボコボコ浮き出てしまったのがセルライトなんです。

さらに悪いことに、セルライトは皮下脂肪にある脂肪細胞が老廃物や水分を絡みとって膨らんで固まったものなので普通の皮下脂肪よりも落ちにくい

特に女性は男性よりも皮下脂肪を蓄えやすい体質なので、油断するとすぐにセルライトが出てきてしまいます。

落ちにくく目立つからこそ、エステでも「セルライト除去エステ」なんて特別コースがあるんですね。

セルライトを除去するには「エステ」と「セルフ」の2つの方法があります。

セルライトをエステでケアしてもらう場合のメリット・デメリットを紹介します。

メリット1)効果発現が早い

セルライトエステの良さは「すぐに効果が出る」 ことですね。

セルライトエステ含むエステは、「1回でも効果が出る」のが普通です。

どんなエステでも、1回でも受ければ「なんか違う!」と感じる方がほとんど。

当然セルライトエステですと、1回でもセルライトが減ります。

ですから、「今すぐこのセルライトをどうにかして!」とエステに飛び込んでも大丈夫です。

一気にすべてのセルライトを除去するのは難しいですが、プロのエステティシャンが希望に合わせてそれなりになんとかしてくれます。

早く効果が現れてほしい方にはもってこいの方法ですね。

メリット2)楽!

セルライトエステに通うと、なんといってもケアが「楽」 です。

エステのある場所へ行ってしまえば、自分はゴロンと横になっているだけでOK。

むしろ寝ちゃっててもいいくらいです。

自分でせっせと手でマッサージしなくていいですし、オイルやクリーム・タオルなども用意しなくていいです。

勿論面倒な片付けもなし。

気持ち良し、寝ててよし、何もしなくよし、体はキレイに!なります。

メリット3)プロだから安心

セルライトエステに行けば、セルライト除去に詳しいプロやスタッフなど専門の人がいますし、セルライト除去専用の道具も揃っています。

プロがプロの道具で施術してくれますから、「この方法であってるの?」「このケアで意味がある?」など心配せずに安心して受けることができます。

希望すれば、セルライトがどれくらい減ったかも教えてくれるところもあります。

セルライトを短期間で除去 したいなら、断然エステです。

デメリット1)高い!

セルライトエステのデメリットと言えば、「高い」

これに尽きるのではないでしょうか。

あり得ないですが、もしセルライトエステが1回1000円くらいなら、セルライト除去については「エステに行ってください。以上」で終わります。

でも現実は違いますよね。

それにどんなに腕の良いエステティシャンでも、体についたセルライトを1回で全て落としきるのは不可能です。

当然何回か通う必要がありますが、そうなると金額がかさんでしまいお財布がきつくなってしまいます。

デメリット2)通うのが面倒

セルライトエステのデメリットのもうひとつは「通うのが面倒」 です。

エステは自宅にはないので、外に出なければなりません。

出かけるとなると着替えなくてはいけませんし、化粧もしなくてはいけません。

車を使うならお酒を飲むのを気にしなきゃいけませんし、電車やバスなど公共機関を使うなら時刻表と格闘するハメになりますので気が重いです。

また、仕事をしているならきちんと予定を組まないといけません。

予想外の仕事で予約していたエステがいけなくなると、キャンセルの電話を入れたり予約を入れなおしたりとまた面倒なことになります。

通うって意外と面倒なんですよね。

エステならセルライト除去は問題ないけど…

セルライトエステの場合のメリット・デメリットはだいたい分かったかと思います。

では自宅で自分でセルライトをケアする場合のメリット・デメリットはどうでしょうか。

メリット1)自宅でいつでも出来る

自分でセルライトケアをする場合の良さは、なんといっても「自宅で」「いつでも」 できることです。

セルフケアはわざわざエステのように外に出かけたり決まった時間にする必要はありません。

自分の気が向いた時に自宅でできるので、お風呂上りにバスタオルを巻いたまますることもできますし、「今日はセルライトケアめんど~い!」という日はしなくても誰にも怒られませんし、お金が無駄になったりすることもありません。

時間や人に縛られるのは苦手、という方はセルフケアの方が良いですね。

メリット2)安あがり

セルフケアのもうひとつの良いところは、「安い」 ことです。

セルライトエステですと1回で何千円かするところを、セルフですれば人件費は0で済みます。

その分セルライトケア用のちょっと良いクリームやオイルを買っても、セルライトエステを受けるよりかは余裕でお釣りが来ます。

それにエステは何回か通わなくてはいけません。

エステの場所が遠ければプラスで交通費もかかってしまい、費用がどうしてもかさんでしまいます。

その点セルフケアは自分でお金を調整ができるのが利点ですね。

デメリット1)効果が出にくい

セルライトのセルフケアのデメリットは、やはり「効果が出にくい」 ことです。

セルライトエステで行うケアは、セルライトに詳しいプロがちゃんとした道具を使いますので効果が早く出ます。

それに比べるとセルフケアは、技術も道具もどうしても見劣りしてしまいます。

今はネットや本で気軽にセルライトケアの方法を知ることはできますが、やはりお金を払ってしてもらうプロの技と比べると効果が出るのは遅いでしょう。

デメリット2)正しいケアかどうか分からない

ネットや本には気軽にセルフで行うセルライトケアの方法が書いてあります。

しかもけっこう簡単!

ですので、一見「自分でもケアできるじゃん!」と思いがちです。

ですが、所詮セルフはセルフで、プロではありません。

本やネットの通りしているからといってそれが本当に正しいのかは分かりません。

また、セルフケアにはいろんな方法があります。

それは、人によって効くセルフケア、効かないセルフケアがあるということです。

セルフケアが間違っていたり合わなかったりすれば 、セルライトは消えませんしその時間は無駄になってしまいます。

セルフケアはやりやすいけど…

セルライト除去の方法として「エステ」と「自宅」両方のメリットとデメリットをあげて比べてみました。

どちらにも良い点・悪い点がありましたね。

え?じゃあ結局どっちを選べばいいの?と思っちゃいますよね。

結論は、「どっちもやる」 のがオススメです!

1.まずはプロにセルライトをきちんと除去してもらう。

2.セルフケアでそれを維持する。

というのが効率が良い方法なんです。

これなら正しくセルライトが除去できますし、定期的にエステに通いよりかはお金もそんなにかかりません。

セルライトがなくなった後のセルフケアならば、セルフケアも簡単です。

さらにセルライトエステに通っている時に、自分の体の特徴やセルフケアの方法なんかをアドバイスしてもらえれば、もっと効率よくなりますよ。

両方の良い所をとればOK♪

セルライト対策のセルフケアは、「血行改善」のマッサージ をすることが大事です。

セルライトは、皮下脂肪にある脂肪細胞が老廃物や水分とくっついてしまったものです。

このくっついたものを離さない限りセルライトは消えません。

ではどうやって離すの?というと、本来体から出る老廃物や水分は血液の流れに乗って出ていくもの。

ですからまずは血行を良くして、脂肪細胞にくっついた老廃物や水分を分離させ血液に運び出してもらう必要があります。

セルライトができている皮下脂肪は脂肪細胞が太って血管の道を圧迫させていることが多いので、それをほぐしてやることが大切なんですよ。

セルライト除去にはマッサージが重要です。

この動画では、ふくらはぎの血行促進マッサージの方法を紹介しています。

ふくらはぎは「第二の心臓」と呼ばれるくらい重要な、血液のポンプの役割を持っています。

ふくらはぎの血行が良くなれば、自然と体全体の血行が良くなりますよ。

ぜひこの動画でふくらはぎのマッサージをマスターしてみて下さいね。

よし、マッサージしよう!ごーしごし…。ちょっと待って!

肌って意外とデコボコしているんです。

実際にやってみると分かりますが、何もつけずにマッサージするとひっかかってやりづらいですし、そうするとうまくできないので時間がかかるばかりでせっかくのマッサージ効果も薄くなってしまいます。

そこで重要になるのが「マッサージオイル」!

マッサージオイルを使えば肌の摩擦が減ってマッサージがしやすくなるほか、マッサージ効果を何倍にも 高めてくれるんです!

今はなんと「セルライト用マッサージオイル」 というのも販売されています。

そのオイルを使えばマッサージがしやすくなる上に、普通のオイルで行うマッサージよりもよりセルライト対策に効果的!

せっかくセルライト対策にマッサージするなら、セルライト用マッサージオイルを使う方が断然オトクです♪

でもどんなオイルを使えばいいのか分からないよ~という方もいますよね。

そこで、ここではセルライト用オススメマッサージオイルを厳選してご紹介します♪

ホワイトバーチ ボディオイル

・セルライト用のボディオイルを買うのは初めての方。

・オイルのことはよく分からないので、何を買ったら良いのか分からない方。

にオススメなのが、このホワイトバーチボディオイル です。

シラカバ葉エキスが配合されたホワイトバーチボディオイルは、世界的に愛されている人気ブランドのヴェレダ(WELEDA)が開発したセルライト用のボディマッサ―ジオイルです。

歴史のあるメーカーで信頼も厚く、効果があるのに値段も割と安く気軽に買うことができます。

ですから、「とりあえずセルライト対策のセルフケアをしてみたいな~」という時はこのボディオイルが使いやすいですよ♪

 3Sボディクリーム

高品質をお求めの方へ♪

・高くても確実に効果が出るオイルが欲しい方。

・高品質にこだわりたい方。

にオススメなのが、「3Sボディクリーム」 です。

少し高めのクリームですが、その分品質はいい!

3Sボディクリームに含まれる燃焼サポート成分のイソフラボンやカルニチン・漢方薬にも使われるコンフリー幹細胞エキス・ドイツの名水ブラックフォレストウォーターで、セルライトケアだけでなくたるみケアやモイスチャーケアまで1本でこなしてくれます。

まさにエステいらずのクリームですよ♪

ローズペッパーボディセラム

香り重視の方へ♪

・マッサージで香りを楽しみたい方

・天然成分が良い!という方

にオススメなのが、「ローズペッパーボディセラム」 です。

セラムって何?と思う方もいますよね。

セラムというのは美容液の一種ですが、天然成分を主に使い、クリームやオイルよりもより肌の新陳代謝やアンチエイジングを目的として開発されたものです。

ですから天然成分でキレイになりたいという方にピッタリの商品ですよ。

またアロマのリラックス効果として香りにも力を入れていますので、香りが素敵なんです♪

マッサージしながら心地よい香りに包まれると、日々の疲れも飛んでいっちゃいますね。

血行不良改善には、ジョギングや筋トレなど体全体を動かす運動も大切です。

その中でも特にオススメなのは「ジョギング」 です。

なぜなら、「ジョギングはふくらはぎを鍛えるから」です。

先ほども書きましたが、ふくらはぎは第二の心臓と言われるくらいに血行増進を促します。

さらにジョギングはランニングと違い、会話できる程度の速度で走る運動です。

ですからそこまで体に負担をかけずに、適度にふくらはぎを刺激することができるんです。

マッサージに飽きたら、外に出て音楽でも聞きながら軽く走るのもセルライトのセルフケアになるんですよ。

気分転換にもなりますしオススメです♪

セルライトはしつこいくて落ちない!イメージがありますが、ちゃんと対策はあるんです。

プロに施術してもらうセルライトエステと自宅でゆっくりできるセルフケア。

両方の良いとこ取りをして、うまくセルライトを撃退しましょう♪


※1.記事の内容は、効能効果または安全性を保証するものではありません。

サイトの情報を利用し判断・行動する場合は、医師や薬剤師等のしかるべき資格を有する専門家にご相談し、ご自身の責任の上で行ってください。

※2.記事内の製品・サービスは、この記事に訪れた読者の方に最も適切だと判断したものを紹介しております。