目次

  1. 1 沢尻エリカのダイエットについて知りたい!
  2. 2 沢尻エリカのダイエット方法4つをご紹介
  3. 3 運動で基礎代謝をアップさせる
  4. 4 ”お米は食べない”と”フルーツをよく食べる”食事管理法
  5. 5 体温を上げる飲み物を飲む
  6. 6 周りの人に監視される状況を作る
  7. 7 【超過酷!?】撮影前限定のダイエットは1日1食!?
  8. 8 沢尻エリカのダイエット法でキレイになろう♪

沢尻エリカさん。女優さんで歌手活動をされていた時期もあります。

ワイドショーなどでもよくニュースになって注目されますので、知らない方はいないのではないでしょうか。

「お騒がせ」という意味でテレビにでていたことが記憶に残っているかたも多いとは思いますが、美容やダイエットでも女性から絶大な支持を得ていることを知っていますか?

今回は、沢尻エリカさんのダイエットについて調べてみましたのでご覧ください。

では、沢尻エリカさんがきれいに痩せられたのはどうしてでしょう?早速ですがそのダイエットの方法見ていきましょう。

  1. 有酸素運動をする・・・もはやダイエットの定番ですね。
  2. 食事の管理・・・こちらもダイエットには大切なことです。
  3. 体温を上げる・・・痩せる為に体温が高いことは重要なのです。
  4. エステに通う・・・ダイエットをする人を助けるプロですので相談にものってもらえます。

まさに王道のダイエット と言えばよいでしょうか。沢尻エリカさんは確実に結果を出されています。

さらに詳しく4つのダイエット法についてこれからお話していきますので、要チェック!!!ですよ。

ダイエットには欠かせない有酸素運動は、脂肪を燃焼させながら痩せる身体に変えていきます。

沢尻エリカさんは、基本的に身体を動かすことが好きで、ダイエット中もさまざまな運動をしていました。

  • 加圧トレーニング・・・体型維持の為。
  • ヨガ・・・リラックス効果とインナーマッスルを鍛える為にしていたそうです。
  • 乗馬・・・もともと趣味でされていたとのことです。乗馬は馬に乗りこなすには練習が必要で、全身を使う運動です。有酸素運動と筋肉も鍛えられ、腹筋・背筋はもちろん、特に下半身に効果がでます。
  • ポールダンス・・・一本の棒に足を巻きつけポージングをとる運動です。ゆっくり動いていますが、かなりハードな運動です。女らしさを出す表現力を磨くためだけではなく、カロリー消費もしますし筋力がつきます。

沢尻エリカさんが実践している運動は同時に筋力もつくもの が多いので、基礎代謝もアップしやすいです。

沢尻エリカさんは、食事も徹底的に管理しました。お米を食べないようにすることとフルーツをよく食べるようにしました。

普段は甘いものが大好きで、特にチョコレートは大好物 だそうです。

冷蔵庫の中がすべてチョコレートだったこともあったとのこと。これ!と決めたらの凝り性タイプでしょうか。

あとは、もともとお米をあまり食べなくて、揚げ物は嫌い なようです。

白米は糖質が高いので、特に夜ごはんは控えめにしたほうがダイエットには良いです。

沢尻エリカさんはお米を食べないダイエットをしたのですが、ダイエッターが最初に苦しむ食事管理に至っては、沢尻エリカさんはクリアしやすかったかもしれません。

大好きな甘いスイーツは我慢ですが、その分フルーツは食べてもOKでした。

空腹を感じたらフルーツを食べるようにしていたそうです。

フルーツは沢尻エリカさんも好きなので甘いものの欲も満たされますし、食事制限で不足しがちな栄養素も補給できます。

基礎代謝が高いと、脂肪になりにくく痩せやすい身体になることはご存知の方も多いと思います。

ちなみに、あなたの体温はどのくらいですか?

体温が36・3度以下の場合は痩せにくい身体である可能性が高いです。

低体温はダイエットの障害 になりますので、体温が低い方は飲んでいるものを見直してみましょう。

まず、緑茶ですがこちらは発酵させていない茶葉なので、体温を下げてしまう飲み物になります。

たとえ温かくして飲まれても身体を冷やしますので、常飲されている方は気をつけましょう。

では、体温を上げてくれる飲み物をいくつかご紹介します。

1つは紅茶 です。茶葉を発酵させているので体温を上げてくれる働きをし、さらに代謝を良くします。

2つ目は、りんごジュース です。意外ですが寒い地方でつくられる果物は体温を上げてくれるのだそうです。

3つ目はココア です。テオブロミンという成分が血流を良くし、ポリフェノールが豊富なので美肌・ダイエットにもおすすめです。

4つ目はしょうが湯 です。コンビニ・スーパーでも個包になっているものが売られていて便利です。身体をポカポカにしてくれます。

たとえ温かいものでも身体を冷やしてしまう飲み物があるのは驚きですね。

沢尻エリカさんも、体温を上げて基礎代謝をあげられるよう飲み物にも気をつけていました。

どんな飲み物を飲んでいたのか気になりませんか?次からお話していきます!

体温を上げる「リンゴ酢」

沢尻エリカさんが積極的に摂り入れた飲み物の1つ目は、リンゴ酢です。

リンゴ酢とは、りんごの果汁を発酵させたお酢です。市販で簡単に購入できます。

香りもフルーティーで飲みやすい口当たりなので、美容に敏感な女性に人気の商品となっております。

美肌・疲労回復・むくみ・整腸作用 などに効果がある他、ダイエットにも効果が発揮されるそうです。

飲むタイミングが大切で、食事と一緒に飲むことがベストということなので覚えておいてください。

食後の血糖値の急激な上昇がなくなり、新しい脂肪がつきにくくなるという夢のようなお酢です。

体温を上げる「しょうが紅茶」

次はこちら、しょうが紅茶です。

自宅で、紅茶をいれた後にしょうがをすりおろして入れるだけです。簡単な飲み物なのにその効果は絶大です。

しょうがは身体を芯から温めてくれる食材と有名ですが、紅茶に含まれるテアフラビンという成分も同じく身体を温める効能があるのです。

他にも、利尿作用・むくみ対策 にも効果抜群です。女性はむくみやすいのでうってつけの飲み物ですね。

あと、しょうがは抑うつ にも効くのだそうです。

ストレスもダイエットには大敵ですので、しょうが紅茶はダイエットの為に生まれてきたと言っても過言ではないのです!

ダイエットを頑張って続けているあなたにも、時々魔の声が聞こえてくるときがあるのではないでしょうか?

『大好物を我慢して続けてきたけれど友達が買ってきてくれたので、食べたらもう止まらずにリバウンドまっしぐら』

『少しだけ、少しだけとこっそり隠れて食べたら、1袋全部食べちゃった』

ダイエット経験者のあなた。あるあると思うところありませんか?

沢尻さんはエステに定期的に通い、食事の改善方法なども指導されていたので監視してくれる人がいる環境にありました。

周りの人がダイエット中の人を監視してくれるとピッと気持ちも引き締まりますし、食欲が暴走することも抑制 できます。

私達もそう出来ればいいですが、エステは簡単に何度も通えるものでもないです。

お金もかからず、私達が実践出来る方法は、やはり身近な人にダイエット中と宣言しておくことでしょう。

「私、ダイエット本気でやるから、うっかり食べそうになっていたら注意してね!」と伝えておきましょう。

出典:erikatokyo.com

先ほど、沢尻エリカさんが実践した食事管理法をお話しました。

ダイエットを始められてから、体型に気をつけている沢尻エリカさんですが、映画の撮影前にはさらに追い込んで身体を絞ったこともあるのです。

その映画は「ヘルタースケルター」 。蜷川実花さん監督作品で、沢尻さんは主演のりりこを演じました。

絶世の美女りりこになりきる為に、役作りでさらにダイエットをしました。

撮影の2ヶ月間、朝食のみ食べる「1日1食」 を徹底したのです。

1日1食にすると、空腹時間が長く意図的に作れます。それが内臓をフル稼働させ、身体の免疫機能をアップさせます。

健康になれるだけでなく続けていると胃のサイズも小さくなっていくので少量の食事で満足できるようになります。

なかなかハードではありますが、短期でどうしても痩せなければならない方には良いかもしれません。

沢尻エリカさんはきれいに痩せましたが、精神的にはきつかったようですのでやりすぎは注意 です。

無理のないようにしてください。

※過度な運動や食事制限、ダイエット商材等によって短期間でダイエットすることはおすすめできません。

消費者庁が発表しておりますが、自分にあった適切な運動と食事制限をしながら健康的に痩せることができるのは

6ヶ月間で4~5kg程度です。(平成26年6月)

過度なダイエットは体調を崩したり、日々の生活に悪影響を与える可能性があります。

健康を意識し、適度な運動と食事制限をし、無理のないダイエット法で焦らず計画的にダイエットすることで理想のカラダを目指すことをおすすめします!

出典:erikatokyo.com

沢尻エリカさんのダイエット法は真似できるところがたくさんあったと思います。

お仕事の役作りの為にストイックにダイエットされましたが、彼女の意志の強さもダイエッターはお手本にしたいですよね。

特に、身体を温める飲み物は、美容にも良いといわれているものばかりです。

ぜひ、あなたのダイエット生活に摂り入れてみてください!

出典:erikatokyo.com


※1.記事の内容は、効能効果または安全性を保証するものではありません。

サイトの情報を利用し判断・行動する場合は、医師や薬剤師等のしかるべき資格を有する専門家にご相談し、ご自身の責任の上で行ってください。

※2.記事内の製品・サービスは、この記事に訪れた読者の方に最も適切だと判断したものを紹介しております。