サーキットトレーニングってなに?気になるダイエット方法とは?

サーキットトレーニングが痩せられると評判なのだそうです。 ダイエットをしても続かないあなた。ダイエットを諦めかけているあなた。ダイエットをしても痩せないあなた。サーキットトレーニングってなに?というあなた。 そんなあなたに見てもらいたいと思っています。 楽しく続けられるダイエットなら頑張れそうな気がしませんか?

話題のサーキットトレーニング、やり方教えます!

女性

 

短い時間でも効果が出ると話題のサーキットトレーニング。

短時間でも痩せられるなんて、どのようなトレーニングなのか気になりますよね。

サーキットトレーニングのやり方をしっかり覚えていってください!

 

サーキットトレーニングの概要

女性

 

サーキットトレーニングとは、一体どのようなトレーニングなのか?

それは、筋トレなどの『無酸素運動』とウォーキングなどの『有酸素運動』を組み合わせた運動になります。

無酸素運動と有酸素運動を、交互に30秒ずつ休憩なしに動くトレーニングです。

この交互の運動を何度も繰り返すため、高い運動効果が期待できるといわれています。

 

そして、サーキットトレーニングは心拍数にも注目しましょう。

心拍数の目安は、正常で60回前後とのこと。

「 220-年齢」で計算される最大心拍数の60%を、目標心拍数としてトレーニングの目安にしていきます。

この目標心拍数を保ちながらの運動が、もっとも脂肪を燃やしやすいんです。

 

マシンや器具も使用しながら、その人の運動能力に合わせたトレーニングを組み合わせることが出来るのが魅力です。

30秒のトレーニングを6種類組み合わせて行うのが主流となっていますね。

この3分間のサーキットトレーニングは、30分のウォーキングと同じ効果が得られるそうですよ!

 

サーキットトレーニングのメリットとは?

?

 

サーキットトレーニングをすることで、私たちの体にどんなメリットがあるのでしょう?

 

脂肪を燃焼!

無酸素運動をすると心拍数がかなり上がり、有酸素運動をすると心拍数が下がり落ち着きます。

サーキットトレーニングは交互に動くので、繰り返すことで心拍数が高い状態で上下するようになるのです。

つまり、普通に有酸素運動だけをするよりも、血液にのって通常よりも多い酸素が全身を巡ることになるのだそう。

なので、有酸素運動だけで運動するとき以上の効果が望め、脂肪燃焼がしやすくなるということです。

1つずつのトレーニングが短い時間のため、疲れにくく継続しやすいといった点も脂肪燃焼を高める効果となります。

 

痩せ体質に!

繰り返しになりますがサーキットトレーニングは、無酸素運動と有酸素運動のどちらも行います。

有酸素運動は脂肪を落としていく役割ですが、無酸素運動は筋肉量を増やしていく役割です。

基礎代謝が高い人ほど痩せやすくなります。

代謝を上げるのには、筋肉をつけることが大切。

ということは、どちらも兼ね備えているサーキットトレーニングは、痩せ体質になるために重要ということ。

さらに、無酸素運動をすると筋肉に乳酸がたまります。

そして、筋肉に乳酸がたまると脳下垂体から成長ホルモンが分泌されるといわれています。

成長ホルモンには「エネルギー代謝をよくする」「筋肉を大きくする」「脂肪を燃えやすくする」効果が得られるそう。

このことからも、サーキットトレーニングがダイエットに効果的ということがお分かりいただけるでしょう。

 

全身の引き締め効果あり!

ただ脂肪を落とすだけだと、体のスタイルは崩れていきます。

しかしサーキットトレーニングですと、ただ脂肪を燃焼するだけでなく筋肉をつけて引き締めていくため、スタイルを崩さずにキレイに痩せることが出来るのです。

適度に筋肉をつけることは、女性が憧れるメリハリのある理想の体型になるのに必要です。

サーキットトレーニングはその願いを叶えてくれるトレーニングとなるでしょう。

 

サーキットトレーニングに関する口コミ!

女性

 

サーキットトレーニングを実践している人の口コミですが、

「ひどり肩こりがよくなってきました」、「朝から体がポカポカ」などサーキットトレーニングを始めて、代謝が良くなっていること

女性は特に痩せにくくなるといわれているので、トレーニングをすることで代謝が上がるのは嬉しいことだと思います。

 

あのセレブも実践していた!?

 

幼い頃から芸能の世界で活躍しているヒラリー・ダフさん。

産後ダイエットを1年かけて成功させました。

さまざまなダイエット方法を実践していた中の1つが、サーキットトレーニングです。

激太りから急激な変化で一気に痩せるセレブが多い中、1年かけてダイエットをした彼女は健康にもいい痩せ方だと思います。

日本ですと、中村アンさんもサーキットトレーニングをしていることで有名ですよね。

アスリート並にきついメニューを組むことも出来ますし、高齢な方が無理なく出来るメニューを組むことも出来るサーキットトレーニング。

ヒラリー・ダフさんのように産後ダイエットにも向いているといえるでしょう。

 

【サーキットトレーニングのメニュー紹介】クランチ

腹筋

 

ここからサーキットトレーニングのメニューを少し紹介していきましょう。

はじめはクランチ=腹筋です。

「クランチは基本の運動だから、方法なんてなんでもいいよ~」と思っていませんか?

しかし、やり方を間違えてしまうと腹筋が鍛えられませんよ。

 

(クランチのやり方)

  1. 仰向けに寝て、足裏を床にし膝を立てましょう。
  2. もしくは、椅子などの上にふくらはぎを乗せて、横から見て脚が90°になるように浮かしてもいいです。
  3. クランチのポイントとしては、腹筋を使っていることを意識すること。反動をつけて起き上がったり、太ももに力が入っているのはNG!
  4. 体を起こすのは肩甲骨が床から離れているくらいの高さでいいので、とにかくお腹を意識です。
  5. 胸の前に手をクロスして起き上がるのもいいですし、もし首が痛いなら頭の後ろに手を添えるくらいならOK。
  6. 手と腕の力を使って起き上がらないようにしてください。
  7. 呼吸を止めず、起き上がるときに息を吐きましょう。
  8. 吸いながら元に戻します。

 

【サーキットトレーニングのメニュー紹介】スクワット

スクワット

 

次に紹介するのはスクワットです。

スクワットは、筋トレの中でもカロリー消費が高いそうですよ。

太ももなどの下半身の筋力をアップするスクワット。

太ももは体の中でも大きな筋肉なため、筋力がアップすると効果的に脂肪燃焼に働きかけてくれます。

 

(基本的なスクワットのやり方)

  1. まず足を肩幅くらいに左右に開きましょう。手は頭の後ろに添えるか、胸の前でクロスにしてください。
  2. 呼吸を止めないことを意識しながら、お尻を下におろしていきます。
  3. 背筋は丸めないようにして、足を曲げる際、上から見ていて膝の頭がつま先よりも跳び出さないことに気をつけていきます。
  4. 元に戻す時も背中を反ったりせずに、そのままの姿勢で自然に戻してください。

 

【サーキットトレーニングのメニュー紹介】バーピージャンプ

バービージャンプ

 

最後に紹介するのは、バーピージャンプです。

バーピー博士が考案した複合エクササイズで、スクワット・腕立て伏せ・ジャンプの動作を一連の流れで行える運動になります。

カロリーの燃焼効果が高く、肩・腕・腹筋・背筋を使うので、全身運動といってもいいですね。

ダイエットだけでなく体力をアップしたい人にもオススメできる運動です。

 

(バーピージャンプのやり方)

  1. 立ち姿勢からスタートし、両手を地面につけるようにしゃがみます。
  2. そこからリズミカルに腕立て伏せの姿勢にしてください。
  3. そしてまたリズミカルに両足を手の近くまで戻し、しゃがんだ姿勢になりましょう。
  4. 立ち姿勢に戻ります。これの繰り返しです。

 

すごく難しそうなんですが……

女性

 

「30秒ごとに種類を変えてトレーニングしたり、心拍数も気にしていないといけないし、1人で出来るかしら?」と不安になっていませんか?

メニューの組み方があっているのかとか、なんとなく始めてみたけど上手く出来ているのか分からないという人もいるかもしれません。

最初は誰でも不安になるもの。心配しなくて大丈夫ですよ。

自宅で始めてみるよりも先に、まずはサーキットトレーニングを教えてもらえるジムに行ってみませんか?

 

サーキットトレーニングができるジムをご紹介!

それでは、サーキットトレーニングが出来るジムをいくつか紹介していきましょう。

あなたの自宅近くにあるジムかもしれません。チェックしてください!

 

Bodies

1つ目のジムはBodiesです。

スタジオは東京8店舗・神奈川4店舗・千葉3店舗・埼玉と栃木1店舗・静岡2店舗・大阪3店舗・兵庫2店舗・京都2店舗・福岡3店舗の展開をしています。

楽しみながら続けられることをモットーに、サーキットトレーニングやヨガなどのプログラムが用意されているので、好きなプログラムを選べるのが魅力。

 

サーキットトレーニングはとても力を入れていて、1500円で体験レッスンを受けることも出来ますよ。

トレーニングの流れは、ストレッチ→心拍数を計る→サーキットトレーニング→心拍数を計る→ストレッチの順。

この流れを30分で行うプログラム構成になっています。

サーキットトレーニングでは油圧式のマシン8種類を使用し「チェンジステーション」の合図で次の動きに移るのが決まりです。

油圧式は、マラソン選手のような細くしなやかな筋肉をつけられるマシンなので、女性のトレーニングに向いていてスピーディーにスムーズな動きが出来るのが女性にとって嬉しいところといえますね。

 

月会費は、デイ会員の一番安いプランで4,710円、閉店まで使えるボディーズ会員の一番安いプランが5,970円です。

良心的な価格で通いやすいのではないでしょうか。

 

無理なく楽しく続けられるトレーニングでダイエットをしたいという人にオススメです。

若い人も通いやすいジムでしょう。

 

 アルペンクイックフィットネス

2つ目はアルペンクイックフィットネスです。

全国に散らばって店舗展開していますが、やはり関東に多くスタジオがありますね。

トレーニングの流れは、8種類の油圧式マシンの間にクイックボードを並べて、交互に30秒ずつトレーニングをしていきます。

油圧式マシンは、レッグプレス・チェストプレスなどを使っていて、バスト・ウエスト・ヒップをキレイなラインに引き締められる効果が期待できるでしょう。

 

月会費は、月契約と年契約で料金が違うそうで(5,400円と4,950円)、年契約をした方がお得になっています。

無料体験をまずはお試しで受けてみて、続けられそうと思ったら年契約で入会をすればいいのではないでしょうか。

 

40代・50代の痩せにくいとされる年代の女性が、たくさんダイエットを成功されています。

代謝の落ちている人や運動が苦手な人にオススメ出来るジムです。

 

カーブス

3つ目はカーブスです。聞いたことがある人も多いかもしれませんね。

全国展開されていますし、店舗数も各都道府県で多いです。

きっとあなたの自宅の近くでも見たことがあるでしょう。

何歳でも出来るトレーニングだそうで、下は20代から上は80代まで通われています。

その人の運動能力にあわせた負荷で運動していけるのが、高齢な人も通えている理由でしょうか。

さらに好きな時間に来店し、待ち時間なしで出来ることも魅力の1つ。

上半身の筋力トレーニングと下半身の筋力トレーニングの合間にステップボードで筋肉を休める時間を入れて、それを2周行い、最後にストレッチをして計30分のトレーニングになります。

12種類のマシンとストレッチからメニューを組んでいくそうです。

 

月会費はコースによって違うそうなのですが、一番安くても通い放題で5,700円と平均的な価格ですね。

 

学生よりも主婦の年代の女性が通いやすいジムだと思います。

買い物のついでに、30分カーブスで健康な汗を流すことも出来ちゃいます。

あまり時間がとれない忙しい人にオススメです。

 

サーキットトレーニングを頑張って、理想のボディへ♡

カーブス

 

サーキットトレーニングは運動が苦手な人でも続けやすいのと、その人にあったメニューを組めることがメリット!

ダイエットは継続がなんといっても大事です。

30分という時間なので、そこまでプライベートをつぶすこともありません。

理想のボディをめざしましょう♡

 

 

 

ヤセルモおすすめのサポートアイテム♪
PR

ヤセルモおすすめのサポートアイテムをご紹介しちゃいます♡

今回ご紹介するのは、健康的なダイエットをサポートする「酵水素328選生サプリメント」です!

328種類の植物発酵エキス水素パウダーなどが特徴のアイテムです。

女芸人たんぽぽの2人が愛用していたことでも有名ですね。

もし興味を持っていただけたら、公式サイトに詳しい情報がありますのでチェックしてみて下さい!

 

ただし、このようなサポートアイテムを使う場合にご注意していただきたいことは“サポートアイテムだけ”ではダイエットはできないということです。

どんなダイエットでも言えることですが、ダイエットは消費カロリーが摂取カロリーを上回ることで成功することができます。

なので、これだけやれば絶対痩せるという魔法のアイテムはありません

適切な運動や食生活をしながら、そのサポートとして酵水素328選生サプリメントを愛用いただくことがおすすめです♪

 

また、過度な運動や食事制限による無理なダイエットも禁物ですよ。

消費者庁としても「適切な運動や食事制限をしながら、人が痩せることができるのは、6ヶ月間で4kgから5kg程度までである(平成26年6月)」と発表しています。

焦らず、計画的に、自分のペースで行ってくださいね。

ヤセルモは、みなさんのダイエット成功を心から応援しています!