目次

  1. 1 キャビテーションは、施術前の食事も大事?
  2. 2 その前に、キャビテーションの効果についておさらい
  3. 3 キャビテーションの前に食事をしても大丈夫なの?
  4. 4 キャビテーション前の食事、何時間前からダメ?
  5. 5 キャビテーション前に摂っても大丈夫な物って何?
  6. 6 食事改善以外に受けると効果的な、キャビテーション前の施術とは?
  7. 7 キャビテーション数日前の食事にも気を付けよう!
  8. 8 キャビテーション数日前から行うべき行動とは?
  9. 9 自宅でキャビテーションすれば施術前のスケジュールが立てやすい!
  10. 10 自宅でキャビテーションが受けられる、キャビスパRFの特徴は?
  11. 11 キャビテーションの成否はその前の行動、特に食事が重要です!

キャビテーションは、痩せる効果のある施術として、エステサロンでは人気です。

その効果を引き出すためには、事前の食事 も大切な事をご存知ですか?

キャビテーション前の食事は、どのような内容で、いつ摂るのが良いのでしょう。

その疑問について詳しくお答えします。

キャビテーション とは、超音波を利用した痩身方法です。

特殊な超音波で体内の脂肪細胞同士を振動させ、ぶつけ合う事で破壊します。

そして体の外に排出しやすくするのです。

この作用から、キャビテーションは切らない脂肪吸引といわれることがあります。

大掛かりな手術をしなくても、手軽に脂肪を減らす事ができて嬉しいですね。

施術中に痛みはほとんどありません。

キャビテーションを受けると血行がよくなり、PMS(月経前症候群)や冷え性にも効果があるとされています。

痩せるだけではなく、女性特有の症状にもキャビテーションは有効なんですね。

キャビテーションを受ける前に食事をしても大丈夫です。

ただし、キャビテーションを受ける直前 は避けた方がよいでしょう。

直前に食事を取ると、施術中に気分が悪くなる可能性があります。

腹部周辺のマッサージなどが受けにくくなるかもしれません。

胃を圧迫する状態になるので、うつ伏せの姿勢をとるのが苦しくなることも。

施術中、マイナスになる事が多いですね。

以上の点から、直前の食事はおすすめしません。

ではキャビテーションを受ける時、何時間前までに食事を済ませておくと良いのでしょう。

次の章で詳しく説明しますね。

キャビテーションを受ける2時間前 くらいまでには食事を終えるようにしましょう。

これにはちゃんと理由があります。

食後すぐから1時間は、血糖値が高い状態です。

この状態でキャビテーションを受けると、食べた物のエネルギーが優先して消費されます。

減らしたい体脂肪が後回し になってしまうのです。

せっかくキャビテーションで体脂肪が燃焼しやすい状態になったのに、これでは意味がありません。

血糖値は食後1時間を過ぎると少しずつ下がっていき、2時間くらいで元に戻ります。

キャビテーションの効果を生かすためには、食事から2時間以上は空けることが必要なのです。

キャビテーションの直前に、食事などカロリーがある食べ物は摂らない方が効果的と述べました。

それなら水分を取る のが良いでしょう。

水分を取ることは新陳代謝を活発にし、脂肪の代謝をサポートします。

もちろんジュースなど、糖分が含まれているものはいけません。

あくまでゼロカロリー のものにしましょう。

ミネラルウォーターやお茶、ハーブティー等がいいですね。

冷たいものよりも暖かいものを飲む方がお腹にたまりやすく、空腹感が解消されます。

冷え性の予防にもなりますね。

他にはスパークリングウォーターもおすすめです。

炭酸で胃が膨らむので、空腹感が気にならなくなりますよ。

キャビテーション前に行うと、効果がさらにアップする施術を紹介します。

色々組み合わせて利用すると良いでしょう。

ヒートマット

ヒートマット は体を温め発汗を促し、代謝を向上 します。

体を温めると脂肪や筋肉が柔らかくなるので、キャビテーション前に行うと効果が高くなるのです。

ベットにあお向けの姿勢で寝て、ヒートマットに包まれるような形になります。

ドーム型になっており、頭だけ出すようなタイプも。

人によっては1リットルほど汗をかくことがあるので、水分補給はしっかりとしておきましょう。

ヒートマットは10~30分前後、行われることが多いです。

まれに低温火傷をしてしまうケースがあります。

皮膚がピリピリしたり、何か違和感があれば、すぐスタッフに声をかけてくださいね。

ゲルマニウム温浴

ゲルマニウム温浴 もキャビテーション前に行うと効果的といわれています。

ゲルマニウム温浴は20分前後行われることが多いです。

有機ゲルマニウムが溶け込んだお湯の中に手足をつけ、代謝効果を高めます。

手足以外はお湯についていないので、ヒートマットだとのぼせてしまう方におすすめです。

代謝効果以外にも、以下のような効果が期待できます。

  • 頭痛・肩こり・腰痛
  • リュウマチ・関節炎
  • 生理不順・更年期障害
  • シワ・シミ・ソバカスの予防や改善

このように色々な美容と健康効果 があるのですね。

 ラジオ波

ラジオ波 は別名RFとも呼ばれる、高周波の1種です。

体にあてると高周波の振動により、細胞同士が摩擦して熱をだし、体を温める方法になります。

キャビテーションで痩せたい部分にのみ施術することができるので、部分痩せ に効果的です。

ラジオ波は皮膚のコラーゲン繊維のたるみを取り、引き締める効果があり、美肌も期待できますよ。

せっかくキャビテーションを受けるなら、数日前 からの食事にも気を付けましょう。

1日の総カロリーは1500kcal前後 になるよう調整し、バランスの良い食事が理想です。

揚げ物や焼肉など、カロリーが高い食事は控え、野菜や豆類、海草などを中心に取りましょう。

食生活を変えられると、さらにキャビテーションの効果が上がりますよ。

水分 もこまめに取るように心がけてくださいね。

1日に1~1.5リットルの水を補給するのはウォーターローディングといって、スポーツ界でも注目されています。

1時間に100~200mlほど飲むようにすると効果的です。

脱水症状の予防になり、乾燥予防にも役立ちます。

食事以外にも、キャビテーションを受ける数日前から取り組むと効果的な方法を伝授します。

どれも実行しやすいですよ!

ストレッチ

キャビテーション前にストレッチ を行うと、血行がよくなり代謝の向上 になります。

体のコリがほぐれ、腰痛や肩こりの改善や予防にもなるのです。

寝る前に行えばリラックス効果も得られ、熟睡しやすくなります。

寝起きに行えば、目覚めがよくなり1日が気持ちよくスタートできるのです。

体が硬い方は、反動をつけたりせず、無理なく行えるストレッチから始めてみましょう。

続けると次第に体が柔らかくなっていきますよ。

腹部周りをひねるようなストレッチは便秘解消やウエストシェイプに効果的です。

気になる部分を重点的にストレッチしてみてくださいね。

軽い運動

キャビテーション前に、軽い運動 を行うことも効果的です。

10分程度の散歩でもカロリーは消費され、体脂肪も燃焼 されます。

負荷がなく、無理なくできる運動を取り入れてみましょう。

運動が難しい方は、日常動作を増やせるように生活すると良いですね。

電車内では座ったり、壁やドアに寄りかからないで立つようにします。

エスカレーターやエレベーターを使わず、階段での移動を心がけましょう。

少しの工夫で日常でも、運動効果は得られますよ。

 適度な睡眠

睡眠不足 だと、キャビテーションの施術中に気分が悪くなることがあります。

体調を万全にするために、睡眠をおろそかにしてはいけないのです。

睡眠は体と心の疲労回復にかかせません。

また、睡眠不足が続くと免疫力の低下や集中力や注意力がさがり、日常生活に影響 がでてきます。

美容面やダイエットにも悪影響なので、睡眠時間はしっかり確保しましょう。

エステサロンでキャビテーションを受ける前は、食事以外でも気をつけなくてはいけない事が多いです。

それに合わせて、施術前からスケジュールを調整するのは難しい時もありますよね。

そんな時は自宅でキャビテーション を行ってみてはいかがでしょう。

自宅でのセルフエステなら、サロンとかわらないような仕上がりが期待できますよ。

定期的に予約して通ったりする手間も省けるので一石二鳥です。

自宅でキャビテーションができるキャビスパRFについて、次章で詳しく解説しますね。

キャビスパRF は、ラジオ波とキャビテーション、EMSの機能を持つ家庭用美容機器です。

これら3つの機能を同時に行える 事が、キャビスパRFの最大の特徴になります。

搭載されているラジオ波とキャビテーションの出力は、エアテサロンで使用されている機器と同じです。

エステサロンに通わなくても、本格的なケアを自宅で行う事ができます。

レベルの調整が行えるので、ボディケアとフェイスケア、どちらにも使えて経済的 です。

充電式なのでわずらわしいコードがついていません。

防水仕様なので、お風呂場でも利用できますよ。

キャビスパRFが1台あれば、全身をしっかりケアできますね。

今回はキャビテーション前に食事をしていいのかを調査しました。

キャビテーションは、事前の食事時間や内容が大切なのが分かりましたね。

事前の行動によって、痩せる効果の実感が変わってきます。

キャビスパRFも上手に使って、極上ボディを目指しましょう!


※1.記事の内容は、効能効果または安全性を保証するものではありません。

サイトの情報を利用し判断・行動する場合は、医師や薬剤師等のしかるべき資格を有する専門家にご相談し、ご自身の責任の上で行ってください。

※2.記事内の製品・サービスは、この記事に訪れた読者の方に最も適切だと判断したものを紹介しております。