目次

  1. 1  空前のランニングブーム!ダイエットに取り入れない手はない!
  2. 2 見てるだけでもやる気が出る♡ランニンググッズあれこれ
  3. 3 【改めて】ランニングで得られるダイエット効果は?
  4. 4 ダイエット目的なら実践したい!ランニングのコツ
  5. 5 さらに効果を高めるために1 ベストは朝起きてすぐ・空腹状態で走ること!
  6. 6 さらに効果を高めるために2 走る前に筋トレを!
  7. 7 さらに効果を高めるために3 走る前にアミノ酸サプリやゼリーを!
  8. 8 【意外】ランニングは毎日でなくてもいい!
  9. 9 楽しく走ってダイエット効果もGET♪

近頃のランニングブーム、気になりませんか?

昔はランニングというと、部活とか、オジサマ達の健康目的といったイメージがありました。

でも、今はおしゃれなウェアに身を包んだモデルや芸能人が爽やかに走っています。

ランニングしている人って、スリムなのに適度に筋肉のついた健康美の人が多い 気がしませんか?

ランニングはダイエット効果が期待できる有酸素運動 です。

取り入れない手はありません!

ランニングがブームの近頃は、グッズもいろいろあるんですよ。

気分が盛り上がりそうなランニンググッズ をご紹介します。

ランニングウェア

まずはランニングウェアです。

一昔前だと、いかにもスポーツウェアというようなものが多かったですよね。

でも最近は、女性ランナーの増加に伴い、ウェアもおしゃれで可愛いものが増えました。

NIKEやadidasなどのスポーツブランドからは人気ファッションブランドとのコラボ商品も出ています。

もちろん機能性も十分にあります。

ランニングシューズ

次にランニングシューズです。

ランニングを始めるにあたって、シューズはランニング用の物を用意 することをオススメします。

普通のスニーカーでも走れないことはありません。

しかし、けがの予防や疲労軽減といった観点からみると良くありません。

ランニングウェアと同じくシューズも機能、デザインともに優れたものがたくさん出ています。

自分の足に合ったシューズ を見つけましょう。

 小物類も充実♡

ウェア、シューズと揃ったところで、最後は小物類ですね。

楽しく快適なランニングのおともにピッタリなアイテムが充実 していますよ。

例えば、スマートフォンや鍵などの貴重品を携帯するのに便利なポーチや、GPS機能付きでランニングのデータが計測できるランニングウォッチ、ヘッドホン一体型の音楽プレーヤーがあります。

ランニンググッズの豊富さは見ているだけでワクワク してきそうです。

では、ランニングで得られるダイエット効果について具体的に説明します。

ランニングは有酸素運動!脂肪が燃焼しやすくなる!

ランニングは有酸素運動 です。

有酸素運動とは、呼吸によって酸素を体内に入れることで脂肪を燃焼させる全身運動のことです。

ランニング以外にもウォーキングや水泳、エアロビクスなどが代表的です。

その中でも、ランニングはその他の運動と比べて運動強度が高い です。

そのため、より高い脂肪燃焼効果が期待できる と言われています。

基礎代謝がアップして太りにくい体に!

ランニングをすると、より多くの酸素を体に入れるための呼吸法が自然と身に付きます。

すると、心肺機能が向上 します。

また、全身に負荷がかかるので、全身の筋肉量がアップ します。

心肺機能の向上と筋肉量のアップにより、体の活動が活発になります。

つまり、代謝が上がる ということです。

代謝が上がると日常生活で消費できるカロリーも上がるので、太りにくい体になれる ようです。

 老廃物を排出してデトックス!

通常、血液やリンパ液は重力の関係で自然と下半身に下がってきます。

そしてまた上半身に戻ります。

この活動に使われるのが下半身の筋肉です。

でも下半身の筋肉が衰えていたり、下半身の動きがなかったりするとどうなるでしょう?

本来上半身に戻るべき、血液やリンパ液が下半身に滞ってしまいます。

すると老廃物も溜まっていってしまいます。

いわゆる「むくみ」が起こります。

ランニングで下半身の筋肉をしっかり動かす ことによって、血液やリンパ液の循環が良くなります。

気になる「むくみ」を解消 できそうですね!

どのようにランニングを行えばダイエットに効果的なのでしょう?

コツを挙げてみます。

「走りながらしゃべるのはちょっとキツイ」くらいのペースで

体に溜まった脂肪が燃えだすのは運動を始めて20分以降 と言われています。

ダイエット目的でランニングをするならば1回に20分以上は走るようにしたいですね。

そのためには心拍数を上げ過ぎない ことがコツです。

心拍数を上げ過ぎないと言われても、わかりづらいですね。

「走りながらしゃべるのはちょっとキツイかな~」というくらいのペースが目安です。

効率の良い脂肪燃焼を目的とするなら、走った距離ではなく、時間がポイントになります。

適度な心拍数で長い時間走る ことを目指しましょう。

走り始める前には必ずストレッチなど準備運動を

走る前にはストレッチなどの準備運動を必ず行いましょう。

その理由として思い浮かぶのは、けがの予防 だと思います。

でも、走る前にストレッチが必要な理由はそれだけではないんですよ。

ストレッチには筋肉を柔らかくする効果があります。

筋肉が柔らかくなると、血液の流れが良くなります。

すると、代謝が上がる んです!

代謝が上がった状態でランニングを始めたほうが、ダイエット効果は高くなりますね。

準備運動にストレッチ、ぜひ取りいれましょう。

 水分はこまめに補給して!

運動をする上で欠かせないのが、水分補給です。

ランニング中は汗によって体内の水分が失われやすくなります。

体内の水分が少なくなると、血液がドロドロになって、酸素の運搬や老廃物の排泄がうまくできなくなってしまいます。

そのため、水分補給はしっかり と行いましょう。

でも、体に吸収できる水分は限られて います。

一度にたくさん飲んでも吸収しきれず排泄されてしまうのです。

コップ一杯程度の水を15~30分間隔を目安 に補給すると良いと言われています。

ただ、あくまでも目安で個人差があります。

意識してこまめに水分補給しましょう!

好きな時間に走るのでも構いませんが、より効果を高めるためにベストな時間帯があるんです。

そのベストな時間帯は「朝、起きてすぐの食事を摂る前 」です。

朝目覚めたばかりの時はまだ体の代謝が低いです。

そこで、目覚めて徐々に上がっていく代謝を、ランニングで一気に上げる のです。

そうすれば、1日を代謝の高い状態で過ごすことができ、ダイエット効果が期待できます。

また通常、ランニングをはじめて最初の20分は食べたものの消費、20分以降は体に溜まった脂肪の燃焼をすると言われています。

でも、食事を摂る前の空腹時にランニングをすれば、初めから脂肪が燃焼される そうです。

「朝起きてすぐ」が難しい場合も、是非「食事前の空腹時」の時間帯に走ってみて下さい。

筋トレを走る前に取り入れる と、より高いダイエット効果が出るそうです。

それはなぜか、ご説明しましょう。

ランニングが有酸素運動なのに対して、筋トレは無酸素運動です。

無酸素運動には脂肪を燃焼する効果はありません。

しかし、アドレナリンや成長ホルモンが分泌 されます。

アドレナリンには代謝を上げる役割 があり、成長ホルモンは脂肪を分解する役割 があると言われています。

筋トレを行うことによって、代謝は上がり、分解された脂肪はエネルギーとして消費される準備が整うのです。

その準備が整った状態で、ランニングをすれば、より高いダイエット効果が期待できるんです!

ランニング前の筋トレが大事!

ランニングの効果を高めるために、アミノ酸の摂取 をおすすめします。

サプリやゼリーで摂るのがいいでしょう。

BCAA というアミノ酸を運動前に摂ることでより高い脂肪燃焼効果が期待できるそうです。

また、乳酸の発生を抑制する 効果があるので、疲労感を軽減 できるとも言われています。

少し費用はかかりますが、アミノ酸を摂ることでより効率よくランニングを行うことができます。

もちろんダイエット効果も高められるでしょう。

ランニング初心者が不安に感じることで多いのは「毎日走り続けられるかな」ということではないでしょうか?

実は、知らない方も多いかもしれませんが、ランニングは毎日やらなくてもいいんです!

これは意外ですよね。

もちろん無理なく毎日走れる人は毎日でもOKです。

でも、無理をして毎日走ってしまうと疲労がどんどん蓄積 されてしまいます。

すると筋肉を十分に使うことができなくなっていきます。

すると、せっかくランニングしても効率よく痩せにくくなってしまうのです。

そのため、例えば1日おきに週3日といった程度 の疲労を残しづらい頻度が推奨されています。

ランニングは続けることで大きなダイエット効果が期待 できます。

無理なく楽しくできる範囲で 走ってみませんか?

スリムな体と充実の日々をきっと手に入れられますよ!


※1.記事の内容は、効能効果または安全性を保証するものではありません。

サイトの情報を利用し判断・行動する場合は、医師や薬剤師等のしかるべき資格を有する専門家にご相談し、ご自身の責任の上で行ってください。

※2.記事内の製品・サービスは、この記事に訪れた読者の方に最も適切だと判断したものを紹介しております。