目次

  1. 1 魔法のグッズと噂?ダイエットベルトを徹底リサーチ!
  2. 2 ダイエットベルトとは?
  3. 3 ダイエットベルトはどんな会社が作っているの?
  4. 4 ダイエットベルト、その効果的な特徴とは?
  5. 5 使い方を間違えるとケガをする?
  6. 6 ちゃんと使おう!ダイエットベルトの使用法注意点!
  7. 7 当記事おすすめ!効果的なダイエットベルトをご紹介!
  8. 8 ダイエットベルト関連動画はこちらです!
  9. 9 ダイエットベルトでラクラクシェイプアップ!

みなさんは、今どんなダイエットをしていますか?

ダイエットって、運動や、食事制限だけでも効果がイマイチな時ってありますよね。

そんな時に、プラスαで効果を発揮してくれる魔法のベルト があれば……

今回は、そんなダイエットベルト についてご紹介します。

魔法のベルトと言いましたが、そもそもダイエットベルトとはどんなものでしょう。

みなさんの中には、あまり聞いたことがないという方もいると思うので、まずはダイエットベルトがどういうものかということを説明しますね。

ダイエットベルトには、大きく分けて3つ にわかれます。

1つは、骨盤矯正型ベルト、これは巻くことによって歪んだ骨盤を元の位置に戻して、痩せやすい体を作っていくベルトです。

2つ目は、振動型ベルト、こちらはお腹に巻いて、お腹の肉を振動させ筋肉を刺激して引き締め効果を狙うダイエットベルトですね。

そして3つ目が、EMS型のダイエットベルトです。

EMSというのは、筋肉に微弱な電気を流して筋肉を刺激し、お腹を引き締めるためのベルトというわけです。

ダイエットベルトには3つの種類があることが分かりましたね。

一口にダイエットベルトと言われると、あまりイメージがわかなくても、骨盤矯正ベルトやEMSベルトなどと言えば、結構知っている方も多いかと思います。

これらをまとめて、ダイエットベルトと言っていますが、このダイエットベルトは一体どんな会社が作っているのでしょう。

実はダイエットベルトを作っている会社は、たくさんあります。

日本のメーカーから、海外のメーカーまであり競争率 も高いです。

それぞれのメーカーが、ダイエットや運動について研究し、独自の開発でさまざまな商品を作っています。

昨今の健康ブームの影響もあり各メーカーが厳しい競争を勝ち抜くため、商品も洗練 されたものになっているのが現状です。

ダイエットベルトには、さまざまな効果があります。

まずは、効果的な特徴から見ていきましょう。

寝ながらでも脂肪が燃焼!

ダイエットベルトの特徴としてまず、特筆すべきは、やはり巻くだけでダイエットに繋がるということでしょうね。

ダイエットをしようとすると、どうしても付随するのが辛い筋力トレーニング です。

筋肉を鍛えないと、脂肪を燃焼することができません。

ですが、腹筋や背筋、スクワットなど筋力のない人にとって、これらを鍛えることは本当に大変です。

そこで登場するのがEMS型ベルト です。

EMS型ベルトは、お腹の筋肉に微弱な電流を流して、筋肉を刺激し、強制的に腹筋運動をさせてくれます。

なので、使用者は巻くだけ、あとは何にもせず、寝ていても筋トレができるわけです。

巻くだけで代謝アップ

人間にはそれぞれ基礎代謝というものがあります。

この基礎代謝は、ダイエットに関係があるんです。

基礎代謝とは、つまりその人のエネルギーを消費する力がどれくらいあるかということなので、この基礎代謝が高ければ高いほど痩せやすい身体ということになりますね。

骨盤矯正型ベルトは、巻くことで骨盤のゆがみを矯正し、内臓の位置を正常に戻してくれます。

正常に戻った内臓は活発になり、結果代謝が上がり、痩せやすい身体へ近づくことができるのです。

振動効果で皮下脂肪減少

ダイエットで皆さん1番気になるのは、お腹の脂肪ではないですか?

お腹についたプニッとした脂肪、これは皮下脂肪 と言います。

皮下脂肪とは、皮膚すぐの下についている脂肪で、これがついている限りどんなに腹筋を鍛えてもキレイに割れた腹筋を見ることはできません。

振動型ベルトは、お腹のお肉を振動させて、血行を良くし、筋肉に働きかけるので、皮下脂肪の減少 に効果的と言われています。

ダイエットベルトは、やはり巻くだけというのが、手軽で1番の魅力ですね。

ダイエットに一役買ってくれそうな3種類のベルトですが、少し気を付け無ければならないこともあります。

3つの種類のダイエットベルトを紹介しましたが、それぞれ使い方 をしっかりと知っておきましょう。

巻くだけで簡単なダイエットベルトですが、いくら簡単だからと言って使い方を間違えると、場合によっては怪我 をすることもあります。

せっかくダイエットに使うのに、怪我をしてしまっては台無しですね。

しっかりとした使い方を知っていれば、ダイエットベルトは大いに役立ってくれます。

そこで、注意点をまとめてみました。

禁止部位には装着しない!

巻くだけでダイエットできるベルトの中で、1番効果があるのがEMS型です。

お腹に巻いた部分は微弱な電流によって刺激され、伸縮を繰り返し、それが腹筋運動と同じ効果をもたらします。

そうすると、すっきり引き締まったお腹を手に入れられるわけですが、このEMS型ベルトには巻いてはいけない禁止部位があります。

EMS型ベルトは、微弱な電流を身体に流すので、心臓付近を鍛えたいときは心臓 の真上などはさけましょう。

また、首などの皮の薄い部分、顔などは流す電流によって火傷 をする恐れがあります。

こちらは装着しないようにしましょう。

サイズや巻く位置の確認!

骨盤矯正型ベルトは、巻くだけで骨盤の位置を矯正してくれるという優れたダイエットベルト。

歪んだ骨盤を矯正するということで、ベルトはやや締め付けるような使用になっています。

ですが、サイズを誤る と絞めつけ過ぎてしまい、その結果血行が悪くなったり、かえって腰痛が悪化したりしてしますので、買う前にしっかりと自分に合ったサイズを確認しましょう。

また、巻く位置は骨盤のちょうど上 なのですが、これがズレてしまうと全く意味が無くなってしまうので、巻く位置に関しても、確認が必要です。

 時間を守って使いましょう

振動型ベルトは、痩せたい部位を振動させることで、筋肉を刺激したり、血行を良くする効果があるのですが、使用する際は、1回につき10分間にしましょう。

また、10分間使用した後はしっかりと時間を空け、連続して使用するのはいけません。

なぜいけないかというと、長時間での使用は、腰に負担がかかり腰痛を引き起こす場合があります。

皆さん、そろそろダイエットベルトを試してみたくなりましたか?

ここで、皆さんにお勧めしたいダイエットベルトをご紹介します。

スレンダートーン

まず最初に皆さんに紹介するダイエットベルトは、EMS型ダイエットベルトの代表、スレンダートーン です。

スレンダートーンは、EMS型ベルトの中でも圧倒的に人気のあるダイエットベルトなんですよ。

さまざまなメディアでも取り上げられていますので、みなさんも1度は目にしたことがあるかもしれません。

スレンダートーンがなせこんなにも人気かというと、それはスレンダートーンの効果の高さにあります。

スレンダートーンは1日2回に使用で、腹筋効果300回分 と言われているんです。

さらに腹、左右のわき腹の3方向からの電気刺激で、しっかりインナーマッスルまで鍛えられることが、確認されています。

きつい筋トレが苦手な方にピッタリです。

 骨盤ウォーカーベルト

続いて皆さんに紹介するのは、骨盤矯正型ベルトの骨盤ウォーカーベルト です。

こちらの骨盤ウォーカーベルトも、テレビなどさまざまなメディアで取り上げられている人気商品です。

大手通販サイトでも、常に上位にあるこちらの骨盤ウォーカーベルト、人気の秘密は効果の即効性にあります。

なんと、モニターさんが30分装着したけでウエスト-8.7cm という驚異的な結果が出たのです。

これは、骨盤ウォーカーベルトのしっかりとしたホールド力で、骨盤を元の位置に戻したことが結果に繋がっています。

骨盤の歪みや、姿勢が気になる方にぜひ使っていただきたいです。

スレンダーシェイパー

スレンダーシェイパーは、振動型のダイエットベルトです。

振動型ベルトはあまり多くの種類はありませんが、その中でも、口コミも評価が高く人気の商品になっています。

スレンダーシェイパーは従来の振動型ベルトよりも、振動がパワーアップしており、しっかりとお腹の奥の筋肉まで刺激することができるのです。

5段階 のタッピングバイブレーションシステムがあり、自分に合ったモードでダイエットすることができるのはうれしいですね。

また、振動型のベルトはお値段もほかの2つのものよりリーズナブル で、とりあえず、ダイエットベルトを始めてみたいという方にもお勧めです。

こちらの動画は、EMS型ベルトのスレンダートーンについての動画です。

皆さんのご存知の、元国会議員杉村太蔵さん がスレンダートーンに挑戦しました。

期間は1か月間 ということなのですが、杉村太蔵さんのダイエット結果に注目です。

ダイエットベルトを紹介しましたがいかがでしたでしょうか?

ダイエットベルトは巻くだけで簡単にダイエットすることができる、まさに魔法のベルト でしたね。

皆さんも自分に合ったダイエットベルトを使って、ダイエットを楽に成功 させませんか?


※1.記事の内容は、効能効果または安全性を保証するものではありません。

サイトの情報を利用し判断・行動する場合は、医師や薬剤師等のしかるべき資格を有する専門家にご相談し、ご自身の責任の上で行ってください。

※2.記事内の製品・サービスは、この記事に訪れた読者の方に最も適切だと判断したものを紹介しております。