目次

  1. 1 腹筋を引き締めてポチャポチャお腹からナイス腹へ!
  2. 2 腹筋ダイエットがもたらす5つのプレゼント
  3. 3 腹筋ダイエットはターゲットとなる部位で鍛え方も違う!?
  4. 4 腹筋ダイエット① ポッコリお腹を引き締めたいなら【プランク】
  5. 5 腹筋ダイエット② くびれを作りたいなら【サイドプランク】
  6. 6 腹筋ダイエット③ ながらダイエットなら【ドローイン】★動画
  7. 7 腹筋ダイエット④ 下腹ポッコリ解消には【リバースクランチ】
  8. 8 腹筋ダイエット⑤ 有酸素運動をプラスして効果あり!
  9. 9 腹筋ダイエットは腰の負担に注意!
  10. 10 筋トレよりもスクワットのほうが腹痩せする!?
  11. 11 キュッと締まったお腹とともに街へ出かけよう!

ぶよぶよのお腹、見るたびに嫌になりますよね。

ウエストのラインがあまり出ないような服を選んで、隠している女性は多いのではないでしょうか?

今回はそんな悩みを解決するため、腹筋ダイエットの方法について紹介します!

きれいなくびれを手に入れて、今まで着られなかった洋服を着てみませんか?

お腹痩せに効果的なのはやっぱり腹筋!

でも腹筋ダイエットには具体的にどんな効果があるのでしょうか?

ウエストが細くなる

腹筋ダイエットをすると、もちろんウエストのサイズダウンの効果が期待できます。

腹筋が弱いと、骨盤や内臓を正常な位置に保つことができなくなり、ぽっこりしたお腹の原因になってしまいます。

腹筋を鍛えることで、ぽっこりお腹が改善され、きれいなウエストのボディラインを手に入れることがでるんですよ!

姿勢が良くなる

姿勢が悪いと、筋肉のバランスが悪くなり、効率よく体全体を使えなくなるため、運動を行ってもダイエットの効率が下がってしまいます。

腹筋が悪いと、拮抗する背筋ばかりが強くなり、背中が強く反れた、でっ尻タイプの体形をつくります。

これが姿勢の悪さに繋がるのです。

また、体の歪みによる血液やリンパの流れの悪化が改善されますよ!

 生活習慣の予防

内臓脂肪は、腹筋の内側についた脂肪のことをいいます。

内臓脂肪は血管に入り込みやすいため、糖尿病などの生活習慣病の原因になることがあります。

腹筋を鍛えて内臓脂肪を減らすことができれば、生活習慣病の予防が可能に!

 腸内環境を整える

腹筋ダイエットを行うと、腸内環境が改善されるという効果も期待できます。

腹筋が鍛えられると、腸が刺激を受けて働きが活発になり、便秘解消に繋がります。

そうすると腸内に老廃物が溜まるのを防ぎ、摂取した栄養を体内でしっかり吸収 することができるようになります。

 体幹の強化

腹筋ダイエットをすると、体幹が強化されます。

そうすると、運動や日常生活で効率よく筋肉を使うことができるようになり、消費カロリーを増やすことができます。

腹筋が鍛えられることで、同じ運動をしてもその効果に差がでてくるんですよ。

腹筋は、複数の筋肉から成り立っています。

一般的な「腹筋」は、お腹の表面近くにある「腹直筋」、わき腹の深層部にある「腹斜筋」、「腹横筋」の3つです。

お腹の表面にある「腹直筋」は、「上部」と「下部」があり、それぞれ鍛え方が変わります。

上体起こしをしていても、お腹のぽっこりがなかなか変わらないという経験をした方もいますよね。

上体起こしはみぞおち部分に効果的 で、この部分は「腹直筋の上部」にあたります。

下っ腹は「腹直筋の下部」にあたり、この部分に効果的なのは脚を上下する運動 になります。

このように、筋肉の部位によって鍛え方が変わります。

腹筋を鍛える時には、鍛えたい部位とその鍛え方を理解することが大切 です。

「プランク」とは、1日数十秒でできる体幹トレーニング です。

鍛えられる部位は、頭部と手足以外の胴体部分。

ぽっこりお腹 に効果がありますよ!

方法は簡単です!

1、両方の肘から下を床につけ、両腕とつま先で体を支えます。

2、腕と脚は肩幅に開き、肘が90度に曲がるよう意識します。

3、膝を伸ばし、体が床と平行になる姿勢を20秒以上キープ。

注意点として、背中が丸まったり、お尻が上がったり下がったりなどしないように気をつけましょう。

難しい方は、両膝を床につけてから行ってもOKです!

「サイドプランク」とは、先ほど紹介した「プランク」の応用型です。

腹筋以外にも、腹斜筋、内転筋 も鍛えることができるため、きれいなウエストラインやくびれ作るのに効果的です!

やり方は、「プランク」の姿勢を横に向いた姿勢に変えるだけ。

1、膝を伸ばし、体をまっすぐにして横に寝て、肘を肩の真下に置きます。

2、肘を90度に曲げて、頭から背骨にかけて体が一直線になるように腰を浮かします。

3、姿勢をキープします。

最初は10秒を目安に行い、慣れてきたら時間を伸ばしていきましょう!

「ドローイン」とは、ゆっくりとお腹をへこませながら呼吸をするだけで、ウエストが細くなる簡単なエクササイズです。

この動画のように寝ながら行ったり、立ちながら、座りながら、どんな姿勢でも行うことができます。

どんな姿勢の時も正しい姿勢で行うように心がけましょう!

「リバースクランチ」は、下っ腹のぽっこりを集中的に改善させるための腹筋ダイエットです。

もちろん、下腹部だけではなく、腹直筋や外腹斜筋、内腹斜筋なども同時に鍛えることが可能ですよ!

1、仰向けに寝て、両手は床につけて体を支え、脚を上げて膝を曲げます。

2、膝と股関節の角度をできるだけ変えずに、お尻を床から浮かします。

3、ゆっくりとお尻を床に降ろします。

この手順を繰り返すだけです!

まずは、10回3セットを目指して行いましょう。

注意点としては、お尻を上げる時に反動を使わないこと です。

腹筋ダイエットを行ってもお腹がぷよぷよ…という方は多いですよね。

これは、腹筋ダイエットを行って腹筋を鍛えていても、お腹に付いた皮下脂肪が腹直筋に覆い被さっている状態 になっているため、腹筋ダイエットをしても効果がない!と感じている方が多いのです。

そのため、腹筋ダイエットも必要ですが、有酸素運動も必要 になってきます。

有酸素運動をしながら、腹筋ダイエットを行うことで、脂肪が落ちたときにきれいな腹筋が現れます。

有酸素運動をしない日や、有酸素運動をする直前に腹筋ダイエットを行うと効果的ですよ。

正しい方法で腹筋ダイエットを行わないと、腰に負荷がかかり腰痛を起こしてしまう可能性 があります。

また、元々腰痛を持っているという方も、腹筋ダイエットの種類によってはさらに腰を痛めてしまいます。

特に腰を痛めやすいのは、よく腹筋ダイエットで行われている上体起こしです。

上体を起こすときに、背中を丸めて行う場合が多くなってしまいがちですが、これが腰を痛める大きな原因になってしまいます。

上体起こしに限らず、猫背になっていたり、姿勢が悪い状態で腹筋ダイエットを行ってしまうと、腰を痛めてしまうことがあるので注意しましょう!

実は、腹筋ダイエットよりもお腹痩せに効果的なトレーニングがスクワット なんです。

通常の腹筋を鍛える上体起こしを100回程度することは、スクワットを1回するのと同じぐらいの筋肉 を使用しているんです!

そのため、スクワットを行った方が上体起こしよりもの運動量となります。

しかし、スクワットは無理をしてしまうと筋肉痛になるだけではなく、肉離れなどの怪我をしてしまう恐れがある ため、注意が必要です。

どんなに、上体起こしよりスクワットの運動量が多いとしても、続けられないと効果はありません。

無理なく続けて腹筋ダイエットしたいですよね。

いかがでしたか?

腹筋ダイエットには色々な方法といくつかのポイントがあります。

自分に合った方法で、自分に必要な腹筋ダイエットを行わないといけません。

腹筋ダイエットを続けて、美しいウエストラインを手に入れませんか?


※1.記事の内容は、効能効果または安全性を保証するものではありません。

サイトの情報を利用し判断・行動する場合は、医師や薬剤師等のしかるべき資格を有する専門家にご相談し、ご自身の責任の上で行ってください。

※2.記事内の製品・サービスは、この記事に訪れた読者の方に最も適切だと判断したものを紹介しております。