目次

  1. 1 「コルセット」を使ってダイエットした人がいるらしい・・・!
  2. 2 そもそも「コルセット」って何?
  3. 3 コルセットを使ったダイエットの方法とは?
  4. 4 コルセットでダイエットした方の体験談!
  5. 5 ダイエットコルセット、使用時の注意点は?
  6. 6 ダイエットに効くのは分かるけど、コルセットってなんかダサそう・・・
  7. 7 ダイエットに効果的! おすすめコルセットはこちらです!
  8. 8 コルセット一枚で、あなたのウエストも見事なくびれに!

ダイエットって、結果が出るまでけっこう時間がかかってしまいますよね。

頑張って続けても、体重や見た目がなかなか変わらないとモチベーションが下がって結局途中でやめてしまうことってありませんか?

そういう時は、「コルセットダイエット」 がおすすめです。

コルセットダイエットはコルセットをすることでダイエットをする前に「ダイエット後のウエストがくびれた細い自分」を作ることができます。

ですから「この体型を維持しなくては!」とダイエットの熱の入り方も全然違うんです!

「コルセット」ってそもそも何なんでしょう?

おそらくコルセットと聞いて皆さんが最初にイメージするのは、「胸の下から腰辺りまでを巻き付けるドレスっぽいアレ」だと思います。

それは半分正しいです。

コルセットとは、19世紀につくられた胸の下から腰までを物理的に細くする為に作られた矯正下着 を指します。

皆さんがイメージするアレです。

また現在ではもうひとつ意味があり、整形外科や整骨院で医療用として脊柱の固定を行うものもコルセットと呼ばれています。

コルセットダイエットに使うコルセットは、前者の矯正下着の方です。

中世っぽいカンジですね♪

では矯正下着であるコルセットを使ってどうやってダイエットするのでしょうか?

コルセットを着用する

まずはコルセットを着用します。

今はダイエット用コルセットが販売されていますので、コルセットダイエットをするなら断然ダイエットコルセットの方が効果は高い ですよ。

どれくらい締め付けるのか?についてですが、自分の本来のウエストより少し細く「着物を着た時の感じ」が良いでしょう。

着物を着た時ってお腹がちょっと圧迫されますよね。

ちょっときついけど息苦しくない程度 ”が一番です。

またコルセットは直接地肌につけるより、薄くて触り心地の良いぴったりしたインナーを一枚着てその上に着るのがおすすめです。

摩擦でこすれることが少なくなりますし、コルセット自体も汚れにくくなりますよ。

食事をする

コルセットダイエットで注意しないといけないのは、「コルセットをしたからといって脂肪が燃える訳ではない」ということです。

じゃあ何のためにコルセットをするの?

コルセットダイエットの一番の目的は、「腹部を締めつけることで食べる量を減らす」 です。

ですから食事をする時にコルセットをしておくのが一番効果的です。

特に夕食なんかは、仕事や学校が終わって安心してついバクバク食べ物を食べてしまいがちですから、夕食どきにつけるとより良いですね。

姿勢を正しく

ダイエットコルセットには、たいてい「姿勢矯正」の効果があります。

コルセット自体に脂肪を燃やす効果はありませんが、実は姿勢を正すことで基礎代謝は上がります。

姿勢を正すのってきついですよね。

これで体の内側にある筋肉、所謂インナーマッスルが鍛えられているのです。

ですからコルセットをつけている間はあまり横になったりせず、立つか座る かして姿勢を正しく保ちましょう。

消費カロリーが上がってダイエットも捗りますよ♪

コルセットできれいなボディラインを作りましょう♪

実際にコルセットを購入してコルセットダイエットをした方の口コミを見てみましょう。

果たして効果はあるのでしょうか。

やはり多くあったのは「食べ過ぎがなくなった」 という声が多かったです。

ダイエットの最大の敵は空腹と食欲と言ってもいいでしょう。

何もしなくても食べなきゃ痩せます。

その点コルセットをすると強制的に食べる量を減らすことができるので、「自分に甘くていつもダイエット失敗」という方には効果敵 なようです。

また「姿勢も良くなった」という意見もたくさん見られました!

姿勢を良くするだけでもダイエットになりますからこれは一石二鳥ですね♪

ダイエットコルセットでは、注意しないといけないポイント があります。

正しい使い方をしてダイエットコルセットに臨みましょう♪

締め過ぎない!

コルセットの締め付け具合ですが、自分のウエストより2~3センチ短いくらいがちょうど良いです。

コルセットダイエットは、腹部を物理的に軽く締めつけることで食べる量を減らすことが目的です。

感覚としては前も書きましたが「着物を来た状態」と考えると分かると思います♪

結婚式や成人式で着物を着たまま食事をすると、なかなかたくさん食べることができませんよね。

それから締めつめれば締めつけるほど痩せるということはありません。

逆にあまり締めつけすぎると内臓を圧迫させたり骨を変形させたりと体に害がでる 可能性が高いので、無理な締め付けは絶対にダメですよ。

長く着け過ぎない!

コルセットをつけると、一気に体が細くなった気がします。

長くつければつけるほど、痩せるような感じがしてきますよね。

でもコルセットはあまり長くつけすぎると体に負担がかかってしまいます。

ですから1日だいたい5~6時間 ほどが目安です。

コルセットには姿勢を正しくさせる作用もあり、姿勢が良くなるだけでダイエットに効果があります。

コルセットに慣れてきたら、コルセットをはずしてもそのままの姿勢でいられるように意識すると良いしょう。

 寝る時ははずそう!

ナイトブラなど、今は「夜寝ている間につける下着」があります。

でもコルセットダイエットをする時は、夜はコルセットをはずして下さい。

食べない深夜にコルセットをしていても意味はありませんし、逆に息苦しくてしっかりとした睡眠をとれなくなってしまいますよ。

使い方はしっかり守りましょう♪

コルセットと言えば、「お母さんがつけてるベージュ色のやつ」をイメージする方もいると思います。

正直言って、かなりダサイですよね。

コルセットダイエットしてみたいけど、あれをつけるの?

ちょっとそれは嫌かも…。

と考えるのは早い!

今はコルセットダイエットをする若い方も増えてきました。

ですからダイエットに効果が高く、しかもオシャレでかわいいデザイン のものも多いんです。

かわいいものを身に着けていると、それだけでテンションがあがっちゃいますよね。

コルセットは人に見せる物ではありませんが、コルセットダイエットしながらこっそりオシャレ を楽しんじゃいましょう♪

かわいくてダイエットのモチベーションがあがっちゃうようなおすすめコルセットをご紹介します♪

勿論ダイエット効果もお墨付きですよ。

iLoveSIA レディーズコルセット

iLoveSIAレディースコルセットのおすすめポイントは「ゴム素材で伸びる 」ことです。

コルセットというと「固い布で体を締めつける」というイメージがあると思います。

今売られている商品は布地も良いものが使われていますが、「どうしてもあの固い布はダメ~」という方もいると思います。

このiLoveSIAレディースコルセットはゴム素材でできていますので、体にしっかりフィットしたスポーツウェアのような感覚でコルセットをつけることができますよ。

肌にしっかりフィットするダイエットコルセットが良い方 におすすめのコルセットです。

また、ガチガチのコルセットよりある程度伸縮するものが欲しい方 もiLoveSIAレディースコルセットが良いと思います♪

 コルセットDY7055

レース模様がかわいいコルセットDY7055です♪

コルセットDY7055の良い所は「デザインがダントツでかわいい!」 ことです。

勿論コルセットダイエット用ですのでダイエットの効果はバッチリあります。

そしてやはり女子としてはかわいくないものより「かわいいデザイン」の方が嬉しいですよね。

コルセットDY7055にはきれいなダマスク織のレース模様が入っており、後ろには中世ヨーロッパの様な編み込みのリボンがついています。

これをつけるだけで、どこかのお嬢様のような気分 になれちゃいますよ♪

オシャレにダイエットしたい!という方 にぜひおすすめのコルセットです。

ウエストニッパー着圧コルセット

値段も重要ですよね。

ウエストニッパー着圧コルセットは、なんといっても「安い」

1枚当たりの値段も安いですが、3枚買えば1枚無料でついてくるオトクさです。

コルセットは少しきつめに体に装着する為、当然コルセットにはかなり負担がかかります。

その為普通の服よりも壊れやすい です。

ですから何枚か買って着まわして長持ちさせたり、もし金具が壊れたら潔く捨てる覚悟が必要です。

ウエストニッパー着圧コルセットにすると一度に4枚揃えることもできますから、コルセットは消耗品上等!腰を据えてコルセットダイエットする方 にはもってこいのコルセットですよ♪

女性の体にキレイなくびれがあるととっても魅力的ですよね!

コルセットをすればで先に見た目が細くなるので、自然とダイエットのモチベーションも上がると思います。

正しい使い方でコルセットダイエットを成功させてくださいね♪

コルセットダイエットで見事なくびれ♪


※1.記事の内容は、効能効果または安全性を保証するものではありません。

サイトの情報を利用し判断・行動する場合は、医師や薬剤師等のしかるべき資格を有する専門家にご相談し、ご自身の責任の上で行ってください。

※2.記事内の製品・サービスは、この記事に訪れた読者の方に最も適切だと判断したものを紹介しております。